スポンサーリンク

死にたいと思ったらこうしろ!体調が回復する8つの方法

気持ち良く生きる男性

気分が良いと幸せだ

「死にたい気持ちを回復させる方法を知りたい」

「毎日が苦しくなんとかして楽になりたい」

この記事はそんな方に向けて書いています。

この記事を読むと、気持ちを回復することで、死にたい苦しみから逃れることができますよ。

死にたいと思うあなたの気持ちわかります

本当にふと突然死にたいなあと感じることがありますよね。

私も幼少期時代から死にたいなあと感じ、いつもどうすることもできない感情に支配されていた経験があります。

しかし、現在では死にたい気持ちの回復方法がありますので、全く苦しむことがなくなりました。

私の経験から書いたこの記事を読めば、死にたい気持ちが簡単な対処法で改善しますので、苦しむことなく楽に生きていくことができますよ。

スポンサーリンク

私の苦しくて辛い人生から抜け出した方法をまとめています

苦しくて辛い人生を解決する方法

人間何かの失敗やトラブルで死にたいと思ってしまうことが結構たくさんあります。

些細なことでも知らない間に心が重荷に耐えきれなくなり、苦しい状況に陥ってしまうことは多々あるのです。

そんな死にたいなあと思ったときに、心が軽くなるオススメの行動があります。

これを知っているか知らないだけで死にたい気持ちというものは相当違ってきますので、ぜひ実践に移して試してみてくださいね。

私が大学生時代から苦しんできた精神病を克服した経験から発見した方法です。

1:とにかく散歩に出てみる

人間は体を動かすと、死にたい気持ちというものが相当楽になりリラックスしますので、なんだか軽やかな気分にリフレッシュできます。

特に自然が素晴らしい場所で散歩行うと、自然と明るい気分になり晴れやかな感覚に立ち戻ることができますよ。私も現在でも1日20分は散歩しています。

散歩することによって肉体的にも心地よい疲れが溜まりますので、夜もぐっすりと快眠を取ることができますよ。

本当に散歩を行うと死にたい気持ちが楽になるよ

2:水のシャワーを浴びてみる

苦しい状態というものは、体温がある程度高くなったときに感じやすくなってきます。

これは苦しくて辛いホルモンがある一定の温度が上昇すれば自然と体の中に出てきますので、これが自然と死にたい気持ちを誘発してしまうのです。

これには肉体の温度を下げれば死にたい気持ちもずいぶんと楽になってきますので、水シャワーを浴びるのがとても効果的です。

私もなんだかうつ状態になったときには、時間に関係なく少し冷たいシャワーを浴びてリフレッシュしています。こうすることでずいぶんと楽になるものですよ。

本当に水シャワーは効果絶大です

3:人と楽しく会話をしてみる

人と楽しく会話する

人間は口がありますのでお話をするのが当たり前にできています。

人とおしゃべりをすることは楽しい時間を過ごす最も効果的な方法で、人とおしゃべりをすることで脳内のドーパミンが出てきて幸せを感じやすくなるのです。

家族や兄弟とお話をして楽しい時間を過ごすのでも良いですし、友達と喫茶店などで軽くおしゃべりをするのも効果的です。

こうすることによって精神的にもずいぶんとリラックスできる、気持ちが随分と楽になることは間違いありません。

おしゃべりはあなたを幸福な気分にしてくれますよ

4:歌を歌ってみる

人間なら歌を聴いて幸せを実感することはとても多いと思いますが、歌は聴くよりも自分で歌ったほうがはるかに開放感がありますよ。

よくお風呂で大声で歌を歌っている人がいますが、これは非常に爽快な気分で最高の喜びを味わっているのです。

私は部屋を締め切ってYouTubeの音楽を聴きながらよく1人でカラオケをしています。

周りの住宅が気になる人はカラオケボックスなどに行って大声で歌を歌ってみてください。

そうすれば精神的に非常に楽しくなり、ストレスの解消に最適ですよ。死にたい気持ちも相当楽になることは間違いありません。

大声でカラオケで死にたい気持ちを発散させよう

5:おいしいもの食べてみる

美味しいものを食べよう

人間は食べ物を食べて生命を生きながらえています。

要するに食事をするということは人間の最大の楽しみの1つで、これほど幸せなことはありませんよ。

自分の大好物の食事を食べることで幸せを実感するようになり、脳の中に快楽ホルモンが出てくるようになります。

そうすると幸せな気分が持続し、死にたい気持ちは一気に解消すると思いますよ。

私も1週間に1回は外食をして自分の大好物のカツ丼を食べています。これが私の最高の幸せの1つとなっています。

食事が美味しく食べれない人はぜひ以下の記事を読んでください

6:自慰行為をしてみる

自慰行為をするということは、日本人としたら恥ずかしい行為の1つかもしれませんが、性欲が溜まるということは非常に苦しい状態に体が変化してしまいます。

若い人間ならば1週間に1度は自慰行為をしないとうつ状態となってしまい、幸せな人生を送れなくなってしまいます。

性欲は溜まってしまいますと外に出さないと自分を苦しめる原因ともなりますので、是非苦しい状態であるならば自慰行為を普通にするのがオススメであります。

何も恥ずかしいことではありませんので健康的な人間としてぜひ実践してみてください。

あなたが苦しんでいるのは性欲が原因の可能性がありますよ

7:プライベートで楽しい趣味に没頭する

学校や仕事など社会的なことはストレスがかかることが非常に多く、なかなか幸福を味わうことがでいない人もいます。

そんな人は趣味の世界を大切にして、プライベートで楽しく生きる生き方もありますよね。

私も映画を見たり、音楽を聴いたりするのが趣味ですので、社会の苦しみを忘れて楽しいことばかりをプライベートで満喫しています。

プライベートを楽しめば死にたい気持ちは楽になりますよ

8:自分の気持ちや意見を人に聞いてもらう

人間というものは、自分の気持ちや意見を人に伝えることで精神の安定を図っています。

苦しくてどうしようもない人は人に話さない人が多く、自分の思いや気持ちを内面に抱えてしまって蓋をしている人が多いのです。

なんでも自分の内面にたまってしまう苦しみなどは、外に出すことで気分が晴れやかにになります。

あなたが人に言えないような悩みを抱えている場合には、絶対にそれを聞いてくれる人間が必要になります。

もしそのような人が誰もいない場合には、病院の心療内科の先生などはどうでしょうか?

私も心療内科に通っていて、先生に自分の意見や考えなどを話しています。

会話療法ですが、自分の気持ちや想いを伝えるだけでも死にたい気持ちは随分と解消されていきますよ。

ぜひ試してみてくださいね。

人と会話すれば楽になる理由を解説しています

欲望を発散させないと死にたいなぁと感じてしまう

欲望を発散させよう

人間というものは、欲望の基づいて行動するようにできていますので、欲望がないと何もしない人生になってしまいます。

女性と付き合ったり、結婚したり美味しいものを食べたり、楽しいことをしたりするということは、欲望があるからできるわけです。

その欲望というものを押し殺して、体の中にとどめてしまうと当然肉体はもがき苦しむことになります。

適度に欲望を発散させる生活習慣を身につけることが、死にたいなあと思う気持ちを抑える最高の方法ですよ。

私もどちらかというと子供の頃から欲望を抑えて生活していましたので、いつも気持ちがマイナスに動いていました。

皆さんもある程度常識的な範囲で欲望を発散させて生きてくださいね。

死にたいなぁと感じる場合には、それは自分の欲望が表に表現することができず、自分自身で苦しんでいるということです。

もっと自分自身に正直になることで苦しみを緩和することができるようになりますよ。

死にたいなぁと思った場合には、すぐに欲望の発散を試みてくださいね。

そうすればイライラや辛さなどは案外すぐに消えてなくなりますよ。

死にたいと思ったら基本自分に正直に生きてみよう

人生死にたいと感じる人が後を絶たず、そのような人は自分をごまかして、だまして生きている人が非常に多いのです。

自分らしく生きていけない人は、社会的や人間関係的に偽りの自分で生きているのです。

本来人間というものは、自分に正直に生きれば不幸な人生を送ることは極端に少なくなります。

私も大学生時代にそうだったのですが、自分のやりたくないことをして、自分らしく生きれないというのは不幸そのものです。

本来の自分自身の望みや欲望を知っている人は自分しかいません。

だから本来の自分自身を取り戻して幸せを掴むには、人に影響されてばかりの自分ではダメなのです。

私はこれを知るまで人生30年近くかかりました。

本当の自分の望む自分が自立した人生を送るには、人と比べることなく自分の本来のやりたいことをやらないとダメです。

死にたいと思ったら、素直に人の影響を受けることなく、自分のやりたいことを優先して生きるのがベストです。

今までの自分を振り返り行動を変えろ

過去を振り返って反省しよう

死にたい時に自分自身を完全に否定する人たちが非常に多いですが、自分を完全否定するのは絶対にやめてくださいね。

人間というのは生まれてきてからの家庭環境や、自分が今まで辿ってきた道の中で何か重大な間違いを犯している場合があります。

過去の自分を振り返ってみた時に、自分の苦しみや悩みの原因が必ず潜んでいます。

その原因を取り除くことによって、随分と現在の自分が楽になることは間違いないのですよ。

苦しくてどうしようもないと永遠と悩み続けるのではなく、必ずその苦しみの原因は過去を遡って特定しなければなりません。

それが社会的なことであるか人間的なことであるかわかりませんが、その原因の特定ができれば対処のしようがいくらでも出てきます。

私の場合も死にたい時に自分を振り返り、その原因は人間関係と仕事のことが全てでした。

両親との人間関係や友達との人間関係など、人間関係が原因で悩んでいる場合が非常にたくさんありますよね。

後はお金を稼いで社会人として生きていくことに対して多くの悩みを持っていると思います。

これらの悩みや苦しみを解決することによって、あなたの今の現状は随分と楽になるはずです。

死にたい時は自分の欲望や理想かな、かけ離れた生活をしている場合が多くそれが苦しみの原因になっています。

お金の事や人間関係のことで悩むのは、自分の本当の理想とする人生が歩めていないからです。

死にたい時には自分の理想や夢を諦めるのか、実現するのかはっきりと決断することが重要ですよ。

私も自分には無理だと思った夢は諦めてきました。

しかし、自分でできると思ったことは徹底的に追及しましたよ。

どのように解決するのかは以下の記事を参照にしてくださいね。

まとめ

死にたいなあと思ってもそれを減少させる方法はいくらでもあります。少しの行動でいくらでも楽な気持ちになりますので、ぜひ実践してみてくださいね。

当たり前のようですが、なかなか死にたいほど苦しんでる人はこの基本のことを忘れている人が多いです。

ぜひ死にたいと思ったら少しでも楽な気持ちで人生を楽しんできてください。

※死にたくなったら以下の記事を読むと楽になりますよ