死にたい人に読んで欲しいブログ

人間生きていたら死にたいと思ってしまう人も多いのです。このブログでは自殺願望、病気、いじめで苦しみ死にたい人に向けて死に関する私の考え方を紹介していきます。

MENU

【知っていますか?】なぜ人間は苦しまないと生きていけないのか?

皆さんブログに訪問ありがとうございます ! 私は大学時代に大きな精神的な病を抱え 、死にたいほどの病気や苦しみを抱えていました。

本当に大学時代から30歳になるまでの長い日々は、私にとって最悪の地獄だったのです。心から死んだらどれだけ楽になるかいつも考えていたほどです。

しかし現在では完全に回復し、幸せな生活を送っています 。これもしっかりと療養して、楽に生きる方法を自ら考えたからです。

是非皆様にも、もっと楽な気持ちで人生を楽しんでもらいたいと心から思いブログを書いています。それでは本文へどうぞ !

日本人は世界的に見ても苦しい人間が非常に多いです

f:id:yasuisoutarou19:20170320070829j:plain

日本人は世界的に見ても非常にお金持ちの国で、勤勉な国民性を持っています。しかし日本人は精神的な病を抱えている人が世界でトップクラスに多い国であり、人間関係や仕事で悩みを持っている人達がたくさんいます。

日本人は苦しいことに耐えて生きていかなければならないという考え方が根強く残っていて、そのせいで苦しまなくてもよい苦しみを味わっている人たちがとてもたくさんいるのです。

もっと自由で解放された人生を送ることは全く問題なく出来るのですが、どうしても自分を苦しめてしまう人たちが後を絶ちません。

なぜ人生で苦しまないといけないのでしょうか?

人生というものはなぜ苦しいのか真剣に考えて事はあるでしょうか?人間の苦しみというものは社会的な苦しみとプライベートの苦しみに分けられます。社会的な苦しみはほとんど仕事や学校に関する苦しみでありますが、日本人の社会というものは非常に厳しい社会でありますので、その部分で苦しみを持っている人達が続出しているのです。

またプライベートの苦しみというものは友達関係や親子関係などの人間関係の苦しみに占められます。人間関係のトラブルというものはいじめ問題に発展したり最悪の場合恐ろしい事態を巻き起こしてしまいますので、何とかして人間関係を良好に保たないといけないことになります。

この世の世界は全て差別の世の中である

ではなぜ社会的な苦しみやプライベートの苦しみが起こるのかと言えば、それは日本人というものは世界的に見ても非常に差別的な意識が強く、差別の世界で苦しんでいる人達が非常に多いのです。

他人を羨ましいと思ったり僻んだり妬んだりする人たちが非常に多いので、どうしても自分が劣等感を持っていると感じてしまうのです。差別の世界があるから人は自分らしく生きていくことも出来ますし、自分が自由になることも出来ないでいます。

差別の世の中から解放されれば人間は自分の本性に基づいて自由に生きていくことが出来ますので、他人と比較して苦しむ必要も全くありません。他人は他人で自分は自分でありますので、自分らしく生きていけばそれが幸せだということになります。

多くのお金を稼いでいる人はお金持ちてありますが、自分がそれほどお金持ちじゃなくても自分に相応しい幸せを見つけることが出来れば十分幸せに人生を送ることは可能です。

他人が勉強が出来て頭が良いと思っても、自分には自分らしい学力があってそれほど優等生と比較して劣等感を持つ必要もないのです。勉強が出来るだけが人生ではありませんので、自分の本当の幸せを見つけるのは勉強からではありません。もっと優等生とは違った幸せな人生を歩むことが十分に出来るのですよ。

自分らしく生きていくことで苦しみから解放される

自分らしく生きていくことでいくらでも自分らしい幸せを探すことが出来ます。他人と比較するのではなく本当に自分が幸せだと実感が出来る小さな幸せでも見つける努力をしなければいけません。

他人がブランド物のバッグを持っていたとしても、それを自分が羨ましいと思うことはおかしなことです。自分には自分の好みがありブランド物のバッグが一番良いとは限りません。

苦しいことばかりが人生でない事に気づきましょう

「苦しい人生、卒業!」 悟る技術 世界でいちばんシンプルな幸せの魔法をあなたに。

「苦しい人生、卒業!」 悟る技術 世界でいちばんシンプルな幸せの魔法をあなたに。

 

自分がやりたいことを素直にできる自分であれば良い

本当の自分は何を必要としているのか、どのような欲望を持っているのか改めて自分に問いただしてみることが必要です。他人を見てそう思うのではなく、本来の自分の欲望をしっかりと把握しておきましょう。

自分のやりたいことを素直に行動に移すことが出来れば、それほど悩み苦しむ必要もないのですよ。本来の自分の幸せを自覚することが出来れば、あとはそれを実現するだけです。他人がそうだからといって決してそうではないという事を頭に入れておいてください。

ありのままの自分を素直に表現しよう

日本人は自分を隠して自分の本当の姿を表に出さない人たちが非常に多くいます。世間体ばかり気にしてしまいどうしても自分本来の姿に立ち戻ることが出来ないでいます。社会的な生活をしている人ならばそのような人たちが非常に多く、自分を押し殺して生活しているのです。

プライベートでいる時間ぐらいは本来のありのままの自分を素直に表現することが大切です。ハンバーガーが食べたければ素直にハンバーガーを食べに行けば良いだけの話です。カッコをつけたり高尚ぶったりする必要はどこにもないのですよ。

開放されたありのままの自分で素直に生きる練習をしましょう。自分は自分ですので他人になれるなんて事は絶対に無理です。自分らしい生き方を実践することで本来の自分の幸せを実感することが出来ますよ。ありのままの自分で自由に幸福な人生を送ってくださいね。