死にたい人に読んで欲しいブログ

人間生きていたら死にたいと思ってしまう人も多いのです。このブログでは自殺願望、病気、いじめで苦しみ死にたい人に向けて死に関する私の考え方を紹介していきます。

MENU

ひきこもりで死にたい人に読んで欲しい5つの生活習慣

引きこもりは精神的な病気ですよ

関連画像

現代では若い世代に引きこもりの症状を誘発してしまう人たちが非常に増えていて、これは一種の社会的な問題となっています。ひきこもりの人は外出することなく家の中でゲームをしたりスマートフォンをしたりなど、精神的に非常にストレスがかかる生活習慣を行っています

外に出たくない欲望は自分の殻に閉じこもっている証拠

外出したくない欲望というものは一体何なのか健常者にはよく分からないと思いますが、引きこもりの人は、自分の殻の中に閉じこもってしまう精神的に自閉症を患っているのです。外に出て人と接することが非常に苦手で、家の中で自分一人で自分の世界に浸っていればそれで幸せを感じますので、なかなか外出する意欲が湧いてこないのです。

このような場合にどの様にすればひきこもりの症状が回復するのかまとめてみました。私も実際経験していますので、是非実践して引きこもりの症状を回復させて欲しいと思います。

1:まずは散歩をして体を動かすことに慣れましょう

一番健康的な肉体を手に入れるのは運動することであり、運動をすることによって血液が体の中を循環しますので、うつ的な症状を回復する最も効果的な方法になります。毎日2キロぐらい散歩することで体の中が非常に活発化して、健康的な肉体を手に入れることができるのです。始めは散歩するのも辛いとは思いますが、習慣化すれば毎日当たり前の様に体を動かすことができるようになるでしょう。引きこもりの症状も次第に回復していきますよ。

2:早寝早起きをして自律神経を正常に戻しましょう

大昔から日本人は早寝早起きの習慣が当たり前でありましたので、この習慣を規則化することで精神的に非常にバランスの取れた肉体を手に入れることができるようになります。自律神経によって人間は多くの活動していますので、この自律神経が整えば精神的な病を非常に回復しやすくなります。早寝早起きをすることで正常な生活を手に入れることができますので、引きこもりの症状も相当回復するはずですよ。

3:テレビやスマホを見る時間を短くしましょう

現代人はテレビやパソコンやスマートフォンを当たり前の様に利用していますが、あまり目の神経を使いすぎることは非常に人間の肉体にとってマイナスになってしまいますので、基本的にあまり目を使わない生活習慣を身に付ける必要があります。特に精神的な病で悩んでいる人は目を使いすぎている人達が非常に多く、目のストレスを軽減するだけで死にたいほどの苦しみから回復する人達は非常に多いのです。是非テレビやスマホを見る時間を減らして自然的な生活習慣を身につける様にしてください。

4:3食きちんと食べて健康的な生活を目指しましょう

人間は生きているのは食事を食べているからであり、食べることは基本健康にとても重要な意味を持っています。3食きちんと食べることで人間の肉体や精神は健全な状態を保てる人たちが非常に多く、食事を美味しく食べることは健康的にも精神的にも非常に重要な働きをするのです。死にたいほど苦しく悩んでいる人達は、食事を美味しく食べている人達が非常に少ないので、もっと食事に幸福感をもって接して欲しいと思います。食べることが幸せならば死にたいほどの苦しみは解消していくでしょう。引きこもりの症状もどんどんと回復していくことは間違いありません。

5:公園などに自然に触れて精神的な回復を図りましょう

現代人の精神的な病は自然的な生活を拒否している様な人達に起こる場合が多く、もっと自然とともに共存していく中で精神の安定を図るのが最も理想的です。都会に住んでいる人達はどうしても自然と触れ合う機会が非常に少ないので、これが精神の不安定さを生んでいるのです。もっと自然と触れ合って精神的に充実した人生送るのがおすすめです。ひきこもりで家の中でテレビゲームやスマートフォンなどばかりしている若者も、少しは自然の中に足を運んでみれば、もっと幸せな人生を送ることは十分に可能ですよ。

まとめ

引きこもりの症状はなかなか回復するのが難しく、死にたいほど苦しむ人たちも非常に増えてきています。これは鬱病の症状と同じ様な形で非常に辛いものになりますので、なんとか症状の回復を図らなければ人生が台無しになってしまいますよ。是非上記に挙げた回復方法で少しでも健康的な肉体と精神を手に入れてくださいね。きちんとした生活習慣を習慣化することが、死にたいほどの苦しみを回復させる最大の秘訣でありますので、是非生活習慣を回復して幸せな人生を歩んで欲しいと思います