▶︎【必見!】お医者さんが教えてくれた「苦しみ」の正体とは?
スポンサーリンク

【効果絶大!】死にたい気持ちを無くす仏教の修行法BEST7

f:id:yasuisoutarou19:20180912040215g:plain

安井です
安井です
ようこそ私のブログにお越しくださいました。
初めましてブログ治療家の安井です。
私が長年苦しんだ人生の中で、私が気づき分かった楽に自由な人生を送る秘訣を紹介します。
きっとあなたが助かる方法がありますので、人生をあきらめずのんびり生きていきましょう!
記事の最後には誰でも無料で相談にのってくれる一般社団法人を紹介しています。

「死にたい気持ちを改善したいけどなかなか難しい」

「仏教で人は助かると言うけど本当なの?」

この記事はそんな方に向けて書いています。

この記事を読むと、死にたい気持ちが強く苦しんでいる人が、仏教の修行をすることで、心身とも楽になりますよ。

あなたの気持ち分かります

本当に人生生きていると苦しいことや辛いことで、死にたくなることがありますよね。

私も社会人でサラリーマンとして働いている時には、本当にこんなに苦しいことがあるのかと死にたい気持ちでいっぱいでした。

しかし、現在では仏教の修行をすることによって、毎日の生活が非常に楽になり、楽しんで生きています。

私の経験から書いたこの記事を読めば、仏教の修行法は非常にシンプルで誰でもできることが分かり、あなたも今日から苦しい人生からおさらばすることができますよ。

それでは私安井のブログ文章での治療を体験ください。本文へどうぞ!

スポンサードサーチ

仏教の修行はあらゆる悩みに効果的に働きます

日本人は昔から悩みがあれば仏教の修行をして悩みをなくしていました。

仏教は生きている人間の苦しみや悩みを根本的に解決する素晴らしい宗教です。

仏教の修行は、座禅を組むなどの基本的なことは一般人でも知っているところですが、その他にも様々な修行の方法があります。

仏教の修行を行えば死にたいほどの気持ちというものは随分薄れてくるはずです。

私も死にたいほどの鬱病の症状を仏教の修行で相当緩和することに成功しました。

様々な方法で自分の死にたい気持ちを改善しようと試みていると思いますが、仏教の修行は日常生活に沿った誰にでも出来る簡単な修行方法です。

毎日の生活の積み重ねが修行となってきますので、是非日々の修行を怠らず3年間継続してみてください 。絶対に効果は抜群に現れてくると思います。

スポンサードサーチ

1:座禅を組む

座禅とはあぐらを組む形で、自分の内面を平常心で一定の形で座ることを言います。何も考えることもなくずっと座り続けることで、安定した内面を手に入れることが出来ますよ。

頭の中も心の中も無の状態で座り続けることで、死にたい気持ちというものも随分と緩和されてきます。

毎日2回から3回座禅を組むことで落ち着いた自分自身を取り戻すことが出来ますよ。

安井です
安井です
最後までのんびりとお読みください。リラックス( ・∇・)

2:家の家事を行う

仏教では日常的な行動が修行になると言われています。自分が生きている中で日常的な行動といえば、家の家事を行うことだと思います。

掃除をしたりご飯を作ったり家事を行うことで、安定した毎日を送ることが出来ます。

現代人の日常生活は非常にストレスが溜まり忙しい毎日を送っている人が多いので、家の家事を安定的に行うことによって平穏な生き方を取り戻すことが出来るでしょう。

スポンサードサーチ

3:写経を行う

写経を行うということは、文字を書き写すことによって一定の内面を作る修行の一つです。仏教ではお経などを書きますが、別にお経でなくても自分の好きな文章を精神を統一して紙に書き写してみてください。

精神的にある程度強い内面を持つことが出来ますので、死にたい欲望というものも徐々に感じなくなってきますよ。

4:山登りをする

山登りは仏教の修行僧が山岳修行として行なっている修行の一つの形態です。自然の中で歩くことによって安定した内面を手に入れることが出来るでしょう。

初めのうちは少し苦しいですが、継続的に行うことによって苦しみを感じない体になってきます。

山登りをウォーキングや散歩にしてもよろしいと思いますが、山登りは自然観賞が出来ますので、内面が落ち着いて穏やかに歩くことが出来ますよ。

それほど高い山ではなく普通の山を散策がてらに歩いてみても良いかもしれませんね。

安井です
安井です
私は岡山の田舎でネットで生計を立てています。
▶️【記事】私のネットでの仕事内容と収益結果を紹介
※ネットだと自宅で自由に仕事ができます。

スポンサードサーチ

5:瞑想を行う

瞑想は頭の中を何もない状態にして周りの雰囲気や環境と同一化する修行方法です。頭の中で思いを増幅させることではなく、頭の中を穏やかな状態に保つ一つの方法です。

座禅と同じような効果があり穏やかな自分自身を一定化させるための修行方法です。

6:毎日お経を読む

f:id:yasuisoutarou19:20180912040227j:plain

お坊さんはよくお経を読んでいますが、お経を一定のリズムで読み上げることによって内面が動きにくい安定的な自分自身を鍛えることが出来ます。

お経の声はそれほど大きくもなく普通の声で一定のリズムで読み上げることがポイントです。

お経読むことによって頭の中に死にたい思いが排除されていきますので、次第に悩みや苦しみがほとんどなくなってきますよ。

7:毎日同じ生活を繰り返す

仏教の最大の修行は毎日一定の同じ生活を繰り返すことになります。日々ドタバタしていては生活が落ち着かないので、内面も動いてしまい死にたい欲望が増幅してしまうことになります。

ストレスを溜めず安定的に毎日行動していくことで、幸せな自分を形作っていくことが出来ますよ。

まとめ

仏教というものは大昔から人間の苦しみや悩みを解決してきた宗教です。自分で修行を行うことで、悩み苦しまない人生を送ることが可能です。

死にたいほど悩んでいる人ならば、是非仏教の修行を毎日の生活に取り入れてみて下さい。その効果は非常に絶大で、3年修行すればまったく違った自分に生まれ変わることも出来ますよ。

私も仏教の修行を生活習慣に取り入れ自律神経出張症やうつ病の苦しみがほとんど緩和されたことを思い出します。

是非皆さんも実践してみてくださいね。

仏教は肉体の内面を安定させるのに役立つ

私は精神的な苦しみを感じていた時期に、ある仏教の書籍を読む機会がありました。

私の母親が読んでいた本ですが、その本を読むことで心の苦しみが相当楽になりました。

仏教というのは基本内面をフラットな状態にすることで、人生の悩みや苦しみから解放されるという考え方を提唱しています。

これには修行をしたりすることが必要になりますが、誰もが思っているような厳しい修行ではなく、毎日の生活習慣の中で実践できることばかりです。

私の場合は家事をすることで、内面の安定化を図る努力をした結果、約3か月ぐらいでその成果は表れてきたのです。

私の1日の家事の内容を紹介します。

  • 毎日必ず1日1回は料理を作る
  • 自分の部屋の掃除をする
  • 風呂掃除をする
  • ゴミ出しをする
  • 食器の皿洗いをする
  • 買い物に行く

たったこれだけの事を毎日欠かさず行うことで、安定して行動できるようになり、最終的には何の苦労もなく日々の生活を送れるようになりました。

皆さんもぜひ仏教の修行と思わなくても、日々の家事で安定した生活を送れるようにしてください。

ブログを毎日書く習慣を身に着けることで日々が安定する

私はブログを書きながら仕事をしていますが、毎日必ずブログの記事を書いたり、書き直したりすることで、日々の生活に安定感が出ています。

皆さんはブログというと日記を書くことだと思っていると思いますが、別に日記でも専門的な記事でも何でも構いません。

ブログの記事を書くということは、初めは非常に手間がかかり難しく感じますが、慣れてくると本当に楽しくやりがいのあるものです。

私の場合は仕事が趣味みたいな形なので、非常に楽しくお金を稼ぐことができています。

ブログを書くことで内面が安定化し精神修養のようになりますので、内面が不安定でどことなく幸せを感じにくい人は、ブログを書く修行を考えてみてはいかがですか?

修行の成果は自由になること

修行をするなんてなんだか古い考え方だと感じている人も多いと思いますが、修行は自分が肉体から自由になるために行うことです。

何でも楽に行動することができたら、日々生活することが非常に楽になってきます。

修行の成果は1日に自分が行動しないといけないことが、安定して楽にできることにあります。