死にたい人に読んで欲しいブログ

人間生きていたら死にたいと思ってしまう人も多いのです。このブログでは自殺願望、病気、いじめで苦しみ死にたい人に向けて死に関する私の考え方を紹介していきます。

MENU

死にたいほどの失恋の苦しみから驚くほど楽になる5つの方法

目次

人間恋愛をするのは当たり前

f:id:yasuisoutarou19:20170616141144j:plain

人間は生まれてきてから男性と女性に分かれているのが普通であります。よって異性を好きになる気持ちというものはだれもが持っていても当たり前のことであり、これを止めることは非常に難しいのが現実です。

異性を好きにならなければ人生の楽しさというものはなくなってしまう可能性が高く、特に若い世代は恋愛や結婚のことなどに自分の人生をかけていると思います。恋愛をするということはとても楽しいことなので、若い時代は相手のことばかり思って悶々とした日々を過ごす人も多いと思います。

しかし恋愛には失恋というものがつきもので、相手に告白をすれば失恋する可能性は相当高くなってしまいますよ。しかし失恋するということは付き合うことができるチャンスもありますので、死にたいほど苦しく悩んでいる人も、失恋することを怖がってはいけません

1:1人の異性に盲目になることは危険

しかし最近の男女関係というものは、昔と違って恋愛によって人生を台無しにしてしまう可能性も高く、男女関係が昔と違い積極的になっているだけで、失恋の苦しみというものも非常に大きくなってしまう傾向があります。

1人の異性に盲目的に人生を捧げるということは非常に危険なことであり、自分の人生の全てがその人のために存在しているようなものであります。テレビドラマを見ると失恋によって殺人事件まで起こってしまう物語が放映されていますが、これは実際に起こりえるという可能性が高いのです。

あまり異性に対して恋愛により盲目の状態になることは避けなければいけません。恋愛に積極的な現在の時代は、もっとオープンにあっさりと恋愛関係を考えないといけない時代でもあります。

2:恋愛対象の異性なんてこの日本にいくらでもいます

失恋に対して非常に悩んでおり、恋愛をするのが怖いほど苦しんでいる人がこの日本にもたくさんいます。好きな人に嫌われることを思うと、どうしても普通の心境ではいられないのは当たり前でありますよ。

しかし異性というものはこの世の中にいくらでもいますし、今の自分が好きでいる人よりも素晴らしい異性というものは必ずこの世の中に存在しています。今の恋愛に苦しんでしまうということはその場のことであり、将来をもっと広く見渡せば、いくらだって幸せな恋愛をすることはできるのですよ。

例えばあなたが女性ならば男性はこの世の中にいくらでも存在しています。あなたがこれから生きていく人生の中で、今思っている人よりも好きになる人は必ず存在するのです。よって今の恋愛で死にたいほど苦しいと思ってる人も、失恋によって辛い状況に追い込まれている人も、もっと将来を明るく持って生きていかなければなりませんよ。

3:相手に嫌われていて自分が好きならばあきらめましょう

もしあなたが失恋の苦しみで苦しみもがいているならば、あなたは異性にふられたのであって、これはどうしようもない事実であります。あなたが異性のことを好きでも相手があなたのことを好きでないならば、お互いの恋愛が実ることは絶対にありません。

これは相性や組み合わせというもので、ぴったりの相性や組み合わせを持っている人はなかなかいませんよ。だから失恋に関してそんなに苦しむのはやめにしましょう。どこかにあなたにピッタリの相性持った最高の異性が現れるのを待つべきですよ。

4:恋愛なんて人間関係のゲームだと思えば良い

恋愛というものは本気で相手のことを好きになってしまうものですが、これは人間と人間の人間関係のやり取りのことであり、これは一緒の心理ゲームのようなものでもあります。

相手が自分のこと好きでいてくれないならば、自分の魅力や自分の個性などが相手にうまく伝わっていないか、相手がそれを好きになれないかのどちらかであります。このような場合ではこれ以上恋愛ゲームを続けていても、あなたはうまく相手を自分のことを好きにさせることができないかもしれませんね。

これはゲームに負けたとして言っても過言ではありません。今の恋愛に失敗したら、新しい恋愛相手を探し求めるしかないと思いますよ。新たな楽しい恋愛ゲームを探して今の失恋から立ち直るべきだと思います。

5:はっきりと告白して振られるのも大切

また相手のことが好きで告白していないような人は、できるだけすぐに告白をするということが大切ですよ。告白しないまま何年も思い続けるということは小説にも出てきそうな状態ですが、これは自分のチャンスを無駄にしていることと同じことですので、

相手のことが好きならばフラれるのは覚悟の上で告白をすることが大切です。もし相手にフラレて失恋してしまっても、意味のない時間を過ごすよりは何倍もましてありますので、手紙を渡すか自分の口で言うかはっきりと告白することが大切ですね。

まとめ

恋愛の失恋に関して多くの悩みを持っている女性の人はたくさんいると思います。しかし恋愛というものはそれほど深刻に死にたいほど苦しむことではなく、今の相手がダメならば他に相手というものはたくさんいますよ。決しての失恋に悲観することなくもっと大きな視野を持って恋愛を考えてみることが大切だと思いますね。