▶︎【必見!】お医者さんが教えてくれた「苦しみ」の正体とは?
スポンサーリンク

死ぬ意味は一体何?その事実は衝撃だ【私が臨死体験を語る!】

f:id:yasuisoutarou19:20180912025428g:plain

安井です
安井です
ようこそ私のブログにお越しくださいました。
初めましてブログ治療家の安井です。
私が長年苦しんだ人生の中で、私が気づき分かった楽に自由な人生を送る秘訣を紹介します。
きっとあなたが助かる方法がありますので、人生をあきらめずのんびり生きていきましょう!
記事の最後には誰でも無料で相談にのってくれる一般社団法人を紹介しています。

「死ぬ意味を考え苦しんでいる人」

「なぜ人間は生まれて死んでいくのか悩み苦しんでいる人」

この記事はそんな方に向けて書いています。

この記事を読むと、死ぬということは決して悲しいことではなく、新しい第二の人生がスタートすることが分かりますので、死ぬ意味で悩むことはなくなりますよ。

あなたの気持ちわかります

本当に死ぬということは、人生の最大の悩みであり、よく分からず苦しんでしまいますよね。

私も大学生時代に病気にかかり、死ぬということに関して非常に思い悩みました。

しかし、現在では死ぬことの意味を深く知ることができ、死への悩み苦しみから解放されましたよ。

私の経験から書いたこの記事を読めば、死ぬことがどういうことかはっきりと理解できますので、そんなに死ぬなんて大したことではないと心が楽になりますよ。

それでは私安井のブログ文章での治療を体験ください。本文へどうぞ!

スポンサードサーチ

死ぬことは誰でも怖いこと

死ぬということについて本気で真剣に考えたことはありますか?死ぬという印象は非常に怖いことで恐ろしいことであり、なんだか非常にマイナスのイメージが多くなります。

お年寄りの人でも死にたくないと真剣に考えてる人も多く、死ぬということは何だか地獄の底に落ちていくような考え方になってしまいますよね。

生きているときはあんなに幸せだったのに、死ぬと幸せなことが全く何もない状態になると想像する人も多くいると思います。

スポンサードサーチ

生きていることは肉体を持っていること

私も若い時代には人生が楽しく死にたくないと思ったことはいくらでもあります。

死ぬということは何か絶望的なことであり内心にきていることは幸せだと実感するのが人間の当たり前の感じ方だと思います。

しかし人間は肉体を持っていて現実世界の中で幸せになろうと生きていますが、死ぬということは肉体的なものが消滅することであり、学問的や宗教的に言えば肉体の苦しみやつらさが全く何もなくなる世界ということになります。

安井です
安井です
最後までのんびりとお読みください。リラックス( ・∇・)

死ぬ瞬間は夜眠るのと同じようなこと

基本的に夜眠っているときは肉体はほとんど活動を止めており、半分仮死状態になったような感じで眠っているのです。

これは臨死体験のような感覚で、眠るということは死ぬということと非常に似通ったことなのであります。

では眠っているときに苦しくて辛いですか?そんなことはなく気持ちよく夢でも見ながら眠っていると思います。

スポンサードサーチ

死ぬと夢の世界にレッツゴー

f:id:yasuisoutarou19:20180912025439j:plain

基本的に人間の肉体が活動泊めれば夢の世界のような世界が広がっています。

これが天国や極楽浄土と言われるもので、今までの自分が経験していないような不思議な夢の体験を感じることができます。

よって死ぬということは肉体がなくなることで、その意味は肉体から解放された夢の世界に旅立つということなのであります。

死ぬことにそれほど深く悩む必要はない

死ぬ意味についてあれこれと悩んでいても全くどうしようもないので、眠った後の肉体がほとんどない世界に旅立つものであると考えるのが妥当であると思います。

死ぬことについて不安や悩みが大きい人もいると思いますが、死ぬことの意味に関して悩んでも無駄であると改めて考え直してくださいね。

肉体の世界では考えられないような夢の世界へ旅立つということだと理解して欲しいと思います。

決して怖いことでも苦しいことでもなく、案外楽しいことかもしれません。

安井です
安井です
私は岡山の田舎でネットで生計を立てています。
▶️【記事】私のネットでの仕事内容と収益結果を紹介
※ネットだと自宅で自由に仕事ができます。

スポンサードサーチ

私のてんかん症状の臨死体験

私はうつ病を10年ほど前に患い、その影響でてんかんの症状を併発した時期があります。

その当時はうつの症状で苦しく昼寝をしていると、息が止まり意識がなくなり死んだような状態に何度も陥りました、

その時には死ぬかも知れないと怯えていましたが、実際意識がなくなった状態になった時に、何とも言えない世界を体験したものです。

肉体が意識がなくなり死んだ状態になると、なんと私は体から抜け出し霊的な世界に自分の意志で存在するようになっていたのです。

このてんかんが原因で死んだ状態に何度もなっていましたが、うつの症状が随分と改善された頃からは、臨死体験の症状は影を潜めました。

私は何度もてんかんで死んだことがあるので皆さんに言いたいのですが。意識がなくなる直前は少し苦しくて怖いですが、その後は何も感じず快感の世界へと入っていきます。

そして死んだと思われるその後の世界はまるで楽園のような状態ですよ。

死ぬということは自分の理想郷や楽園に行くようなものかもしれませんね。

死ぬとは永遠の世界で生活すること

私は自分の臨死体験から感じることが出来たのですが、肉体が死ぬということは、肉体に縛られず永遠の世界に旅立つことなのだと思います。

肉体がない状態になったら何も感じないと思う人も多いはず。

しかし実際死んだような状態になると、妙に安心したり心が高揚して快楽を味わったりと、まるで天国のような感覚ですよ。

皆さんも死ぬことの意味を探してこの記事を読んでいると思いますが、実際死ぬとは肉体から抜け出して、何の苦しみもない世界へ旅立つことだと私は理解しています。

だから死ぬことを恐れる必要はなにもないのですよ。

死ぬ意味は新しい自分の存在に気づけることかもしれませんね。