死にたい人に読んで欲しいブログ

人間生きていたら死にたいと感じることありますよね。このブログでは自殺願望、病気、いじめで苦しみ死にたい人に向けて死に関する私の考え方を紹介します。



【効果絶大!】死にたい時には全てを0にして新しい人生をスタートせよ


Amazon1位 とにかくこれ読んでみて!死にい気持ちが180度変わるよ!


ブログ治療家安井

私はこの無料電子書籍を読んで社会から離れて自由に生きていけました!今の人生に苦しんでいるなら読むべし!

【無料電子書籍】→自由な人生を手に入れる教科書

f:id:yasuisoutarou19:20180605123637p:plain


(この記事は2018年4月7日に更新しました)

 

f:id:yasuisoutarou19:20180305073322g:plain

 

こんにちは、安井です。

死にたい気持ちを長年抱えていましたが、見事復活の人生を歩んでいます。

>>参考:【波乱万丈】地獄の人生から楽園に到着した安井のプロフィールです!

 

「全てを0にして再スタートを切りたいと思っている」

 

「過去のことに縛られていつも苦しくて辛い」

 

この記事を読むと、過去の自分に影響を受けて死にたいほど苦しんでいる人が、新しい人生をスタートさせることができますよ。

 

あなたの気持ちわかります

 

本当に過去の自分を忘れることができず、いつまでたっても死にたいと苦しむ人が多いですよね。

 

私も子供の頃の苦しみからなかなか逃れることができずにいました。

 

しかし、現在では過去の自分からおさらばして、今の時間を幸せに楽しく生きています。

 

私の経験から書いたこの記事を読めば、過去を0にして新しいセカンドライフを送ることができますよ。

 

それでは私安井のブログ文章での治療を体験ください。本文へどうぞ!

 

 

人間多くの物事を抱えて生きている

f:id:yasuisoutarou19:20180627063107j:plain

 

日本人は世界の人と比べて非常に神経質で重荷を背負って生きている民族です。日本人何でも抱え込み自分の責任として生きていく生き方を当たり前としてきました。

 

そんな重荷を背負った生き方は大変苦しいものであり、精神的も辛いこと間違いありません。

 

でも社会人になったら責任が取れないと生きていけないと言われ続けているので、日本人は世界的にも不幸な人が多い国なのです。

 

あなたはこのような生き方をあなたはしている可能性があり、それによって死にたいと思ってしまう可能性が高いのですよ。

 

死にたい時には、今まで自分が抱え込んでいるものをよく思い出し、それを紙に書いて自分の目でチェックしてみることも重要ですね。

 

その中に本当に自分が絶対必要なものがいくらあるのか改めて自分の心に問い直しいてみるのです。

 

案外それほど人生を生きていく為に重要でない重荷がたくさんありませんか?結構紙に書いていけば何でもないことが重荷になっている場合が多い事に気付かされます。

 

もっと軽く楽に生きていくことも重要ですよ

 

人の期待に答える必要なない

 

はっきり言うと、人生何もレールに沿って生きる必要はありません。大学を卒業して立派なサラリーマンになる必要もなく、20歳で結婚して家庭に入り家に為に全ての人生を投げ出す必要もないのです。

 

サラリーマンにならなくても一生懸命働く主婦になる必要もないのです。結婚して子供を産むことを強制される理由も何もないことになります。

 

これは日本国憲法に定められた個人の尊厳と自由ですので、もっと楽に生きていく考え方を当たり前に持つことが大切ですね。

 

人生なんて生きて死ぬまでの間何をして生きるのかが全てですので、その人生を苦しく辛い人生にすることはありません。

 

多くの人がこれが当たり前だと思っている価値観が、実はそうではなかったと気づくことも大切ではないでしょうか?

 

全てを0のフラットの戻せば案外死にたい気持ちは楽になる

 

あなたは死にたいと思った時にはぜひ心を楽にして、自分を苦しめている原因を紙に書き、それを0にすることを考えてください。

 

どうしても0に出来ないものは、もっと軽い気持ちで向き合って行く必要があります

 

例えば受験勉強で死にそうなほど苦しんでいる場合には、もっと難易度の低い大学でも良いと割り切って楽に考えることです。

 

また彼氏と付き合って苦しんでいるなら、それを0にして彼氏と別れてしまうことです。死にたい気持ちを引きずったまま生きていると、いつまで経っても死にたい瞬間はなくなりませんよ。

 

死ぬぐらいだったら全てを0の白紙に戻して、新しい自分の人生をやり直せば良いだけです。今までの苦しく辛い人生をそのまま継続していても何ら解決にはなりませんよ。

 

私はエリートコースを全て0にした

 

私は大学時代に社会に絶望し、親への反抗感から大学を中退しました。それまではエリートコースを歩んでいたのですが、私は自立して個人の道を生きていくことに決めました。

 

今まで築き上げてきた学歴などは全て0にして捨て去ったのです。

 

そうすると学生時代よりも何倍も今が幸せであることに気づき始め。私は現在自分で世界一幸せ者だと実感出来るようになったのです。

 

学生時代はこのまま死にたいと思ってしまうほど悩んでいたので、今の幸せな自分からしては考えられないほど苦しんでいたのです。

 

楽に死にたいというのは心の病

f:id:yasuisoutarou19:20180627063357j:plain

 

人生というのは苦しく辛いと思っている人も多いと思いますが、人生は何も苦しむために出来ているのではありません。

 

人間関係や社会のことで苦しい人生を歩んでいるのなら、それはあなたの今までの人生が間違っているのです。

 

何かの要因で間違った人生を選択すれば、それは当然死にたい欲望が強くなってしまい、自分を自分で苦しめることになります。そんな人は楽に死にたいと自然と思ってしまうのです。

 

人間の肉体は自律神経の影響で、自然と楽になりたいと自然に動くものですので、あなたの今までの生活や人生がいかに苦しいものだったのかを物語っています。

 

もうそんな苦しい人生なんて止めてしまい、もっと楽に生きる人生を選択するのがもっとも最良の解決方法になります。

 

苦しむだけが美徳ではなく、もっと楽に楽しく生きる人生を0からやり直しても良いものだと思いますよ。誰もあなたに苦しんでほしい人などいないのですから。

 

www.ikiyou.com

  

楽に死にたい人がいるけれど人間はいつか必ず死ぬんです

 

f:id:yasuisoutarou19:20180305073724g:plain

 

最近の若者は日本で?日7人ほど自殺していると聞きます。自分の生きてきた人生に絶望して自殺を試みる人がいるのですが、ここでもう一度考え直して欲しいと思います。

 

自殺すれば、今までの苦しみや悩みから解放される人もいるのですが、どうせ死ぬぐらいなら、残りの人生好きに生きてやろうと思いませんか?

 

多くの若者は現在の社会や人間関係に絶望している人が多く、このまま生きながらえても楽しいことなんてないとうつ状態になって思い込んでいるのです。

 

人生は自分で思いのまま生きるのが理想的な生き方であり、自分が楽に死にたいと思っているほど苦しいのは、あなたが自分の思うがままに生きていないからです。

 

どうせ死にたいと思っているのなら、楽に生きてもまったく問題はありません。どうせ自殺したいと思っているのなら、好き放題に残りの人生楽しみまくりましょう。

 

案外割り切って生きることが出来れば、人生そう捨てたものではありませんよ

 

まとめ

 

  • どうせ一度きりの人生ですので好きなように生きるのが理想
  • 今までの人生失敗してもまた0からやり直せばいつでもOK
  • 苦しいのなら楽に生きる人生を選択しても問題ない
  • どうせいつか死ぬんですから、残りの人生を楽しもう

最後に

 

死にたい時に一生懸命真剣に考えるのではなく、もっと軽い気持ちで今までの自分の苦しい辛い人生に終止符を打つことをオススメします。

 

周りの人が反対しても、自分の本当の気持を分かっているのは自分ですので、自分の新たなスタートのために、今までの人生を0にして新しいスタートを切るのが理想ですね。

 

そうすると随分幸せが戻ってきます。死にたいなんて考えることもなくなってきますよ。人は自分が思っているほど自分を理解してくれていませんので、それは両親でもそうなのです。

 

ぜひ私が体験したように、新しい人生の門出を迎えて幸福な人生を歩みましょうね。あなたならきっと出来ますよ。

  

www.ikiyou.com

 

追記 2017/9/21 過去を考えず現在最良の決断をしよう

f:id:yasuisoutarou19:20180627063457j:plain

 

人生は現在の積み重ねが未来を作り人生の道を歩んでいくようになっています。よって過去に積み重ねた人生が今を作り出しているとも言えますので、人間は過去に非常に大きな影響を受けていまを生きているのです。

 

しかしこの考えが、以前の自分の影響によって、現在の幸せや幸福を台無しにしてしまう場合もありますので、新しい自分で生きる決断をするならば、過去はなかったものにしなければなかなか新しい環境で上手く生きていくことは出来ません

 

日本人は過去の縛られて生きている人が非常に多い民族で、人生を振り返り過去を懐かしみ意味を見つけて生きるタイプの人が多いのです。

 

このようなタイプの人は、どうすることも出来ない過去に縛られて未来を台無しにする人も多いのです。

 

死にたい時にはどうしても、過去が自分の不幸を作り出している人が多く、なんとかして過去の自分に対するしがらみから抜け出さないといけないのです。

 

後ろ向きに生きるのではなく、価値観や思考を未来に向けて使う努力をしてください。

 

過去はいろいろな意味で偽善化出来ますが、結局後ろ向きに生きても本当の自分の幸せを見つけることも掴むことも出来ません。

 

もっと未来に向けて新しい人生を0からスタートを切るつもりで歩んでいきましょう。そうすれば死にたい時が随分と少なくなり、本当に新しい自分を見つけることも作り出すことも可能なのです。

 

新生して生きるには、過去を置いてけぼりにすることも大切ですね。

 

ぜひ頭のなかに留めて置いて欲しいと思います。

 

何もかも投げ捨てた私の人生

 

私の人生は普通で一般の人が体験したような人生とは全く違い、激動の人生でした。

 

私はエリート人生と最低辺人生をどちらも経験した変わった人間です。

 

子供の頃はずっとエリートで大学も私立の一流大学に入り、将来国家公務員になるか弁護士になるかと友達にも言われていました。

 

しかし、私はエリート人生のレールの世界に疲れ果ててしまい、もう何もかも投げ出したくなったのです。

 

このまま社会の中でエリートとして生きていくのは、自分としては面白くなく、もっと自由に生きていきたい欲望が非常に強かったの覚えています。

 

私は悩みに悩んで精神的に病んでしまいましたが、本当は自分自身を表現することができず、自分らしい生き方が出来なかったのが原因です。

 

私は30歳になってやっと両親の束縛から離れ、自分の足で生きていくことを決めました。

 

今まで両親の期待を背負って一生懸命頑張ってきた自分は本当は両親の操り人形だったのです。

 

私はすべてを0に戻し、自分の本当のやりたいことを探し求めました。

 

その探し求めていたものは学生時代の夏休みのような生活で、好きなことが何でもできる楽園です。

 

皆さんも死にたくなってきたら、本当に自分が求めている欲望というものに正直に向き合ってくださいね。

 

そうすると、自ずと解答は出てきますよ。

 

人の期待を背負って生きるほど馬鹿げたことはない!新しい人生をスタートせよ

 

人間というものはどうしても自分で自立して生きていくことが困難でありますよね。

 

両親や先生の期待を背負って一生懸命社会人として頑張っていくことに対して、何か自分自身の本当の想いと矛盾している部分はありませんか?

 

本当に社会人として成功して生きていきたいなら別ですけど、本当は自分がしたいことがあるんだと思っています。

 

私の場合は昔の田舎生活のようにのんびりとリラックスして生きていきたいと感じていました。

 

一生懸命勉強して一流の大学に入って大企業に勤めるような価値観は、私には結局合っていなかったのです。

 

皆さんも現在の自分は本当に自分がなりたい自分になっているか心に手を当てて考えてみてほしいと思います。

 

それは自分以外の他人の人がこうなって欲しいという願望が自分を作り出している可能性があるからです。

 

本当の自分の心は自分が一番よく知っていて、それは他人に支配されるものではないと思いますよ。

 

人生1度きりなのですから、本当に自分がやりたいことをやるべきですよ。

 

全てをゼロにしてても、新しい人生のスタートラインに立ち、自分の道を歩んでいくことを応援しています。

 

Amazon1位 とにかくこれ読んでみて!死にたい人生が180度変わるよ!


ブログ治療家安井

私はこの無料電子書籍を読んで社会から離れて自由に生きていけました!

この無料電子書籍を読んで、1日2時間ぐらいの仕事時間で、余裕のある暮らしを手に入れましょう。

【無料電子書籍】→自由な人生を手に入れる教科書

※現状の苦しい状況を変えるには、結局は自ら行動するしかないですからね。ぜひ読みましょう。

f:id:yasuisoutarou19:20180605123637p:plain


まず読んでほしい3つの記事!

✔ 【波乱万丈】地獄の人生から楽園に到着した安井のプロフィールです!

✔ 【のんびり楽園生活!】死にたい人もブログを書いて暮らせちゃうよ!

✔ 【支配から自由へ!】私が自由で楽な人生を獲得した全てを解説


あなたはどんな悩みを持っていますか?(ブログカテゴリ)

 

Copyright © 2018 死にたい人に読んで欲しいブログ All rights reserved.