▶︎【必見!】お医者さんが教えてくれた「苦しみ」の正体とは?
スポンサーリンク

死ぬ瞬間とは?死後の世界を信じれば怖くない【恐怖を解消!】

f:id:yasuisoutarou19:20180912025231g:plain

安井です
安井です
ようこそ私のブログにお越しくださいました。
初めましてブログ治療家の安井です。
私が長年苦しんだ人生の中で、私が気づき分かった楽に自由な人生を送る秘訣を紹介します。
きっとあなたが助かる方法がありますので、人生をあきらめずのんびり生きていきましょう!
記事の最後には誰でも無料で相談にのってくれる一般社団法人を紹介しています。

「死ぬことに異常な恐怖を覚えている人」

「死にたいほど苦しく死ぬことばかり考えている人」

この記事はそんな方に向けて書いています。

この記事を読むと、死ぬ瞬間が意外と楽だということが分かり、死への恐怖が薄らいでいきますよ。

あなたの気持ちわかります

本当に人生の中で死ぬということは永遠の苦しい悩みですよね。

私も子供の頃から死への恐怖があり、死にたいと感じることが非常に怖くて恐れを持っていました。

しかし、現在では死ぬ瞬間の悩みや苦しみから解放され、死ぬ事に対して恐怖を抱くことはなくなりましたよ。

私の経験から書いたこの記事を読めば、死ぬことは苦しいことではなく、もっと安らかに死ねることが分かりますので、無意味な悩みから解放されますよ。

それでは私安井のブログ文章での治療を体験ください。本文へどうぞ!

スポンサードサーチ

死ぬ瞬間は誰でも恐ろしい

f:id:yasuisoutarou19:20180917135834j:plain

誰もが死ぬ瞬間というものはどんな感じなのかとても不安で興味深いことであります。

死ぬということはとても怖いことであり、なんだか地獄に落ちてしまうのかと不安に感じる人も多いと思います。

スポンサードサーチ

私も若い頃は精神病を抱えて苦しんでいました

私も若い時は死にたくないと常に思っていました。私は大学生時代から精神病を抱えていて、自律神経失調症の症状が非常にひどくなり、いつも死にたいという苦しみから逃れられないでいました。

その時から死ぬということはどのようなものなのか、非常に不安で仕方がなく、死ぬ瞬間の苦しみというものが鮮明に想像できるほど克明に感じていたのです。

情報をきちんと知ればそんなに怖くない

しかし私は多くの書籍やインターネットでの情報、または死んでいたおじさんおばさんたちの状態を見るたびに、死ぬということはそれほど苦しい事でも辛い事でもないと分かるようになりました。

基本的に毎日夜が来て眠たくなると自然に眠ってしまうように、死ぬ瞬間というものも眠るのと同じだということです。

眠るというのは何も考えず自然に眠ってしまいますので、怖いだとか辛いだとかそんな感じ方はほとんど何も体感しません。

安井です
安井です
最後までのんびりとお読みください。リラックス( ・∇・)

スポンサードサーチ

死ぬ瞬間は寝る瞬間と同じようなもの

f:id:yasuisoutarou19:20180912025246j:plain

これは死ぬということも全く同じであり、死ぬ瞬間というものは何も怖いことは1つもないのです。

まるで夜眠るように死んでいくということで、苦しみも辛さもほとんど何もないです。

病気で苦しみながら死ぬ人はつらいと思いますが、普通の人のように死んでいくのは何も怖い事でもないということがわかりました。

よってあなたが死にたいほど苦しい状態にあり、死ぬということはどのようなことなのかを考えて苦しんでいるならば、死ぬ瞬間というものは何もそれほど怖がることもなく、全く恐ろしい事でも何でもありません。

※死後の世界は必ず存在し自由で幸福な世界があります

人間の体は自然に助かるように出来ている

人間の体は自分が助かるようにできていて、死ぬ瞬間というものはまるで眠っているかのような感覚で過ぎ去っていくものです。

よって慌てる必要も恐れる必要も全く何もないことがわかるでしょう。

要するに普通の人ならば、死ぬということはそれほど大げさなことではなく、自然に眠る時間が多くなり、その後危篤状態になります。

これは別に苦しむわけではなく、少し体調が悪くなり、眠ったまま死ぬということなのですよ。だから絶命するような印象はないので安心してくださいね。

少しだけ苦しいのなら、それは悪い夢を見ているかのようですね。

安井です
安井です
私は岡山の田舎でネットで生計を立てています。
▶️【記事】私のネットでの仕事内容と収益結果を紹介
※ネットだと自宅で自由に仕事ができます。

スポンサードサーチ

死ぬ瞬間の恐怖は信仰心によって解決する

皆さんに宗教を信仰しろというわけではありませんが、宗教は死に関しての様々な疑問や悩みを解決してきた歴史があります。

死後の世界は誰もまだはっきりとは分からないと言われていますが、宗教は死後の世界は天国や極楽浄土が存在すると言っています。

現代人は天国や極楽浄土を信じる人が少ないと言われていますが、単純に言うと夢の世界に旅立つこだと思ってください。

若い間はどうしても現実世界のことばかりに執着してしますので、死後の世界の存在を否定するような人が多いのですが、霊的な世界というものは私の経験から言いますと必ず存在するものです。

だから宗教的な信仰が少しでもあれば、死ぬ瞬間に苦しみ事はないのです。

生きている間は存分に満足して生きよう

死ぬことを考えのは人間として当たり前だと思いますが、生きている間に自分の理想とする生活を送っていくことも大切ですよ。

生きているとは肉体を持っていることであり、その肉体は長くても100年ぐらいで滅びてしまいます。

肉体を持っている間は、その肉体を使って最高に幸せな人生を送るべきだと考えています。

死後の世界は死後の世界の楽しみですので、それはそれで良いものです。

生きている間は、自分の夢や理想に向けて道を進んでいく人生を送りたいものですよね。

私も死後の世界には非常に興味を持っていますが、生きている間は自分の理想とする人生を送れるよう少し頑張ってみることにしています。

死ぬとは永遠の眠りみたいなものだと思っていますので、そんなに怖いものではなく、いまさら悩み苦しんでも無駄だと考えています。

今を精一杯生きて、生まれてきてよかったと実感できるようにしたいものですよね。

私のお爺さんも死後の世界を確信していた

私のお爺さんも5年ほど前に93歳で亡くなりましたが、死ぬ間際に死後の世界と繋がっていて、よくあの世の話をしてくれました。

お爺さんは、起きている間も夢を見ているような世界の中で生きていて、若い時代の友達や両親といつも一緒にいるみたいだと言っていました。

お爺さんはそれまで現実主義者みたいな人間で、神様や仏様などを信じていない人間でしたが、それが死ぬ前に死後の世界を確信したようだったのです。

やはり、宗教心がなくても死後の世界は必ず存在するものですので、死後の世界を体感した人は、死ぬことに関する恐れや迷いはなくなるものだと感じています。

皆さんももし不安なら、スピチュアル系の書籍でも読んでみてください。死ぬ不安を解消できますよ。