死にたい人に読んで欲しいブログ

人間生きていたら死にたいと思ってしまう人も多いのです。このブログでは自殺願望、病気、いじめで苦しみ死にたい人に向けて死に関する私の考え方を紹介していきます。

​死にたいほど病気で悩み苦しんでる私はどうすれば良いのですか ?

皆さんブログに訪問ありがとうございます ! 私は大学時代に大きな精神的な病を抱え 、死にたいほどの病気や苦しみを抱えていました。

本当に大学時代から30歳になるまでの長い日々は、私にとって最悪の地獄だったのです。心から死んだらどれだけ楽になるかいつも考えていたほどです。

しかし現在では完全に回復し、幸せな生活を送っています 。これもしっかりと療養して、楽に生きる方法を自ら考えたからです。

是非皆様にも、もっと楽な気持ちで人生を楽しんでもらいたいと心から思いブログを書いています。それでは本文へどうぞ !

病気になるのは運の要素が結構強い

f:id:yasuisoutarou19:20170613111609j:plain

人間生きていると知らないうちに病気にかかってしまい、非常に苦しい人生を歩んでしまう人たちも非常にたくさんいます。病気というものは自分ではどうすることもできないので、これは神様のみしか知りようがないことなのかもしれません。

最近ではガンにかかってしまう人が非常に多いのですが、これは自分ではどうすることもできず、運が悪いと諦めるしかありませんね。大病を犯す人は何も悪いことしたわけではなく、運命の巡り逢わせて自分が病気にかかってしまうというわけです。

病気にかかっても有意義な人生は送れますよ

しかし病気にかかると死にたいほど苦しく辛い人生が始まってしまいます。これを何とかして解決していかないと一生病気で悩み苦しむ事態となるのです。

では病気にかかった人は運が悪いと諦めるしかないのでしょうか?いや違います。病気にかかり普通の人とは全く違った人生を歩んだとしても、それはそれなりに有意義な人生を生きることはいくらだってできるのです。

普通の人ができないことでも全く劣等感を持つ必要はなく、自分が人生で何かやりたいことを見つけて、それに没頭していく中で自分の幸せを探し求めていくことが最も理想的な生き方です。

車椅子になっても人生は楽しめる

例え病気にかかって車椅子で生活していても、両手は使えるわけで、文字を書くことだってスマートフォンを使うことだって何でもできます。そのような人がブログを書いて有名人になってみたり、ブログで収入を稼ぐこともできるというわけです。

 那須烏山に移住して見つけた健康に生きるための法則とは?

病気にならない暮らし事典-自然派医師が実践する76の工夫-

病気にならない暮らし事典-自然派医師が実践する76の工夫-

 

現代医療のレベルは高い

何も足が不自由なだけで人生が終わってしまうわけではありませんよ。現代医療は非常にレベルが高くなり、病気にかかってもそれほど苦しむことなく幸せに人生を生きていくことができるようになっています。

よって自分が病気になったかといって一生が台無しになったわけではなく、これから自分がやりたいことを見つけてそれに没頭しながら有意義な人生を暮らしていくことも絶対にできるわけです。

私も若い頃は精神的な病を抱えていました

私も若い時代に精神病で苦しみましたが、今はブログを書いたりしながら悠々自適の生活を送っています。決して病気にかかったから地獄に落ちるわけではなく、もっと楽しい人生を自分で選択することも充分できるわけですよ。

決してあきらめないでください。もっと楽しい事見つけてもっと楽しく生きてやりましょ。きっとそんな人生を送ることができますよ。他人と比較することは絶対にやめましょうね。