死にたい人に読んで欲しいブログ

人間生きていたら死にたいと思ってしまう人も多いのです。このブログでは自殺願望、病気、いじめで苦しみ死にたい人に向けて死に関する私の考え方を紹介していきます。

MENU

いじめで死にたいほど苦しい私はどうしたら良いのでしょうか ?

目次

日本は古くからいじめ文化が根強く残っている

f:id:yasuisoutarou19:20170607033035j:plain

日本という国は非常にいじめ文化が根強く、学校や会社で多くのいじめが日常茶飯事に行われています。特に子供のいじめというものは非常に深刻化していて、自殺者が出るなど社会問題となっているのです。

登校拒否など多くの問題が山積みになっており、子供が不幸な人生を歩んでる日本社会は世界的に見ても珍しいほど苦しい社会となっているのです。日本人というものは、社会の中で非常に苦しい労働をしながら家族を支えないといけないという観念が非常に根強く、幸せに生きることが拒否されているかのような教育がまかり通っています

子供が苦しむ社会は病理的社会

このような社会というものは一緒の病理的な社会で、現代に入って何とかしなければならない緊急の課題となっているのです。死にたいほど苦しんでいる子どもが非常に多くいて、それを救う方策というものがほとんど学校でも家族でもとられていないのが現状です。

子供が死にたいと感じるということは非常に珍しいほど驚愕の事実で、このような国というものは何とかしてもっと自由で平和的な国に生まれ変わらないといけないと強く実感しています。子供というものは国にとって将来の礎となりますので、子供が幸せな幼少期を送れる国にならないと本当に日本の未来は危ないと思わざるをえません。

もし死にたいほどいじめに会い苦しんでいるならば、何とかしてそれを解決していかないと自分の人生が台無しになってしまいます。いじめの解決方法は様々ありますが、学校や会社でいじめにあっている場合には、場所を変えることが一番の解決方法になるかもしれません。

環境や場所を変えるのが一番

いじめに耐えて生活していくよりも、学校や会社を変えることでいじめに会う可能性は非常に少なくなってきます。1つの場所にずっと居続けることは非常に辛いことなので、自分の理想的な居場所を求めて場所を変える考え方は必要かもしれませんね。

私が学生時代の時にもいじめが原因で引っ越しをしている家庭も複数ありました。子供ならば自分の子供のことを第一優先して、子供が最も理想的な環境に子供を置いてあげることもとても重要だと思います。いじめる人間というものはどうしてもその行為をやめることが難しいのが一般的ですので、自分では悪くないと思っていても、どうしてもいじめられてしまうという可能性が高くなってくるのです。

いじめる人を批判する気持ちは分かりますが、そのようなことをしてもどうにもならないケースも多発しています。決して世の中というものは自分の都合の良いように回っていませんので、ぜひ環境や場所変えて新しい人生のスタートを切ることが大切だと思います。

いじめられたら我慢することなくすぐ相談しよう

後は子供たちに言っておきたいのですが、いじめを受けているのを我慢することなくすぐに大人の人に相談することが重要です。自分でため込んでしまうと最悪の結果になってしまう場合もありますので、すぐに大人の人に相談して助けてもらうようにしてください。

日本人はいじめ文化というものが根強く残っていますので、もし自分がいじめの当事者の場合には、すぐにその方法解決しなければ、非常にに悲惨な結果に終わってしまう場合があります。自分で何事も解決しようとせず、周りの人にすぐに相談をしてなんとか自分が幸せな人生を送れるようにしないといけませんよ。

全て完璧な人間など存在しない

人間というものはどうしようもないほどダメな人間で悪い人間も多数います。このような人を非難して批判しても無駄なことに終わる場合も多いので、決して無謀な行動に出ることなく穏便に事を済ませるのが一番ですよ。

自殺したいほど死にたい気持ちが強いならば、すぐに相談をすることが一番の解決策です。あなたを助けてくれる人はいくらでも存在しますし、あなたも1人では解決できない問題も多く抱えていると思います。ぜひ1人ではなく、あなたを助けてくれる人にすぐに話をすることが最も幸せに生きる方法かもしれませんで。