死にたい人に読んで欲しいブログ

人間生きていたら死にたいと思ってしまう人も多いのです。このブログでは自殺願望、病気、いじめで苦しみ死にたい人に向けて死に関する私の考え方を紹介していきます。

MENU

死にたい気持ちが消えないのは肉体が中毒に陥ってるからです

死にたい気持ちは体の拒否反応

「自然」の画像検索結果

誰でも苦しいことや辛いことがあれば死にたいと自然に感じるようになっています、これは生命的な拒否反応の世界でm死にたいと思うことから逃れようとする本能的な内面の動きなのです、死にたいほど嫌なことをすることはとても苦しいことなので、そのようなことがないように自分の内面が自動的に反応しているのです、

人間は自律神経によって自然に楽になるようにできているのですがm自律神経が失調してしまうと死にたい気持ちがどんどんと重複してしまい、最終的には自殺してしまう人も多いのです、この様な状況にならないためにも自分の肉体の内面を正常に保つ努力をしないといけません

ではどうやって内面の精神を正常に保つことができるのかと言うと、それは自然に沿った生活を心がけることで随分と精神的に楽になっていきます。自然は人間の精神や肉体を正常に戻す働きをしてくれますので、自然の中で生活することによって死にたいほどの苦しみから逃れることは出来るのです。

中毒になれば症状はどんどんと悪化する

死にたい気持ちが消えない事は。自分の精神的な動きが中毒症状にかかってしまい自然にそのような感覚に陥ってしまうのです。このようなことが起きないためには自分の生活習慣や生活態度を改めることが重要で、死にたいほど苦しいことをすることをやめなければいけません。しかし人間は多くの欲望を持っていますので、その欲望の中毒と肉体がなっているのです。

まずは自分の精神的な状況がおかしいと判断できた場合には、苦しいことからいったん離れ自然的な楽な生活を3ヶ月間ぐらい送ってみてください。そうすれば随分と自分の内面も楽になってきますので、自然と幸せを感じやすくなってきます。苦しい状況を延々と続けてしまえば、死にたい欲望というものはどんどんと増幅してしまい自律神経が失調していきます。このような事にならないためにも自分を0の状態に戻す生活習慣を送らなければいけません。

ゆっくり休んで原状回復が必要です

自律神経出張症の患者さんは、最終的に自殺がしたい欲望に駆られ人生を台無しにしてしまう人たちも多いので、自分もそのような傾向があると思ったらすぐに肉体的に精神的に楽な状況を作り、何とか自律神経の回復を行わなければなりません。一度死にたい欲望の中毒患者になってしまえば、延々と死にたい気持ちはなくならなくなりますので、このような状況にならないためにもなんとか状況回復に努めましょう。

私も学生時代から死にたい気持ちが非常に強く苦しい生活を余儀なくされていましたが、自然的な生活習慣を身に付けることで相当楽になりました。早寝早起きはもちろんのことですが、きちんと三度の食事を取ってゆっくりと休む習慣を身につければ死にたい気持ちも相当なくなっていきます。自律神経出張症は現代病と言われていますので、自律神経が正常に保たれるように生活習慣を変化させて改善させてください。そうすればもっと楽な人生を送ることは可能です 。