▶︎【必見!】お医者さんが教えてくれた「苦しみ」の正体とは?
スポンサーリンク

人間関係なんて適当!無理して付き合わない方法【仕事も適当!】

f:id:yasuisoutarou19:20180912063052g:plain

安井です
安井です
ようこそ私のブログにお越しくださいました。
初めましてブログ治療家の安井です。
私が長年苦しんだ人生の中で、私が気づき分かった楽に自由な人生を送る秘訣を紹介します。
きっとあなたが助かる方法がありますので、人生をあきらめずのんびり生きていきましょう!
記事の最後には誰でも無料で相談にのってくれる一般社団法人を紹介しています。

「人間関係で死にたいほど苦しみを持っている」

「人付き合いが苦手で、人間関係を持つのが嫌だ」

この記事はそんな人に向けて書いています。

この記事を読むと、人間関係なんて自分の人生を支配するような重要なものではなく、もっと適当に人と付き合っていくことが出来ますよ。

あなたの気持ち分かります

本当に人間関係で苦しみ悩んでいる人が非常に多く、もっとスムースな人間関係を持ちたいと思いますよね。

私も人付き合いが苦手な人間で、子供の頃から友達や親戚付き合いで悩んでいました。

しかし、今では友達とも親戚とも両親兄弟とも適当に付き合って良い関係を保っています。

わたしの経験から書いたこの記事を読むと、人間関係の悩みから開放されて、もっとあっさり人付き合いができるようになりますよ。

それでは私安井のブログ文章での治療を体験ください。本文へどうぞ!

スポンサードサーチ

日本人は人間関係を大切にし過ぎている

f:id:yasuisoutarou19:20180912063105j:plain

初めまして!このブログを見ていることは、あなたは大きな悩みを抱えているのだと思っています。

私は若い時から人間関係に大きな悩みを抱えていて、それまでまともに人と付き合うことが出来ない半ば対人恐怖症な男性でした。

友達と遊んだり、学校の修学旅行などでも友達と付き合うことがなかなかうまく行かず、非常に寂しく辛い学生時代を過ごしてきました。

私ももっとあっさり人間関係を持ちたかったのですが、日本人は本当に友達などと深く濃い人間関係を求める社会です.

私はそんな人間関係に嫌気が差し、20代から30代後半までほとんど人間関係を持たずに生きてきたのです。

スポンサードサーチ

もっと適当に付き合うことも重要

私は現在41歳ですが、最近では地域の人や親戚の人と上手く付き合うことが出来ています。

なぜこのように上手く人間関係を持てるようになったのかと言えば、それは人と適当に付き合う方法を知ったからです。

人と付き合う時にはそれほど自分を意識することなく、かつ相手も意識せず適当に付き合っています。

私は以前人間関係で死にたい欲望を強く持っていたほど重大な悩みを抱えていたので、もうこの際人にどう思われようがどうでも良いと割り切って人と付き合うようにしたのです。

それが出来始め、私はそれほど人のことに執着することもなく、自分が人にどう思われているか考えることもなくなりました。

体も精神も一気に楽になり、私は40歳にして初めて人間関係に悩まない生活を送ることが出来るようになったのです。

安井です
安井です
最後までのんびりとお読みください。リラックス( ・∇・)

一緒にいて楽な相手と人間関係を持つ

f:id:yasuisoutarou19:20180912063119j:plain

私が特に心がけたのが、一緒にいて自分が楽な相手と付き合うようにしています。

私の場合は家族が一番気心が知れており、楽に付き合うことが相手ですので、家族と付き合う時間が非常に長いのが特徴です。

何も家族以外の人と付き合わないといけないなんて法律には書かれていません。

後は近所のおばちゃんなんかと挨拶をしあり、親戚の人と普通にくだらない話をしています。

付き合っている人はたったこれだけですが、以前の私から比べると大成長を遂げたのではないのかと思っています。

以前の私は家族とさえ付き合うことが出来なかったからです。

自分が一緒にいて楽な相手とだけ付き合えばそれで良いのだと、あたらめて自分で納得して欲しいと思います。

人間関係が苦手ですので無駄な人間関係を持たない事も大切な解決方法だと思っています。

スポンサードサーチ

付き合いたくない人とは付き合わないで良いのです

死にたいほど人間関係で悩んでいる人に言いたいのは、何も付き合いたくない人と無理やり付き合う必要はないのだということです。

付き合わないといけないなんて強制的な一種にいじめに似た行為ですので、付き合う必要なんてありませんよ。

私は現在友達という友達は誰もいませんが、結構家で一人でも幸せに生きていますよ。家族だっていますし、そんなに無理して社会の世界で人と付き合うことなんて必要ないなんて思っています。

学校でも仕事でも終わればすぐに家に帰れば良いだけですよ。

誰に頼まれて人付き合いなんて強制されないといけないのでしょうか?神様が決めたことなのでしょうか?そんなバカな話聞いたこともありませんよ。

無理に人間関係を持たないことを自分で決めておくことも重要だと思っています。

もっと楽チンで良いじゃないか!

f:id:yasuisoutarou19:20180912063129j:plain

人付き合いが嫌いな人は1人でいるととても幸せなのが普通です。人と付き合わないといけない劣等感みたいなものが自分を苦しめているのです。

人と付き合う必要なんてそれほどないことを自分で納得できれば、不必要な苦しみを持つことはありませんよ。

もっと楽チンで良いではないですか?

人付き合いなんて適当で良いのです。

誰もあなたを責める人なんていないと思いますよ。楽チン人生最高です!

安井です
安井です
私は岡山の田舎でネットで生計を立てています。
▶️【記事】私のネットでの仕事内容と収益結果を紹介
※ネットだと自宅で自由に仕事ができます。

スポンサードサーチ

サラッとした人間関係は自分を解放する

日本人は人間関係を重視する民族ですので、人間関係に基づいて人生を生きている人が非常にたくさんいます。

確かに人間はお互い支え合って生きていく生き方が一般的ですが、執着的な人間関係ではなく、サラッとしたスムーズな人間関係が理想的ですよね。

私の家も親戚付き合いや近所付き合いをとても大切にしていますが、私はそれほど人間関係に執着しないように生きています。

人間関係に執着すると、自分の自由を奪われる恐れがあるので、適当な人間関係を維持するように心がけています。

人間関係で地獄に落ちている人は、今までの人間関係を整理するか、もっとあっさりした人間関係に変化させていくことがベストです。

無理に人間関係を持つと相手に支配されますよ

不必要な人間関係を作ることにより、相手の影響力をダイレクトに受けてしまいますので、本来の自分の自由を奪われてしまう恐れが出てきます。

特に友達などと楽しく遊ぶことは大切かもしれませんが、相手に合わせる時間が多ければ多いほど、本来の自分のやりたいことをする時間が少なくなります。

人間関係よりおプライベート重視の方が、最終的には幸せを感じやすくなりますので、不必要な人間関係で、自分の自由な時間を失うことは得策ではないですよ。

無理に人と付き合う必要はないのですよ。

こちらの記事も参考にしてくださいね。

人間関係は麻薬みたいなもの

人は人と一緒に楽しい時間を過ごすと、どうしても中毒症状を患い、人と一緒にいないと苦しく楽しくないと感じるようです。

これはお酒やタバコと同じことで、一種の麻薬みたいな脳の作用を及ぼすのです。

私も子供の頃から仲の良い友達と一緒に遊ぶ時間が長かったですが、自分の部屋で一人でいると、なんだか人生が不幸に感じる場合がありました。

人間関係は自分を救ってくれるかもしれませんが、人間関係に頼りすぎると、人がいないと人生が幸せでないと感じるようになりますよ。

そうすると一人でいる時間が苦痛に思ってしまうのです。

そうならない為にも人間関係は適当な関係で良いのかもしれませんね。

お金が関係する人間関係はできるだけ持たないようにしろ

人間が一番大切なものと言えば、誰もがお金が大切だと考えていると思います。

私もそれほどお金の執着はありませんが、それでもお金がないと生きていくことはできません。

お金が大切だということは、人間はお金の問題で苦しい人生を送る可能性が高いのです。

人間関係を築く上ででも、仕事関係などのお金による人間関係を持つ場合が増えてきます。

しかし、お金の問題で人間関係が最悪のものになる場合も多いので、お金に基づく人間関係はできるだけ持たないことをオススメします。

お金の問題はトラブルの元になりますので、出来るだけ気をつけてくださいね。

私はお金に関する人間関係は、自分の仕事関係だけにしており、その他の人間関係はお金とは無縁の人間関係です。

仕事なんて適当でいいと割り切ることが労働を楽にする

日本人は労働大国の国であり、一生懸命労働することが素晴らしい美徳であると教えられてきました。

確かに家族を養うために一生懸命仕事をすることは大切なことですが、しかし仕事が全ての人生というのはどことなく可哀想だと感じます。

私の父親も仕事が全ての人生を歩んでいましたが、いつもストレスを溜めていて、私の家族はいつも不幸な人間関係の中生きていました。

私もそんな父親と母親を子供の頃から見ていましたので、仕事をすることはとてつもなく苦しいことだと子供ながら思うようになったのです。

私は子供時代から大人になりたなく、働きたくない人間でした。

もっと仕事なんて適当でいいと感じることができたなら、私の人生も変わっていたのだと思います。

父親は死に物狂いで働くことがすごいことだと私達に教えていたので、私はそんな大人になんてなりたくなかったのです。

仕事を適当でいいとするのは、やはり日本人には難しい価値観ではありますが、ミスをするのとは少し違ってきます。

ミスをすることなく、のんびりと仕事ができればこれに越したことはないのです。

私の場合は、自宅でブログで収入を稼ぐ道を選択し、適当にのんびりブログを更新しながら収入を稼いでいます。

だから楽に仕事ができて長年の夢が叶い現在は幸せですよ。

適当人間として生きる理由と方法

私はサラリーマンを辞めて適当人間として10年間ほど生きてきました。

現在も毎日の予定はほとんどなく、気の向くまま適当人生を歩んでいます。

私は誰かに支配されたり、命令されたりすると、自分自身の自由を保てないと感じ嫌になります。

だから仕事の部分でも、個人で自立して仕事をしないと不幸を感じるタイプの人間なのです。

今は個人で仕事をして適当人間で生きていますので、全く不幸やストレスを感じることがもなく毎日幸せです。

皆さんも社会の世界で苦しい労働人生を歩んでいるなら、個人で仕事をする道を選択してみてはいかがですか?

全く今までと考えられないほどの新しい自由な人生が待っていますよ。

どうでもいい人生は無理をしない人生

私はどうでもいいと感じることはあまり多くはありませんが、どうでもいい人生とは、言葉を変えると無理をしない人生だと思います。

人間は何かを絶対にやらないといけないと考えている人が多く、結局後から考えるとやらなくてもいいことがたくさんあります。

自分にとって大切なやらなければいけないことは、実はそんなに多くありません。

必要なことを紙に書き出すと、案外少なくてびっくりするはずです。

男性ならば、仕事をしているならプライベートはほぼ自由なはずです。

女性なら家事や子供の子育てなどをする以外は、やはり自由なはずですね。

よってやらなければいけないことは、案外多くないので自由な時間は結構たくさんあるはずです。

これなら多少どうでもいい人生をゆっくりと歩むことだってできるはずですよ。

私は必要ないことは、どうでもいいと割り切って人生を送っています。

だから不必要なことで悩み苦しむことも全くありませんので、ほとんどやりたいことばかりをしています。

見栄や外聞は捨てて、なんとなくどうでもいい人生を送っていきましょう!