死にたい人に読んで欲しいブログ

人間生きていたら死にたいと思ってしまう人も多いのです。このブログでは自殺願望、病気、いじめで苦しみ死にたい人に向けて死に関する私の考え方を紹介していきます。

MENU

ニートで死にたいほど社会復帰したければこの5つの言葉を聞け

この10年でニート文化が広がっています

「ニート」の画像検索結果

ここ10年ぐらいで若者の生活習慣が一気に変化しており、働かない若者が非常に多くなってきました。10代の若者も学校に行かない人たちもかなりの数存在しており、この様な状況はニートの文化が広がりつつあると理解されています。

普通は学校に行き仕事をして社会的な人生を送ることが理想的であるとされていますが、最近の若者の中にはゲームばかりしていたり、友達と遊んでばかりで学校や仕事と無関係な状況に置かれている若者が注目を浴びています。 

若者は現在の今しか見ていない

若者の死にたいほどの悩みはたくさん存在するとは思いますが、現在の若者は今の時点でしか物事を判断することができず、将来的な長い視点を持って生きていくことが下手であります。ニートとして死にたいほど辛い思いをしたり苦しんでいる人がいれば、何とかして社会復帰の方法を模索していかないといけません。是非以下に挙げた5つの方法を試してみて欲しいと思います。

1:社会での人間関係の楽しさを知ること

ニートの人はオタクの人が非常に多いと思われていますが、基本的に人間関係と言うものがそれほど苦手なわけでもありません。ただ社会の中で勉強をしたり働いたりするのが嫌いなだけなのです。だからもっと社会的な人間関係の楽しさや面白さを知ってもらうことが必要です。

社会的に人とお付き合いすることが楽しいと実感してもらうことが大切です。積極的に社会的な人間関係を持つこともニートから脱却する最高の方法なのです。

2:自分でお金を稼げば罪悪感も劣等感もなくなると言うこと

ニートの人は勉強をせずに仕事もしない人達が非常に多いですが、親のお金を使って生きてる人も多いので、どことなく罪悪感や劣等感を持っています。アルバイトなどをして自分でお金を稼ぐ経験をすれば、本当にお金を稼ぐ楽しさを肌で感じることになります。まだ働いたことがない人は、積極的にアルバイトなどをしてお金を稼いでいることがニートから脱却する最善の方法かもしれませんね。

3:ニートの生活を送る将来的な悲惨さを知ってもらうこと

ニートの様な生活を続けていくと、最終的に年を取った場合非常に悲惨な生活を余儀なくされてしまいます。また社会的な差別も受けてしまいますので、差別や偏見の世の中から劣等感を持って生きていくことになるかもしれません。

少しでも差別されない様に気持ちよく社会的な生活を送ることも重要です。この辺りの事をきちんと知ってもらうこともニートの若者にとっては重要なのです。今さえよければ良いと言う発想のもと、遊びながら生活することは将来的に非常にマイナスになることを頭で理解してもらうのです。

4:自分に適した社会が存在することを知ること

社会というものは、一つの決まりきった社会だけではなく多種多様な社会が存在します。何もサラリーマン社会だけではなく、働くところはいくらでもありますので、様々な社会が存在していることを知っておけば自分に適した社会に入れば良いだけです。

自分の両親や周りの人の様にサラリーマンになり一生懸命社会に尽くすことは必要ないかもしれませんよ。自分が生きていきたい社会を選び、その中で勉強や仕事をしながら生活することはあなたにとってそれほど苦ではないかもしれませんね。自分に合った社会を選択することができれば、死にたいほど悩み苦しむこともありません。社会復帰も相当楽になってきますよ。

5:何も重労働をしなければいけないと言うことではない

日本人は働くといえば過酷な労働を思い浮かべる人たちも非常に多くいると思います。多くのお金を稼ごうと思えば当然一生懸命働かなければならず、苦しい人生を送ることはある程度覚悟しなければなりません。しかし社会復帰をするぐらいの軽い気持ちで、それほど多くのお金を稼がなければ苦しむこともありませんよ。社会復帰をして案外楽しくお金を稼いで生きていくこともできます。何も正社員にならなければいけないわけではなく、アルバイトや派遣社員でも十分幸せに生きていけることを知るべきです。

まとめ

ニートで死にたいほど社会復帰で悩んでいる人は、是非それほど社会復帰に関して深刻に考えすぎる必要はありません。自分に適した社会が存在していますので、そこに普通に入っていけば良いだけです。

エリートの人や多くのお金が稼ぐ様なそんな人になる必要はないのです。アルバイトでも良いですので、自分が良いと思った社会的グループに所属するようにしましょう。そうすれば案外簡単に社会復帰の夢が叶うと思いますよ。

差別も偏見もない幸せな世界で生きていくことも決してあながち嘘ではないのですよ。あまり真剣に考えすぎず、スムーズに社会復帰を成し遂げてくださいね。日本にも色々な職業で働いている人がいますので、何もサラリーマンになる必要はないのです。