▶︎【必見!】お医者さんが教えてくれた「苦しみ」の正体とは?
スポンサーリンク

劣等感で死にたい人!こうすれば案外楽になるよ【徹底解説するよ!】

f:id:yasuisoutarou19:20180912053331g:plain

安井です
安井です
ようこそ私のブログにお越しくださいました。
初めましてブログ治療家の安井です。
私が長年苦しんだ人生の中で、私が気づき分かった楽に自由な人生を送る秘訣を紹介します。
きっとあなたが助かる方法がありますので、人生をあきらめずのんびり生きていきましょう!
記事の最後には誰でも無料で相談にのってくれる一般社団法人を紹介しています。

「劣等感を持ち苦しんでいる人」

「なんとか劣等感を克服して自信をもって生きていきたい人」

この記事はそんな方に向けて書いています。

この記事の内容は以下のとおりです。

この記事を読むと、劣等感で悩み苦しむことが馬鹿らしくなり、自分に素直に幸せに生きていけますよ。

あなたの気持ち分かります

本当に人間というのは比べたがる動物で、すぐに人と比べて死にたいほど苦しんでしまいますよね。

私も肉体の部分で劣等感があり、女性にモテないことを友達と比較して苦しんでいました。

しかし、現在では自分は自分であり人は人であることに気づき、劣等感の世界から抜け出すことが出来ています。

私の経験から書いたこの記事を読めば、あなたも私のように人と比較しない人生を送り、幸せな毎日を実感できるはずですよ。

それでは私の文章でのブログ治療を体験ください。本文へどうぞ!

スポンサードサーチ

人間は他人と比べたがる動物

f:id:yasuisoutarou19:20180912053343j:plain

人間というものは、当たり前に他人と比べて自分がどのような人間か自覚している動物であります。

他人が自分よりもレベルが低ければ自分がレベルが高いと思っていて、そのような人間関係の中でもがき苦しみながら生きているのです。

人と比べる生き方をしていれば、当然一生上下関係の世界で生きていかなければならず、劣等感を当たり前に持ちながら人生を生きなければならないのです。

このような生き方をしている人は精神的に病んでしまって、死にたいと感じる人がとても多くなっています。

自殺をする人などは劣等感が原因で自分がダメと思ってしまい、それが原因で死んでしまう可能性もあるのです。

このまとめ記事では、劣等感を持って死にたいほど苦しんでる生きている人に為になる言葉をまとめています。

ぜひこれから幸せな人生を送るためにも是非心に留めておいてください。

スポンサードサーチ

1:自分は自分で人は人だと納得する

人間というものが個人の人格を持って生まれてきていますので、自分というものがこの広い世の中でたった1人しか存在しません。

よって自分は自分で、他人は他人であるということです。

自分が持っている価値観や考え方は人とは全く違っていても当たり前ですので、それで苦しむ必要は全くありません。

他人が自分よりも優れていても、自分が他人よりも優れている点もありますので、劣等感などを持つ必要は全くないといえます。

あまり人と比べることもなく自分らしく生きていくことが正解の生き方だと思いますよ。

安井です
安井です
最後までのんびりとお読みください。リラックス( ・∇・)

2:自分の幸せは自分にしかわからない

他人というものは自分のことをよく理解してくれていると思っても、ほとんど自分のことは5パーセントほどしか知りません。

自分の本当の欲望や望みなどは全く誰にも知られることもなく、自分の心のそこで抱えている人たちがほとんどです。

人間は社会的な生き物ですが、社会で自分の好き放題に生きていくことはできませんので、人間関係でも自分の欲望を全て満たすことは非常に難しいのが当たり前です。

よって自分が本当に求めているものが自分にしか分からないと割り切って生きていくことが重要です。

本当の自分に戻って自分らしく生きていくには、人間関係をある程度セーブしないと難しいですね。

人に合わせてばかりの人生では本当の自分らしさを表面に出すことは難しいと言わざるを得ません。

スポンサードサーチ

3:人は自分自身の個性や性格を持って当たり前

f:id:yasuisoutarou19:20180912053356j:plain

人は生まれて来てから様々な家庭環境や地域の環境、学校の環境なので全く違った人間へと成長していきます。

全く同じ人間は世の中に1人としていませんので、人と違った個性や性格を持っていたとしても、全く劣等感を感じる必要はないのです。

世の中には様々な人種の人がいて、違った文化や生き方をしているのです。

他人が羨ましいと思う劣等感を持ってしまうことはある程度はしょうがありませんが、自分という人間は自分1人だけなのだと確信して、自分の個性や人格をマイナスに思うことを止めましょう。

安井です
安井です
私は岡山の田舎でネットで生計を立てています。
▶️【記事】私のネットでの仕事内容と収益結果を紹介
※ネットだと自宅で自由に仕事ができます。

4:日本人は1億人以上の人がいて自分よりすごい人はいくらでもいる

多くの人は他人よりも勝ってやろうと思い、一生懸命努力して頑張っています。確かに努力をすれば多くのお金も手に入りますし、幸せな人生を送ることだってできますよ。

しかし人にはいろいろな生き方があって、日本人は約1億3千万人の人がいると言われています。

これだけ多くの人がいるのですから、自分よりもレベルが高い人や素晴らしい人、高尚な人はいくらでもいるのですよ。

よって人よりも自分が劣っているからといって何も劣等感を持つことは馬鹿げていると思います。

自分は本当の自分であって、他人と比較して虐げられる必要はありません。自分はどんな自分でも世の中に1人だけであって尊い人間なんですよ。

スポンサードサーチ

5:自分の分にあった生活をするのが最も楽です

どうしても生きていれば欲深い人間になってしまい、自分の分に不相応な欲望を持って生きることになります。

自分には出来ないことや、自分ではなれないものに夢や理想を重ねてしまい、どうしても自分がだめな人間であると感じるようになってしまいます。

自分という人間は、自分の分に応じて生きることがとても楽に生きていく方法でありますので、それほど背伸びをして無理して努力する必要ありません。

自分ができることをそれなりに頑張って、それなりの結果を出して生きていけばそれで良いと思いますよ。

自分はすごい人間だとか何でも出来る人間だとか、自分のハードルを上げることはを止めにしてください。

そうすれば無理して努力することもないので自由で伸び伸びとリラックスして生きていくことができます。

劣等感はお金を稼ぐことで解決する場合もある

f:id:yasuisoutarou19:20180912053406j:plain

私も大学時代に散々遊びまくった挙句、結局大学を留年して最終的には中退をしてしまいました。

その当時は就職氷河期でありましたので、就職できる会社が非常に少なく、私は親のコネを使ってあるひとつの会社に就職しました。

しかし労働環境が最悪だったその会社で働いていると、精神的ストレスがあまりにも大きく私は2ヶ月で退職してしまったのです。

それから私は劣等感を抱くようになり非常に辛い人生を送らなければいけないと感じていました。

そんな時にインターネットで見つけたある無料電子書籍を読んで私の考え方は一変したのです。

私は劣等感の塊でしたので、なんとかお金儲けで友達や家族がびっくりするような成功を掴んでやろうと考えていました。

その無料電子書籍には自由な世界で会社に縛られずお金を稼げる方法が載っていました。

今感じている死にたいほどの劣等感を解消するには、パソコンでお金を稼いで多くの人たちを見返してやろうと言うことです。

現在では友達や親戚の人が憧れるような成功を掴みました。

私のように優越感を持ちながら自由を手にしてお金を稼いでみてください。

自分には短所もあれば長所もあるのは当たり前

人間というものは得意なこともあれば苦手なものもあります。

これは大統領だろうが天皇であろうが、王様であろうが、セレブであろうが皆んな同じです。

だから自分が人より劣っている部分があろうが、そんなの当たり前に事ですので別に気にかける必要はそれほどありません。

学生時代にも勉強だけができる人や、スポーツのみができる人など実に様々なタイプの人がいたと思います。

私達の世代やファミリーコンピューターやプレイステーションのゲームの世代ですので、勉強もできずスポーツも出来ない人でも、ゲームが得意ならヒーローになっていました。

よって自分が勉強ができない、仕事が出来ないからと言ってそれで劣等感を持つことは良くないですよ。

あなたにも人ができない得意なものがあるはずですので、それを優越感に変えて生きていくことが重要です。

私もサラリーマンなどをして多くのお金を稼ぐことは苦手な人間ですが、ブログなどの文章を書くのが好きなので、それを長所として生きています。

あなたも死にたいほど劣等感で苦しんでいるなら、考え方を変えればいくらでも幸せに生きることは可能です。

自分の好きなこと得意なことだけで生活を組み立てる

f:id:yasuisoutarou19:20180912053416j:plain

人間は何かの原因で、自分の苦手なことや不得意なことをやらなければいけない場合があります。

それは自分にとって最悪のことであり、ぜひとも避けたいことですよね。

学校や会社に入ると、自分がやりたくないことばかりをやらなければいけに状況となり、どうしても苦しい人生を歩んでしまいます。

それが最終的に劣等感を感じる状態を作り出し、不幸な毎日を送ってしまうのです。

特に仕事というものは、人がやりたくないことをやることでお金をもらっている部分がありますので、何とか仕事の問題を解決しないといけませんね。

私が助言したいことは、お金があまり稼げなくても良いので、自分のやりたい好きな仕事を選択するのがベストです。

私の場合はブログを書いてお金を稼いでいますが、15万円ほどの収入ですので、普通のサラリーマンよりは稼げていません。

でも好きなことですので、苦しい思いや劣等感などは全く感じず仕事が出来ています。

皆さんもぜひ、自分の好きなことを見つけてそれを仕事にできるように今から頑張ってくださいね。

まとめ

人間というものは、どうしても普通に生きていれば社会の中で他人と比較してしまい苦しい人生を送ってしまいます。

死にたいと苦しんでる人も非常に多く、人と比較をすることやめてもっと自由に生きなければなりません。

人間は考え方1つ次第でいくらでも幸せに生きることができますので、ぜひ劣等感を持たずにもっと自分らしく自分らしさを求めて生きていきましょう。