▶︎【必見!】お医者さんが教えてくれた「苦しみ」の正体とは?
スポンサーリンク

自閉症やオタクで死にたい人!7つの解決方法を紹介【楽になるよ】

f:id:yasuisoutarou19:20180912053654g:plain

安井です
安井です
ようこそ私のブログにお越しくださいました。
初めましてブログ治療家の安井です。
私が長年苦しんだ人生の中で、私が気づき分かった楽に自由な人生を送る秘訣を紹介します。
きっとあなたが助かる方法がありますので、人生をあきらめずのんびり生きていきましょう!
記事の最後には誰でも無料で相談にのってくれる一般社団法人を紹介しています。

「自閉症やオタクで人の目が気になり悩んでいる人」

「自閉症やオタクの問題で、今後どう生きていけばよいかわからない人」

この記事はそんな方に向けて書いています。

この記事を読むと、自閉症やオタクで苦しんでいる人が、外出すれば苦しみから解放される理由が詳しく分かります。

あなたの気持ち分かります

本当に現代の若者は、自閉症の悩みやオタクの悩みを持って生きている人が増えています。

私も学生時代から自閉症気味の人間で、外出もせず部屋の中にこもりっきりの生活を送っていました。

しかし今では活発に外出して、楽しい時間をたくさん過ごしています。

私の経験から書いたこの記事を読むと、自閉症やオタクの人が外に出たくなり、悩みや苦しみから解放されていきますよ。

それでは私安井のブログ文章での治療を体験ください。本文へどうぞ!

スポンサードサーチ

日本人は家の中が大好きな人が多い

日本人は家庭の文化を非常に大切にしていて、昔からあまり外に外出することを好まない傾向がありました。

よって、日本人は家の中で閉じ込められたような生活をしていた人たちが非常に多く,
外に出ると遊び人だと馬鹿にされていたのです。

このような大昔からの日本文化というものは、現在ではほとんどなくなってしまっていると思っているかもしれません。

昔気質の日本人は、このような考え方を持つ人が多く、これが多くの問題を引き起こしています。

スポンサードサーチ

もっと活動的になれば自分の世界もいくらでも変わっていく

人間というものは、家の中の世界が大好きな人も非常に多くいると思います。

外の世界には自分が今まで知らなかった広い世界が広がっており、それを知ることでいくらでも人生に充実感を持って有意義な生活を送ることができます。

人間の体は行動するためにあり、体を動かさないともったいないと思いませんか?

体を動かすことで本当に活動的な人間になり、今までの自分の人生から新たな人生へと大転換を図ることができるのです。

安井です
安井です
最後までのんびりとお読みください。リラックス( ・∇・)

1:自分の世界に閉じこもるよりも外の世界を知った方が幸せ

現在の日本人は、パソコンやテレビ、またスマートフォンなどで家の中でゲームをしたりコンテンツを見たりしながら多くの時間を費やしています。

コンテンツを見続けるということは、それだけストレスが溜まりやすくうつ状態になってしまう可能性があります。

どうしても不幸を感じる人たちが非常に多くなってしまうのです。

家の中から外の世界へ飛び出すことによって、今までの自分の価値観や考え方が一気に変化していきます。

新たな自分の人生の中での喜びを見つけることができるようになります。

スポンサードサーチ

2:動かずにじっとしていると苦しみが増してくる

家の中でじっとしていると、自然と苦しい人間げとなってしまい、肉体的にもマイナスな状態へと変化していきます。

当然体というものは動かすためにあるものでありますので、動かないということは、元来持っている体の機能を使うことができないということになるのです。

これでは生きていても非常に虚しいだけであり、もっと体を動かして喜びや幸せを体感しないといけません。

安井です
安井です
私は岡山の田舎でネットで生計を立てています。
▶️【記事】私のネットでの仕事内容と収益結果を紹介
※ネットだと自宅で自由に仕事ができます。

3:血液を循環させと自然と幸福度が増してくる

人間というものは、血液で酸素を取り込み二酸化炭素を排出しています。また食べたものも血液で全身に養分が回っていき、それによって人間は幸せに生きることができるのです。

血液を循環させるには、当然運動するということがとても大切でありますので、特にスポーツをする人は人生を幸せに生きている人達が非常に多くいます。

スポーツをする以外でも、散歩をしたりウォーキングをすることで体内の血液が循環していき栄養分や酸素が体内に行き届きます。

これによって幸せを感じるように自然と状態が変わってくるのです。

スポンサードサーチ

4:自分が行動することで運命がいくらでも好転していく

また動かずにじっとしているということは、自分で何かを達成しようだとか掴み取ろうだとか、そういう意気込みというものがなくなってしまいます。

もっと人生で自分の運命を好転させたい人は、とにかく活動的であり動き続けることが必要になります。

成功する人も家でじっとしている人達はほとんどいなく、外に出てチャンスや可能性を探って日々動き回っています。

5:たまには人の意見を聞いてみるのも自分を成長させるためには必要

また家庭の中で長時間暮らすということは、様々な人に出会うことが少なくなってしまいますので、人から重要な意見やアドバイスを聞くことができなくなってしまいます。

本を読めば十分だという人たちもいるかもしれませんが、やはり人間から直接多くの言葉を聞くことによって、自分の行動や生活スタイルが成長していくことになるのです。

自分はなかなか外出する気になれないという人も、買い物や飲食店に行くなど少しは動くようにしてみて下さい。

そうするだけで苦しい自分の気持ちも随分と明るく変わっていきますよ。

6:自閉症の病気は動かないことに大きな原因がある

最近では現代人特有の精神病が非常に多くなっていて、自閉症気味の子どもや精神的な病を抱えている子供がたくさんいます。

家の中でずっとゲームばかりしていて、学校に行くこともせず人生の一番重要な時期をゲーム漬けになって生きている子供もたくさんいるのです。

ゲームばかりしていると人間嫌いになってしまい、友達を作ることができず人と調和や協調ができないような人間となってしまうのです。

これでは生きていても本当の楽しみや幸せを感じることは難しくなってくるでしょう。

7:オタクの人も外に出てハイレベルのオタクを目指そう

f:id:yasuisoutarou19:20180912053706j:plain

オタクの人を批判することはありませんが、オタクの人でもきちんと外に出て活動的に行動してください。

自分の専門分野がどんどんと広がっていき新しい可能性に満ち溢れたハイレベルなオタクに生まれ変わる可能性があります。

鉄道オタクの人でも、テレビやパソコンなどで鉄道の写真やブログなどばかり見るだけではなく、外に出て駅に入ってくる新幹線や電車を写真で収めたり駅弁を食べたりする事がとても楽しい人生を送る秘訣となっています。

様々な分野のオタクの人たちも、家の中でじっと閉じこもるばかりではなく、外に出て少しは新鮮な空気を吸いながら自分の趣味に花を咲かせてみてください。

家の中で黙々と作業をするのでは、なくファミリーレストランや公園などで作業をしても全く問題がない趣味もたくさんあります。

オタクの人は少しでも外に出て、本当に幸せな人生を送ってほしいと思います。

まとめ

日本人は、世界的に見ても、家の中に閉じこもってしまう人たちが非常に多い国で、封建社会の影響からか家の文化がとても根強く残っています。

家の中で時間を潰すだけではなく、空いた時間にきちんと外出して新鮮な空気を吸いながら、酸素を思いっきり体内に取り込んで欲しいと思います。

自閉症やうつ病の人もオタクの人も、外出することで今までの自分の人生が大転換していく可能性があります。

もっと楽しい人生を送るためにも、外の世界を知って伸び伸びと自由に生きていきましょう。

追記2018/2/13 私も自閉症で外に出るまで相当苦労した

私も25歳ぐらいから外にほとんど出ず、家の中でゲームばかりしている人間でした。

外出すると何だか家に帰りたくなり、なかなか家から外の世界で楽しむことができなかったのです。

家の中は自分の好きなことが出来、自由を感じることが出来るので、自分の部屋にいると最高の幸せを感じるようになっていました。

ゲームが大好きで、仕事もせずに徹夜をして新作のゲームで遊んでいた人間でしたので、ゲーム以外の楽しみを見つけることが難しかったのです。

そんな私が外に出るきっかけを作ってくれたのが母でした。母がたまに外食しようと私を美味しい飲食店に連れて行ってくれたのです。

また映画を見たり、ドライブをするようになって私の自閉症を相当改善の方向に向かったのです。

今では外出してカフェで仕事したり、映画やドライブを楽しんでいます。また気候の良い日は公園に手作り弁当を持っていって、一人でピクニックをしたりしながらのんびりと楽しんでいますよ。

また私は買い物を全くしない人間でしたが、最近は収入が入ると好きな服を買ったりして、買い物を楽しみながらウインドウショッピングなどもしています。

結局家の中でも楽しいのは悪いことではないのですが。

外の世界にも楽しいことがたくさんあることに気づけるかどうかです。

オタクの趣味ばかり持つのではなく、外に飛び出して楽しみを発見することも必要かもしれませんね。

自閉症の人は、家の中に閉じこもって外の楽しみを放棄しているような感じになります。

少しは外の世界に飛び出して楽しみを見つけてみても良いかもしれませんね。

【追記】自分を閉ざすのは表現できないから

自閉症の病気というものは基本的に自ら主体的に表現活動ができないという症状が出てきます。

自分が言いたいことを我慢したり、自分の欲望を抑えたりすることで自らを自分の心の中に閉じ込めてしまうのです。

これを改善していくには、毎日朝起きた時に自分のやりたいことをきちんと紙に書いて声に出して話すことが大切です。

そしてそれを実際に行動に移し行ってみることが最も大切なことなのですよ。

そんなに難しいことをしなくても良いので、自分にできる簡単なことを紙に書いて話せば良いだけです。

私の場合でしたら今日は昼ご飯にマクドナルドでハンバーガーを食べたいと紙に書いて声に出して話していました。

そしてそれをきちんと実践してマクドナルドに入ってハンバーガーを食べていたのです。

このように自閉症というものは自分の本当の気持ちや思いを隠してしまうことから始まってしまうことですので、きちんと口に出して行動に移すことが重要ですよ。

自分の思いや欲望を隠して生きていっても人生全く楽しくありませんので、死にたいほど苦しくなる前にきちんと自分自身に正直に生きていきましょう。

【追記】カラオケで大声を出せば改善するよ

オタクの人や自閉症の人は家の中にじっと閉じこもったままで外出しない傾向が非常に多いです。

またひとりっきりで孤独で生きている人達も多いので、そのような人は人と話したりおしゃべりをする機会が極度に少ないのです。

この対策方法として、カラオケボックスに行って大声で歌を歌うのが最も効果的に言葉を話す一番の方法です。

私も家で閉じこもりっきりで外出する機会がない時には 、家から10分ぐらいのカラオケボックスに入って2時間ぐらい大声で歌っていました。

そうすると非常に気分がすっきりして爽快な気分で自分の幸福度が一気に上がったのです。

自閉症の人やオタクの人は本当にカラオケボックスに行って一度大声で歌ってみてはいかがですか?

それだけで憂鬱な気持ちは相当解消され、幸せな時間があなたを待っていますよ

精神的に何かを患っている人は音楽を楽しむのが最も効果的であり、症状の改善に一番役に立つものですよ。

音楽療法も本当に存在しているようにぜひ音楽を趣味にしてみてください。