スポンサーリンク

生きていけないほど苦しい?人生の解決方法があるよ【徹底解説】

生きていけない女性

生きていけないほど苦しいですか?

「なんでこんなに人生は苦しくて辛いのか?」

「もっと楽しく楽に生きるのはどうすれば良いのか?」

この記事はそんな方に向けて書いています。

この記事を読むと、人生がなぜこんなに苦しいのかその正体が分かってきます。正体を知ることで、どうすれば幸せになれるのかも分かってきますよ。

あなたの気持ち分かります

苦しいのはなぜ

本当にこの世に人間として生まれてきて、何で人生こんなに苦しいのでしょうか?

私も子供の頃から厳格な家庭で厳しい教育を受け、普通の子供のように生きることが出来ず、いつも人生は苦しいものだと思っていました。

しかし現在では普通の人以上に、幸せや楽しみを見つけ楽しく生きることが出来るようになりました。

私の経験から書かれたこの記事を読んで、ぜひあなたも苦しみの世界から逃れ、自分の理想の人生を歩んで欲しいと思っています。

スポンサーリンク

日本人は世界的に見ても苦しい人間が非常に多いです

日本人は世界的に見ても非常にお金持ちの国で、勤勉な国民性を持っています。

しかし日本人は精神的な病を抱えている人が世界でトップクラスに多い国であり、人間関係や仕事で悩みを持っている人達がたくさんいます。

日本人は苦しいことに耐えて生きていかなければならないという考え方が根強く残っていて、そのせいで苦しまなくてもよい苦しみを味わっている人たちがとてもたくさんいるのです。

もっと自由で解放された人生を送ることは全く問題なく出来るのですが、どうしても自分を苦しめてしまう人たちが後を絶ちません。

なぜ人生で苦しまないといけないのでしょうか?

苦しみから助かろう

人生というものはなぜ苦しいのか真剣に考えて事はあるでしょうか?人間の苦しみというものは社会的な苦しみとプライベートの苦しみに分けられます。

社会的な苦しみはほとんど仕事や学校に関する苦しみでありますが、日本人の社会というものは非常に厳しい社会でありますので、その部分で苦しみを持っている人達が続出しているのです。

またプライベートの苦しみというものは友達関係や親子関係などの人間関係の苦しみに占められます。

人間関係のトラブルというものはいじめ問題に発展したり最悪の場合恐ろしい事態を巻き起こしてしまいますので、何とかして人間関係を良好に保たないといけないことになります。

日本人は目上の立場の人間に無条件で従いすぎる

日本人は昔からの武士の世界の影響が強く、どうしても目上の立場の人間の意見や命令を全て当たり前のように従っています。

確かに上の立場の人の意見や言葉は成長するのに大切ですが、自分にそれが妥当か適しているか考えないといけませんよ。

何もかも鵜呑みにしてしまえば、上の人間の思うどおりの都合の良い人間になってしまいます。

多くの若者が生きていけないほど苦しんでいる理由には、自分の自由を他人に制限されており、自分らしさを見失って苦しんでいる現状があるのです。

それほどなんでも言うことを聞く良い子になる必要なんてないのかもしれませんね。

参考に以下の記事をお読みください

この世の世界は全て差別の世の中である

ではなぜ社会的な苦しみやプライベートの苦しみが起こるのかと言えば、それは日本人というものは世界的に見ても非常に差別的な意識が強く、差別の世界で苦しんでいる人達が非常に多いのです。

他人を羨ましいと思ったりひがんだり妬んだりする人たちが非常に多いので、どうしても自分が劣等感を持っていると感じてしまうのです。

差別の世界があるから人は無意味なことで悩み苦しみ、自分が自由になることも出来ないでいます。

差別の世の中から解放されれば人間は自分の本性に基づいて自由に生きていくことが出来ますので、他人と比較して苦しむ必要も全くありません。

他人は他人で自分は自分でありますので、自分らしく生きていけばそれが幸せだということになります。

多くのお金を稼いでいる人はお金持ちてありますが、自分がそれほどお金持ちじゃなくても自分に相応しい幸せを見つけることが出来れば十分幸せに人生を送ることは可能です。

他人が勉強が出来て頭が良いと思っても、自分には自分らしい学力があってそれほど優等生と比較して劣等感を持つ必要もないのです。

勉強が出来るだけが人生ではありませんので、自分の本当の幸せを見つけるのは勉強からではありません。もっと優等生とは違った幸せな人生を歩むことが十分に出来るのですよ。

何も良い大学に入って、社会人として一生懸命社会で労働しながらお金を稼ぐ必要はありませんね。

現在の時代は自由な時代ですので、良い大学や会社に入った人だけが幸せになれるだけではないのです。

生きていけないほど苦しいと感じがら、社会から離れてお金を稼いで生きていく方法もあるのですよ。

私の場合は、サラリーマン生活が苦しかったので、自宅でネットを使って仕事をしています。

自分らしく生きていくことで苦しみから解放される

自分らしく生きていくことでいくらでも自分らしい幸せを探すことが出来ます。他人と比較するのではなく本当に自分が幸せだと実感が出来る小さな幸せでも見つける努力をしなければいけません。

他人がブランド物のバッグを持っていたとしても、それを自分が羨ましいと思うことはおかしなことです。自分には自分の好みがありブランド物のバッグが一番良いとは限りません。

本当の自分の求める人生を生きることが重要

多くの人は他人に影響されて、他人の持っているものや他人のやっていることが良いことだと感じてしまいます。

それはそれで間違いではないかもしれませんが、他人と自分を比較ばかりしていると自分らしさが失われてしまい、本当の自由な自分が消滅してしまいます。

何だか肉体や精神が苦しいと感じ、生きていけないほど辛い気持ちになるのは、本当の自分を内面に隠して他人に影響ばかり受けている可能性があるのです。

もっと自分をオープンに解放して、自分の求める人生を送ることが大切になるのだと実感しています。

人生苦しいだけと感じたら自分に正直になろう

だから他人と比較して物事を全て決めるのではなく、本当の自分の奥底の自分の欲望や動機をしっかりと把握して自分の求める人生を歩んでいくことが重要になります。

他人の良く見られることばかり気にするのではなく、自分で自分を見た時に満足できる毎日を送っていくことが大切なのです。

人生苦しいだけだと思っている人は、本当の自分の欲望や気持ちから逃げているだけかもしれませんね。

私も苦しんで生きている時に、自分の思いを紙に書き出し他のですが、やはりもっと楽をしてのんびり生きていきたいというのが願いでした。

だから、もっと楽な仕事をしてプライベートを充実させようと決めて行動に移したのです。

あなたも今の人生に絶望して生きていけないと感じているのなら、自分に正直になることが大切になるのではないでしょうか?

仕事やお金の問題での苦しみが非常に多い

私も社会人になり、仕事やお金の問題で非常に苦しい人生を送っていました。

大学生時代には仕送りのお金を使い込んでしまい消費者金融に借金をしたこともありますよ。

サラリーマンやOLになると会社の規則に支配され、自分らしく働くことが難しいのが世の中です

私はこの事に頭を悩ませ、社会に適応できない自分をなんとかしないといけないと考えていました。本当に苦しい時代でした。

私も現在はブロガーとして自宅で仕事をしていますが、社会から離れて個人で自立できるようになったのはつい3年ほど前です。

それまでは、サラリーマンの苦しい労働人生を送っていました。

自由にお金を稼ぐことは本当に難しいことだと改めて感じています。

自分がやりたいことを素直にできる自分であれば良い

本当の自分は何を必要としているのか、どのような欲望を持っているのか改めて自分に問いただしてみることが必要です。他人を見てそう思うのではなく、本来の自分の欲望をしっかりと把握しておきましょう。

自分のやりたいことを素直に行動に移すことが出来れば、それほど悩み苦しむ必要もないのですよ。

本来の自分の幸せを自覚することが出来れば、あとはそれを実現するだけです。他人がそうだからといって決してそうではないという事を頭に入れておいてください。

参考に以下の記事をどうぞ!

ありのままの自分を素直に表現しよう

日本人は自分を隠して自分の本当の姿を表に出さない人たちが非常に多くいます。

世間体ばかり気にしてしまいどうしても自分本来の姿に立ち戻ることが出来ないでいます。

社会的な生活をしている人ならばそのような人たちが非常に多く、自分を押し殺して生活しているのです。

プライベートでいる時間ぐらいは本来のありのままの自分を素直に表現することが大切です。

ハンバーガーが食べたければ素直にハンバーガーを食べに行けば良いだけの話です。

カッコをつけたり高尚ぶったりする必要はどこにもないのですよ。

開放されたありのままの自分で素直に生きる練習をしましょう。

自分は自分ですので他人になれるなんて事は絶対に無理です。

自分らしい生き方を実践することで本来の自分の幸せを実感することが出来ますよ。ありのままの自分で自由に幸福な人生を送ってくださいね。

私はプライベートの時間は映画を見たり、音楽を聴いたりして楽しんでいます。

苦しみは社会の中で生み出されるもの

社会は苦しい

日本人は社会を大切にして、社会の規範や決まりごとを重視する生き方をするものだとされています。

しかし社会というのは自分の自由を奪われ支配されるものであり、最近の若者は社会の中で苦しむ人が次第に増えているのです。

私は学生時代は社会の中でエリート人生を歩んでいましたが、次第に社会の中でも苦しみが増大して社会の中から飛び出る行動に出てしまいました。

皆さんも社会の中で生きていかないと洗脳的な教育を受けているので、どうしても自分が嫌いな社会の中でもがき苦しんでいるのだと思います。

思い切って社会から飛び出して、自由の世界を体感するのが一番あなたがしなくてはいけないことです。

※日本の社会は世界と比べて厳しく苦しいのが当たり前となっています

人生幸せになってはいけないと考える人は要注意

安井荘太郎
安井荘太郎
日本人は人のことばかり考えすぎ。
もっと自分が幸せになる生き方を選択するのがベストです。

日本人は以前の武士の社会の影響から、幸せになっていけないと考えている人がまだまだたくさんいます。

日本の教育は、しつけ教育が多かったので、上の人の為に一生懸命苦しみながら労働する文化が非常に強く残っています。

だから幸福を求めることは楽をすることだと考えらえていて、それが多くの人の苦しみの元になっている可能性が高いのが実情です。

会社のためだとか両親のためだとか考えるよりも、自分が素直に幸せになるにはどうした良いか自分で考える自主性が必要になります。

多くの日本人が、自分の力で自立して自ら幸せを掴む努力を怠っているので、人の思惑に支配されて、無理な生き方を強要されている場合があります。

苦しみはほとんど人の利益のために苦しんでいる場合が多いので、自分が単純に幸せだと思う人生を送ることがもっとも幸福への最短の近道になるでしょう。

人のことばかりを考えて、自らを放棄する人生なんて最悪の人生であり、もっと自分自身のためにやりたいことができる生き方を選択しないといけませんね。

私もこれに気づくまでに、生まれから30年近くかかりましたが、それからは人生バラ色の最高の毎日を送っていますよ。

皆さんにもできるはずです!

生きていける気がしないのは行動しないから

もっと体を動かし行動することが必要です

日本人は世界的に比べてじっと動かず生活する人が非常に多い国です。

本を読んだりテレビを見たり、ゲームをしたり、スマートフォンをしたりする時間が非常に長い人は、なかなか自分で行動しない人間になってしまいます。

日本人は他の国と比べて動かない人が多いので、それが幸せを感じにくく生きていける気がしない感覚を強めてしまうのです。

人間は大昔から行動して問題を解決してきた歴史がありますので、肉体をある程度動かして現状をより良くしていくことが重要なのです。

基本的に苦しみを感じたら体を動かし運動をしよう

人は横着な部分があり、自分で何もせずに人に頼って任せてしまう性格を持っています。

お殿様を見れば分かりますが、お殿様は何もせず全て下の者にやらせており、自分は何もせずに生きているのです。

そのような人生を送っていると、自分自身の自発的な行動がなくなってしまい、何もせずにも苦しい状況となってしまうのです。

肉体は体を動かすためにありますのえ、体を動かさないでいたら苦しむように初めからできているのです。

あなたは生きていけないほど人生で苦しんでいるなら、もしかしたら運動をしたりして体を動かし行動的な人間になることで解決できるかもしれませんね。

私も死にたいほど苦しい毎日を送っていた時には、毎日1時間ぐらい散歩をすることで苦しみから逃れることができるようになりました。

皆さんもぜひ運動をしてみてください。

人生が一気に好転していきますよ。

日本では生きていけないと感じたら

日本という国は、安全で治安が良く生活水準のレベルも高い国です。

しかし、仕事は世界的にみてもとても厳しく長時間労働は当たり前の環境になっています。

また学歴社会の中で、子供の頃から一生懸命勉強しないとならない状況がありますよね。

日本で生きていけないと苦しんでいる人も非常に多いのですが、単純に以下の価値観を持って生きればそれほど苦しむことはありません。

  • 他人と競争しないで生きていく
  • 大金持ちになろうと思わない
  • お金を使って遊び過ぎない
  • 自分の得意な仕事を洗濯して生きていく
  • あまりグループに入らず自由な時間を大切にする

上記のことをうまく頭に入れて生きていけば、それほど日本は住みにくい国ではありません。

あまり人間関係を重視し過ぎない人生を送れば大丈夫

日本人は基本的に人間関係をとても大切にしている人が多く、他人の影響をダイレクトに受けて生きている人がたくさんいます。

このような生き方は自分の自由に生きることが難しくなり、他人の意見や行動に支配されて生きる羽目になります。

両親や友達などの影響によって、自分らしさを見失わないようにしなければいけません。

私も子供の頃は友達の影響をもろに受けてしまい、自分らしからぬ人生を送る羽目になりました。

また親の期待を実現しようと、自分が好きでもないことをする必要もさほどありませんよ。

生きていけないほど苦しい?大丈夫解決方法はありますのまとめ

  • 人はそれぞれ違うので自分らしく生きても大丈夫
  • 苦しい現状からは逃げても問題ない
  • 自分のやりたいことを素直にできる人間になる
  • 人生は楽しく楽な方向に向かうのがベスト
  • 自分を押し殺すのではなく自分を表現して生きる

自分が生きていけないほど苦しい人生を送っているのは、自分が単純に苦しい人間だからです。
それは苦しみや辛いことをやっているからですので、もっと楽に楽しく生きる選択をすれば良いだけですよ。

苦しいことから逃げたら「負け犬」だと感じる人もいると思いますが、それは社会や家庭でそういった教育を受けたからです。

もっと自由な世界で生きることも何も悪いことではないので、自分らしく嫌なことや苦しいことをしないで生きる人生がベストですよね。

単純に以下のように考えてください。

「現在の苦しい状況より楽な状況になるには何をしたら良いか?」

単純に難しく考える必要はなく、ただ探せば絶対に見つかるので大丈夫です。