死にたい人に読んで欲しいブログ

人間生きていたら死にたいと思ってしまう人も多いのです。このブログでは自殺願望、病気、いじめで苦しみ死にたい人に向けて死に関する私の考え方を紹介していきます。

死にたいなあなんてふと思ったらすぐに気持ちが回復する6つの行動

皆さんブログに訪問ありがとうございます ! 私は大学時代に大きな精神的な病を抱え 、死にたいほどの病気や苦しみを抱えていました。

本当に大学時代から30歳になるまでの長い日々は、私にとって最悪の地獄だったのです。心から死んだらどれだけ楽になるかいつも考えていたほどです。

しかし現在では完全に回復し、幸せな生活を送っています 。これもしっかりと療養して、楽に生きる方法を自ら考えたからです。

是非皆様にも、もっと楽な気持ちで人生を楽しんでもらいたいと心から思いブログを書いています。それでは本文へどうぞ !

私の精神的な病から立ち直った経験をまとめています

f:id:yasuisoutarou19:20170620090003j:plain

人間何かの失敗やトラブルで死にたいと思ってしまうことが結構たくさんあります。些細なことでも知らない間に心が重荷に耐えきれなくなり、苦しい状況に陥ってしまうことは多々あるのです。

そんな死にたいなあと思ったときに、心が軽くなるオススメの行動があります。これを知っているか知らないだけで死にたい気持ちというものは相当違ってきますので、ぜひ実践に移して試してみてくださいね。私が大学生時代から苦しんできた精神病を克服した経験から発見した方法です。

1:とにかく散歩に出てみる

人間は体を動かすと、死にたい気持ちというものが相当楽になりリラックスしますので、なんだか軽やかな気分にリフレッシュできます。特に自然が素晴らしい場所で散歩行うと、自然と明るい気分になり晴れやかな感覚に立ち戻ることができますよ。私も現在でも1日20分は散歩しています。散歩することによって肉体的にも心地よい疲れが溜まりますので、夜もぐっすりと快眠を取ることができますよ。

2:水のシャワーを浴びてみる

苦しい状態というものは、体温がある程度高くなったときに感じやすくなってきます。これは苦しくて辛いホルモンがある一定の温度が上昇すれば自然と体の中に出てきますので、これが自然と死にたい気持ちを誘発してしまうのです。

これには肉体の温度を下げれば死にたい気持ちもずいぶんと楽になってきますので、水シャワーを浴びるのがとても効果的です。私もなんだかうつ状態になったときには、時間に関係なく少し冷たいシャワーを浴びてリフレッシュしています。こうすることでずいぶんと楽になるものですよ。

3:人と楽しく会話をしてみる

人間は口がありますのでお話をするのが当たり前にできています。人とおしゃべりをすることは楽しい時間を過ごす最も効果的な方法で、人とおしゃべりをすることで脳内のドーパミンが出てきて幸せを感じやすくなるのです。家族や兄弟とお話をして楽しい時間を過ごすのでも良いですし、友達と喫茶店などで軽くおしゃべりをするのも効果的です。こうすることによって精神的にもずいぶんとリラックスできる、気持ちが随分と楽になることは間違いありません。

世界中で注目される万人のためのさとり方Q&A

さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる

さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる

  • 作者: エックハルト・トール,Eckhart Tolle,あさりみちこ,飯田史彦
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2002/06/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 17人 クリック: 120回
  • この商品を含むブログ (21件) を見る
 

4:歌を歌ってみる

人間なら歌を聴いて幸せを実感することはとても多いと思いますが、歌は聴くよりも自分で歌ったほうがはるかに開放感がありますよ。よくお風呂で大声で歌を歌っている人がいますが、これは非常に爽快な気分で最高の喜びを味わっているのです。

私は部屋を締め切ってYouTubeの音楽を聴きながらよく1人でカラオケをしています。周りの住宅が気になる人はカラオケボックスなどに行って大声で歌を歌ってみてください。そうすれば精神的に非常に楽しくなり、ストレスの解消に最適ですよ。死にたい気持ちも相当楽になることは間違いありません。

5:おいしいもの食べてみる

人間は食べ物を食べて生命を生きながらえています。要するに食事をするということは人間の最大の楽しみの1つで、これほど幸せなことはありませんよ。自分の大好物の食事を食べることで幸せを実感するようになり、脳の中に快楽ホルモンが出てくるようになります。そうすると幸せな気分が持続し、死にたい気持ちは一気に解消すると思いますよ。私も1週間に1回は外食をして自分の大好物のカツ丼を食べています。これが私の最高の幸せの1つとなっています。

6:自慰行為をしてみる

自慰行為をするということは、日本人としたら恥ずかしい行為の1つかもしれませんが、性欲が溜まるということは非常に苦しい状態に体が変化してしまいます。若い人間ならば1週間に1度は自慰行為をしないとうつ状態となってしまい、幸せな人生を送れなくなってしまいます。

性欲は溜まってしまいますと外に出さないと自分を苦しめる原因ともなりますので、是非苦しい状態であるならば自慰行為を普通にするのがオススメであります。何も恥ずかしいことではありませんので健康的な人間としてぜひ実践してみてください。

まとめ

死にたいなあと思ってもそれを減少させる方法はいくらでもあります。少しの行動でいくらでも楽な気持ちになりますので、ぜひ実践してみてくださいね。当たり前のようですが、なかなか死にたいほど苦しんでる人はこの基本のことを忘れている人が多いです。ぜひ少しでも楽な気持ちで人生を楽しんできてください。