スポンサーリンク

死にたくなったらこれだ!あなたを救う12の生活習慣

生活習慣を大切にしよう

生活習慣を大切にしないと苦しいよ

「死にたくなる気持ちをどのように改善すれば良いか?」

「毎日が苦しくて辛くてたまらない」

この記事はそんな方に向けて書いています。

この記事を読めば、死にたい気持ちは生活習慣がひこ起こしていることがよく分かるので、その対策方法を知ることが出来ますよ。

あなたの気持ち分かります

本当に現代の人間は、なぜか死にたくなる症状を発病する人が増え、どうすることもできずに苦しんでいる人が増えています。

私も、若い時に精神的な病気にかかり、死にたいほど苦しみもがいた経験を持ちます。

しかし、現在は体調は全て回復し、幸せな人生を歩んでいます。

私の経験から書いたこの記事を読めば、生活習慣が死にたい気持ちの原因だということが分かりますので、楽な状態へと生活習慣を整えることが出来ますよ。

スポンサーリンク

死にたくなったらそれは毎日の生活習慣を改善してください

人間誰しも人生を生きていたら死にたいと思ってしまうほど苦しいことや悲しいことがあります。

これはどうすることも出来ない人間の内面的な問題でありますので、起こってしまって後悔するのではなく、すぐに死にたいと思う気持ちをなくしていかないといけません。

死にたくなったら人間それを抑えることがなかなか難しくなってきますので、行動によってこの思いや感情というものを小さくしていくことが理想的です。

頭の中でいくら考えてもなかなか解決策は思い浮かびませんので、是非行動をすることによって解決していきましょう。

以下には死にたくなったらまずして欲しい12の行動を挙げています。これを全て行えば死にたいという気持ちはほとんどなくなってくるでしょう。

死にたくなったら一番の基本は、生活習慣を自ら知り、それを改善していくことです。

死にたくなったらどうすれば良いか対策方法を紹介します

1:朝起きたら顔洗ってラジオ体操をする

朝の時間は人間が1日の活動する上でとても重要な時間となっています。朝起きると元気良くまずは顔を洗って、ラジオ体操をしてください。

ラジオ体操なんて小学生以来だと思うかもしれませんが、朝の時間に体を動かすということはとても健康的にも良く、死にたい気持ちを軽減する効果があります。

また1日気持ちよく過ごしていくためのスタートラインとして、とても重要な意味を持っています。

死にたいという思う気持ちは内面的なうつ状態が作り出すものでありますので、体を動かすことによってうつ状態を解消することができます

2:毎日三食必ず美味しいものを食べる

美味しいものを食べよう

後精神的にも肉体的にも疲れた状態が死にたいという状態ですので、三度の食事で美味しい食事を食べれば体も健康になって少しは楽しみが増える可能性があります。

死にたい時には食事が喉を通らない人も多くいると思いますが、自分の食べたい大好物な食事を食べることによって、食事を美味しく感じることが出来るようになります。

美味しい食事を食べれば、脳内にドーパミンなど脳内ホルモンが出てきますので、うつ状態が改善する可能性が高いのです。

3:ウォーキングや散歩を必ず行う

体を動かすということが自分の気持ちを健全な気持ちに戻す役割を持っていますので、1日に1回は必ずウォーキングや散歩をしてください。

歩くことによって体内の血液が循環し体が非常に楽になってきます。ストレスも発散することが出来ますので、うつ状態を回復するには歩くということが一番重要なのです。

死にたくなったらとりあえず体を動かしてみることがポイントとなります。じっとしていることによって死にたい気持ちはどんどんと増幅し苦しみが増すだけになりますよ。

こちらの記事も参考にしてください!

※この記事を読むと死にたい気持ちを改善する方法が分かりますよ

4:午前中と昼間には必ず太陽の光を1時間以上浴びる

太陽の光を浴びることは、人間が幸せに生きるためにとても大切なことです。太陽の光を浴びれば脳内に快楽ホルモンが出てきますので、幸せな気持ちになりやすくなります。

後体に必要なビタミンも太陽の光によって作り出すことができますし、気分が明るくなり楽しい状態になる場合も多く、日光浴は本当にオススメな方法ですよ。

家の庭で日光浴するのも良いですし公園に行くのもオススメです。

5:好きな趣味に没頭して楽しい時間を過ごす

後は楽しい時間を過ごすということが、死にたくなったらやってみて欲しい行動です。

多くの人は趣味を持って生きていると思いますが、自分の好きなことをするということは楽しいことでありますので、幸せな気分を味わうことができますよ。

歌が好きな人はカラオケボックスに行って歌を歌ってみるのも良いかもしれません。

音楽を聴くのが好きな人はゆっくりと椅子に座って音楽鑑賞をするのもオススメです。趣味の時間を楽しむことによって死にたい欲望というものはずいぶん少なくなってきますよ。

6:少しお酒を飲んで夜に体を休めてみる

後は夜に寝る前に少しだけのお酒を飲んで眠るというのも良いかもしれません。

アルコール中毒になっては元も子もありませんので、コップ半分ぐらいのお酒を楽しみながら少し酔ってみるのも良いでしょうね。

お酒は飲みすぎると体に害を及ぼすものですが、少量のお酒ならば健康を維持するためにとても効果テキメンです。少しのお酒を楽しみながら夜の時間を満喫してみてください。

7:毎日お風呂に入ってリラックスをすること

お風呂に入ってリラックス

死にたくなった状態になるとうつ状態にな、り精神的なストレスが非常にかかっている状況となります。

または心的ストレスも相当高くなっていますので、何とかしてリラックスしなければなりません。

毎日夜の時間にお風呂に入るということは、そのストレスを相当軽減してくれることになりますので、お風呂に入って是非ともゆっくりと湯船につかってみてください。

お風呂に入ってほっと一息つくぐらいの時間作るということはとても大切なことですよ。

8:お風呂から出たら必ずストレッチ運動をする

お風呂から出た後に少しのストレッチ運動をすれば、体が柔らかくなる眠りやすくなります。

うつ状態というものは眠ってもなかなか気持ち良さを味わうことができない状態ですので、ストレッチ運動をすることによって静かな深い眠りにつくことが出来ます。

きちんと1日7時間以上眠ることによって、死にたい気持ちは相当抑えられてきます

きちんとした睡眠をとることで、毎日の生活のリズムを一定化させてください。そうすれば随分考え方も変わってきますよ。

9:大きな声を出して家族に挨拶をすること

後は精神的にも肉体的にも不健康であって気持ちがずいぶん落ち込んでいると思いますので、家族の中で声を出して挨拶することが大切です。

気の持ちようも非常に重要ですので、きちんと家族に挨拶をして自分の中に溜まっている鬱憤を外に出すようにしましょう。

挨拶ができない人間というものは、どうしても不幸な人間になってしまいがちですので、きちんと大きな声で挨拶することによって幸せな1日を送ることができますよ。是非とも実践してみてください。

10:昼寝が出来たら必ず30分から1時間昼寝をすること

昼寝をすれば精神的に回復する

また肉体的にも精神的にも疲れやすい状態となっていますので、昼に30分から1時間ぐらい昼寝をすることがとても大切です。

少しの時間の仮眠だけでも随分精神的にも肉体的にも回復しますので、とても楽に1日を生きることが出来ますよ。

疲れた時に動きまくれば、それだけ体力も消耗しますし精神的にも辛くなってしまいます。死にたいと思うことは心の病でもありますので、眠ることによって疲れを回復することも出来るのです。

11:夜の10時ぐらいまでには必ず眠ること

後は夜更かしすることは絶対に控えなければなりません。夜の時間はマイナス思考になりやすい人が多く、どうしても死にたいという気持ちが増幅してしまいます。

夜の10時までには必ず電気を消して布団に入るようにしてください。夜の眠りをきちんと行えば、朝起きると爽快な一日が待っています。

夜の時間を不幸に過ごす人は、明日の時間も不幸に過ごす人です。是非早寝早起きを習慣付けて生活習慣を変えて欲しいと思います。

12:朝は日の出とともに起きるように努力すること

最後になりますが朝は日の出の時間と同じ時刻に起きる努力をしてみてください。夜にしっかり睡眠がとれていれば朝起きるのも気持ち良いものがありますよ。

朝起きて元気で幸せな一日を是非とも送るように心がけてください。死にたい気持ちもどんどん少なくなっていく自分の幸せを実感出来るような人間へと変わっていくでしょう。

死にたくなったら3ヶ月間生活習慣の改善に努力する

私は大学生時代から生活習慣が最悪で、夜更かしをしたり体に悪いものばかり食べていました。

大学時代の最悪の生活習慣が影響して、私は25歳ぐらいから35歳ぐらいの10年間死にたいほどの苦しい生活を余儀なくされたのです。

やっぱりきちんと勉強しないといけない

そこで私は本を読んだりネットで調べることで、生活習慣の改善を行ったのです。

そうすると3ヶ月ぐらいで効果が出ることに気づきました。

独学の方法ではなく、きちんとした情報に基づいて生活習慣の改善を行うのが理想です。

周りの人の意見を聞かずにきちんとした本を読むこと

私は体調が悪い時には、友達の意見を聞いて相談していましたが、それでは体調不良は悪くなる一方でした。

本屋さんできちんとした本を読んで実践することで、生活習慣の改善に成功したのです。

誤った情報に基づいて行動するのは控えた方が懸命ですよ。

とにかく生活習慣が乱れると後々えらい目に会うよ

私も大学時代には全く気づきませんでしたが、生活習慣による体調不良は、じわじわボディーブローのように年数が経って自分を苦しめていきます。

最終的には死にたくなるほどの苦しみの世界へ自分が入っていくのです。

毎日のコツコツした積み重ねが最終的には大きな病気となって現れるのですね。

小さな改善を積み重ねるとみるみる幸せになる

初めは生活習慣の改善をしていくと、結果がすぐには出ないので迷ってしまいます。

しかし長期間継続していくと、徐々に体や精神が健全化して楽になっていきます。

私も初めに早寝早起きと運動を取り入れ、3ヶ月後にはなんだか体が楽になった自分に気づき始めした。

初めの苦しい時期を抜ければ、案外幸せになり楽になることを実感できるので嬉しくなりますよね。

3年もすればあなたは別人になっているよ

3年も生活習慣の改善を継続していけば、死にたいと思う気持ちはほとんどなくなっているでしょう。

私も生活習慣改善の実践を初めて、3年後には全く別人のように楽しく幸せな人間へと生まれ変わりました。

死にたくなったらこれだ!あなたを救う12の生活習慣【劇的改善】まとめ

死にたくなったと思ってきたら、是非上記の12の習慣を心がけて毎日の生活習慣のリズムを整えてみて欲しいと思います。

3ヶ月もこの生活を続けていけば、自然と毎日の生活が安定してきて死にたい欲望は少なくなってきますし、ほとんどなくなってくると思います。

死ぬということは最悪の結果だよ

死ぬということは最悪の結果でありますので、是非ともそうならないためにも日頃から気をつけて生活習慣をきちんとすることをお勧めします。

きっとこれから幸せな人生があなたを待っていますよ。今日から是非実践してみてくださいね。

※死にたくて仕方がない人は以下の記事を参考にしてください