読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死にたい人に読んで欲しいブログ

人間生きていたら死にたいと思ってしまう人も多いのです。このブログでは自殺願望、病気、いじめで苦しみ死にたい人に向けて死に関する私の考え方を紹介していきます。

死にたいと感じやすい改善すべき危険な生活習慣BEST10

目次

現代人はストレスを溜め心の病にかかっている人が増えている

smartphone teen

現代の日本人は、昔の日本人と違って非常にストレスがかかりやすい生活習慣を行っている場合が多くなっています。あらゆる場所に情報が飛び交っていて、テレビをつけてもスマートフォンを見てもパソコンを見ても全て情報ばかりの世の中になっています。

このようなインプットが非常に多い社会というものは、どうしてもストレス社会となってしまう場合が多く、人々は知らない間に非常に多くのストレスを受け続けていることになります。

生活習慣が死にたい気持ちを増幅させ苦しみを生み出している

 

このようなストレスばかりが溜まってしまう日常生活を送っていると、次第に精神がおかしくなってしまい、死にたい気持ちが増幅してしまう可能性があるのです。

自分で何も思いつかなくても、苦しみや悩みがどんどん増えていき、自然な形で死にたい欲望が心の中に頭の中に湧いてしまう症状を引き起こしてしまいます。

生活習慣を改善すればこのような症状は治りますので、是非日頃の生活習慣の改善に力を入れて欲しいと思います。死にたい気持ちを増幅させる生活習慣は以下のような生活習慣に集約されています。

1:夜更かしをすること

最近の若者は夜遅くまでゲームをしたりスマートフォンで遊んだりと睡眠時間が非常に短くなっているのが特徴です。

昔の日本人は1日10時間ぐらい眠っていた人も多くいて、現在の日本人と比べればびっくりするほど休息をとっていたことになります。

特に若者は1日に4時間ぐらいしか眠らない人もたくさんいると聞いていますので、このような生活習慣を続けていれば精神的に病んでしまうのは当たり前だということです。

2:お風呂に入らないこと

日本人というものはシャワーを浴びる習慣はそれほどなく、昔からきちんとお風呂に入っていた国民であります。

お風呂というものは日本人の誇れる文化であり、1日の疲れた肉体を休める最高のストレス解消法なのです。

シャワーを浴びるのもある程度気持ち良い部分もありますが、ストレス解消にはお風呂と比べて効果は薄く、きちんとお風呂に入ることで1日の疲れが完全に解消する可能性も高いのです。

3:お酒を大量に飲むこと

お酒を飲むということは大人にとって楽しみのひとつでもありますが、お酒を飲みすぎるとどうしても酩酊状態になってしまい、うつ状態へと移行してしまうのです。

大量のお酒を飲むと死にたい気持ちというものが湧いてきて、 次第にマイナス思考へと落ちてしまうようです。お酒は適度な量で楽しむのがオススメで、飲み過ぎに注意をしてお酒を楽しんでください。

4:テレビやスマートフォンを長時間見続けること

現代人はメディアの世界に支配されているように、多くの人たちがテレビやパソコンなどを利用しています。また最近では若者がスマートフォンで暇な時間画面を見続けていることによって、非常に多大なるストレスを受けているのです。

メディアを長時間見続けることは、目の中に多くの情報が飛び込んできますので、それは頭に多くのストレスを与える原因となってしまいます。

1時間何かを見続けたら目をしっかりと休ませないといけません。うつ状態になれば死にたい欲望が湧いてきますよ。

5:体を動かさず運動を全くしないこと

肉体というものは動かすために存在しているものであり、肉体を使わないということは死んでいるのも当然であります。

頭ばっかりを動かして肉体をほとんど動かさないのが現代人の生活習慣となっていますが、運動をしないとどうしてもストレスが溜まってしまい肉体が硬直してしまいます。肉体が硬直してしまうとどうしても暗い状態になってしまい死にたい気持ちが高まってくるのです。

6:食生活が不安定で食事をたくさん食べないこと

最近の若者の考え方で、痩せている方が美人に見えたりカッコよく見えたりと思う人が非常に多くいます。

本当の健康的な肉体というものは、少しふっくらした肉体であり、ふっくらした肉体はストレスを大幅に緩和して少し落ち着いた感じになります。痩せている人は平均的にイライラしている人たちが多く、どうしても不幸を感じやすくなってしまうのです。

7:仕事でストレスをためてイライラすること

日本人は世界の人と比べて働きすぎの国民だと言われています。あまりにも働きすぎることによって肉体的な疲労と同時に精神的な疲労も感じやすくなってしまいます。

このような状態になると死んで楽になりたいという欲望が自然と湧いてきますので、自分の仕事をもっと楽にこなす考え方を持たないと仕事で人生が台無しになってしまいますよ。

仕事関連で自殺している人もたまにニュースで見かけますので、ぜひ働きすぎに注意をしてくださいね。

8:本当の自分で人と一緒にいないこと

日本人は人前で自分を隠して演じている人達が非常に多くいる国民です。世間体というものがとても大切に考えられていますので、どうしても自分らしく人間関係を持つことが非常に難しいのです。

自分を隠してしまいますと、本当の自分が抑圧され苦しむ状態となってしまいますので、このような人に自殺をする人たちが非常に多くなっています。

9:嫌なことばかりをしていること

人間というものは楽しくて楽なものが幸せと感じる人たちが普通の人ですので、嫌なことばかりをしていると当然不幸な人生を送らなければいけない羽目になります。

忙しくきつい仕事をしていればどうしようもないこともありますが、プライベートの時間では自分の好きなことを思う存分楽しんで欲しいと思います。

気分が晴れ晴れしてとても楽しく生きていくことができますよ。そうすれば少々忙しい仕事でもこなすことが十分に可能です。公私混同せずプライベートではきちんと休息を持って楽しんで生きることが人生ですよ。

10:遊ばないこと

日本人は非常に真面目な人たちが多く、遊ばない大人の人達もたくさんいます。遊ぶのは子供がすることだと差別をしている人たちも多くいますので、このような人たちは不幸な人生を送りやすい典型的な人間です。

ある程度大人になっても遊び心を持って自由に羽を伸ばすことが必要になります。多少羽目を外さないと真面目くさっていても苦しいだけですよ。たまに遊んだりしながら悠々自適に人生を送ることが大切です。

まとめ

日本人の生活習慣というものは規則正しい生活習慣が当たり前に考えられていますので、どうしても抑圧されて支配されているような感覚に陥る人たちが非常にたくさんいます。

また現代人はメディアの文化の中で目から非常に多くのストレスを受けていますので、うつ状態になりやすく死にたい欲望というものが自然と湧いてくる人もいるのです。

是非生活習慣を改めてストレスのない自由な生き方を模索してみて下さい。生活習慣を改めるには毎日決まったことを実践していけば、自然に生活習慣の改善を行うことができるようになります。ぜひもっと楽な人生を歩んで死にたい気持ちなど吹っ飛ばしてください。