死にたい人に読んで欲しいブログ

人間生きていたら死にたいと思ってしまう人も多いのです。このブログでは自殺願望、病気、いじめで苦しみ死にたい人に向けて死に関する私の考え方を紹介していきます。

MENU

借金で死にたい苦しみを10倍楽にする最適な知識と方法

目次

借金で苦しんでいる人は日本にはとても多くの人がいる

f:id:yasuisoutarou19:20170520034446j:plain

日本はお金持ちの国であり、世界的に見てもとても裕福な国であります。日本ではお金が全てであると考えている人達が非常に多く、お金があればそれだけで幸福な暮らしを実現できる国だとされています。

しかし人間というものはお金の欲望が考えられないほど増幅してしまい、自分が持っていないお金を使いたいと言う考え方で生きている人達が非常に多いのです。

現在ではキャッシングやカードローンで気軽にお金を借金することができる時代となっていますので、特に若い世代を中心に借金で苦しんでいる人たちが増えてきています。

キャッシングやカードローンでは ATMを利用すればすぐにお金を引き出すことができますので、それほど罪悪感なくすぐに借金をしてしまう癖をつけてしまうのです。

基本的に借金をするということはダメなことです

お金を借りるということは大昔から駄目な人間が行っていることであり、健全な人間というものは借金をすることはなく自分が稼いだお金の範囲で生活をしています。

現在では簡単に借金ができますので、借金をすることの罪悪感を持っていない人たちが非常に多くなっています。

もしあなたが何の考えもなく借金を続けているとすれば、それは非常に危険的な行為でありますので、すぐに自分の生活習慣を見直さなければなりません。

借金返済で一生地獄で生活する必要はありません

日本では昔から借金で苦しみ自殺をしたり夜逃げをしたりするなど非常に多くのトラブルが発生していました。

借金返済で自分の一生を棒に振った人たちもたくさんいますので、自分が現在借金を返せる能力があるかどうかきちんと判断して、もし返せない場合は法律によって対処をする必要が出てきます。

これを知らないと一生借金地獄で自分の人生が台無しになってしまいますので、何とかしてすぐに法律の専門家に相談をすることが重要になってきます。

私も大学時代学生ローンを利用したことがありますが、学生の身分ですので借金を返済するのがとても困難であり、日々の生活が地獄の生活だったことを思い出します。私の場合は親に相談して借金の返済をしましたが、社会人になればなかなか自分を助けてくれる人がいないかもしれません。

法律で債務整理が規定されていますので苦しみ続ける必要はありません

日本の法律では債務整理の法律が完備されていて、どうしても借金の返済ができないと判断された場合には、借金の減額や借金の帳消しなど様々な法律が適用されています。

今の自分の生活では毎日の生活が苦しくて、借金の返済が難しいと法律上判断された場合には、多くのメリットがある法律が適用されますので安心してください。

借金の返済で死にたいほど苦しむことは、現在ではそれほど少なくなっており、弁護士の人に相談すればいくらでも自分の苦しみを緩和してくれるはずですよ。

きちんと弁護士に相談することが大切です

借金の返済が苦しくて人生が台無しになる前に、きちんと弁護士の人に相談して、これからの借金返済の対策を一緒に考えてもらう必要があります。

素人の自分自信で悩み苦しむということは、非常に馬鹿なことでありますので、専門家の弁護士の人にきちんと相談して将来的に債務整理で借金の返済がスムーズに行くように助けてもらうことが大切です。

弁護士に相談するということは恥であると考えるのではなく、自分を少しでも法律の範囲で楽にしてくれると考えてすぐに弁護士の人に連絡を入れることが重要です。

もう一度新しい自分自身で人生のスタートを切りましょう

人間はいつだって新しい人生のスタートラインに立つことが可能でありますので、借金をしたからといって今後の自分の人生がすべて台無しになるわけではありません。

人間は過ちを犯してしまう弱い生き物でもありますので、過去の失敗を引きずって人生を台無しにするよりは弁護士の人にきちんと相談して、新しい自分のスタートラインに立てるよう法律によって債務整理をして借金問題を解決する必要がありますね 。

人間間違いなんて誰にでもあるので落ち込む必要はありません

私は学生時代から学生ローンを利用したり親からお金を借りたりして多くの借金をしてきた経験があります。私は若い頃はギャンブル好きの人間だったので、毎月の生活費では自分の楽しみを満足させることができない状態にありました。

借金をすると本当に多くの人に迷惑をかけてしまいますので、何とか借金している状態から自分を正常な状態へと戻さなければいけません。

私も学生時代は死にたい気持ちが非常に強く、自分の人生が台無しになってしまう人生を送っていました。現在では借金をすることなく自分が稼いだお金で日々の生活を組み立てることができていますので、現在は幸せな人生を送っています。

私の知り合いでもカードローンで苦しい毎月の生活を送っている人たちもいますので、借金の問題というものは人生の幸福の大きな部分にマイナスの影響を与えてしまいます。

一人で悩み苦しむのではなく、いつでも自分の苦しみを解決してくれる専門家の弁護士がいますので、すぐにでも弁護士の人に連絡を入れてみてください。きっとあなたのためになる解決方法を提案してくれますよ 。

人間誰かに助けてもらってもまったく損はありません

日本人は人に助けられるのが恥ずかしいと思っている人が多く、そのような人は非常に損をしてしまう性格の持ち主です。人間一人で生きていけないほど弱い存在です。人という漢字は、支え合っているという意味ですので、人は誰かに助けられて生きているのが普通なのです。

よって借金をしてしまい死にたいほど苦しんでいる人は、ぜひ誰かに助けを求めましょう。それが恥ずかしいとか面目が立たないとか、意地を張っていても自分が不幸になるだけです。人間はどんなに偉く立派な人でも誰かに助けられて生きているのですよ。総理大臣でも会社の社長でも、多くの人に支えられて助けられて生きているのです。一般人のあなたが、誰かに借金のことで助けてもらってもまったく問題でもありませんし、恥でもないのです。それが国でも弁護士でも同じことですよ。

ぜひ以下の記事も参考にしてください

お金がないと死にたいなんてお金の意味を知らないだけ