死にたい人に読んで欲しいブログ

人間生きていたら死にたいと思ってしまう人も多いのです。このブログでは自殺願望、病気、いじめで苦しみ死にたい人に向けて死に関する私の考え方を紹介していきます。

MENU

なぜ人は死にたいと思っているのでしょうか?死ぬ前にぜひ読んでください

目次

死にたいという気持ちは誰もが感じたことがある当たり前の感覚です

死にたい気持ち

現代人は仕事や人間関係に多くのストレスを抱えている人が多く、病気の数も非常に多いことから死にたいと思ってしまう日本人が非常に増えています。

しかし人間生きていたら死にたいと思ってしまう気持ちは誰もが当たり前に持ってしまうことで、それほど自分だけ特別に感じている気持ちではありません

 本当に死ぬほど辛いことや悲しいことが起これば、人間誰もが死にたいと感じてしまうのは当然であります。

しかしそれはその時の感情であり、時が経てばある程度普通の状態へと戻ってくるでしょう。しかし死にたい気持ちが非常に強い人は自殺願望を持っていたり、早く死にたいと心から思ってしまうようです。

ではどうすれば死にたい気持ちというものが普通の気持ちへと戻っていくのでしょうか?この答えは今の不幸な現場から離れてリラックスして静養することで自分の元の姿へと戻って行きます。

今死にたいと思っているだけで、それは本当のあなたの気持ちかどうかは落ち着いてゆっくり考えてみないと本当の答えは出ないと思います。

人間生きていたら誰でも辛いことや悲しいことはたくさんあります

私は大学受験に失敗して、自分が思っていた大学に入ることができませんでした。その当時から自分の人生の歯車が狂いだしギャンブル漬けで遊びまくっていたのです。

大学6回生の時に私は大学を中退することになりました。今まで送ってきたエリートコースの道は完全に絶たれたということになります。大学を中退して仕事をしていても全く面白くなく、私は次第に自律神経失調症にかかってしまっていたのです。

それからうつ病を経由して私の精神はボロボロになってしまったのです。この頃から私は非常に死にたい気持ちが強くなり、何度もビルの屋上から飛び降りれば幸せになれると夢にまで見るようになりました。

このように、私も死にたいという気持ちが若い頃には非常に強く、様々な悩みを抱えて現在の40歳まで生きてきました。死にたいと思っていた若い時代と今を比べれば自分の周りの環境も自分がやっていることも全く違っています

私は現在インターネットでライターの仕事をしながら生活を成り立たせています。昔住んでいた家から家族で郊外に引っ越し、現在では家族4人楽しく暮らしています。結婚していませんが自分ではこれほど幸せで良いのかと思うほど幸せな人間になりました。

あの当時死にたいと思っていた自分というものは一体どこへ行ったのでしょうか?それは自分がやっていることと自分の周りの環境がガラッと変わってしまったことに答えが見出せます。自分が生まれ変わったような人生を送ることができたのです。

なぜ人間は死にたいと思ってしまうのでしょうか?

なぜ人間は死にたいと頭の中や心で思ってしまうんでしょうか?それははっきり言えば死ねば楽になると心の中で感じているからです。それはその時の一時的な気持ちかもしれませんので、ゆっくりと落ち着いてリラックスすることでこのような思い込みから逃れることができるようになります。

イライラして焦っていると、どうしても死にたい気持ちが自分を支配してしまい、もうどうすることもできない状況となってしまうでしょう。少し落ち着いて時間をゆっくりとりながら考えてみることが大切ですよ

死にたいと思っているなら衝動的な行動や言動はなるべく避けるようにしてください。仕事や学校があるのならば少し休みをとって休養してみることが重要です。人生長いのですからそれほど焦って生きていく必要はありませんよ。

人生とは生きることと死ぬことで成り立っているのです

人生とは生まれてきて死ぬまでの間が人生であります。要するにに絶対死ぬわけですから死ぬまでの間楽しく生きた方が絶対に得です。苦しい人生を送るほど悲しいことはありません。

例えば20歳ならば80歳までの残り60年間を、自分のやりたいことをしながら幸せに暮らすという選択もあります。いずれみんな死んで行き平等な天国の世界へ旅立つのですから、生きていて苦しいという事に関してそれほど悩み苦しむことはありません。

人間はいつかは死ぬ生き物ですので、死後の世界が訪れるまで現実の世界で楽しく平和に生きていくという事を頭に入れてください。今苦しいことや悩みがあるのならば、すぐそこから離れて落ち着いて休んで見ることが重要です。苦しい場所に長く居続けるほど馬鹿な真似はしないでください 。

現代人はイライラしてアクセスしています

現代人は非常にイライラしてあくせくしていますので、幸せを感じにくい生活を送っている人が非常に増えています。このような中では死にたいと思う気持ちが大きくなってしまい、幸福な人生を歩むことは非常に難しくなってきます。

よってイライラあくせくする人生を、自分で止めてみることも必要になるかもしれませんね。多くのお金が稼ぎたいからブラック企業で働くなど、そのような人生を選択することはやめてください。自分が愛する人が自分を不幸にしているならば絶対その人とは別れるべきです。

悩む必要のない悩みを抱えている人が非常に増えています

私が現実世界で多くの人を見てきて思ったのですが、日本人というものは悩む必要もないことで悩んでいる人が非常に多いのが現状です。今の自分の悩みというものは本当に悩まないといけないことなのか落ち着いて考えてみてください。

きっと多くの人は悩む必要がないことで悩んでいるんだと思っています。私も大学生時代に多くの悩みを持っていましたが、今思えば些細の事がただ大きくなって大問題となっていただけです。そんなに悩む必要がなく生きて行くことを知らなかっただけです。

苦しんでいる人には以下の記事も読んでみてください

死にたいなあなんてふと思ったらすぐに気持ちが回復する6つの行動

死にたくなったらまずはやって欲しい12の生活習慣

もっとストレスなく楽に生きることも重要です

もっとストレスなく自由に生きていく選択をするのが必要ですね。今の現状が厳しいならばもっと自分に対して優しい環境や人間と付き合うことも必要だと思います。

わざと厳しく苦しい生活をする人はバカであります。自分に適した最高の生き方というものが絶対に見つかるはずですし、それを見つけようと思わないと一生苦しむことになりますよ。死にたい気持ちはそういった中から生まれることが非常に多いのです。

死んでしまえば誰もが平等で平和な世界へと旅立ちます

人間死んでしまえば誰もが平等で平和な世界へ旅立ちますので、差別もいじめも全く何もありません。ただ生きているということは肉体を持っている人間ですので、様々な不幸や苦しみが存在しているのです。

出来るだけ死ぬまで幸福な人生を歩めるよう、に自分なりに生活環境や仕事のこと、または家庭の事に関してゆっくりと考えることが重要です。人生80年あるのですからゆっくりと答えを出しても全く問題はありませんよ

死ぬという事に関してそれほど恐怖を覚えないでください

また死ぬという事に関して非常に強い恐怖を持っている人がいると思いますが、死ぬということは眠る延長線上のことでありそんなに苦しいことでもありません。

ただ 苦しいことでないと言っても、死んでしまえば元も子もありません。よってゆっくりと時間を使い今の死にたい気持ちをなんとか改善する方向に向かって歩き出すことが重要です。

何も焦る必要なく、ゆっくりと時間を使いながらもっと幸せで楽な人生を歩むことを目標に向かっていってください。その時折の感情で自分の命を絶つということはこれは少し考えものですよ。

生きている事って案外幸せだと実感できますよ

肉体を持って生きていれば幸せなこともたくさんあります。まだあなたはその幸せなことを経験していないと思いますが、これからの人生もっと幸せに生きることを誓ってください。

日本人は不幸に生きるということが一つの生き方ではありましたが、そんな人生を送ることは馬鹿の人のすることで、もっと楽に幸せに生きても全然誰も怒る人はいません。幸せに生きてOKなのです。

こんな記事も書いていますよ。ぜひ読んでみてください。

この世から消えたいと思う人はこうすれば100倍楽しい人生になる

死ぬのは別に歳をとってからでも良いということです

死ぬという事は歳を取ってから死ねば良いだけで、若くして死ぬということはこれから味わう幸せな人生というものを台無しにしていることです。

幸福というものは数え切れないほどの幸福があり、あなたもその中の少しを選択しながら生きていくことが重要です。今ある不幸な人生を転換するためにも、自分が不幸せだと思ったことはなるべくしないでください。仕事で悩んでいるならもっと楽で幸せな仕事を選ぶことが重要です。

人間関係で不幸を感じているならば、もっと楽で幸せな友達や知り合いを作ることです。今の現場を全て断捨離で捨てさって新しく幸せな人生を歩んでいきましょう。

  • 死にたいと思ったら是非この言葉を思い出してください
  • 人間生きてから死ぬまで楽しい人生であればそれが一番良い
  • 不幸な環境や人間関係からできるだけ遠ざかってください

悩みや苦しいことはできるだけ捨て去って生きることが鍵です

では皆さんもっと幸せで楽な人生が送れるように、今の考え方ややっていることを見直していきましょう。歳を取って死ぬまでの間もっとリラックスして楽して生きることも大切ですよ。きっと幸せで幸福な人生がこれから続けば良いですね。きっとそのような人生を送ることができますよ 。

※追記 自殺者は年間3万人ほど

日本では死にたいほどの苦しみを感じ、自殺する人が非常に多い国だと言われています。自殺による死は死因の第六位となっていますので、どれだけ多くの人が死にたいほどの苦しみを引きずりながら生きているか実感できると思います。

※追記 死ぬことは悪いことなの?

人間はそれぞれ自分という人格を持ってこの世の中に生まれてきています。せっかく命を与えられて生まれてきたのですから、その生命を人生の中で有意義に使って生きていくことはごく自然で当たり前のことです。

あなたが死にたいという気持ちを強く持つのは、生命の原則に逆らっている事ですので、もっと人生を有意義で楽しいものへと変化させないといけません。

現在のあなたの環境や状況は、あなたの心持ちや考え方次第で変化させる事が出来るのですよ。行動しないで悩みや苦しみの中で動かないことがあなたの死の苦しみをもたらしている原因となります。行動的な自分を取り戻すことが重要になります。

死んでしまえば生きている意味はなくなりますが、せっかく生命を与えられて生まれてきたのですから、今の人生を最高に楽しく幸せに生きても良いのではないのでしょうか?それを叶えるのはあなたの行動力にかかってきます。生きるって結構楽しいものなのですよ。

※追記 死にたい理由は実に様々ある?

 ●恋愛がうまくいっていない
●配偶者との関係がうまくいっていない
●金銭的に厳しくなっている
●借金を多くもっている
●慢性的な疾患(病気)を持っている(てんかん、アトピー、アレルギーなど)
●身体的に馬鹿にされやすい特徴がある(ハゲ、ワキガ、顔つきなど)
●虐待、いじめを受けている
●過去に虐待、いじめを受けている
●周りの人と比べて自分がダメな気がする
●周りの人とうまく馴染めない
●周りの人と違う部分がある(身体的特徴、性同一性など)
●不安を多くもっている
●怒られることが多い

https://matome.naver.jp/odai/2141091366365039201

 やはり日本人は世間体や人間関係によって死にたいと思う人が非常に多くいます。特にいじめやお金の問題は深刻な問題として日本社会に存在しています。

自分ではどうすることも出来ない気持ちを抱えており、なんとか解決しないと人生のすべてが台無しになる可能性もあるのです。

人ぞれぞれ死にたい動機や様々ですので、それにきちんと個別的な対処方法を知らないといけませんね。他の人にはどうでも良いような悩みを深刻に考えるのは、精神的に弱い部分を持っている人です。

お金と人間関係の悩みを解決するにはきちんとした知識と価値観を持たない所以だと考えられます。キチンと頭と心で自分の悩みを理解して、キチンとした解決方法を知ることが死にたい気持ちを解消する最大の方法なのだと考えられます。

※追記 死にたい気持ちは書籍で解決される場合が多い

 私からすると、スピリチュアルとか自己啓発読んで、

抑うつ状態が改善されたのは事実なので、

頼るのが薬でも本でも、

他人がとやかく言うことじゃないんじゃないかなと思ってます。

「死にたい」と相談された時にしてはいけないこと - 自分の地図をつくろう

 死にたいほど悩んでいる人なら病院に行ったほうが良いと判断される人も多いですが、一番効果が高いのが自己啓発とかスピチュアル系の書籍を読むのがもっとも効果的だと感じる人も多くいます。

基本的に価値観や考え方や気持ちのあり様を変えるだけで、死にたい気持ちは相当楽になってきますので、きちんとした書籍を読むのが理想的です。

投薬によって死にたい気持ちを解消する方法もありますが、副作用などで苦しむ人もいますので、まずは本屋さんに行って気持ちが楽になり、死にたい気持ちを抑える効果のある書籍を読んでみましょう。

今までの自分自身が生まれ変わったような感覚を持つ人もたくさんいます。以前から書籍で救われた人もたくさんいますので、本屋に足を運んでぜひ良書を探して読んでみてください。