死にたい人に読んで欲しいブログ

人間生きていたら死にたいと思ってしまう人も多いのです。このブログでは自殺願望、病気、いじめで苦しみ死にたい人に向けて死に関する私の考え方を紹介していきます。

MENU

人間関係で死にたい人が楽になる知っておきたい対処法ベスト5

目次

人は様々な人間関係で成り立っている

f:id:yasuisoutarou19:20170617065527j:plain

人間というものは人間関係を持ちながら人と一緒に生きていく人が大部分であります。人と付き合わずに生きていくという生き方は非常に苦しいものがあり、人間は元々は弱い生き物なので、当然誰かと助け合って生きていくことが当たり前なのであります。

しかし人間関係を持っているといろいろな問題やトラブルがたくさん起こり、人間関係で死にたいほど苦しんでいる人は非常に多くいると言われています。友達関係や恋人関係、家族関係なので地獄の目にあっている人が後をたちません。

人間関係は他者への依存が問題となる

人間関係を強く持っていると当然その人に依存してしまいますので、これがマイナスの影響持つことはよくあることです。人間関係は非常に幸せに生きていく部分もありますが、一歩間違えると自分を苦しみの世界へ誘うとても怖いものであるといえます。

1:友達はたくさん持たないほうが楽

私も子供時代から多くの友達がいましたが、現在はほとんど友達という友達はあまりいなくなりました。それは何故かというと、私は友達との関係で人生を台無しにしてしまったからです。俗に言う悪い友達と付き合ってしまい自分の人生をほとんど失敗の人生と変化させてしまったのです。

それから私はすべての友達と距離を置くことにしました。それから私は徐々に大人として成長することができるようになり、今では全く問題やトラブルがない幸せな人間へと成長することができたのです。

2:マイナスの人間関係には終止符を打つ

皆様も様々な人間関係を持って生きていると思いますが、死にたいほどの苦しみを人間関係で持っているのならば、その人間関係に終止符を打つか、少し距離をとって付き合うのが理想的だと考えます。

無駄な人間関係や自分がマイナスになる人間関係を継続していると、自分にとって人生が最悪になる事態へと変化していきます。自分にとって理想な人間関係とは何かよく考える必要があるかもしれませんね。

もし人間関係によって自分がだめな人間へと変わっているのならば、その人間関係は絶対に解消するべきです。そうしないと本当に死にたいほどの苦しみがあなたを襲いますよ。そうならないためにもぜひとも人間関係の再構築と整理をしていかないといけませんね。

以下の記事も参考になさってください!

対人関係の苦しみで悩んでいる人が楽になる10の方法

3:携帯やスマートフォンを整理する

人間関係が変わればあなたもっともっと幸せな人生旅立つことができます。死にたいほど苦しい人は是非いちど考え直してくださいね。あと私行った人間関係の整理方法は、携帯電話やスマートフォンの電話番号を新しい番号に変更して付き合いたくない人間には全く電話番号教えませんでした。

そうすると相手もなんとなくわかったのかこれ以上付き合うことはまったくなくなったのです。

4:家族や親戚とは仲良くすること

友達よりも大切な人間関係というのは、当然家族や親戚です。家族や親戚は自分がどんなになっても一生付き合っていく間柄ですので、ぜひ楽しく幸せな人間関係を築くように努力をするのがベストです。

私も家族や親戚があまり好きではなかったのですが、少しの努力をすることで非常に仲の良い間柄になりました。特に両親とは今では意思の疎通がしっかり取れて、何でも話し合えるような仲になっています。

よって日常生活が非常に楽しくなり、今では自宅で仕事したり、両親と買い物に行くなど楽しい時間を満喫しています。昔の喧嘩をしていた反抗期の私からは考えられないほど成長しました。やっぱり家族や親戚を大切にしない人は結構不幸な人が多いというのはうなずけるかもしれませんね。

5:あまり過度に会わない人間関係が理想

特に若い人に多いのですが、每日顔を合わせいつも一緒にいる関係が最高に幸せだと勘違いされていると思いますが、たまに会うから楽しい時間を過ごせる関係が理想的です。每日一緒にいないと行けない人間関係は、これは行き過ぎの関係であり、もっと楽にスムースな自然体の関係を結べば、人間関係で悩み苦しむ必要もなくなります。

私は1年に3回ぐらい親戚の人と会っていますが、結構久しぶりに再開すると、いつも話が膨らみ楽しい時間を過ごせるようになりました。毎日会っていると馴れ合いになってしまい、あまり良い関係を結ぶことはできなくなります。たまに顔を合わせるような付き合いが楽に付き合える秘訣であります。決して執着的な付き合いにならないようにしなければいけませんね。

まとめ

多くの人間関係で死にたいほど悩み苦しんでいる人も多いのですが。やはり自分が付き合いたい人と付き合う自然な関係がベストですね。

自分の嫌いな人間と付き合わないようにすると、本当に人生最高に楽しくてたまらなくなりますよ。人生いちどきりなのですから、付き合いたい人と付き合うのが常識ではありませんか。苦しむ必要なんてないですよ。

追記 2017/10/02 あっさりした人間関係が理想

http://stress-zero.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/10/4cd99e1a39aa0bb633d886889b46d060.jpg

人間というものは人と人とが寄り添って助け合いながら生きているとされていました。確かに助け合いの文化というものは今も昔も変わりませんが、現在の日本人はある程度以前の時代と違って自立した大人の人間が増えてきています。よって人間関係もあっさりとした人間関係を好む人たちが多くなっており、それほど人間関係で執着することも必要なくなっています

人間関係で死にたくなるほど苦しんでいる人たちは、人間関係の中でマイナスの影響を受けながら人生を空しく過ごしているのです。人間関係でメリットを求める人達は非常に多くいますので、それが自分にとってプラスかマイナスかある程度判断することが重要になります。現在の人間関係が苦しくて辛い人間関係ならば、初めから持たない方が得策でありあっさりと付き合うことも重要になってきます。

あまり相手から期待しすぎるという行為は、自分も相手も苦しめることになってしまいますので、ある程度ゆったりとした中でそれほど相手に求めすぎない人間関係を作りをあげるのが理想的ですね。相手に多くのものを求めれば相手も自分のことを嫌ってしまいますので、どうしてもトラブルが多発しやすくなるのです。適度な人間関係を求めていけば人間関係でそれほど苦しむことも困ることもありませんよ。自分にとって必要最小限度の人間関係を持ち、人生を自由に有意義に過ごしていくことが重要なのではないでしょうか?以前の時代ではそれは難しかったですが、今の時代ならばそれは案外簡単にできるかもしれません。自分次第でいくらでも悠々自適に生活することができる時代となっています。死にたくなるほど人間関係で苦しむのはナンセンスなのだと自覚してくださいね

以下の記事も参考になさってください!

人間関係なんて適当に人と付き合っていれば良いのです