▶︎【必見!】お医者さんが教えてくれた「苦しみ」の正体とは?
スポンサーリンク

ギャンブル中毒で死にたい人!人生が終わったほど危険【希望はある】

f:id:yasuisoutarou19:20180308055406g:plain

安井です
安井です
ようこそ私のブログにお越しくださいました。
初めましてブログ治療家の安井です。
私が長年苦しんだ人生の中で、私が気づき分かった楽に自由な人生を送る秘訣を紹介します。
きっとあなたが助かる方法がありますので、人生をあきらめずのんびり生きていきましょう!
記事の最後には誰でも無料で相談にのってくれる一般社団法人を紹介しています。

「ギャンブル中毒を改善しようと思ってもなかなかうまくいかない人」

「ギャンブル中毒で自分の人生が終わってしまいどうすることもできない人」

この記事はそんな方に向けて書いています。

この記事を読むと、ギャンブル中毒が人生を破滅に導いていることを理解でき、すぐに対策を取らないとえらい目に合うと理解できるようになります。

あなたの気持ち分かります

本当に日本人は世界的に見てもギャンブルが好きで、ギャンブル中毒になり死にたいほど悲惨な人生を歩んでいる人が多いですね。

私も大学生時代から30歳ぐらいまでパチンコに熱中していました。

しかし、現在ではギャンブルはまったくやらなくなり、幸せな人生を歩んでいます。

私の経験から書いたこの記事を読むと、ギャンブル中毒の恐ろしさを自分で自覚できますので、次第にギャンブルから足が遠のいていきますよ。

それでは私安井のブログ文章での治療を体験ください。本文へどうぞ!

スポンサードサーチ

日本人は世界有数のギャンブル大国

日本という国は世界的にも類を見ないほどギャンブルが大好きな人間が非常に多く、世界有数のギャンブル大国となっています。

現在ではカジノ法も国会の論議で盛んに審議されているように、ギャンブルに非常に開放的な国となりつつあるのです。

多くの人はパチンコや競艇や競馬などを経験したことがあると思いますが、一生懸命稼いだ金を湯水のごとくギャンブルに注ぎ込んでいる人が多いのです。

なぜこれだけギャンブルにのめり込むのかと言えば、日本人はもともと楽しいことがほとんどない生活をしていて、ギャンブルで鬱憤を晴らしている人たちが非常に多くいるのです。

このような社会はあまり好ましい社会ではなく、ギャンブルをすることによって人生を台無しにしている人達が圧倒的に増えています。

私も以前ギャンブル中毒になったことがありますが、その時はまともに仕事もせず毎日パチンコ屋に通って意味のない無作為な時間を年と過ごしていました。

結局1年間に何十万円も負けてしまう結果となり、本当にバカなことをしたと今でも反省をしています。

スポンサードサーチ

1:ギャンブルはほとんど7割方負けるようにできています

ギャンブルというものは胴元が稼ぐように初めからできていますので、結局トータルでギャンブルでプラスになる可能性はほとんどありません。

ある一時期だけで大勝ちをした人は山ほどいるかもしれませんが、結局一か月のトータルで見るとほとんど負けている場合が多いのです。

このような勝つ見込みのないギャンブルを行っている人は、一体どのような神経をしているのか不思議に思うかもしれません。

ギャンブル中毒患者というものはギャンブルをすることによって自分が生きていると錯覚することが原因となっています。

安井です
安井です
最後までのんびりとお読みください。リラックス( ・∇・)

2:ギャンブルにのめり込む人は立派な中毒患者

お酒やタバコは中毒症状が非常にひどく、一度楽しんでしまうとやめることができないほど中毒症状が進行してしまいます。

ギャンブルというものはそれに匹敵するかそれ以上の快楽を得ることができますので、ほとんど自制をしないとやめることができないほど中毒症状が進行してしまうことになるのです。

一度ギャンブルで大勝ちをしてしまうと、今度もまた勝てると錯覚してしまい、いつまでたってもギャンブルから足を洗うことができなくなってしまいます。

スポンサードサーチ

3:ギャンブルで勝てると思っている人は頭が悪い人です

ギャンブルというものは、パチンコならばパチンコの店舗が収益を上げているのが当たり前のことであり、結局ギャンブルをしている人のほとんどが負けていることになります。

このようなあらかじめ負けが決まっているギャンブルというものに熱中するということは、常識的で考えると非常に愚かなことで頭が悪いと言わざるを得ません。

ギャンブルで勝った人の話を聞くと、儲かった話はいくらでもあるのですが、そのほとんどは負けている場合が多いのです。

話を鵜呑みにしているといつもギャンブルで勝っていると勘違いしてしまいそうです。

安井です
安井です
私は岡山の田舎でネットで生計を立てています。
▶️【記事】私のネットでの仕事内容と収益結果を紹介
※ネットだと自宅で自由に仕事ができます。

4:買っても負けても結局お金は無くなっていく

ギャンブルというものはもう勝っても負けてしまっても、結局長い目で見れば100%と言っていいほどお金はなくなっています。

ギャンブルで勝ったお金というものはまたギャンブルに使ってしまうだけでありますので、ほとんど貯金として残る事がありません。

このような中毒性の非常に高いギャンブルを毎日のように行っていると、本当に人間性が終わってしまい自分の人生が台無しになってしまう可能性が高いのです。

世の中には多くの楽しみがあり幸せを感じることも山ほどありますが、ギャンブル中毒者はそのような幸せや幸福を味わうことがほとんどできなくなるほど中毒症状が進行します。

スポンサードサーチ

5:ギャンブル中毒は人生の幸せを大きく放棄する

f:id:yasuisoutarou19:20180324140346j:plain

私もギャンブルを行っていた時には、ほとんどギャンブル以外の楽しみを見つけることはできず、いつもギャンブルのことばかりを考えていました。

このような人生というものは自分の人生を放棄したかの如く最悪のシナリオです。

人生の中でもっと楽しいことをたくさん見つけて、もっと行動的に生きていく、そのような人生を選択したいものですね。

ギャンブル中毒になっている人は、本当に人から見ればバカみたいな人生を送っていますので、その辺りのことを頭に入れて是非中毒症状から回復することをお祈りします。

6:ギャンブルをすると人間関係を台無しにする

ギャンブルをしていると、競艇でも競馬でもパチンコでもだいたい1人で遊んでしまいますので、基本的に人間関係を持つことがほとんどなくなってしまいます。

ギャンブル仲間というものは出来るのですが、本当にくだらない友人関係で最悪の人間関係の1つとなってしまうでしょう。

自分の家族や自分の親類や友人などの良好な関係を保つことが難しくなることは明白で、もっと人間関係のなかで幸せに生きる選択肢もあるはずです。

ギャンブル生活を行うよりは、もっと人間関係を持って人間らしく生きていく可能性を模索するのが絶対にメリットが高いと思います。

7:ギャンブルすると自律神経がおかしくなり人間性を失う

ギャンブルをしていると、あまり動かずじっとしていますので、行動的な部分がなくなってしまい自律神経失調症の可能性がとても高くなっていきます。

ご飯を食べてもなかなか美味しく感じなくなり、また夜眠たくならなくなる不眠症の症状も出てくる可能性がありますので、ギャンブル中毒は本当に酷い精神病を引き起こす元となる可能性があるのです。

私は6年間ほどギャンブル中毒でした

私も大学生時代から6年間ほどパチンコに狂っていた時代がありました。学校の勉強もほとんどすることもなく毎日朝から夜までパチンコ漬けの毎日を送っていたのです。

このような最も人間で大切な時期にギャンブルをしていた私は、まともに大学を卒業することもできず精神的な病を抱えるようになっていたのです。

本当に今考えるとあまりにも馬鹿らしい大学時代でしたが、今ではギャンブルをすることは全くなくなり健全な生活を送ることができるようになりました。

お金の余裕があるからギャンブルをしている人はまだ良いかもしれませんが、お金がほとんどなく、人のお金を使ったり借金をしてギャンブルをしている人はすぐにでも中毒症状を直すことをオススメします。

知らない間に自分の人生がめちゃくちゃになってどうすることもできなくなりますよ。引き返すなら今のうちだと肝に銘じてください。

ギャンブル以外にも楽しいことはたくさんありますので、ぜひその他の楽しいことに目を向けて明るい自分を取り戻し前を向いて歩いてくださいね

何も考えいないことがギャンブル中毒を産み出す

日本人は世界有数のギャンブル好きの人が多く、ギャンブルで身を崩している人がたくさんいます。

私は若い頃は父親の影響でパチンコに麻雀などを楽しみまくっていました。自分の持っているお金でギャンブルするなら良いのですが、私の場合は消費者金融から借金をしてまで遊んでいたのです。

私の会社時代の上司がよく言っていたのですが、ギャンブルは胴元が儲かるもので、利用者は絶対ほとんどの確率で負けてしまうとのことでした。

パチンコでもインターネットで検索すると7割の人が負けているようです。トータルするとほとんどの人が負けているとさえ言われています。

しかし一攫千金のチャンスを求めて、ギャンブルをする人がものすごく多く、これが1つの社会の歪となって多くの人を苦しめているのです。

【追記】仕事をしないのならそれは相当ひどい症状です

ギャンブルを日曜日などに楽しんでいる人はいいですが、仕事をせずに平日から遊びまくっている人はまず間違いなくギャンブル中毒を疑ってください。

ギャンブル中毒になれば死にたいほど悲惨な人生を送る可能性がありますので、止めれる時に意地でも止めたほうが無難です。

自ら稼いだお金が、ただの数字の遊びで失われていくのは馬鹿らしいですよね。

負ける可能性が圧倒的に高いギャンブルをやるのは頭の悪い人だと納得できなければ、深みにハマり悲惨な人生を送ってしまいますよ。

ギャンブルは気晴らし程度に楽しむのが得策だと思います。私の経験から熱中するのは止めたほうがよろしいですよ。

私も現在はギャンブル中毒から立ち直り、健全なお金の使い方ができています。ぜひ皆さんも立ち直って新しい人生をスタートさせてくださいね。きっと出来ますよ。