読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死にたい人に読んで欲しいブログ

人間生きていたら死にたいと思ってしまう人も多いのです。このブログでは自殺願望、病気、いじめで苦しみ死にたい人に向けて死に関する私の考え方を紹介していきます。

社会に絶望した若者がセカンドライフを選択した方が良い8つの理由

目次

日本の社会は苦しみの中で成立している部分が高い

f:id:yasuisoutarou19:20170430044428j:plain


日本の社会は世界各国と比べて非常にストレス型の社会であり、勉強に仕事に一生懸命頑張らなければいけない社会が形成されています。

よって社会人として日本で生きていると、どことなく窮屈さを感じるようになり、ストレスが多くなってしまうのが当たり前の状況となります。

この苦しみによって成り立っている日本の社会から離脱して生きていく考え方というものは、最近の若者の文化となっており、日本人全てが社会の中で苦しみながら生きていく必要性はありません

社会の中で幸せに生きていくことができない人たちも多い

また社会の中で一生懸命頑張りながら、会社のために自分の身を捧げる行き方というものが、最近では昔の古い考え方だと言われています。

戦争を経験した日本人にとってみればこのような生き方は当然の生き方かもしれませんが、現在ではそのような価値観を持っていない若者が非常に増えています。

厳しい社会の中で生きて行くことができない若者も日本にはたくさんいて、そのような人はセカンドライフ的な普通の人とはまったく違った生き方を模索しているのです。

何も老後の人生でセカンドライフを送る必要はなく、もっと若い時代から普通の社会人とは違った生き方を選択することも可能だという事を頭に入れておいてください。

 

セカンドライフを選択する若者が急増している

最近では若者を中心とした世代が、都会から離れ田舎で農業などをしてゆっくりと生活している人たちが増えてきています。

サラリーマン社会の中で身を埋めるのではなく、もっと自由で幸せを実感しやすい自然的な生活を行なってる人たちが次第に増加している傾向にあります。

仕事でも個人で仕事をする人たちが多くなっており、インターネットビジネスに代表されるような働き方も注目を集めているのです。

1:辛い人生ならば人生を一度リセットした方が良い

人間というものが1つのレールの上で生きていれば、うまくいかない人たちも非常に多くなりますので、自分の人生が一生台無しになると感じている人たちも多くいると思います。

1つの人生の道の上でうまくいかない人は、一度人生をリセットして新たな道を歩いていくことが肝心です。一つのことに縛られるのではなくmもっと多種多様な幅広い考え方を持って人生を作っていく積極性が必要となってきますよ、

2:うまくいかない人生をやり続ける愚かさ

自分の今まで生きてきた人生が全て自分の理想的な人生だとは言えません。そのような場合に新たな自分の人生をやり直すだけの覚悟が必要となってきます、

うまくいかない人生をやり続けるのは愚かな行為でありますので、もっと自由で自分らしい人生を選択する気持ちを持ってこれから新たな道を歩いて行って欲しいと思います、

3:新しい扉を開けば新しい世界が広がっています

セカンドライフというものは、第2の人生を生きることを意味しますので、これは若い世代の人間にとっても非常に有効な生き方だと考えます、

自分にとって新しい世界の扉を開けば、新しい幸せな人生が待ち構えていると想像してみてください、もっと自分らしく生きていくことが十分可能であると知っておく必要があります。日本社会の常識に縛られる必要はないのです

4:生き方は何も一つだけではない

世の中には様々な人間がいて、様々な生き方をしながら人生を生きています。あなたの人生の可能性も無限大に広がっており、今までの苦しい人生だけではないのです。

色々な生き方があってしかるべきでありますし、今までの自分に固執して不幸になることは全くナンセンスなことであります。

もっと多くのことにチャレンジして自分らしい生き方を実践してみることをお勧めします。これがセカンドライフ的な人生を歩むチャンスになるのです。

5:少ないお金で幸せな人生を選択する方法も視野に入れる

日本人というものは世界の中でもトップレベルのお金持ちの国であり、当然多くのお金を稼いで幸せな人生を送る価値観が幅を利かせています。

多くのお金を稼ぐということは、それだけ過酷な労働をしなければいけないということでありますので、どうしてもそれについていけない人が多くいるのは仕方がないです。

サラリーマンとなって多くのお金を稼ぎながら幸せに生きていく人生だけが人生ではありません。もっと自分の幸せを実感できる人生を歩んで見ても良いのではないでしょうか?お金が少なくても十分幸せに生きていける人生もあるのですよ。

6:人の期待に応えるのではなく自分の理想像を追い求めるべきだ

日本人というものは親の期待に応えなければいけないプレッシャーから、不幸感じている人が非常に多い国です。人の期待に応えてばかりではなく、本当に自分がやりたいことを素直に選択できるそんな人間が幸せをつかむことができる人間の代表例です。

本当に今のままの人生で良いのか少しゆっくりと考えてみる必要があります。本当に自分がやりたい人生を送ることは、人生の中で最高の幸せでありますので、人の期待に応える人生を選択するのはもしかしたらあなたの幸せを制限している原因になっているかもしれません。

7:競争社会の中で得られるものと違った価値観を持ってみる

社会というものは上下関係で成り立っており、どうしても上の立場にならないといけないと始めからプレッシャーをかけられています。

競争社会の中で生きていると、いつも神経をすり減らし精神的に苦しい人生を歩んでいる人達が非常にたくさんいます。人と競争するのではなく自分らしい夢や理想を叶える人生を歩んで見ても良いのではないでしょうか?

8:最終的には自分が幸せを感じることが人生の目的である

多くの若者は社会に絶望していると言われていますが、最終的には本当に自分が理想的な人生を選択することがとても幸せになるために大切なことになります。

人生の最終的な目的は、自分の幸せを達成することにありますので、今までの人生からセカンドライフの人生を送り本当の幸せをつかむことも出来るのですよ。

今までの自分の人生をリセットして、新たなセカンドライフを送ることも十分に可能です。それはあなたの行動力と率先力にかかっていますので、是非本当の自分の夢を自分の人生で叶えていってください。

まとめ

日本人というものは社会の中で決まりきった支配的な人生を送る人たちが非常に多く、本当に自分らしい人生を送る人は少ないと言われています。

セカンドライフといえば、定年になって老後の生活を送っている人たちだと想像できるかと思いますが、若い世代の人たちでもすぐにセカンドライフを実践することはできます。

今までの苦しい人生からおさらばして、自分らしいセカンドライフを見つけてみてはいかがでしょうか?本当に自分にとって最高の人生があなたの選択で決断で見えてくる可能性もありますよ。。

世の中には死にたいほど悩み苦しんでいる人が日本人には多いと言われています。そんな時にはゆっくりと落ち着いて考え直してください。今までの人生を投げ捨てて、新しい人生を歩むことができるかもしれませんよ。あなたのセカンドライフを応援しています。