▶︎【必見!】お医者さんが教えてくれた「苦しみ」の正体とは?
スポンサーリンク

人生に疲れた人!死にたくなる理由ベスト6【生きるのに疲れたら】

f:id:yasuisoutarou19:20180912050639g:plain

安井です
安井です
ようこそ私のブログにお越しくださいました。
初めましてブログ治療家の安井です。
私が長年苦しんだ人生の中で、私が気づき分かった楽に自由な人生を送る秘訣を紹介します。
きっとあなたが助かる方法がありますので、人生をあきらめずのんびり生きていきましょう!
記事の最後には誰でも無料で相談にのってくれる一般社団法人を紹介しています。

「毎日疲れて死にたいほど苦しい」

「疲れた時に、どのような対処法があるのか知りたい」

この記事はそんな方に向けて書いています。

この記事を読めば疲れの原因と対処法が分かり、疲れない人生を送れるようになりますよ!

人生に疲れたあなたの死にたくなる苦しみ分かります

本当に日々の生活に追われ、仕事に追われ死にたくなるような毎日ですよね。

私も大学を中退して社会人になり約5年間、幸せを感じたこともないほど疲れて死にそうでしたよ。

しかし現在の私は疲れて死にたいと思わない楽な人生を送れるようになりました。

ぜひ私の体験から書いたこの記事を読んで疲れを吹き飛ばして毎日楽しい人生を送ってください。

それでは私安井のの文章でのブログ治療を体験ください。本文へどうぞ!

スポンサードサーチ

1:日本人はあまりにも勉強しすぎで働きすぎです

f:id:yasuisoutarou19:20180912050649j:plain

日本という国は一生懸命頑張ることが当たり前とされていて、勉強に仕事に一生懸命頑張りながら日本人は生きています。

これが日本人の特徴なので昔から教育で一生懸命生きることが理想とされてきました。

日本人は世界で有数のお金持ちの国ですが、日本人は長時間労働が当たり前で、勉強も他の国と比べれば何倍も勉強しているのです。

そうしないときちんとした会社員になれず社会の中でなかなかうまく生きていくことができないとされています。

このような一生懸命生きることが当たり前とされてきた日本という国は、どちらかというと世界の中でも不幸な国だと言わざるおえません。

現在は自由な時代でありますので、一生懸命生きるだけが人生の全てではないということを頭に入れておいてくださいね。

一生懸命生きなくても楽をして生きる選択肢もたくさんあります。

都会で多くのお金を使って生活するよりも、田舎で少ないお金で生きていく選択肢も無数にあります。

多くの人たちと比較して自分もそうしなければいけないと暗示をかけることはやめてください。

私もそうですが、最近では田舎でネットを使って収入を稼ぎながら暮らしている若者が急上昇しています。

スポンサードサーチ

2:疲れるということは脳がうつ状態になって死にたくなるのです

人間疲れてきたら頭がうつ状態になってしまい精神的にも肉体的にも辛くなって行きます。

勉強や仕事ばかりしていると、本当に苦しい人生になってしまい、せっかく生まれてきたのに自分の人生を全く楽しむことが出来なくなってしまいます。

なかなか疲れが取れない体になってしまったら、当然自律神経失調症やうつ病の症状が出てきますので、そのような場合にはすぐにリラックスして休養を取ることが重要です。

今まで通り一生懸命勉強をしたり働き過ぎたら病気になってしまい、自分の人生が台無しになってしまいますよ。

自分の体をいたわってもっと自分に対して優しい人間になってください。苦しいことばかりをして多くのお金を稼ぐことが幸せな人生でもありません。

安井です
安井です
最後までのんびりとお読みください。リラックス( ・∇・)

3:とにかく疲れた状態で死にたいと思ったらすぐに活動やめてください

f:id:yasuisoutarou19:20180912050704j:plain

まずは自分が本当に死にたいという気持ちが湧き上がってきたら、それは精神的に非常に病んでいることになります。

このような場合にはすぐに今まで行なっていた活動をやめることが重要です。

完全に止めなくてもよろしいですので、少し休暇の時間を取ってみてください。そして出来るならばもっと楽に生きていく選択肢を考えることが重要です。

人に合わせて自分も一生懸命人生を生きていく行く必要もありませんので、もっと自分に対して楽な生き方を選択するのもひとつの解決方法です。

死にたいと思いながらずっと勉強や仕事を続けていくということは、自分の人生で何も意味もありませんし、自分を虐げる最悪の行為です。

例えば今の給料が半分になってもいいからもっと幸せな人生を歩むことができると納得できれば最高ですね。

学業でも勉強に疲れ果てて死にたいと思い人生を狂わすのではなく、それほど一生懸命勉強しなくても普通の社会人になれる事を頭に入れておいてください。

スポンサードサーチ

4:生きるのに疲れたら楽な方法を探るのも人生の生き方です

人生というものは様々な選択肢があり、色々な生き方をしている人達がいます。自分が理想に掲げている生き方だけが人間の生き方ではありませんので、もっと多くの人の生き方や考え方を学ぶことも重要です。

人間というものは大昔からもっと楽に生活出来ないかと様々な発明をしてきました。洗濯機や車なども少しでも楽になるために開発された商品です。

エスカレーターやエレベーターなども全く同じく楽を追求したものであります。

よって死にたいと思い苦しい人生を送るのではなく、もっと楽な人生を追求して幸せに生きる選択肢も当たり前に存在する事を頭に入れておいてください。

苦しむだけが人生の行き方ではありませんので、日本人としてそのような価値観を持っていることは日本人は不幸な証拠であります。

安井です
安井です
私は岡山の田舎でネットで生計を立てています。
▶️【記事】私のネットでの仕事内容と収益結果を紹介
※ネットだと自宅で自由に仕事ができます。

5:今まで築き上げたものをゼロに戻すのも良いかもしれません

もし今まで通り苦しい生き方を選択して、死にたいと思うことが頻繁に起こるようならば、一度自分の過去をゼロに戻して再スタートを切ることも重要ですよ。

人生をやり直すことはいくらでもできますので、今までの自分に固執することは得策ではありませんよ。

私も子供の頃はエリートコースを歩んでいましたが、大学で失敗して現在は自宅でフリーランスとして仕事をしています。

社会に入ることはほとんどなく、プライベートの時間を使いながらゆっくりと人生を生きています。

私も大学時代には非常に多くの悩みを持っていて死にたいと思ったことは何度もあります。

自分の人生に疲れてしまい、もう何もする気も起こらなかったことも事実です。

でも疲れた時にゆっくりと休養して新たな未来への人生を考えてみるのも重要なことだと今思えば実感しています。

スポンサードサーチ

6:そんなに苦しまなくたって楽に生きても大丈夫です

もう一度言いますが、そんなに苦しい人生を送る必要がなく、人生というものは様々な生き方が存在しますのでもっと楽に生きても誰も文句をいう人はいませんよ。

人の期待に応えようとして自分を虐げる行為というものは止めたほうがよろしいです。

自分らしくもっと自由に楽な人生を選択することも重要だと思います。

一生懸命勉強や仕事をしている人はそのような人生を送りますし、楽な人生を追求している人は幸せな人生を送ることも可能なのですよ。

疲れた時には少しゆっくり体を休めて、将来のことを考えてみてください。

今まで生きてきた苦しく辛い人生は過去のものですので、新しいスタートラインに立ってもう一度歩んでみることも重要ですよ。

きっと死にたいと思う気持ちは少しずつなくなっていき、幸せを感じる人間になれますよ。私もそうでしたのであなたもきっとそうなるはずです。

楽しいことをするのも楽になる1つの方法です。

私の場合はAmazonプライムという月額400円のサービスで、映画見放題、音楽聞きたい放題、書籍読みたい放題で楽しんでいます。

このサービスを利用することで私の毎日はバラ色のように楽しくなりました。

【死にたくなったら】肉体は疲れたら自然に回復活動を行います

疲れた時に死にたいと感じる精神的な動きは、普通なら疲れた時には休息を取りゆっくりしたいという感じるのが普通です。

しかし死にたいと感じる人は、精神的な面で異常をきたしているのです。

あなたが仕事や勉強や様々なことで疲れたと感じた時には、素直にゆっくりと休息を取る習慣を身につけてください。

ゆっくり休めば自然に体は回復していき、精神的な部分でも楽になるはずです。

死にたいと感じる人は体の疲れや精神的な疲れを癒やすための自律神経が狂っている感じるからですよ。まずは休息できる体を取り戻す必要があります。

死にたくなる病気をどのように防ぐか?

死にたくなる気持ちはある日突然湧いてきてある日突然やってきて、自分自身を死の底に引きずり込んできます。

自分でなんとかしようと思ってもどうすることもできず、ただただ死にたい気持ちが巻き起こってしまい自分で制御不可能な状態となってしまいます。

私も20歳から30歳までの10年間、この死にたくなる症状に苦しめられていました。

私は医者に通ってお医者さんのアドバイスのもと、この症状の緩和に向けて一生懸命取り組んだ経験があります。

簡単に私が行っていた対策を紹介したいと思います。

私はとにかく睡眠誘導剤を飲んで眠っていました

私は夜に不規則な生活をしていた結果、夜になってなかなか眠れない軽い不眠症の症状を患っていました。

それゆえ医者から睡眠薬を処方されていましたが、日中に死にたくなる症状に苛まれた時は、軽い睡眠誘導剤を飲んで昼寝をしていたことを覚えています。

少しの間仮眠をするだけで随分と症状が緩和されていきますので、私はそれでなんとか平常心を保つことができていました。

仮眠をとらず我慢して起きているとどんどんと苦しみが増大していきますので、すぐにソファーに横になってゆっくりと眠ることが重要ですよ。

きつい仕事を辞めてアルバイトにした

私はこの症状に苦しんでいる間にサラリーマンとして働いていましたので、仕事の間はもはや地獄の毎日を送っていたことになります。

心療内科の先生に相談すると、もっと楽な仕事に変わった方が良いとアドバイスを受けたので、私は本屋さんでアルバイトをすることにしました。

仕事が楽な状態ですと、死にたいという気持ちは少しずつ減少していき、肉体的にも精神的にも相当楽になることができました。

仕事のストレスというものは相当大きな影響を及ぼしますので、少しでも楽な仕事をすることが最も死にたくなる気持ちを抑える最高の薬でした。

マッサージ屋さんに行きストレスを緩和した

私はストレス性の人間であり、体がストレスで硬くなってしまう症状を併発していました。

私は一週間に一回家の近くのマッサージ屋さんに入って体をマッサージしてほぐしてもらっていました。

体を揉んでもらうだけで相当ストレスが緩和され楽になったことを覚えています。

最近ではマッサージでも1時間で3000円ぐらいで施術してくれるので、金銭的な負担もそれほど多くなくリーズナブルに利用することができますよ。

自分でストレッチと散歩を欠かさず行った

後は朝起きた時と夜眠る前にストレッチをしていました。

暇な時間があればのんびりと散歩などをしながらストレスを緩和するために運動もしていたことを覚えています。

運動をして体を動かすと頭と体が軽くなり苦しみも少なくなっていきます。

初めは体がガチガチでなかなか動かすことができませんでしたが、3ヶ月も続けて行くと体もほぐれてきて精神的にもホッと一息をつくことができるようになりました。

また運動をしていると夜ぐっすり眠れることが多く、現在でも散歩を欠かすことはありません。

将来の悩みを全て無くした

後お医者さんの先生に言われたのですが、将来的な悩みが強い状態だと、どうしてもうつ状態になってしまいなかなか回復しませんので、将来のことは何も考えずに現在楽に生きることだけを考えなさいとアドバイスを受けました。

将来自分はどうなるのかといつも悩んでいましたが、その悩みが解消されて私は解放された気分で生活をすることができるようになったのです。

悩みや苦しみが死にたくなる病気の原因となっている場合が多いので、あまり将来のことは考えず、現在の苦しい状況を改善することがベストですね。

人生に疲れた人!死にたくなる理由ベスト6【生きるのに疲れたら】のまとめ

疲れて死にたくなった場合には、すぐに休息をとるのがベストで、しっかりと体力と精神力の回復をしないとあとあとエライ目にあいますよ。

人間の肉体は人造人間ではないので、きちんと休息を取らないと精神的に病気になってしまいます。

なんでも頑張りすぎるのは良くないので、自分の肉体や精神に正直になることが重要です。

私の場合も、精神的に病を発病した時には、自分の体に正直ではなかったことが原因でした。

日本人は勉強しすぎで働きすぎなので、もっと楽をしても良いことを知るべきだと思います。

無理して生きたって不幸ならどうしようもありません。

人生に疲れたら少しリラックスして休息をとる必要がありますね。