死にたい人に読んで欲しいブログ

人間生きていたら死にたいと思ってしまう人も多いのです。このブログでは自殺願望、病気、いじめで苦しみ死にたい人に向けて死に関する私の考え方を紹介していきます。

MENU

貧乏で貧困で死にたいほど苦しい時に実践して欲しい8つの解決方法

目次

最近では貧乏で貧困で苦しんでいる人が日本では増えています

Poverty

最近では日本の若者を中心に貧困問題がクローズアップされています。若者でもきちんとした定職につかない人間が増えていて、お金がなく死にたいほど苦しい毎日を送っている人が少しずつ増えているのです。

貧乏や貧困というものは、衣食住を満足に得ることができない人を指しますが、なんとかこの問題を解決しないと一生苦しい人生になる可能性が高まってきます。

きちんとした仕事を行っていればこのような貧困問題は発生することはありませんが、最近では、自由な世の中でフリーターの人や離婚したシングルマザーの人も増えていますので、問題が発生する可能性がとても高いのです。

貧困問題は人生で最も解決しておきたい一番の問題です

貧困問題を解決していかないと、毎日の苦しい生活の中で人生を有意義に過ごすことが難しくなってしまいますので、貧乏で食べるのも事欠く生活というものをなんとか解決していかないといけませんね。

ではどのような解決方法があるのか考えていきたいと思います。日本はもともと裕福で豊かな国でありますので、社会福祉もしっかりと整っています。きちんとした知識や情報に基づいて行動すれば、あなたの死にたいほどの苦しみは解消されると考えています。

1: 毎月必要なお金をきちんと把握しておく

お金が足らなくて毎月の生活費が苦しいような人は、まずは自分が1ヶ月に使うお金がどのくらいなのか把握しておかないといけません。何も考えずお金を使っていたら知らない間にお金が足らなくなり苦しい生活を余儀なくされます。

計画的なお金の利用を考えないと、後々苦しい生活になってしまいますので、まずは毎月の生活費をきちんと紙に書き出してチェックしておくことが必要です。計画的に生きていけばそれほど苦しむ必要もなく安心して生きていけますよ。

2:無駄なものにお金をできるだけ使わないようにしておく

現代人の日本人は豊かな人が非常に多くなり、無駄なものにお金をたくさん使う習慣が身についています。昔の日本人と比べれば本当に贅沢になってしまい、世界的に見ても日本人は無駄なことに非常に多くのお金を使う国民となりました。

無駄な物に対するお金を節約していけば、それほど貧困問題で苦しむことは少なくなるでしょう。必要最小限度のお金を使い、無駄なお金を節約していく生活スタイルを確立すれば、それほどお金で苦しむことは少なくなりますよ。

3: きちんとした収入を得るために自分の理想の職業に就く

日本人で貧困で苦しんでいる人は、きちんとした仕事に就いていない人が非常に多くいます。当然仕事をしないとお金を稼ぐことが出来ませんので、貧乏で苦しむことは目に見えています。

自分の性格や能力にに適した仕事を探すことができれば、それほど苦しむこともなく毎月収入を得ることができますので、是非仕事に関して前向きな考え方を持って欲しいと思います。仕事をするのは嫌なことかもしれませんが、仕事をしないと生きていけませんので、是非仕事の事に関してもう少し積極的な人間にならないといけませんね。

4:苦しくてどうしようもないなら国を頼る

最終的にどうにもならない状況が出来上がってしまうと、人は食べて行くこともできなくなってしまいますので、このような場合にはきちんと国や地方公共団体に相談してみることが大切です。

日本には生活保護という制度がありますので、この制度が適用されれば最小限度の生活を保障されることになります。国や地方公共団体に頼るのは最終的なことですので、それまでは自分で何とか解決しないといけませんよ。

5:プライドを捨てて親や両親を頼る

自分を助けてくれる本当の存在はやはり生まれ育った家族であります。家族は肉親でありますので最終的には自分を助けてくれる場合が多いです。

もし自分がどうにもならないほど苦しいのならば、家族の助けを必要としてみてもよろしいのではないでしょうか?一人で悩んで苦しんでいるのではなく、きちんと自分の状況を家族に相談して家族の援助を受けることも重要ですよ。

6: 都会から離れて田舎で半自給自足の生活をしてみる

最近では都会から離れて田舎暮らしを実践している人たちが増えています。田舎暮らしでは半自給自足の生活を実践することができますので、生活費用が非常に少なくて済みます。

私も現在田舎暮らしを実践していますが、街中で住んでいた時よりも使うお金が1/3程度に減りました。

田舎では大自然の中で暮らしていけますので、お金を使う場所は非常に少なく自然と節約生活を実践することができますよ。もし都会で死にたいほど苦しい貧乏生活をしているのならば、田舎に移住すれば問題が解決する場合が多いです。

7:周囲の人と比較するのではなく自分らしい生き方を形作る

現代の日本人の多くの悩みの一つに、人と比較をして自分が惨めであるとか貧乏であるとか悩んでいる人が非常に多いのです。人は人ですし自分は自分ですので、人と比較をして苦しむほど馬鹿らしいことはありませんよ。

周囲の人がブランド品のバッグを持っていても、自分がそれを買わないといけないことは全くありません。自分には自分の適した生き方がありますので、人に左右をされて自分の生活をメチャクチャにする必要は無いのです。

8:食生活を見直し節約生活を実践する

日本人は世界で一番食料廃棄物が多い国となっていますが、日本人は食べる事に関して贅沢になりすぎています。食生活をもっと控えめにすれば、それほど多くのお金を必要とすることはありません。

もっと生活費を下げて食費を節約することが大切ではないでしょうか?贅沢な暮らしが当たり前となっているのが日本人ですので、その部分の意識をしっかり持ち、もっと世界標準的な食生活を実践してみてください。

あなたは世界的に見れば決して貧乏で貧困なわけではない

日本人は世界に有するお金持ちの国であり、他国の人が見たら信じられないほどの贅沢な暮らしをしています。これは戦後の日本の高度経済成長が成し遂げたアジアの奇跡なのですが、この戦後の時代で日本人は贅沢な国民になってしまったのです。

要するに普通の国の人が考えている暮らしが、今の日本では貧乏や貧困だとされているところに間違いがあるのです。日本で貧乏だと感じている人は、世界的に見れば決して貧乏ではなく、裕福な方だと考える人も多いのです。

よってあなたは日本の価値判断と価値基準で暮らしているから貧乏で苦しんでいるだけなのです。これはもっと世界を広く知り、自分は決して貧乏で死にたいほど不幸ではないと知ってほしいのです。あなたの悩みは世界的に見れば決して大きな悩みではないことを知ってくださいね。世界にはもっと貧困で苦しんでいる人が山のようにいるのですから。

まとめ

死にたいほど貧困や貧乏で悩むということは、生きている上でとても苦しいことであります。何とかしてその問題を解決しないといけないのですが、日本人はとても贅沢になりすぎていて世界的に見ても豊かな暮らしをし過ぎているのです。

もう少し節約生活を行っていきながら、贅沢な暮らしを戒めないといけません。また日本では社会福祉やセーフティネットがきちんと管理されていますので、どうしても貧困生活が解決しない場合には、国や地方公共団体に相談してみてもよろしいと思います。

一人で悩み苦しむのではなく、きちんと両親や親類に相談をしてみることも重要です。 貧困問題を一人で抱えるのではなく、もっと広い視野を持って問題解決に動いてみてください。きっとあなたの問題を解決してくれる方法がこの日本には存在していますよ 。

ぜひ以下の記事も参考にしてください

お金がないと死にたいなんてお金の意味を知らないだけ