死にたい人に読んで欲しいブログ

人間生きていたら死にたいと思ってしまう人も多いのです。このブログでは自殺願望、病気、いじめで苦しみ死にたい人に向けて死に関する私の考え方を紹介していきます。

MENU

疲れやストレスが溜まった時には頭痛薬が飲んだ方が良い7つの理由

目次

現代社会はストレス社会で精神的な疲れや肉体的な疲れがたまりやすい

Headache coming on

現代の日本人は仕事や勉強で疲れが非常にたまりやすく、特に精神的な疲れは日本人の苦しみの最大の原因となっている場合が多いです。

日本という国は世界の国と比べてストレス社会と言われており、社会の中で非常に過酷な仕事をしなければ多くのお金を稼ぐことができないとさいわれています。

学生時代でも、良い大学に行くために学生は一生懸命学校以外にも塾に通ったりして勉強漬けの毎日を送っている人が非常に多くいます。

このような非常に厳しい社会の中で、日本人は一生懸命生きて行かなければなりません。日本という国は精神病やうつ病、自律神経失調症などの病にかかる人が非常に多く、自殺者も非常に多いことから、一種の社会現象となり死にたいほどの苦しみを持っている人が非常に多いのです。

疲れがピークに達する前に頭痛薬を飲んでしばらく安静にしておく

もし体力的に疲れた場合にはゆっくり眠ればそれなりに回復はしますが、精神的な疲れというものは非常に頑固なものであり、なかなかストレスを解放することが難しくなってしまいます。

特に仕事などで非常に忙しい毎日を送っているサラリーマンなどは、精神的な病にかかりやすく、耐えられないほどの苦しみを抱いている人が増えているのです。

体調が悪ければお医者さんに通えば良いと思っていると思いますが、なかなか医者に通うこともできずに一人で自宅で苦しんでる人も多くいるのです。

このような人は、精神的なストレスの症状がひどくなる前に市販薬の頭痛薬を購入すれば全く問題なく精神的なストレスを緩和することができますよ。民間療法とまでは言いませんが、ドラッグストアなどで頭痛薬を飲めば精神的にも非常に楽になりゆっくり休息をとることができます。

欧米などではこのように頭痛薬を利用している人たちが非常に多く、日常的にアスピリンなどを飲んでいる人がとても多いのです。日本ではバファリンなどの一般的な頭痛薬で何の問題もありません。

私は頭痛薬を飲んでほとんど体調不良で苦しむことがなくなりました

私も大学生時代から精神的な病にかかりストレスが非常に多い人間でしたが、頭痛薬を使うようになってそれほど症状がひどくなることはなくなりました。

それまでは薬を飲むのは症状がひどくなってからだと思っていましたが、少し疲れがたまって苦しい状態の時にバファリンを飲むことで、ほとんど症状がそれ以上ひどくなることなくゆっくり休息が取れるようになったのです。

1:頭痛薬は精神的なストレスを遮断してくれる

頭痛薬というものは頭に作用して精神的なストレスを遮断する効果を持っています。様々な頭痛薬が販売されていますが、一般的な頭痛薬だとほとんど同じような効果ですので問題ありません。

頭痛薬を飲むと体がふわっとしたような状態になり、今まで溜まっていたストレスが少なくなっていることに気づくはずです。次第に眠くなってきますので、ゆっくり休息すれば精神的なストレスは回復している場合が多くあります。

2:肉体の疲れも精神的な疲れが原因となる場合がある

肉体的な疲れというものも精神的なストレスが原因となっている場合があり、これも頭痛薬を飲むことで回復する可能性が非常に多いのですよ。

なんでもかんでもすぐに頭痛薬を飲めば良いのではなく、ある臨界点を突破してきたら頭痛薬を飲んでストレスを解放する癖をつけておくだけで、日常生活を非常に楽に過ごすことができるようになりますよ。

3:頭痛薬はドラッグストアに行けば誰でも気軽に購入できる

頭痛薬を購入しようと思えば、家の近くのドラッグストアに行けばどこにでも売っています。私の場合はバファリンを3セットぐらい常備薬として購入しています。

金額的にもそれほどびっくりするほどは高くはありませんので、気軽に買い求めやすいのが特徴です。私の場合は2週間に一度ぐらいは頭痛薬を飲むようにしています。ストレスが溜まって少し苦しいと感じた時に飲むようにしています。

4:症状がひどくなる前に頭痛薬を飲めば回復しやすい

薬を使う最高の時期というものは、これ以上ひどくなったら困ってしまうなと感じた時が飲みごろです。精神的なストレスを放っておいてしまうと後々ひどいことになる可能性がありますので、その前に頭痛薬を飲んでひどくならないように予防するのが理想的な頭痛薬の使い方になります。

5:頭痛薬を飲めば眠たくなりぐっすり眠れる

頭痛薬を飲むと体のストレスが少なくなってきますので、体が弛緩して眠たくなることが多くなってきます。この時にゆっくりと睡眠をとることで、体のストレスや精神的なストレスが一気に緩和されていくのです。

私の場合でも、頭痛薬を飲んで1時間ぐらい仮眠を取ることにしています。仮眠を取ることで精神的なストレスが楽になってきますので、起きると爽快感いっぱいです。今まで溜まっていたストレスの大部分がなくなっていることに気づくはずですよ。

6:水があればいつでもどこでも気軽に飲むことができる

頭痛薬は水があればすぐに飲むことができますので、非常に使いやすいのが特徴的です。私はインターネットで仕事をしている人間ですので、精神的なストレスが非常にたまりやすく過去に精神病を患っていることから頭痛薬をお守り代わりに持っています。

少しストレスが溜まりやばい状況にならないためにも、是非その前に頭痛薬を飲んでストレスのケアをすることが重要ですよ。

7:副作用はほとんどなく非常に安全

頭痛薬は副作用がほとんどなく、喉が少し乾きやすくなるぐらいのことであります。頭痛薬を飲んで死んでしまった人など聞いたことがありませんので、毎日毎日飲むようなことをしなければ全然問題ありません。

仕事や勉強をしていて1週間ぐらいで相当疲れが溜まっていると感じた時には、頭痛薬を飲めば全く副作用も何もないのです。薬を飲むことに恐怖を覚えることなく、普通にコップ一杯の水で薬を飲むことを心がけてください。そうすることで楽で幸せな人生を歩んで行くことができるようになりますよ。

まとめ

頭痛薬というものは頭が痛くなった時に利用するものだと思っている人が非常に多くいると思いますが、頭痛薬というものは精神的な苦しみをブロックしてくれるとてもありがたい薬ですので、疲れが溜まった時にも飲めば効果的に働いてくれます。

死にたいほど苦しむのではなく、その手前で頭痛薬をうまく利用すれば、仕事にも勉強にもそれほど支障をきたすことなく生きていくことができるようになりますよ。是非苦しい時には実践してみてくださいね。

ぜひ以下の記事も参考にしてください

疲れた時に死にたい人へ提言したい絶対に取るべきオススメの行動