▶︎【必見!】お医者さんが教えてくれた「苦しみ」の正体とは?
スポンサーリンク

楽に死ぬにはどんな方法がある?馬鹿げてるよ【死にたいですか?】

f:id:yasuisoutarou19:20180912032021g:plain

こんにちは、安井です。

死にたい気持ちを長年抱えていましたが、見事復活の人生を歩んでいます。

>>参考:【波乱万丈】地獄の人生から楽園に到着した安井のプロフィールです!

「いつも死ぬことばかり考えて辛い」

「人生が辛く苦しくて楽に死にたい」

この記事はそんな方に向けて書いています。

この記事を読むと、楽に死にたいと苦しんでいる人が、生きることの楽しさと幸せを知ることができますので、残りの人生幸福な生き方をすることができます。

あなたの気持ちわかります

本当に死にたくてたまらなくなり、楽に死にたいと考えるのはとても苦しいことですよね。

私も大学時代に大病を患い、ビルの屋上から飛び降りて死にたいと考えることがありました。

しかし、現在では生きることが楽しいことだと分かり、毎日幸せに生きることができるようになりました。

私の経験から書いたこの記事を読めば、楽に死ぬなんて馬鹿らしくなり、今日から存分に楽しんで生きてやろうと思いますよ。

それでは私安井のブログ文章での治療を体験ください。本文へどうぞ!

スポンサードサーチ

現代人は無益なことで疲労している

現代の日本は競争社会の中に突入しており、勉強することもお金を稼ぐことも非常に厳しい競争の世界で成り立っています。

基本的に人間というものは衣食住が整っていればそれが幸せであるとを昔から言われていました。

しかし現在の時代というものは、あり余る物質とお金に支配されていて、人間は本当の心の自由を味わうことを拒否しているかの様な人生を生きています。

人間は自然体でいるときに本来の幸せを感じる生き物ですので、物質文明の中で本当の悦びを見失っているかもしれません。

スポンサードサーチ

楽に死にたいなんて本当にそんなこと考えているのですか?

よく若い人で自殺をしたい人たちが非常に増えてきていますが、それは日本の社会の闇の部分を感じているからに他なりません。

本当は人間というものは肉体を持って生まれてきて、その肉体を使って様々な幸せを追求していくのが理想的な生き方ですので、楽に死にたいなんて考えることは本当にもったいないと思っています。

楽に死にたいと思っている多くの若者は、生きていることが苦痛であると感じているようですね。

それは自律神経が狂っている証拠であり、きちんとした自然体の生活を取り戻すことができれば人間はいくらでも幸せな人生を歩むことができるのですよ。

このまとめ記事では死にたい欲望を持っている人に、本当の人間の幸せを知ってもらいたいと思いまとめました。是非参考にしてください。

参考に以下の記事をどうぞ!

※この記事を読むと死にたい人が幸福に生きる方法が分かりますよ

www.ikiyou.com

1:肉体は使い方次第で喜びと幸せをもたらしてくれる

人間は赤ちゃんとして生まれてきますので、当然肉体を持ってこの世の中を生きていくことになります。肉体というものは基本的には幸せになるようにできていますよ。

お腹が減った時には美味しい料理を食べることが当たり前であります。苦しくて辛い時にはゆっくりと休んで休養することで幸せを感じています。

このように肉体の使い方次第で、人間はいくらでも自由で幸せな人生を歩むことができることは間違いありません。

死にたいと思っているあなたは、この当たり前の人間的な性質を感じることができていないからです。世の中には肉体を使うことで楽しめることはいくらでも存在します。

死んでしまいはそれが出来なくなってしまいますのでもったいないと思いませんか?

スポンサードサーチ

2:人間わずか80年の人生なので好きなことをして生きてみませんか?

人間というものは生まれてきて約80年間生きるとされています。日本人は長寿の国ですので100歳まで生きる人がいるほど長生きができますよ。

このわずか80年間の時間の中で、苦しいことや嫌なことをたくさんすることは不幸なことです。

せっかく生まれてきたのですから、この80年間の人生を思う存分好きなことをして生きても全く問題ありません

他人に迷惑をかけることはやめた方が宜しいですが、しかしある程度人に迷惑をかけない好きな事をいくらしたって誰も怒る人はいませんよ。

3:嫌なことを徹底的にしない生き方を模索してみる

私の人生は若い頃は非常に辛い人生で、死にたいほどの苦しみを味わったことも何度もあります。

精神的に疲弊していたので、死にたいほど苦しい悩みは問題を多く抱えていました。その時に私がしたことは嫌なことを徹底的にしないという生き方です。

嫌なことを止めると、今まで感じていた苦しみは悩みがすべてなくなっていく様な感覚になりました。私はサラリーマンとして働いていたので、私は思い切って仕事を辞めたのです。

現在はインターネットで生計を立てていますので、仕事をやめて私にとって非常に大正解でした。

自分のやりたい形で人生を形作っていくことは非常に重要なことです。嫌なことだらけの人生を歩むなんて本当に不幸をそのものですよ。

参考に以下の記事をどうぞ!

※この記事を読むと苦しい人生ではなく楽しい人生を送ることができますよ

www.ikiyou.com

スポンサードサーチ

4:一度全てをゼロに戻してリフレッシュする

人生というものは、今までの人生がどれだけ死にたいほど苦しい人生でも、新しくゼロからリフレッシュすることはいくらでもできます。

今行なっている仕事が自分にとって非常に苦しいことであり、自分の人生を台無しにすることだと思えば、新しい仕事に就く選択肢を持つことも出来るのですよ。

人生というものはいつからでも思い立った時にやり直すことが可能です。今までやっていたことを止めて、新しく自分が幸せになることを行えばいくらでも幸せを手に入れることは可能です。

後戻りするのではなく、新しくゼロから人生をやり直していく気持ちを持てば、いくらだって幸せをつかむことができると思いませんか

参考に以下の記事をどうぞ!

※この記事を読むと人生再スタートして幸せに楽に行きつことができますよ

www.ikiyou.com

5:あなたの本当のやりたいことは何ですか?

f:id:yasuisoutarou19:20180912032035j:plain

まずはあなたが本当にやりたいことをゆっくりと考えてみてください。焦って考えてしまうとどうしても最良の選択ができない恐れがありますので、是非一人になってリラックスして考えてみることがとても重要です。

そうすると本当はこんなことしなくても良い事を行っていて、苦しんでいる場合もたくさんありますよ。本当に自分がやりたいことをやり、幸せな人生を歩むことは実際出来なくありません

自分次第でいくらでも幸福を掴むことは可能だという事を頭の中でしっかりと認識してくださいね。 まずは自分のやりたいことを徹底的に調べていきましょう。

そうすれば自ずからどんな人生を送ればよいか答えが出ると思います。

まとめ

人間というものはなぜこれほど死にたいほど辛い人生を歩まないといけないのか甚だ疑問であります。

動物を見ていると本当に自然の中で幸せに生きていることを実感できると思います。人間というものは無駄なことに囲まれて無駄なことを求めることで、非常に苦しい人生を歩んでいると想像できますよね。

楽に死ぬのはどうすれば良いか悩み苦しむよりも、もっと人間として幸せな人生を歩む決断をしてみてください。

死んでしまうよりはもっと楽しい人生があなたを待っています。その扉を開くのは自分自身の行動力と決断力です。

今までの自分をゼロにしてでも、新しい自分を探してみて下さい。そうすればあなたはいくらでも自由な幸福な世界へと旅立っていきますよ 。

参考に以下の記事をどうぞ!

※この記事を読むと生きる意味が理解でき人生楽しく生きれますよ

www.ikiyou.com

苦しいことを止めて生きていくことを模索しよう!

人間は楽に死ぬ方法を考えるほど他の生物と違って変な生き物です。

他の生物は生存本能により生き残ることばかりを考えているのですが、人間はなぜそんなに楽に死にたいと思うのでしょうか?

それは人間社会というのが複雑で、精神的に苦しく追いついて行かないからです。

楽に死ぬことが出来れば、現在の苦しみから逃れられると思っているのだと思います。それならば思いきって、現在の苦しいことを止めてみてはいかがでしょうか?

死ぬぐらいなら苦しいことを止めれば良いのです。

本当に自分が死にたいほど苦しいのなら、仕事も勉強も直ちに止めてしまっても誰もあなたの責める人はいないと思います。

日本の社会は苦しい社会として世界的にも有名ですが、もっと日本人は勉強にも仕事にもゆとりを持って生きても良いのではないのでしょうか?

そんなに大金持ちになる必要もないと思いますし、世界的にも最高レベルの生活を送る必要もないですよ。

もっと心の余裕を持って人生を時間的にも豊かに生きることが必要ですね。苦しくて悩んでいる人はぜひ苦しいことを止めてみてください。

そうすれば案外日本でも楽に幸せに生きていけますよ。

安楽死を思う気持ちを今に活かそう

人間死にたいほど苦しい状況になったら、体が自然と楽になりたいと動き出します。

その気持が、楽に死にたいという欲望に変化して自殺を図る人があとをたちません。

私も学生時代にうつ病を患ってしまい、死にたくてたまらない状況に遭遇しましたが、それでも死ぬことを思いとどまり現在の自分がいます。

私の場合はビルの屋上から飛び降りたら安楽死できるかもといつも思っていました。

でも安楽死するぐらいならば、今からでも人がびっくりするほどに楽に生きてやろうと思いませんか?

私は現在岡山の田舎で月5万円ほどの生活費でのんびり道楽生活を送っています。

死んだら楽になると思っているなら、生きている時に楽に生きてやろうと思うことも大切ですよ。

現実世界をあまり考えすぎる必要はありません

現実世界は非常に厳しく辛いと考える人もいると思いますが、現実世界ばかりで生きていく必要はないのです。

私の場合は音楽と小説が好きなので、暇な時間はほとんど音楽と小説の世界の中で生きています。

私は自宅で仕事をしているので、仕事時間は2時間ほどです。パソコンで仕事をしながらのんびりと田舎で生きています。

だから暇な時間がたくさんありますので、ほとんど現実世界と皆無の人生を送っているのです。

皆さんももし私のように月5万円ほどの生活費で生きていきたいのならば、以下の無料の電子書籍を読んでみてください。

私もこの無料電子書籍で今までの生き方を180度変えました。

>>>【無料電子書籍】自由な人生を手に入れる教科書

社会に出てサラリーマンやOLとして働く必要は全く無いのですよ。

もっと人生自由に生きていくことが出来るのです。

私みたいに現実社会の中から離れて、自分の好きな世界を作りながら生きていく道もあるのだと知ってほしいと思います。

参考に以下の記事をどうぞ!

※この記事を読むと自宅でネットで生活費を稼ぐことができますよ

www.ikiyou.com

www.ikiyou.com