死にたい人に読んで欲しいブログ

人間生きていたら死にたいと思ってしまう人も多いのです。このブログでは自殺願望、病気、いじめで苦しみ死にたい人に向けて死に関する私の考え方を紹介していきます。

【知って】眠れない人はチェック!運動すると熟睡出来て人生幸せになる

皆さんブログに訪問ありがとうございます ! 私は大学時代に大きな精神的な病を抱え 、死にたいほどの病気や苦しみを抱えていました。

本当に大学時代から30歳になるまでの長い日々は、私にとって最悪の地獄だったのです。心から死んだらどれだけ楽になるかいつも考えていたほどです。

しかし現在では完全に回復し、幸せな生活を送っています 。これもしっかりと療養して、楽に生きる方法を自ら考えたからです。

是非皆様にも、もっと楽な気持ちで人生を楽しんでもらいたいと心から思いブログを書いています。それでは本文へどうぞ !

人間の体は動かすために出来ている

f:id:yasuisoutarou19:20170511041353j:plain

人間というものは肉体を持ってこの世の中に生まれてきます。よって肉体を持っているということは肉体を動かすために人生を生きていることに他なりません。

子供の頃多くの人は野山を駆け巡って遊んだり、友達とスポーツをしたりなど多くの楽しみを持っていたと思います。体を動かすということは非常に気分が気持ち良くなり、心身とも健康に暮らすためには欠かせないものです。

 大人になると人間はあまり動かない生活スタイルを行っている人達が非常に多く、そのような人たちは子供時代と比べて不幸を感じやすくなってしまいます。肉体を動かさないということはどうしても肉体がうつ状態になってしまい、じっとしているだけで悩み苦しんでしまう生活を送ってしまうことが増える可能性があるということです。

何もしないでじっとしていると夜眠ることが出来なくなりますよ

よく死にたいほどの苦しみを味わっている人や、精神的な病を抱えてうつ病になっている人達は、とにかく体を動かさない人が多くの割合を占めています。自分の部屋で閉じこもってテレビを見たりゲームをしたりするのは楽しいかもしれませんが、体を動かさないと暗い状態になってしまいどうしてもうつ病を発生させやすいのです。

うつ病が発生した場合には様々な症状が出てきます。特に一番辛い症状が精神的に疲れているのに全く眠ることが出来ない症状です。これは不眠症という症状ですが、不眠症にかかった場合には眠たくても夜眠ることも出来ず肉体や精神がボロボロになってしまうのです。

適度な運動は最高の良質な睡眠を提供してくれる

うつ状態の苦しみから抜け出したい人は、太陽が昇っている時間にきちんと体を動かすことを習慣化する必要があります。肉体を動かしていれば、精神的な部分でもある程度リラックス出来ますし、肉体もある程度疲れてきます。よって自然に睡眠を誘導しやすい状態となるわけです。

自分の部屋に閉じこもって永遠と悩んでいるような人達は、日常生活があまり動かない生活習慣になっている人達が非常に多いのです。適度な運動することによって夜眠たくなり、布団に入るとものの10分で眠ることが出来るようになります。

睡眠は1日の生活のリズムを作り出す

きちんとした睡眠をとれば毎日の生活のリズムが一定化してうつ状態になることは非常に少なくなることに間違いありません。私も学生時代を鬱病でしたが、深夜まで遅くテレビゲームをしていたことが原因だと思っています。うつ病は生活習慣病ですので、是非自分の生活習慣を見直してきちんとした毎日送らないといけないですよ。それにはある程度太陽が昇っている時間帯に体を動かすことが重要です。

夜ぐっすり眠ると朝爽快に起床することが出来る

夜にきちんとした睡眠が取れれば、朝起きると非常に爽快感を味わうことが出来るようになります。頭の中がリフレッシュされて精神的なストレスも緩和されています。肉体が0の状態に戻るような感覚になりますので、朝起きると幸福感を存分に味わうことが出来るのです。

朝起きた時になんだか苦しかったりストレスが抜けきれていない状態ならば、それは良質な睡眠を取れていない証拠です。きちんと昼間に体を動かしてぐっすりと眠る習慣を身につけてください。そうすれば死にたいほどの苦しみも朝起きるとほとんど緩和されていますよ。

運動で一番最適な方法は散歩をすること

ではどうすれば体を動かすことが出来るのかと言えば、一番理想的な方法は散歩をすることです。散歩は有酸素運動で、肉体全体を動かしながら体のストレスを緩和して気持ち良い疲れをもたらしてくれます。

午前中と午後に2回ぐらい散歩をするだけで、ぐっすりとした快眠を取ることが出来ますよ。そうすれば悩みや苦しみもほとんど感じることがない健康体の肉体に生まれ変わっていきます 。

死にたい気持ちも運動しないで改善する場合が多い

毎日様々な苦しみの中で生きている人たちも多いと思いますが、死にたいほどの気持ちになる場合にはそれは相当限界が来ているのだと感じています。そのような場合には運動をすることである程度精神的な悩みや苦しみが緩和される可能性が高くなってきますよ。

部屋でじっと閉じこもって悶々としているよりも、散歩をすることや運動することで肉体を動かして爽快な体を作り出すことも重要です。うつ病になると運動するのが嫌になりますが、少しずつ肉体を動かす訓練をしていけば、うつ病はある程度の期間が過ぎれば相当楽に変化していきますよ。是非少しの運動でも明日から行ってみましょう。一番良いのは朝と夜の時間人があまりいない時間帯に散歩をするのがおすすめです。

私も学生時代にうつ病で苦しんでいましたが、現在は夕方に3キロの距離を散歩しています。これだけで毎日睡眠がしっかりと深く取れますので、1日中幸せな状態で生活ができています。ぜひあなたも実践してみてくださいね。

運動しないと眠れない体になってしまいますよ

人間の肉体というものは動くために作られているのであって、何もしないままじっと動かないでいると病気になってしまいます。肉体を動かすと心地の良い疲れを感じると思いますので、それがゆっくりとした睡眠に効果テキメンなのです。

私も大学時代に不眠症になったことがありますが、1日中動かずにテレビゲームばかりしていると夜に眠れなくなってしまいます。いちど睡眠のリズムが来ると回復するのに非常に長い時間がかかってしまいますので、睡眠のリズムが崩れないように決まった時間に眠る習慣を身に付けなければいけませんね。

睡眠ホルモンが出ないといけない

肉体が疲れて夜が来ると、自然と睡眠ホルモンがでてきますので、何もしない間でも自然と眠たくなってきます。

この睡眠ホルモンは自律神経のバランスが優れていれば本当にすぐに出てきます。しかし自律神経のバランスが非常に悪い場合には、夜になかなか眠れない状態になってしまいます。

ホルモンバランスをしっかり保つためには、規則正しい決まった生活習慣を身に付けなければいけません。生活習慣が乱れてしまえばホルモンバランスの乱れてしまいますので、きちんと規則正しい生活習慣を送っていきましょうね。

ホルモンバランスが正常な場合には、人間は幸福を感じやすい肉体となってきます。睡眠をしっかりとって幸せな生活を送ることができるのですよ。

そのためには早寝早起きの習慣を身に付け、毎日きちんと食事をとるようにしましょう。肉体を動かしてきちんと休息を取る習慣を身につければ、自律神経のバランスは最高の状態となりますよ。

睡眠不足で死にたい気持は回復できる

睡眠不足が続いてしまうと、自然と死にたい気持が増えてきて何とも言えない状態となってしまいます。

このような状態にならないためにも、睡眠不足が続いたときは、きちんと睡眠薬などを利用して意地でも眠らなければいけません。

睡眠不足を継続的に引き起こしてしまえば、最悪の場合はうつ病の状態となり死にたい気持ちが沸き起こってくるでしょう。

自分の状態が非常に最悪の場合には、学校も仕事も休んできちんと家で休息を取らなければいけないと思います。無理をして頑張ってしまえば、最終的には自殺をしてしまう人もいるのです。

死にたい気持を回復するためになるべく早い対策が必要ですね。対策を引き延ばしにしてしまえば、後々えらいことに発展しかねません。すぐに眠るなり、体が回復できるように睡眠をしっかり取りましょうね。