死にたい人に読んで欲しいブログ

人間生きていたら死にたいと思ってしまう人も多いのです。このブログでは自殺願望、病気、いじめで苦しみ死にたい人に向けて死に関する私の考え方を紹介していきます。

MENU

ゲーム中毒が若者の自由と幸福を台無しにする8つの理由

目次

これだけゲームが溢れている日本社会は危ない

Gaming Console TV - Credit to informedmag.com

現在の日本は世界に類を見ないほどゲームを楽しんでいる子供や若者が急増しています。ゲームというものは私の幼少期時代にもファミリーコンピューターがあったように、ゲームで遊ぶことは子供にとって信じられないほど楽しいことなのです。

ゲームというものはゲームの中で自分の世界が成立してしまうので、現実感が非常に乏しく、ファンタジーの世界にのめり込み現実逃避を繰り返す人達がたくさんいます。

子供や若者がゲーム中毒になり大変なことになっている

最近では医学的な分野でもゲーム中毒による被害がとても大きいと分かってきています。ゲームは中毒症状になるほど楽しいものであり、一度手を出すとなかなかその世界から逃れることはできません。

ゲーム中毒がひどくなり、ゲームをしなければ不幸のどん底になってしまう人も多く、ゲームをしていない実生活の中では、不幸を感じて死にたいほど苦しんでいる若者も多いのです。

1:ゲームは空想の世界

ファンタジーの世界は人を虜にして魅了するとてつもなく大きな力を秘めています。ゲームの中の世界は実際の世界とは違ってものすごい世界が広がっていますので、一度その世界の中に入ると抜け出せないほどの衝撃的な体験をすることになるのです。

現実の自分では考えることができないほどの世界を体験することが出来ますし、自分とはまったく違った主人公を操作して第二の人生を送ることだって出来るのです。

このように空想の中で現実離れした生活を送っていると現実的なギャップが非常に激しくなり、それが要因となって現実世界に溶け込むことができない子供が作り出されるのです。

2:現実社会とのギャップが大きい

あまりにもその現実社会とのギャップの大きさから、ゲームの中にのめり込んで現実世界を忘れながら生きている子供も多くいます。

現実社会とは、ゲームの世界とは違って何事も努力しないと成し遂げれないことが多く、子供はゲームの中でお金を使っていくらでも最高の体験を経験することができるようになっているのです。

現実世界ではゲームの中のように何事もうまくいかないことが多く、ゲームに没頭している子供は現実世界で全く努力をしない子どもに育ってしまう可能性がとても高くなってきます。

3:勉強もスポーツもしなくなる

学生時代には勉強やスポーツをしっかりと頑張ることが子供の義務の一つでありますが、これを全くすることがなければ、将来的に大人になっても非常に多くのことで苦しむことは確実です。

ゲーム中毒になっている子供や若者は、勉強やスポーツを全くせず毎日長時間ゲームに明け暮れていますので、大人になって非常に多くの問題を抱える子供が急増しているのです。

スポーツをせずに体を動かさないことによって、心身の健康が損なわれる可能性が非常に高く、いつもうつ状態になってしまい不幸な生活を送る羽目になってしまうのです。

4:ゲームを見続ける事でストレスがたまりやすい

人間の肉体で最も神経が多い場所は視神経であります。目を使うことによって非常にストレスが溜まりやすくなり、いつもイライラした状態に陥りやすくなります。

ゲームというものは画面をずっと見続けてしまいますので、非常にストレスが溜まりやすく、いつも精神が不安定になりなかなか落ち着いた状態になることが難しくなってくるのです。

このような子供というものはキレやすい子供に成長しやすく、何事も感情をあらわにして騒動や問題の原因となってしまう可能性が高まってくるのは間違いありません。

5:子供が発達障害になりやすい

子供というものはきちんとした教育を受ければきちんとした大人に成長しますが、ゲームばっかりしていると、まともな教育を受けることが少なくなり、発達障害のような大人に成長してしまう可能性があるのです。

成人を迎えて20歳になっても、まるで子供のような大人が最近では非常に増えています。このような原因の一つにゲーム中毒が大きく関係している可能性が指摘されています。

現実世界を全く受け入れることができず、空想やファンタジーの世界で生きてしまうことから、女の子のようなそんな妄想型の人間へと変わってしまう恐れがあるのです。

6:睡眠不足に陥りやすい

ゲームというものはプレイしていると楽しくて仕方がなくなり、ついつい長時間ゲームで遊んでしまうことは間違いありません。決まった時間でプレイしておかないと、歯止めがきかなくなり深夜になってもゲーム三昧の生活を繰り返してしまう恐れがあります。

子供が睡眠不足になってしまうと、当然成長していくために必要な生活習慣を身につけていくことができず、精神的な部分や感情的な部分が育ちにくくなってしまいます。


睡眠不足からくる様々な影響は非常に莫大なものであり、子供はよく寝て育つことから成長が非常に遅れてしまう傾向があります。最近の子供は深夜まで起きている人たちが多く、これが一つの教育上の問題と指摘されているのです。

7:外で友達を遊ぶ事がなくなっている

ゲームばかりしてると家の中でずっと生活するようになり、外出して外で遊ぶようなことが少なくなってしまいます。これは肉体の発達にも非常に影響していて、ゲームばかりしているオタクの子供というものは、肉体的に非常に弱い人間へと変わってしまう可能性が高くなってくることは言うまでもありません。

私達の子供の時代は当たり前の様に外で友達と野原を駆け回って遊んでいました。しかし最近の子供達は家の中でゲームばかりしているので、体を動かす習慣を身につけておらず肉体的な面でも精神的な面でも非常にひ弱な人間げとなってしまうのです。これでは社会に出て仕事などを行うことは非常に困難なことにならざるを得ません。

8:登校拒否に陥るケースも出ている

最近では家でゲームばかりしていて学校に通わない子供たちも非常に増えてきています。遅刻をしたりするのはまだ良いかもしれませんが、登校拒否に陥る子供がとても多いのです。

その原因の一つに、やはりゲーム中毒というものが大きく影響しているのは言うまでもありません。一度学校に行かず家でゲーム三昧の日々を送ってしまうと、今後もそれが非常に大きな影響を持ち始め、登校拒否に発展する可能性がとても高くなってくるのですよ。

まとめ

ゲームというものは現代文明の中でも最も楽しい楽しみの一つであり、ゲームをすることによって非常に幸福な時間を味わうことができるようになります。

その反面中毒症状というものが非常にひどくなり、ゲームをしていなければ幸せを感じることができない人間へと変わってしまいます。

これはギャンブル中毒に匹敵するほどの症状が出てきますので、一度中毒患者になってしまえば、それからの人生をまともに生きていくことが困難になってきます。

日本の子供の大きな問題の一つにゲーム中毒が上位にランクしていますので、何とかしてこのゲーム中毒を解消しながら現実生活に適応できる人間に成長しなければなりませんね。

ゲームの時間をきちんと始めから決めておいて、それを守りながら文化としてゲームを楽しむような人生を送るのが理想的です。一度ゲーム中毒に陥ってしまいますと、本当に不幸な人生になる可能性が高くなってきますので、是非対策をねらなければ危険な状態へと変わってしまいますよ。

ぜひ以下の記事も参考にしてください

ギャンブル中毒の症状が人生を最悪のものにする7つの理由