スポンサーリンク

いじめで死にたいほど苦しい人!解決策はありますよ【徹底解説!】

いじめで悩む子供

いじめで死にたいほど苦しんでいませんか?

「いじめで死にたいほど苦しんでいる」

「いじめを誰にも打ち明けることができず死にたい」

この記事はそんな人に向けて書いています。

この記事を読むと。いじめで死にたいと苦しんでいる人が、すぐに助けを求めて苦しみから逃れることが出来ますよ。

あなたの気持ちわかります

本当に、日本という国は外国と比べていじめ問題が多くて嫌になってしまいますね。

私も小学生時代にクラスの友達からいじめられて、つらい経験をしたことがあります。

しかし、中学生からはまったくいじめられることもなく、学生生活を幸せに生きていくことが出来ましたよ。

わたしの経験から書いたこの記事を読めば、いじめ問題で死にたいほど苦しんでいる人が、どのように対処したり行動すればよいかはっきりと分かるようになります。

スポンサーリンク

日本は古くからいじめ文化が根強く残っている

日本という国は非常にいじめ文化が根強く、学校や会社で多くのいじめが日常茶飯事に行われています。

特に子供のいじめというものは非常に深刻化していて、自殺者が出るなど社会問題となっているのです。

登校拒否など多くの問題が山積みになっており、子供が不幸な人生を歩んでる日本社会は世界的に見ても珍しいほど苦しい社会となっているのです。

日本人というものは、社会の中で非常に苦しい労働をしながら家族を支えないといけないという観念が非常に根強く、幸せに生きることが拒否されているかのような教育がまかり通っています。

子供が苦しむ社会は病理的社会

このような社会というものは一緒の病理的な社会で、現代に入って何とかしなければならない緊急の課題となっているのです。

死にたいほど苦しんでいる子どもが非常に多くいて、それを救う方策というものがほとんど学校でも家族でもとられていないのが現状です。

子供が死にたいと感じるということは非常に珍しいほど驚愕の事実で、このような国というものは何とかしてもっと自由で平和的な国に生まれ変わらないといけないと強く実感しています。

子供の幼少期は本当に大切

子供というものは国にとって将来の礎となりますので、子供が幸せな幼少期を送れる国にならないと本当に日本の未来は危ないと思わざるをえません。

もし死にたいほどいじめに会い苦しんでいるならば、何とかしてそれを解決していかないと自分の人生が台無しになってしまいます。

いじめの解決方法は様々ありますが、学校や会社でいじめにあっている場合には、場所を変えることが一番の解決方法になるかもしれません。

環境や場所を変えるのが一番

いじめに耐えて生活していくよりも、学校や会社を変えることでいじめに会う可能性は非常に少なくなってきます。

1つの場所にずっと居続けることは非常に辛いことなので、自分の理想的な居場所を求めて場所を変える考え方は必要かもしれませんね。

私が学生時代の時にもいじめが原因で引っ越しをしている家庭も複数ありました。

子供ならば自分の子供のことを第一優先して、子供が最も理想的な環境に子供を置いてあげることもとても重要だと思います。

いじめる人間も病気だ

いじめる人間というものはどうしてもその行為をやめることが難しいのが一般的ですので、自分では悪くないと思っていても、どうしてもいじめられてしまうという可能性が高くなってくるのです。

いじめる人を批判する気持ちは分かりますが、そのようなことをしてもどうにもならないケースも多発しています。

決して世の中というものは自分の都合の良いように回っていませんので、ぜひ環境や場所変えて新しい人生のスタートを切ることが大切だと思います。

いじめられたら我慢することなくすぐ相談しよう

後は子供たちに言っておきたいのですが、いじめを受けているのを我慢することなくすぐに大人の人に相談することが重要です。

自分でため込んでしまうと最悪の結果になってしまう場合もありますので、すぐに大人の人に相談して助けてもらうようにしてください。

日本人はいじめ文化というものが根強く残っていますので、もし自分がいじめの当事者の場合には、すぐにその方法解決しなければ、非常にに悲惨な結果に終わってしまう場合があります。

自分で何事も解決しようとせず、周りの人にすぐに相談をしてなんとか自分が幸せな人生を送れるようにしないといけませんよ。

全て完璧な人間など存在しない

完璧な人間はいない

人間というものはどうしようもないほどダメな人間で悪い人間も多数います。

このような人を非難して批判しても無駄なことに終わる場合も多いので、決して無謀な行動に出ることなく穏便に事を済ませるのが一番ですよ。

自殺したいほど死にたい気持ちが強いならば、すぐに相談をすることが一番の解決策です。

あなたを助けてくれる人はいくらでも存在しますし、あなたも1人では解決できない問題も多く抱えていると思います。

ぜひ1人ではなく、あなたを助けてくれる人にすぐに話をすることが最も幸せに生きる方法かもしれませんね。

私の小学生時代のいじめの経験

私は小学5年生の時に住んでいた団地から両親が頑張って建てた一軒家に引っ越しをしました。

当然学校も転校して新しい学校に行ったのですが、私は友達を作るのが非常に苦手な人間でなかなか友達ができず困っていました。

そんな時にクラスメイトの暴れん坊の人がいて、その暴れん坊の子供は私にちょっかいを出し始めてきたのです。

私は鉛筆や消しゴムを取られてしまい、それを窓の外から投げられたことが何度もありました。

子供の頃に私はなぜこんなことをするんだろうかと本当に泣きながら悩みましたが、それは私が全くクラスメイトの人とコミュニケーションを取らないことが問題だと薄々子供ながら気づいていました。

自分は友達と仲良くできない人間だと感じていましたので、私は何とかクラスメイトの人と話をしようと頑張ったのです。

なんとか休み時間に話したり遊んだりする友達ができたぐらいの頃から、クラスメイトの暴れん坊が僕をいじめなくなってきました。

やはりコミュニケーション能力が下手な子供というものはどうしてもいじめられる傾向にあるようです。

一人っきりでいることが非常にいじめの問題になりやすく、誰でも良いので休み時間や登下校の時に人と一緒にいるようにするのがベストだと感じています。

あまり目立ちすぎないことも大切ですよ

いじめられる傾向がある子供というものは一人っきりでいて話もしない人が多いと思いますが、その反対で目立っている子供というのもいじめられる可能性はあります。

私の中学生時代の同級生は、非常に女の子に人気がありクラスでも目立っていました。

そうするとある日突然不良グループから呼び出され、学校の校舎のうらで殴られたそうです。

その男の子はしばらく学校に来ず家で死にたいほど苦しんでいると友達が言っていました。

目立つということも当然それなりのリスクがあるので、不良グループなどに目をつけられないようにしなければなりませんね。

芸能人の人でも学生時代から目立っている存在の人が多く、学校の不良グループにいじめられた経験がある人が結構います。

SMAP の木村拓哉なんかも高校時代に不良グループにいじめられていたそうです。

子供と行っても人間関係は非常に難しい部分もありますので、目立ちすぎず一人になりすぎずというスタンスが一番いじめられる可能性は低いと感じています。

あなたも死にたいほどいじめで悩んでいるなら、ぜひこの記事を読んで自分の行動を改めてみてくださいね。

※人間関係に悩んでいるなら以下の記事を参考にしてください

無理して人と付き合わない生き方をすすめる5つの理由【徹底解説!】
あなたは人間嫌いで人とうまく人間関係を作れないのではないですか?無理して人と付き合わない生き方を実践すれば、人生本当に楽になりますよ。この記事ではその方法を徹底解説いたします。
人間関係で死にたい人が楽になる対処法ベスト5【徹底解説するよ!】
生きていることは人間関係を作りながら生活していることです。しかし人間関係で死にたいほど苦しんでいる人は日本にはたくさんいます。この記事では人間関係による苦しみを楽にする対処法をまとめています。人間関係で死にたくなる気持ちを解消しましょう。