▶︎【必見!】お医者さんが教えてくれた「苦しみ」の正体とは?
スポンサーリンク

死にたい時どうすれば?必ず実践して欲しい10の対処法【徹底解説】

f:id:yasuisoutarou19:20180912030516g:plain

安井です
安井です
ようこそ私のブログにお越しくださいました。
初めましてブログ治療家の安井です。
私が長年苦しんだ人生の中で、私が気づき分かった楽に自由な人生を送る秘訣を紹介します。
きっとあなたが助かる方法がありますので、人生をあきらめずのんびり生きていきましょう!
記事の最後には誰でも無料で相談にのってくれる一般社団法人を紹介しています。

「死ぬほどの苦しみをどうしたら解消できるのか?」

「色々な方法を試しても死にたい気持ちが回復しない人」

この記事を読むと、死にたい苦しみを持っている人が、簡単な対処法で死にたい気持ちから逃れることができますよ。

あなたの気持ち分かります

本当に死にたい時が繁茂に襲ってきて、どうしようもなくなるほど苦しむことがありますよね。

私も、大学生から社会人の時期にかけて、死にたいほど苦しく悩んだ過去を持っています。

しかし、現在では全く死にたいと感じることはなくなり、いつも楽しく幸せに人生を送っています。

私の経験から書いたこの記事を読めば、死にたい時の対処法が分かるので、症状がひどくなることがなく、楽に人生を生きていくことができますよ。

それでは私安井のブログ文章での治療を体験ください。本文へどうぞ!

スポンサードサーチ

死にたい時には焦らないことが肝心

f:id:yasuisoutarou19:20180912030530j:plain

日本人の中には死にたいとほどの悩みを抱えている人はたくさんいます。誰もあなただけが不幸なだけではなくて、多くの人たちが日々苦しみながら生きているのです。

そのような生活の中で、死にたい時が繁茂に襲ってくる悩みを抱えている人が増えているのです。

仕事や家族の人間関係、または友達との人間関係で多くの悩みを抱え、毎日死にたいほど辛い人生を送っている人は知らないだけでたくさんいます。

?そのような時に是非とも実践して欲しいのが以下に挙げた10の対処法です。死にたい時が訪れたら必ず実践してみることでその効果を実感することが出来るでしょう。

スポンサードサーチ

死にたい時に効果のある対処法をまとめました

1:すぐに風呂に入る

お風呂というものは、脳や肉体のストレスを和らげる働きがありますので、ストレスで死にたい欲望というものを抑えてくれる効果が強いのです。

体がリラックスして気持ち良くなってきますので、精神的にも随分楽になるはずです。

死にたいと思ったらすぐにお風呂を沸かしてゆっくりとお風呂に浸かってください。そうすれば案外普通の状態に戻る可能性がありますよ。

安井です
安井です
最後までのんびりとお読みください。リラックス( ・∇・)

2:すぐに冷房で体を冷やす

また人間の肉体というものは暑いところではホルモンが大量に発生してしまいます。ホルモンというものは人間の内面を司っている重要な役割を果たしています。

死にたい衝動というものもこのホルモンによって作り出されている可能性が高く。体を冷やすことでホルモンの分泌を抑えることが出来るのです。

3:頭を水枕で冷やす

冷房で体を冷やすことと全く同じことになりますが、頭の中でストレスによって妄想を膨らませているような人は、頭を水枕で冷やすことをお勧めします。

死にたいという思考が頭を冷やすことによってなくなる場合が多く、随分楽になりますよ

安井です
安井です
私は岡山の田舎でネットで生計を立てています。
▶️【記事】私のネットでの仕事内容と収益結果を紹介
※ネットだと自宅で自由に仕事ができます。

4:とにかくお腹一杯食べる

f:id:yasuisoutarou19:20180912030542j:plain

また死にたい欲望というものはひとつの欲望ですので、その欲望を満たすためにお腹いっぱい食事をとることをお勧めします。

自分の好きな食事を食べれば欲望が満足することが出来ますので、死にたい気持ちもなくなってしまいますよ。

5:昼寝をする

死にたい欲望というものはストレスによって作り出される場合が多く、昼寝などの仮眠をすることでストレスが相当緩和される可能性があります。

ストレスが緩和されると眠る前よりも随分気持ちが楽になり、案外死にたいという気持ちがすぐになくなっていることに気づくと思います。

6:好きな音楽を聴く

音楽というものは人間の心や精神をリラックスさせる働きがあります。ゆっくりとした音楽を聞くことで、心が和やかになりストレスを緩和させてくれるのです。

特に自分の好きな音楽は楽しい気持ちを湧き上がるせてくれるものですので、死にたい気持ちは遠のいていくでしょう。

7:散歩に出かける

体を動かすということはストレスの発散にも最適な方法です。散歩をすることによって体の中に溜まったストレスが発散できる場合が多く、死にたい気持ちというものも少なくなっていくでしょう。

散歩しながら周りの自然を楽しむことでリラックスした気持ちになり、幸せな時間を過ごすことが出来ますよ。

8:水をたくさん飲む

体を冷やす効果はストレスや悩みを軽減する働きを持っています。冷たい水を一気に飲むことで死にたい欲望や気持ちを抑えることが出来るのです。

自分がなんだか不幸を感じてしまう場合は、すぐに冷たい水をコップ一杯飲むだけで随分楽になるのですよ。

9:人と会う

一人でじっとしていると、死にたいという気持ちが頭の中を駆け巡るようになってくる人も多いです。うつ状態になってしまい死にたいという欲望がどんどんと増してきます。

このような場合には家族や友達と会うことで随分死にたい欲望というものが抑えられてきます。

気分転換を図るためにも人と会うということはとても重要なことですよ

10:運動をして汗をかく

また散歩だけではなく、スポーツなどの運動することもオススメです。トレーニングジムで汗を流したり水泳などで体を動かすことによって、死にたい気持ちはどんどんと少なくなってきます。

死にたい時には思いっきり汗をかくことを忘れないでください。体を動かせば精神的にも肉体的にもリラックス出来て本当に幸せな気分を味わうことが出来ますよ。

死にたい原因を取り除くコツを紹介

死にたいときの対処法は生活習慣の改善も考慮に入れよう

f:id:yasuisoutarou19:20180912030557g:plain

死にたい気持ちは自分の欲望が変形したもので、欲望を抑える努力をすれば死にたい気持ちは相当収まってくるはずです。

欲望を抑えるには禁欲節制的な生活習慣が必要であり、仏教のお坊さんのような生活習慣が死にたい気持ちを相当楽にしてくれます。

お坊さんになれと言うわけではありませんが、あまり美味しいものを食べたり、快楽的な生活をするのではなく、自分をある程度自制する必要性があります。

きちんとした正常な欲望を持てば、だいぶ精神的にも楽になり、いつかは健常者と同じような人間へと生まれ変わる可能性が高いのです。

これは一種の修行と同じ効果があり、本当に人間が生まれ変わったような感じを持てますよ。

ぜひ日頃の生活習慣を改めて、もっと普通の人と同じような生活習慣を身につける必要があると思います。

様々な死にたいときの対処法がありますが、全て生活習慣を気をつければ対処できる問題でありますので、ぜひ実践してみてくださいね。

死にたい時にどうすればいい?最終的には逃げ出すことです

日本人はとにかく頑張りすぎで努力しすぎだと言われています。

日本人ほど社会の中で一生懸命働く民族はいないと言っていいほど、本当に真面目で献身的です。

しかしその性格が自分を追い詰め、死にたいほどの苦しみを湧き上がらせる最大の要因になることを頭に入れておいてください。

日本では武士が一番強くてカッコいいと思っている人が多く、どんなに苦しくて辛くても最後まで死ぬまで頑張るという風潮が強いのです。

それは強くてカッコいいかもしれませんが、そんな事していたら最終的に肉体的や精神的に病気になってしまうことは確実です。

私が言いたいことは、自分にはもう無理だとかもうダメだとか感じたら、その場からすぐに逃げることをオススメします。

もし逃げたとしても、絶対逃げることなく自分にできることが見つかりますよ。

今だけの状況が全てだと思わないでください。

自分には出来ないことは無理をしないこと

f:id:yasuisoutarou19:20180912030610j:plain

日本人は出来ないことにチャレンジをして、自分の適性以外のことをやっている人があまりにも多すぎます。

自分の得意で好きなことを仕事にすれば、あまり苦しむことなく結構人生楽しく生きていけますよ。

死にたくてどうすればいいと悩む前に、自分がやっていることに自分の性格や才能、体力が合っているかどうか考えて見る必要があります。

自分が苦手なことをしていても、人生苦しむだけですので、決して無理をせず自分が幸せだと感じる範囲で勉強も仕事も人間関係も考えてみる必要があるのではないでしょうか?

本当に私から見れば、日本人はあまりにも無理をしすぎて頑張り過ぎだと思っています。

死にたくでどうすればいいと思っている人は、あまり無理をせず楽をして生きる生き方を実践してみればよいのではないでしょうか?

案外そんなに一生懸命生きなくても、自由にのんびり生きていける方法はありますよ。

都会や街でストレスを溜めて生きているなら、田舎に引っ越しや移住をしても良いかもしれませんね。

スポンサードサーチ

私が死にたい時に何を考え悩んだか?

私は長年死にたい病にかかってしまい自宅の自分の部屋で苦しみまくりました。

不定期に死にたい気分になってしまい、私が一人でどうすることもできない感情を持ち苦しんでいたのです。

そんな死にたい時に私がどのように悩み苦しんでいたか皆さんに紹介しようと思います。

少しでも私のその当時の気持ちがわかる、あなたも解決方法の糸口が見えるかもしれません。

家族がそれを知ったらどう思うか?

私は子供の頃から厳格な家庭で育っていましたので、両親に迷惑をかけることが最もいけないことだと教育されていました。

だからどんなときも親の心配をかけないと子供なりに気遣いをしていたことになります。

大学生時代にも、自分の将来のことや進路のことで悩み苦しんでいたことを親に打ち明けることは絶対にできませんでした。

だから親に自分の気持ちを話したことはほとんどなく、できるだけ問題を起こさないように生きてきたのです。

だから自分が死にたいと苦しんでいることを親に告げるのはいけないことである、孤独な世界で一人で辛い思いをしていたのです。

死ぬのは怖いか?

私は何度もこのまま死んだら楽になると考えるようになり、一人で自殺のことばかりを思い悩んでいました。

街を歩いていて高層ビルがあると、屋上まで登りたい気分になりそのまま飛び降り自殺をしようと考えたこともあります。

でも自分にとって死ぬということはとても怖いことであり、死んだら地獄に落ちると本気で考えていました。

死の恐怖があるから私は死ぬことをためらい、なんとか現在元気で生きれるようになったのだと思います。

このまま社会から離れようか?

その他には、私はいつも社会の世界から離れれば自分は幸せになると常に思っていました。

長時間労働でサラリーマンで働いていたので、仕事を辞めて自分のやりたいことをやれば絶対に自分は幸せになると実感していました。

しかし両親を失望させたくなく、自分にもある程度プライドがあったのでそれはできませんでした。

働けば働くほど自分の精神が追い込まれていき、私は最終的に仕事に行くことができないほどの状態になっていたのです。

死にたい時には仕事の事ばっかりが頭をよぎり、仕事をしない人間はダメな人間だと考え込むようになっていたのです。

人生は何度でもやり直せる

私は死にたい時に生まれ変わればもっと幸せな人生が待っているのだと常に思っていました。

現在の自分は不幸な人間として生まれてきたから自分がいるのであって、新しく生まれ変わりば自分は絶対に幸せな人生を送ることができると真剣だったのです。

しかし私はそんなことは人生の終末だと考えるようになって、人生は何度でもやり直すことができるという言葉を信じ生きていたのです。

今思えば苦しければ苦しいほど現実の自分を否定的に考えてしまう、今の自分がダメな人間だと自己暗示をかけてしまいます。

少しでも状況を改善して楽な人生を送ることができれば、死にたいなんて思うことはないのかもしれないと思いました。

よく考えれば今の人生を捨てれば良いだけ

よく考えれば今までやってきたことが自分を苦しめているだけの話である、新しい人生を送れば今までの自分とはおさらばできますよね。

両親との付き合い方も人間関係ももう一度整理をして、新しく自分のやりたいことに集中して生きていけば人生なんて苦しいはずはありません。

このことを考えるようになって私は一気に苦しみから解放されることになりました。

今の生き方を捨てて新しい生き方を実践することが大切ですね。

人の目なんか気にせず助かれば良い

私は小さな頃から他人行儀な人間であって、人の目を人一倍意識する子供でした。

人前ではきちんと行儀よくしておかなければならず、自分が変な目で見られると親に迷惑がかかると本気で考えていたのです。

だから子供らしい子供ではなくてとてもつまらない人生を送っている子供でした。

大人になってこのことが原因で私は自分らしさを失う羽目になり、自分を表現することに苦しみを覚えるようになったのです。

自分を隠して自分でない自分を演じている時には、私は本当に自分自身が心の中でのたうち回っている状況となっていたのです。

スポンサードサーチ

死にたい時こそ楽に生きることを考える

死にたい時にはもうこのまま何もかもやめてしまいたいと本気で思うようになり、私は次第に楽園を求める人間となっていきました。

それがきっかけでセミリタイア生活に憧れるようになり、私はサラリーマンを辞めてブログを書いて生活することを始めたのです。

収入はサラリーマン時代よりは圧倒的に少なかったけれど、自分のやりたいことをやって生活費を稼げることが何よりも嬉しくてたまりませんでした。

社会の世界でノルマや規則に縛られて自分を隠して生きていくことは耐えられず、自分の自由になって初めて人生の楽しみを覚えたのです。

死にたい時にあれだけ夢見ていた楽園生活が現実となり、私は何事にも代えられないほどの幸福を獲得したのです。

なんで苦しまなければいけないのだろう?

私は子供の時からなんでこんなに苦しいことをしないといけないのか不思議でなりませんでした。

一生懸命勉強することや人の上に立つことがなぜ必要なのか理解できなかったのです。

しかし家庭の教育の中で私はエリート人生を歩むようになり、自分の本位とは違ってどんどんと自分自身を見失って行ったのです。

苦しい時にはいつも自分はこんなすごい人間ではないと常に心の中で思っていました。

もっと普通の人間のように遊びたいし、馬鹿なことをして笑ってみたいと思っていたのです。

本当の自分が心の奥底で本当の自分を表現したいといつも叫んでいたように感じています。

人に支配され比較されているから苦しいのだ

私が小さな時から他人には絶対に負けないととても頑固でプライドが高い人間でした。

子供の学生時代にはそれが人よりも圧倒的に優れていると思っていたのです。

しかし年を重ねるにつれて人生の幸せを本気で考えるようになり、人と比較して自分がすごい人間になってもそれは意味がないことに気づいたのです。

人と比較するのではなく本当のなりたい自分になることが自分の一番の幸せだったのですよ。

それに気づいたのは私が30歳になった時です。

もっと人生楽しんでも問題ないよね

子供時代から遊ぶことがあまり楽しくなく、学校の成績を上げるのに頑張ってあり、スポーツで優秀な成績を収めるのが私の幸せでした。

しかし心の奥底では普通の人のように遊びたくてたまらず、私は学生時代の何度か遊びまくって学校に行かなかったことさえあります。

それは自分ではないと親に教育されていましたが、本当のところはその遊びまわってハメを外しているのが本当の自分だってことに大人になって気づいたのです。

私は子供の頃から本当の自分自身が何なのかよくわからない人間であって、自分自身を外に向けて表現するのがとても苦手だったのです。

隠されていた自分は次第に病気的になり、私は精神的に苦しむことになったのです。

本当の自分の声に耳を傾けろ

私は死にたい時にいつも頭の中で何かが問いかけている感覚を持っていました。

それは本当の自分が心の奥底から自分に語りかけていたのです。

なんだか普通の人には理由がわからない話かもしれませんが、私は表面上に取り繕っている自分と心の奥底の本当の自分の二重人格で悩み苦しんでいたのです。

本当の自分の声に耳を傾けることによって、私は何に支配され何に自由を奪われているのかが次第にわかるようになりました。

私は心の奥底の声に従って、本当の自分の欲望を行動に移すことにしたのです。

両親はびっくりして動転していましたが、私は両親の声には耳を貸さず、自分のやりたいように生きていくことにしたのです。

楽しむことがなぜいけないのか?

人間はなぜ楽しんで生きたらいけないのか不思議ですよね。

子供時代から楽しい遊びに夢中になり時間忘れてはしゃぎ回っていました。

しかし大人になると苦しいことをしなければ生きていけないと自己暗示をかけられ、私たちは何も考えず苦しい毎日を送っています。

これは単純に社会で一生懸命頑張らないとお金が稼げないことと結びついています。

確かに世界で最高レベルの裕福な生活ができる日本は、一般の国と比べると恐ろしいほど苦しい労働をしています。

だけどそんなに裕福な暮らしをしなくたって幸せに生きていけることは間違いありませんよ。
発展途上国の人たちが不幸だと言えば決してそうではないはずです。

もっと人生を楽しめばよくて、仕事ばかりの苦しい労働人生を送ることは私は大嫌いですよ。

人間は自律神経により助かるようにできている

人間というものは自律神経というものがあって、この自律神経の働きによって命を守っています。

向こうから怖いヤクザが来たら自然に逃げるように、人間の神経は自然に助かるようにできているのです。

この自律神経が狂った時に人間は死の地獄を見ると感じています。

きちんと正常な生活を送っていれば自律神経が病むことはありませんが、苦しいことばかりをしていると次第に変調をきたしてくるのです。

だから毎日の生活習慣が非常に大切で、精神的に疲れたと感じた時にはすぐに休むことが重要ですよ。

自律神経がおかしな時は死にたい時

私は死にたい時にはいつも精神的な異常を感じていました。

仕事から帰ったり夜更かしをしたりした時にはいつも苦しんでいたのです。

だから自分の精神状況をきちんと判断して、少しでも正常な状態に戻すことがとても重要になってくることは言うまでもありません。

死にたいと感じた時には精神状況が乱れている時であり、ゆっくり休息を取って精神の安定を図ることが重要なのですよ。

体を動かしゆっくり休む

人間の肉体は体を動かすためにできていますので、元気な時には運動しないと精神的におかしな状態になってしまいます。

また体を動かせば当然疲れるので、その後はゆっくり休んで休息をとるようにできています。

疲れたままの状態でストレスを溜めてしまえば、自律神経が異常な状態になってしまい苦しい状況となってしまいますね。

だから体をきちんと動かしてきちんと休息をとることが大切なことなのです。

ぜひこのことを念頭において日々の生活習慣を改善していってくださいね。

そうすればあなたはもっと幸せな人生を送ることができるでしょう。

まとめ

死にたい時には是非上記の方法を実践してみてください。私も学生時代に死にたいほどの悩みをたくさん抱えていましたが、上記のようなリハビリを行うことで死にたい気持ちはほとんど無くなりました。

現在では幸せを実感しながら家庭で幸福な人生を歩んでいます。仕事も行うことが出来ますし、社会復帰も果たすことが出来ました。

学生時代には考えられなかったような自分が現在います。皆さんも死にたい欲望をなんとか解消して、幸せな明るい人生を送って欲しいと思います。

行動に移せば未来というものは自分の思った通りに変わっていきますよ。是非実践してみてください 。