死にたい人に読んで欲しいブログ

人間生きていたら死にたいと思ってしまう人も多いのです。このブログでは自殺願望、病気、いじめで苦しみ死にたい人に向けて死に関する私の考え方を紹介していきます。

【これが真実だ!】死にたい人の永遠の悩み!死んだ後天国へは行けるのですか?


私のブログに訪問ありがとう!(感謝)死にたい気持ちを改善する、ブログ治療家安井です!

(このブログの記事は2018年4月7日に更新しました)

社会から離れて自由に生きて行ける!【無料電子書籍】自由な人生を手に入れる教科書

f:id:yasuisoutarou19:20180305102019g:plain

「死後の世界が不安で、死ぬ苦しみを感じている人」

「天国は本当にあるのかどうしても知りたい人」

この記事はそんな方に向けて書いています。

この記事は死ぬことに非常に恐怖を持っている人に向けて、死後の天国の世界が必ず存在するという内容を解説しています。

あなたは死んだ後どこに行くと思いますか?

人間の永遠の悩みといえば、死後の世界はどのような世界なのかということです。

多くの現実主義者の人は、死後の世界はないと断言している人もいると思いますが、基本的に世界中で大昔から死後の世界は存在すると言われていました

もし自分が死んだ後無の状態であったならば、それは非常に恐ろしいことでもありますが、死後の世界は霊的な肉体を持って自分が存続していると言われています。

科学的な観点からも研究が進められており、最近では死後の世界は存在すると肯定している学者の人が増えてきました。

宗教的な考え方では、死後の世界は必ず存在し、人間は死んだ後新たな霊的世界へと旅立つと言われています。

宗教では死後の世界は天国に行くと言われています

日本ではお葬式をあげる時、多くの人はお坊さんに来てもらうと思いますが、仏教では死んだ後の世界は必ず存在すると言われています。

死んだ後一般の人も仏となってあの世の世界へ旅立つと言っているのです。

死後の世界が全くないものでしたら、人間生きているのが非常に残酷なことであり、死にたい苦しみや辛さというものが本当に地獄と化してしまいます。

仏教では肉体があるということが苦しみの元凶であり、死んで肉体がなくなれば人は助かると言われているのです。

これはキリスト教でも同じですし神道でも死後の世界は素晴らしい世界が存在すると言っています。

現在人は無神論者が多いが、死後の世界を信じている人はまだ多い

現代人は宗教を信仰する人が非常に少なくなってきているのですが、死後の世界を信じて生きている人達も現在まだまだたくさんいます。

私も宗教を信じて生きている人間の一人ですが、肉体というものの苦しみを若い時代から感じていました。

よく眠ると言いますが、眠ると半仮死状態のようになって夢の世界へと旅立つ経験をされている方も多いと思います。要するに肉体が動きを止めるとまた違った別の世界が出現するという証拠となっています。

人生で苦しいのは肉体が存在するからであります

人間というものはこの世の中に生まれてきて肉体を持って生きていかなければなりません。肉体には苦しみや辛さがあり、特に病気にかかると死ぬほど辛いと思います。

これは肉体が存在するからであって、もし肉体が無ければこのような苦しみも全く存在しないことになるのですよ。

よって生きている間は肉体の影響によって様々な苦しみを持つことになります。

あなたの死にたいほどの苦しみというものも、肉体が存在するかであって肉体がなくなればその苦しみは全てなくなります

よく死んだ後も苦しいのではないかと考えている人もいると思いますが、宗教では決してそのようなことを言う人はいません。

人間の肉体は苦しみの元だと仏教さんも言っていますので、死んだ後の世界は夢のような天国の様な世界だと考えてください。

人間は霊的な生物で肉体と霊性の二つの体を持っています

人間というものは他の生物とは違って、霊的な生物であると言われています。霊的な生物でありますので肉体の内面に霊的な自分を持っていることになります。

これが肉体の消滅と共に霊の世界へと旅立っていきますので、これが死後の世界だと言われているのです。

よってどんな人でも霊的な部分を持っているのは当たり前のことであり、人間ならば死後の世界は天国へ行けると確信しても宜しいと思います。

世界中には霊的な不思議な体験をした人が非常に多くいまして、彼らの言葉を信じるか信じないかはまた別の問題ではありますが、スピリチュアルの世界には信じられないほどの世界が広がっているのですよ。

安心してください死ねば何時でも天国へ旅立てるのです

f:id:yasuisoutarou19:20180326064418j:plain

だから皆さんも死ぬ恐怖というものを持っている人たちも多いと思いますが、死んだ後は霊的な部分がスピリチュアルの世界や死後の世界に旅立つということで全く恐れることはありません。

このようなことを教えてくれるのは宗教に入らないと無理だと考えていると思いますが、基本的に日本人は大昔から宗教を信仰している人たちが非常に多くて、当たり前に死後の世界が存在すると考えていました。

よって死ぬことと言うことはそれほど怖いことでもなく、当たり前に死んだ後は天国の世界に旅立つと信じても良いのですよ。

死ぬのを少し待ってみることはできませんか?

あなたも現在死にたいほど苦しいことがあるのだと思いますが、死ぬということを少し待ってみてください。

死ぬのはお年寄りになって死んでも同じことでありますので、生きている間少しでも楽しい時間を作ってみてください。

生きている時も死んだ後も幸せな世界で暮らしていけるようになんとか少しの努力をしてみることが重要ですよ。

苦しいほど精一杯生きる必要はないかもしれませんが、生きている人生の中で少しでも幸せを追求して何かをしてみることは重要かもしれません。

私もこのブログを書いていますが、ブログを書くと言うことが私にとって趣味であり非常に楽しい時間なのです。

あなたも幸せなことを見つけてそれを人生の楽しみだと考えることが重要ですね 。

死ぬということは眠っているようなもの

これまで記事を読んだ人は、本当に天国があるのか半信半疑の人もいるはずです。

単純に分かりやすく説明すると、肉体は元気な時は昼間の時間帯で、完全に目が覚めて状態のことです。

眠っている時には、確実に死に近づいている状態と全く同じで、死ぬとは眠っていることとほとんど似ていることだと分かるはずです。

あなたは眠っている時に苦しんだりつらい思いをしますか?

中には悪夢を見て、寝ながら苦しんでいる人もいるかもしれませんが、ほとんどの人は眠ることは最高の喜びで、早く眠りたいと思っている人も多いはずです。

それは死ぬのは怖いことではないのです。

死ぬということは何も地獄の世界に行くわけではなく、どちらかと言えば天国の世界へ旅立つのと同じようなものだと考えてくださいね。

だから死ぬのは寿命が来たときで十分であり、現実世界はあなが肉体を持って自由に生きていくステージなのです。

死ぬのは将来の楽しみだと思って、楽しんで年を取るのをオススメします。

だから自分の思いのままに生きれば何の問題もないですよ。死なないでくださいね。もっと楽しいことを味わってください。

宗教で地獄の世界を説いている宗教には要注意

よく宗教の信者さんでいるのですが、生きている時に信仰と全く違った生き方をしていると、地獄に落ちると本当に思っている人もまだまだたくさんいます。

これは昔の古い考え方や価値観であり、決して宗教の人が言うような生き方や考え方をしなくても何の問題もありません。

宗教は天国や極楽浄土に行く一つの方法にしか過ぎませんので、宗教が幸せになる全てであると断言することはいまいち新ピュウ性に関わる嘘なのですよ。

ただ宗教で幸せになった人はたくさんいることも事実ですが、宗教が全ての救済になるわけではなく、助かる方法は実に様々あるわけです。

よって自分自身の天国を作り出せば、別に宗教団体に所属する必要はなく、自分で助かることも可能なわけですよ。

死にたい人は、宗教のすがるのも良いですが、本当に自分の幸せを自分で作りだしていく人生を歩むことが重要です。

私の直感ですが、人間は死ねば誰でも天国へ旅立つことができると思います。

単純に肉体が人間の不幸を作り出している最大の原因だと考えているからですよ。

だからこれからの人生は肉体を最大限に幸せに楽にするかを考えてみてください。

死ぬのはそれからでも遅くはないはずです。