死にたい人に読んで欲しいブログ

人間生きていたら死にたいと感じることありますよね。このブログでは自殺願望、病気、いじめで苦しみ死にたい人に向けて死に関する私の考え方を紹介します。




【助かる!】死にたくなった時に私を救った人生を変えた魔法の言葉ベスト5


Amazon1位 とにかくこれ読んでみて!田舎の自宅でお金稼げるよ!


ブログ治療家安井
私はこの無料電子書籍を読んで社会から離れて自由に生きていけました!今の人生に苦しんでいるなら読むべし!️

f:id:yasuisoutarou19:20180605123637p:plain


(この記事は2018年の4月7日に更新しました)

 

f:id:yasuisoutarou19:20180305101722g:plain

 

「なぜか毎日死にたいと感じることがあるひと」

 

「死にたくてその解決方法が分からない人」

 

この記事はそんな方に向けて書いています。

 

この記事を読むと、死にたい気持ちを言葉の力で楽な気持ちへと変化させることができ、ずいぶんと気持ちが楽になっていきますよ。

 

あなたの気持ちわかります

 

本当に人生を生きていると苦しいことや辛いことがたくさんあり、どうしても死にたく感じてしまう人も多いはず。

 

私も、若い時期はいつも死にたいと感じやすい人間であり、その解決方法が分からず長い間一人で苦しんでいました。

 

しかし、現在では人生幸せであり、若い時とは考えられないほど楽になりました。

 

私の経験から書いたこの記事を読めば、生きる目的はそれぞれあり、頑張って生きるだけが人生ではなく、もっと気楽に生きることが必要だと納得できますよ。

 

それでは私安井のブログ文章での治療を体験ください。本文へどうぞ!

 

 

人生というものは辛くて苦しい時も当たり前に存在します

 

人生生きているとどうしても苦しいことや辛いことがたくさん起こってしまいますよね。

 

私もそうでしたが、特に若い世代の人たちは多くの悩みや苦しみを持っていて当たり前だと思います。

 

将来何になるのか?どんな仕事をするのか多くの人は悩み苦しみますし、異性問題に関しても様々な悩みを持っています。

 

このように人間とは悩める動物たと言われているように、人生の中で死にたいほど苦しい状況が続く人もたくさん存在しますよ。

 

私の場合は大学生時代に将来の就職のことや自分のやりたいことで多くの悩みを持っていました。

 

私の場合は大学を中退してフリーランスで生きていく道を選択しましたが、それまでには多くの苦悩がありましたよ。

 

エリートコースで大企業のサラリーマンになることを約束されていた私ですが、親の反対を押し切り自分の道を選択しました。

 

私は親の期待を一身に背負っていましたので、親の期待を裏切ることになりうつ病になるほど苦しんだのです。

 

そんな時に私が助けられた言葉があります。お医者さんに通ってもなかなか症状が良くならず、私は本当に死ぬほど苦しい時期を経験しましたよ。

 

是非皆さんとその魔法の言葉を共有したいと思っています。

 

1:人は無駄なことで苦しんでいる場合がほとんどです

 

人間というものは必要なことは衣食住の確保であり、それ以外のことはほとんど必要のないものと割り切ることです。そう考えると人間とは必要ではないことで悩み苦しんでいる生き物だと自覚することができると思いますよ。

 

そのような必要ではないことで悩み苦しむ人生を送るのは、非常にもったいない話ですので、無駄な悩みを持たないようにあっさりと考えていくことが重要ですよ。

 

2:不必要な人間関係を持てばそれだけ悩みが増大する

 

人間とは人間同士で支え合いながら生きている動物ではありますが、多くの人たちは自分に不必要な人間関係を持ち、それで死にたいほど苦しんでる人もたくさんいるのです。

 

自分に本当に必要な人間関係とはどのような関係なのか、しっかりと考えた上で人と付き合うことをお勧めします。

 

自分にマイナスになるような人間関係を持つということは、非常に馬鹿らしいことでありますので、本当に自分にメリットがある人間関係を大切にして生きることが重要ですよ

 

3:すごい人になろうだとか偉い人になろうだとかそんなことどうでも良い

 

日本人は外国の人たちと比べてすごい人や偉い人になろうと一生懸命頑張っている人たちがとても多くいる国です。

 

しかしそんなにすごい人にならなくても、人間というものは十分幸せに生きていくことができることを覚えておいて下さい。

 

私も幼少期からエリート街道で生活していましたので、将来はすごい人にならないといけないと非常に重荷と負担を背負わされていました。

 

私は大学時代からこれに逆らって生きていましたので、なんとか本当の自分を取り戻すことはできましたが、学生時代は本当に苦しい人生でしたよ。

 

4:人の期待を考えず自分らしい生き方を選択してみる

 

日本という国は家族をとても大切にする国であり、家族の期待を一身に背負って一生懸命頑張っている人達が非常に多いと言われています。

 

欧米の国では個人主義が当たり前で、自分のやりたいことや理想の生活を追求していく人生を歩む人が多いのです。

 

もし自分が家族などの期待を背負って生きているのならば、それは本当の自分がやりたいことではないのかもしれませんね

 

そんな時には本当の自分に立ち戻って本当の自分のやりたい人生を送る決意をすることが重要です。

 

5:とにかく人と比較をするな

 

f:id:yasuisoutarou19:20180326063645j:plain

 

また日本人は世間体を非常に気にする民族であり、人と比べて自分の優位性を確認する癖を持っています。

 

このような人というものはとても苦しい人生を送りやすく、挫折感や失望感を感じやすくなってしまいますよ。

 

人と違っていてもそれが当たり前だと認識できるような、広い観点での視野を持つ必要があるのではないでしょうか?

 

世界には70億人の人がいてみんなそれぞれ個性を持って生きています。人と比べて自分をダメな人間だと感じる必要はないのかもしれませんよ。

  

www.ikiyou.com

 

まとめ

 

やはり人間というものは、死にたいほど苦しい時期を経験する人はそれなりに多いと感じています。

 

私も若い時代には悩み苦しい人生を送っていましたので、その気持ちはよくわかります。

 

しかし、人生というものはいくらでもやり直しがきくものでありますので、本当の自分のやりたいことをやって人生を幸福な人生と変化さすことも十分できるということです。

 

もしあなたが死にたくなった時が来ましたら、是非自分の本当の欲望や想いに基づいた行動をとるように努力してみてください。

 

自分を隠したまま生きていくなんて本当に辛いだけですよ。あなたは今日からでも本当の自分らしく生きることができるとぜひ知って欲しいです 。

 

死にたくなった時はまずは自分の幸せを考えろ

 

よく日本人は人間関係によって幸せに生きていくものだと教育されてきましたが、それは正解のようで間違ってもいます。

 

結論から言いますと、まずは自分の幸せを優先するべきであり、自分が幸せでないなら他人の幸せは後回しにしろということです。

 

日本人の中にはこの当たり前の考え方が出来ていない人が多く、自分が不幸なのに人のために一生懸命頑張りすぎている人が多いのです。

 

私も幼少期の頃から自分が幸せでもないのに、両親のために一生懸命勉強はスポーツを頑張らなければいけないと感じていて、それが不幸の源になっていたようです。

 

皆さんも死にたくなった時には自分の幸せを優先できる人間になってくださいね。

 

人間関係が苦しみの70%近くを作り出す

 

死にたいと感じる人は、自分の思ったとおりに行きていない場合が非常に多く、それは人間関係に顕著に現れます。

 

人間関係を自分の理想通りに作っている人は良いのですが、自分が嫌いだったり嫌な人間関係の中で生きていると、次第に不幸を感じるようになってきます。

 

人間関係はどうしようもないと考える社会人の人もいると思いますが、嫌いな人間関係は適当にしておけばいいので、力を入れるのは自分が幸せを感じる人間関係です。

 

私の場合などは、友達は1人もいませんし、ほとんど家族とだけ付き合っている状態です。

 

1人でいるとなんでも自由にできますので、人間関係の不自由さを感じることなく自由に生きることが出来ますよ。

 

私は仕事も自宅で1人で行っていて、人間関係が関係する仕事はほとんどやらないようにしています。

 

そうすることによって、人間関係のトラブルや嫌な思いをすることがまったくないので、まるで楽園で生きているように最高の日々を送ることができるのです。

 

もし人間関係に不幸の源があるようならば以下の記事も読んでみてください。

 

www.ikiyou.com

 

無理なことは無理だとはっきり言おう

 

日本人は世間体とか相手のことを考えすぎていて、相手の頼みなら何でも引き受けてしまう性格の人が非常に多いのです。

 

死にたくなった時に一番の考えて欲しいことは、自分の今の毎日の生活があなたにとって無理をしている生活なのではないのかと言うことです。

 

これは仕事でも勉強でもあらゆることがそうなのですが、自分にできない無理なことをしている人は、大部分?日が忙しく時間に追われ死にたいほど苦しんでいる人です。

 

私も親の教育で、将来は国家公務員にならないといけないと洗脳を受けていましたが、その洗脳から立ち直るのは、自分には無理だとあきらめてしまったことです。

 

日本人は社会的に成功しようと、遊び盛りの子供の頃から受験戦争の中で生きている人が多く、これは一種の社会の不幸なこととして考えられています。

 

私がいいたいのは、何もそんなに社会的にスゴイ人間になる必要はなく、もっと自分がやりたい事を追求して、楽しみながら生きていくのが理想だと言うことです。

 

あなたも無理をしているのなら、そんな無理をした人生なんて止めてしまえばいいだけのことですよ。

 

Amazon1位 とにかくこれ読んでみて!田舎の自宅でお金稼げるよ!


ブログ治療家安井
私はこの無料電子書籍を読んで社会から離れて自由に生きていけました!今の人生に苦しんでいるなら読むべし!️

f:id:yasuisoutarou19:20180605123637p:plain


Copyright © 2018 死にたい人に読んで欲しいブログ All rights reserved.