▶︎【必見!】お医者さんが教えてくれた「苦しみ」の正体とは?
スポンサーリンク

学校で死にたいのは自由が不足しているから【支配から逃れろ】

f:id:yasuisoutarou19:20180912040049g:plain

安井です
安井です
ようこそ私のブログにお越しくださいました。
初めましてブログ治療家の安井です。
私が長年苦しんだ人生の中で、私が気づき分かった楽に自由な人生を送る秘訣を紹介します。
きっとあなたが助かる方法がありますので、人生をあきらめずのんびり生きていきましょう!
記事の最後には誰でも無料で相談にのってくれる一般社団法人を紹介しています。

「今までの教育では子供は幸せにならないのではないか?」

「自由教育というけど本当にどんな意味があるの?」

この記事はそんな方に向けて書いています。

この記事を読むと、今までの支配的な教育を行うよりも、自由教育が圧倒的にメリットが高く子供の幸せに生きていける理由が分かりますよ。

あなたの気持ち分かります

本当に戦争時代から、日本の教育はとても上下関係が厳しく苦しい教育をしていましたね。

私も現在42歳ですが、子供の頃は親も先生もとても厳しく、なかなか楽しんだり幸せを感じることができませんでした

しかし、現在では自由を謳歌して楽しい人生を歩んでいます。

私の経験から書いたこの記事を読めば、子供の個性や人格を尊重して、自由教育の中で子供が成長させた方が良いことが納得できると思います。

それでは私安井のブログ文章での治療を体験ください。本文へどうぞ!

スポンサードサーチ

戦後の時代も日本の教育は封建社会的な上下関係の教育方針でした

日本は先進諸国の中でも近代化が最も遅かった国の一つであります。

第二次世界対戦で日本はアメリカに敗戦しましたが、それがきっかけで封建社会的な社会の仕組みもその存在理由を失ったことになります。

日本人はアメリカ的な自由主義の考え方が流入してきましたので、それに対応することができなかった世代の人達は非常に多いのが現実でありました。

しかし戦争を知らない世代の若者や子供は、自由主義の元素直に生きることができる人たちが非常に多いのが特徴です。

団塊世代や戦争世代などは封建社会的な教育を受けた人間であり、なかなか自由主義の中で自由に生きることが難しいのだと実感します。

しかし平成の人間は、封建社会的なシステムの中で幸せを得ることが非常に困難であり、もっと自分らしく自分の幸せを追い求めたいと考えている人達が多いのです。

スポンサードサーチ

現在の若者は自由を求め幸福な人間へと成長しています

現在の若者は戦争世代と比べて、人生の中で何を求めていくのかについての理想は全く異なっています。

人生というものは自分に与えられた一度きりの人生であります。

自分が本来やりたいことを徹底的にやりながら、幸福な人間へと成長していきたいと考えているのです。

社会の中で自分の労働力を酷使して、社会に貢献していくという生き方は、現在の時代には適合する価値観ではありません。

自分がやりたい仕事や勉強を好きなだけ行ってみたいという価値観がベーシックな価値観になっているのです。

国のためだとか家のためだとかで、自分のやりたいことを制限されることは非常に不幸なことであります。

もっと自分らしく自分のやりたいことを追求していく自由な世の中を多くの若者が求めているはずです。

安井です
安井です
最後までのんびりとお読みください。リラックス( ・∇・)

日本は欧米諸国に習い自由教育を推進していかないといけません

日本は日本国憲法に規定されているように、基本的人権を尊重されて自由主義の中で人生を思いっきり生きていくことを目指していかなければいけません。

現在の日本の学生が自由教育によりもっと幸せな人間へとならないといけない理由をまとめてみました。

是非今後の将来の夢や希望を叶える為にも是非一読してください。

スポンサードサーチ

1:支配的な世界は日本ではもうすでに終わっています

日本は支配的な封建社会のシステムの元第二次世界大戦を経験して敗戦国へとなりました。

日本人は国のために自分の人生を奉仕していたのですが、現在では戦争は終わりもうすでに封建社会的なシステムは機能しなくなっています。

現在の時代の日本人が求める理想や価値観が、以前とは全く180度違ってきているのです。

支配的な世の中で生きていくのではなく、自由な世の中で自分の理想を追い求め自分の生きたい人生を歩んでいくことが必要な時代へと変化しているのではないのでしょうか?

安井です
安井です
私は岡山の田舎でネットで生計を立てています。
▶️【記事】私のネットでの仕事内容と収益結果を紹介
※ネットだと自宅で自由に仕事ができます。

2:自由は人間が求める最も崇高な価値観です

フランス革命で高々に約束された自由と平等、平和や人権の考え方は、現在の世界を作り上げているとても重要な価値観です。

日本も縛られた社会が形成されていましたので、これらの価値観を求めて幸せで幸福な社会を作り上げようと努力をしなけれいけないのです。

人間は本来自由を求める動物でありますので、自由を求めて自分の本来のありのままの自分を表現することこそが人生の生きる意味かもしれません。

何事にも支配されず、影響されず、人間自分自身の基本的人権を尊重される教育方針が必要なことは言うまでもありません。

スポンサードサーチ

3:自分のやりたいことを徹底的にできるそんな世の中が理想です

昔の日本の家庭では自分のやりたいことができる家庭というものは本当に少なかったのです。

職業の選択の自由も結婚の自由もほとんど何もなく、両親に決められたことをただやっているそんな家庭が昔ではベーシックな家庭でした。

現在は差別的な世の中が消滅していますので、自分が本来やりたいことを全力でやっても誰も怒る人はいない世の中となっています。

自分が勉強したいこと自分がやりたい仕事を素直にできる世の中でなければいけません。

これを叶えるためにも幼少期からの学校教育というものが非常に重要です。

自由教育の中で学生は本当の自分の道を探し、それに基づいて自分の人生を生きていくことが必要です。

4:古い日本の教育文化は子供の可能性を潰してしまうのです

学生には内に秘めた大きな可能性がありますので、子供時代から学生の可能性を潰してしまう教育方針というものは、人生を幸せに生きていくためには非常にマイナスとなってしまいます。

勉強が得意な学生は勉強すれば良いですし、スポーツが好きな学生はスポーツにのめり込んでも全く問題ありません。

文化的な学生は文化的な生き方をすれば良いと思いますので、自分が生きて行きたい人生を自分らしく生きていくことができる教育方針が理想です。

5:日本国家のためにも自由な発想ができるエリートが必要です

f:id:yasuisoutarou19:20180912040102j:plain

日本はアメリカ式の欧米社会と比べて、自由な発想ができるクリエイティブなエリートがまだまだ少ないのが現状です。

決められたことを決められたように出来るのは日本人の特質かもしれませんが、自由な発想が出来るエリートが経済や社会を発展させていく役割を担いますので、日本人の学生にももっと自由教育によって上層部で活躍できるエリートの育成が必要なのではないでしょうか?

社会というものはエリートと大衆で構成されています。エリートがきちんとした方針や方策を決めることができないのならば、大多数の大衆は自分で何もできないので困ってしまうことは確実です。

優秀なエリートが世の中や社会を動かしているのです。

このエリートを育てるために自由教育がなければ絶対ダメだという事なのです。

6:子供がのびのびと成長できるそんな環境が必要だと思います

子供というものは自由でのびのびとした環境で育てば、自分のポテンシャルを最大限に引き出すことができるようになります。

自由教育を受けた子供は他の子供と違って、人生の幸せを最大限に味わうことができるようになるのです。

もっと学生時代から学校や家庭の環境が自由で恵まれていないといけないことは間違いありませんなん。

でもすべて上の人たちに決められる人生を送るというのは不幸なことですので、子供時代から自由の中で自ら行動と選択を行っていく人生を歩まないといけないのです。

これには子供時代の周りの環境が大きく影響しているのですよ。

7:形式的な社会ではなくもっと人間的な社会を作らなければいけません

日本の社会は儀礼的で形式的な社会を構築していました。よって形式張ったことが非常に多く、本質的に自由に生きていくことが難しい世の中だったのです。

現在でも古い世代の人達は、形式張った人が非常に多く若者の価値観と少し対立する形となっています。

形式張って生きるよりは、もっと人間的に幸せに生きることが大切であり、形式的な世界よりもより人間的な世界へと今後の日本は移行していかないといけないと思っています。

8:人間の生き方というものは各自それぞれ違って当たり前です

人間というものは各自各々違った考え方や価値観を持っていますので、人間は他人と違っていても当たり前の事なのです。

好きな食べ物や好きな芸能人でも人それぞれ全く違っていますし、全て同じである理由は全くありません。

自分の個性や人格が尊重される世の中であり、憲法で保障された自由な世の中で日本人は子供時代から生きていくことが望ましいと考えています。

他人が決めたことを素直に行うことは仕事では大切なことかもしれませんが、しかし自由を失った人間というものは長い目で見るととてもデメリットを感じるようになってくるはずです。

人それぞれ自分の道がありますし、他人に強制されて自由を失うことはあってはなりません。

9: やりたくないことを一生懸命やる人生は実につまらない

日本人はやりたくないことを一生懸命やっていると言われています。

他人に貢献することが素晴らしいことだと教育されている部分がありますので、どうしても自分のやりたいように生きることがなかなか難しい社会なのです。

他人と自分が違っていても悩む必要もなく、自分が個性的に本来の自分のありのままの姿を表現して生きることができることが大切なことではないでしょうか?

10:学生それぞれに合った道が存在します

日本の学生は全て同じようなことを勉強して同じような生き方を強制されている部分があります。

学生は一人一人全く違った人間でありますので、機械のように扱われることは非常に子供にとって不幸なことです。

もっと一人一人にあった最高の自由教育が必要となってくるはずです。自由教育の中で学生は本来のやりたいことを見つけ出し、その道を進んでいくものです。

先生や両親は子供の自由を束縛して自分達の理想を強制するそんな教育をしてしまえば、子供の人生は台無しになってしまうのですよ。

まとめ

日本は戦争が終わり自由な世の中へと移り変わっています。

まだまだ封建社会的な教育を受けた人間が社会の上層部にたくさんいますので、若者や子供は自分の自由に生きることがなかなかできない部分も感じています。

今後の日本は欧米社会に習って、もっと自由に伸び伸びと自分自身で生きていくことが必要だと実感しています。

自分の人生ぐらい自分で決める意気込みを持って、大人へと成長して欲しいのです。

学生の両親や先生も、子供の自主性を重んじて教育をしなければいけないのですよ。

私の自由を獲得するまでの壮絶な人生

自由というものは何もしないで手に入ると思ったら大間違いです。

私が自由を獲得するために幼少期から非常にびっくりするような人生を送っていて、三十歳を過ぎた頃からやっと自分が自由を獲得するに至りました。

両親がとても厳しかったので、私は自分が本当にやりたいことをなかなかできずあまり幸せでない子供時代を過ごしていたのです。

教育というものは子供を縛ってしまい、子供の将来に大きく影響を及ぼしますので、私は親に決められたレールの上の世界でしか生きることができない人間でありました。

自由を獲得して自由を得たいと思いましたが、自分の精神的なものや価値観などでそれがなかなかうまくいかなかったのです。

精神的な病を患ってから私は大きく変化することができ、やっと本来の幸せを手に入れることができました。その時はもうとっくに30歳を超えていたのです。

子供は自由を求めた方が本来の幸せにたどり着きやすい

子供というものは自由奔放に生きていくのが一番理想的であり、何かに縛り付けて自由を奪うということはあってはならないことです。

しかし教育上人に迷惑をかけない子供に育てなければならず、少しぐらいの厳しい教育は必要な場合もありますよ。

一番の理想は子供が将来的にやりたいことを早く見つけて、それに向けて自由奔放に道を進んでいくやり方です。

多くの人は子供時代にやりたいことをやれないまま大人になり死んでいくようです。

自由教育というものは子供が本当にやりたいことを子供に任せて決めてもらうことです。

将来一流企業のサラリーマンにならなければいけないだとか、公務員にならないといけないだとかと子供を縛ってはいけませんよ。

子供の本来の性格や個性によって、子供は自分がやりたいことを見つけられる。

そんな教育が自由教育の本当の姿だと思います。