▶︎【必見!】お医者さんが教えてくれた「苦しみ」の正体とは?
スポンサーリンク

固定観念が強いあなたへ!自意識過剰な人生に終止符を【自由が必要】

f:id:yasuisoutarou19:20180912083708g:plain

安井です
安井です
ようこそ私のブログにお越しくださいました。
初めましてブログ治療家の安井です。
私が長年苦しんだ人生の中で、私が気づき分かった楽に自由な人生を送る秘訣を紹介します。
きっとあなたが助かる方法がありますので、人生をあきらめずのんびり生きていきましょう!
記事の最後には誰でも無料で相談にのってくれる一般社団法人を紹介しています。

「思い込みが強すぎてなんだか不幸を感じる人」

「一つのことで悩み苦しんでいる人」

この記事はそんな人に向けて書いています。

この記事を読めば、固定観念で悩み苦しんでいる人が、もっと大きな広い価値観を知ることが出来、楽になりますよ。

あなたの気持ち分かります

本当に人間は、1つの問題やトラブルで悩み苦しんだりする生き物ですね。

私も子供の頃から思い悩みが強く、人一倍どうでも良いことで悩み苦しんでいました。

しかし、現在では些細なことで悩むこともなく、価値観を広げ幸せを感じるようになりました。

私の経験から書いたこの記事を読めば、狭い世界で悩んでいる人が、もっと広い世界を知ることが出来、些細なことで悩むこともなくなりますよ。

それでは私安井のブログ文章での治療を体験ください。本文へどうぞ!

スポンサードサーチ

日本人は頭が良いと思っている人が非常に多い

f:id:yasuisoutarou19:20180912083719j:plain

日本人は勤勉な国民性を持っており幼少期から勉学に励んでいる人が非常に多くいます。

最近ではそれほど勉強しろ勉強しろと声高に叫んでいる人は少なくなってきましたが、それでも日本人は勉強が出来る頭が良い国民であります。

しかし勉強が出来るということは暗記がよく出来ることであり、決まった単語や方程式を覚えているような形となってしまいます。

これは一種の固定観念であり、あまり勉強が出来すぎると頭でっかちて面白みがない人間となってしまうのです。

勉強が出来る学生というものは、結構服不幸な子供時代を過ごしている人たちが非常に多くいると言われています。

勉強ばかりして遊ぶことをほとんどしなかったら、何のために人生を生きているのか分からなくなってしまいます。

偏差値の良い大学に入るために自分の人生を台無しにしている人もいます。勉強のことで悩み苦しんでいる学生は日本では非常に多いのです。

スポンサードサーチ

固定観念を強く持ってしまうと地獄から抜け出せなくなる

固定観念を持ってしまうと頭がうつ状態になってしまい、幅広い考え方が出来ずに悩んで苦しんだりしてしまいます。

そのような固定観念に染まった頭を持ってしまいますと、様々なことが問題となり苦しい人生を歩む可能性が高くなってくるのです。

もっと日本にも世界にも幅広い考え方や知識が沢山あり、ゆとりをもって物事を考えることが出来る人間にならなければなりません。

しかし勉強が出来る学生はこのような考え方がなかなか出来ず、固定観念の中で地獄の中で生活してしまう人たちが増えています。

安井です
安井です
最後までのんびりとお読みください。リラックス( ・∇・)

もっと広い視野を持って幅広い視点で物事を見なければならない

f:id:yasuisoutarou19:20180912083729j:plain

広い視野を持つということは何事も許すことが出来る心を持つことでありますので、他人に対して自分の考えを強制することがない人間とならなければいけないのです。

自分の考えは自分独自の考え方であって、価値観も全く同じです。

人の人生や考え方を許容できる人間にならないと、あなたは永遠に他人に対して否定的で自分を苦しませる要因となってしまうのです。

大学に行けば幅広い世界を知ることは出来ますが、特に専門分野で仕事をしている人や勉強している人などは井の中の蛙の人たちが非常に多いので、そのような人は他の世界のことを共有することが出来ません。

これが自分を苦しめる最大の原因となってしまうのです。

スポンサードサーチ

エリートの人ほど苦しい人生を送っている人が多い

日本人には学業が非常に出来るエリートという人たちがいますが、エリートの人達は狭い世界の中で生きていますので、窮屈な人生を送りながら苦しい生活をしている人達が多いのです。

一般人の方が世間をよく知っていますので、それほど苦しむことなく自由に生きています。

がんじがらめの世界の中で窮屈に生きていくということは、あまり幸せを味わうことではありませんので、エリートの人ほど自分が不幸であることをある程度認識することも重要です。

安井です
安井です
私は岡山の田舎でネットで生計を立てています。
▶️【記事】私のネットでの仕事内容と収益結果を紹介
※ネットだと自宅で自由に仕事ができます。

たまにはハメを外してバカをしてみるのも必要だ

狭い世界で固定観念の中で苦しんでいる人は、たまにはハメを外して自由を存分に味わいながらプライベートを送ってみましょう。

自分にはこんなことが出来なかったような様々なことにチャレンジして、もっと自分の度量や価値観を広げていくことです。

そうすれば今までよりも随分と楽になって自由を楽しむことができる人間と変わっていくと思いますよ。

勉強が出来て頭が良いだけが人生ではありませんし、エリートになって苦しい人生送るだけが人生でもありません。

もっと遊び心を持って楽しんで人生を生きるということもこれまた重要な考え方です。

スポンサードサーチ

プライベートでは出来るだけ普通の人として生きていこう

仕事などで自分は非常に重要な役職を勤めている人は、結構様々な責任を負ってストレスが溜まってくると思います。

学校で勉強が出来ると思われている学生も、普通の学生と比べれば多くの苦しみを感じています。

しかしプライベートという世界は、個人の自由な世界でありますので、もっとハメを外して自分の好きなことをすれば良いのです。

プライベートでは出来るだけ固定観念を持たず自由の世界の中で普通の人として生きていくことが重要ですよ。固定観念に縛られて苦しい人生を送るということはあまりお勧め出来ることではありません。

羽を広げて普通の人間として自由に生活をしていくことを心がけてみてください。

きっと今までの苦しみから解放されて自分の心が自由になり大空に羽ばたく感覚を持つことが出来るはずですよ。

固定観念は自分の世界を狭めてしまう

自我が強く固定観念で縛られてしまうと、人間は狭い世界のことしか信じられなくなり世界観が小さくなってしまいます。

私も自意識が非常に強く、人のことがなかなか理解できない頭デッカチの人間でしたので、新しく素晴らしい世界があるのでどうしてもその世界を否定してしまう人間でした。

これは重大な問題で、特に若い人間は固定観念に縛られず、もっと広い視野で多くのことを吸収しないと人生損をしてしまいますね。

私ももっと若い頃に、多くのことを吸収して自分よがりな人生から脱出すればよかったと心から思っています。

ネットで多くの情報にアクセスしよう

現在の時代にはPCやスマホ、タブレットでいくらでもネットの情報にアクセスできる時代となっています。

よって何でも知りたいことや分からないことはグーグルを使えば何でも知ることができますし、ツイッターやインスタグラムで知らない世界を知ることもできます。

昔の時代は情報にアクセスできるのは紙媒体の本や新聞でしたが、現在はスマホ一つで、世界中の知識にアクセス可能なのです。

だから苦しく悩んでいる人は、もっと広い世界を知らないといけませんし、もっと素晴らしい世界を見つける必要がありますね。

人の話を聞いたり本を読むことで頭デッカチの世界から抜け出せ

昔の時代も今の時代も人から素晴らしい話を聞くことで、自分の可能性を飛躍的にアップさせることが可能です。

私も両親や友達、親戚の話を聞くことで、今まででは知らなかった世界を知ることができました。

人の経験を知ることで、自分のスキルアップに非常に役に立ちますし、自分の悩みなども解決しやすいです。

また本を読むことで、知識や世界観を自分に取り込むことも可能ですので、ぜひ本は読んだ方が人生を幸せに生きることが圧倒的にできますよ。

固定観念や思い込みで自分の世界の中に閉じこもってしまわないように注意が必要ですね。