▶︎【必見!】お医者さんが教えてくれた「苦しみ」の正体とは?
スポンサーリンク

死にたくてしかたない人に送る7つの人生楽になる言葉【詳細解説】

f:id:yasuisoutarou19:20180911164616g:plain

安井です
安井です
ようこそ私のブログにお越しくださいました。
初めましてブログ治療家の安井です。
私が長年苦しんだ人生の中で、私が気づき分かった楽に自由な人生を送る秘訣を紹介します。
きっとあなたが助かる方法がありますので、人生をあきらめずのんびり生きていきましょう!
記事の最後には誰でも無料で相談にのってくれる一般社団法人を紹介しています。

「毎日死にたくてどうしようもなく苦しんでいる人」

「人生もっと楽しく楽に生きたい人」

この記事はそんな方に向けて書いています。

この記事を読むと、死にたくてどうしようもない人が、もっと楽に生きて良いのだと納得することで、人生がもっと幸せになりますよ。

あなたの気持ちわかります

f:id:yasuisoutarou19:20180913165636j:plain

本当に人生というのは、どうすることが出来ないほど苦しいことがたくさんあり、死にたくでたまらなくなりますよね。

私も子供時代から、毎日がつまらなくて死にたくでしょうがない状況に陥っていました。

しかし、現在では昔と違って、もっと楽に生きていく方法を知ることができ、人生素晴らしいものだと感じています。

私の経験から書いたこの記事を読めば、苦しむ人生とは本当は間違いであることに気づき、もっと楽して楽しく生きていけるようになります。

それでは私安井のブログ文章での治療を体験ください。本文へどうぞ!

スポンサードサーチ

現代人は多くのことで悩み苦しんでいる人達が多い?

以前までの日本は居食住を揃えることが非常に難しく貧困な人たちも非常に多かったのです。よって毎日一生懸命働き食べる事で必死になって生活していました。

死にたくてしょうがない気持ちはほとんど感じることもなく、仕事に取り組みながら毎日を懸命に生きてきたのです。

日本は戦争時代が終わり裕福な国へと変貌していきました。バブル経済の中多くの庶民がたくさんのお金を稼ぐことができるようになったので、生活の質も圧倒的に高まったのです。

しかしこのような恵まれた生活の中で日本人は本来の人間の幸せを失っている人たちも増えています。

現代文明というものは、精神的な面で非常に不安定さを抱えている文明であり、幸せを感じる自然体の人間性が失われていっているのです。

よって精神病やうつ病などの症状が出やすい社会であり、一人で死にたくてしょうがないほど悩み苦しんでいる人達が多いのです。

このような人たちのために、私は現代人が幸せに生きていくために必要な言葉を考えてみました。実際にこれを頭の中に入れて毎日の生活を行っていけば相当楽に生きていけると思います。

スポンサードサーチ

1: 日本人は裕福な国でありお金持ちすぎる

日本人は一人頭の年収や貯金額が世界のトップレベルであり、普段の生活は海外の人では信じられないほど裕福な贅沢な暮らしをしているのです。

よってそれほど多くのお金が稼げなくても十分にハイレベルな生活を送ることができるのであって、貧乏だと嘆き苦しむ必要はありません。

死にたい気持ちというものはお金がない貧乏人の人も非常に多く抱えていますので、是非自分は貧乏だといって嘆かないでください。世界的に見れば十分に裕福な生活を送っているのですよ。

きちんと毎日の生活が送れるだけのお金があれば、人間は最低基本的な生活水準が保たれており、幸せを感じて生きていかなければならないのです。

大金持ちになることを目指して苦しい人生を歩むことは非常に不幸なことかもしれません。

安井です
安井です
最後までのんびりとお読みください。リラックス( ・∇・)

2:人間関係はそれほど執着して持つ必要はない

日本人は社会的な基盤が非常に発達していて、集団になって集団生活を送る人が非常に多いのが特徴です。

地域社会も人間関係のお付き合いによって成り立っており、人間関係で毎日一生懸命生きている人達は非常に多いのですよ。

人間関係はうまくいけば幸せな人生を約束してくれますが、不調和や様々な問題やトラブルを引き起こす可能性も多いのです。

よって現在の時代ではそれほど人間関係に執着する必要はないかもしれませんね。もっとスムーズに人との付き合い方を考えれば、苦しみは問題は少なくなっていくことは確実です。

あまり人間関係に執着して不幸な人生を歩まないようにしてくださいね。

スポンサードサーチ

3:そんなにすごい人にならなくても良い

f:id:yasuisoutarou19:20180913171216j:plain

日本人は社会的な成功を収めようと一生懸命子供時代から勉強をして良い大学に入り良い会社に就職しようと思っています。

このような考え方は非常に素晴らしいものだと言われていますが、自分が自由に生きていくためには非常に不幸をもたらす原因ともなってしまいます。

自分の身の丈に不釣り合いな人間になろうとするということは、非常に精神的にダメージが大きくストレスがたまってしまいますよね。

自分には自分に合った生き方があり、もっと自由でのびのびと生きていくことも可能です。すごい人になる必要もなく、普通の人ならそれで良いと割り切って生きることも重要です。

そうすれば死にたいほどの気持ちは相当解消されるかもしれませんね。

※自分らしく生きることで悩みや苦しみから解放されるよ

4:プライベートの時間を存分に満足しよう

基本的に日本人はプライベートの時間を幸せに送ることが非常に難しい国民性を持っています。

普通に暮らしていても社会的な考え方を強くもってしまい、どうしても自由を失いながら窮屈な生活を送ってしまいます。

このような事にならないためには、プライベートは自分の自由な時間だと割り切って、社会的な世界から離れて楽しみながら暮らしていくことが大切です。

欧米の国ではプライベートが非常に重要視されていて、仕事よりもプライベートが大切だと思っている人たちは非常に多くいるのです。

日本人は社会的な人間関係を強く持っており、プライベートの世界でも人間関係の中で疲れ果てて生活している人達が多いのです。

もっと気分を楽にしてプライベートの時間をもっと存分に満足して下さいね。

一人の時間を大切にすると言うことは高尚なことでありますので、もっともっと自由にのびのびとプライベートを過ごしても良いのだと思います。

死にたくてしょうがない人はプライベートの時間の使い方が非常に下手な人達が多いので、もっとプライベートを満足する様に少しだけ頭を使ってみてください。自分の人生観が一気に変化していきますよ。

安井です
安井です
私は岡山の田舎でネットで生計を立てています。
▶️【記事】私のネットでの仕事内容と収益結果を紹介
※ネットだと自宅で自由に仕事ができます。

スポンサードサーチ

5:家族とは仲良くした方が圧倒的に得

f:id:yasuisoutarou19:20180911164629j:plain

よく自分の家族と不調和に生きている人達が非常に多く、家族の問題やトラブルが後を絶ちません。

やはり日本人は家族を大切にしながら生きるのがとても生きやすく、家族と喧嘩をすることは自分の人生を不幸にしてしまいます。

家族でも相手の嫌なことや嫌いなところはたくさんあると思いますが、それをある程度優しい気持ちで許してあげることが重要ですよ。

家族関係がうまくいくことによって本当に毎日楽しく暮らすことが出来ますので、死にたい気持ちなどすぐになくなってしまうことは間違いありません。

自分の家庭が幸せであると人生も幸せになるように、家族のことをもっと大切にして生きてみてください。

死にたくてしょうがないほど苦しんでいる人も、家族の幸せを実感することによって相当大きな変化をもたらすでしょう。

まとめ

是非上記の5つの言葉を胸に秘めて毎日の生活をもっと幸せに送る様に少しだけ努力してみてください。

少しの行動力であなたの人生はどんどんと変化していきますよ。幸せな生き方があるならばそれをしなければダメであって、動かずに悶々と悩み苦しむことは非常にもったいないですよ。

少しの行動が大きな幸せを生み出すように、もう少し動いてみても良いのではないでしょうか?

死にたくてしょうがなかった私の体験談

私は幼少期の頃からそれほど幸せな家庭環境で育っておらずなかなか幸福というものを味わうことができませんでした。

教育が非常に厳しく常に学校でトップの成績を収めないと満足しない両親でしたので、私は自分の幸せを犠牲にしてまで勉強やスポーツに打ち込んでいたのです。

しかし大学生で京都に行った時から私は両親の元から徐々に離れ、両親に反抗することで自分自身を確立しようと思ったのです。

しかし自由を味わったことがない私は自由の中で自分自身を見失ってしまいました。

大学にも行かなくなり私はギャンブルに明け暮れていたのです。

それから生活習慣がめちゃクソになってしまい、私は精神的な悩みや苦しみを抱える苦しい人間となってしまったということです。

大学を留年して私は死にたくてしょうがないほど辛い時期を送っていました。

それが原因となって精神的な病を抱えるようになってしまったということです。

現在ではほとんど病は完治しており、普通の人と同じような人生を送っていますが病気の時期にはもう死んでしまいたいほど苦しみもがきました。

自立することが一番の薬

死にたいほど悩み苦しんでる人の大部分は、家庭や社会からなかなか自立することができないことが原因となっている場合が多いのです。

私も家庭から自立することで症状が回復していきましたので、皆さんも是非自立するために自分の行動を改め直さないといけないと思いますよ。

金銭的な自立や精神的な自立は本当に大切なことであり、自立することができずに押さえ込まれている状態になってしまうとどうしても精神的に不安定になってしまいます。

自立をすれば自分のやりたいことも出来ますし自分の人生を自分で歩いて行くことができますよ。

他人に依存している状態ですと自分の自由が全くなくなってしまいますので、それが死にたいほどの苦しみを生み出す元となっているのです。

ぜひ精神的な金銭的な自立に向けて一歩踏み出しましょう!

楽に生きるのは仕事の問題を解決せよ

人生楽に生きていくにはお金の問題を解決することが一番の方法です。

お金の問題を解決するということは、当然どんな仕事をするのかがとても重要な問題になります。

苦しい仕事をしてしまえば当然人生が苦しくなってしまうのは当然ですし、ノルマがある仕事をしたり長時間労働するのはやはり苦しい仕事に他なりません。

楽に生きていくということはお金を簡単に稼ぐということであり、当然稼げるお金というものはあまり多くないのが一般的です。

たくさんのお金を稼ごうと一生懸命働くということは日本では当たり前のことかもしれませんが、この常識に洗脳されてしまうと苦しい人生を歩むことは間違いありませんよ。

少ないお金でも幸せに生きていける生活をしていかないと仕事で苦しむことになります。

結局少欲で生きるのがベストです

f:id:yasuisoutarou19:20180913150513j:plain

それならば、あまりお金を使わない生活を身につければ人生楽に生きていけるのではないかと思いませんか?

結局少欲で生きていくということが答えなので、普通の人のように多くのお金を消費して生きていく生活スタイルから離れなければなりません。

私の場合は月15万円ほど稼いでいますが、毎月使っているお金は3万円ぐらいですよ。

お金を浪費しない生活習慣を身につけたおかげで、お金の問題で苦しむことはほとんどなくなりました。

皆さんも欲望を強く持たずにお金がかからない楽しみを見つけて人生生きてみてください。

今ではインターネットがありますので少ないお金で楽しみを持つことは十分可能です。

私は音楽と読書が好きなので、 Amazon Unlimited サービスを利用しながら少ないお金で趣味を楽しみまくっていますよ。

※小欲でお金をあまり使わない生活は楽で幸せですよ

人間関係の問題が一番やっかい

楽な人生を送れない最大の要因は人間関係に尽きると思います。

人間関係を多く持っていれば、当然他人の影響が非常に強くなってしまい自分の思う通りに人生を生きることができなくなってしまいます。

これは親子でも兄弟でも友達でも同じです。

あまり人の影響を受けないためには、できるだけ一人で生きていくということがベストなのです。

しかし人間一人で生きていくほど強くはない人も多いと思いますので、極力付き合う人間を少なくするということをすれば大丈夫です。

本当に自分を助けてくれる大切な人と長くお付き合いしていくのが理想ですよ。

自分の自由を奪ったり自分を批判したりする人と付き合わなければ、人間関係の苦しみはほとんど減少していくことは確実です。

死にたくてしょうがない人はぜひ上記のポイントを抑えて人生を楽に生きてくださいね。

追記 死にたくてしょうがないと感じる人は体調不良を治せ

f:id:yasuisoutarou19:20180911164645j:plain

死にたくてしょうがないと感じる場合には、それは心の病とか精神的な病と言われますが、簡単に体調不良が引き起こしている場合が多いのです。

体調不良は日常の生活習慣から引き起こされるものですが、自分の毎日の生活を思い出してみてください。

肉体的、精神的に何か非常に疲れることをしている恐れがあります。

死にたい気持ちは肉体的にも精神的にもとてもやばい状況になりますので、このような場合には療養してなんとか改善することに力を注がないと人生が台無しになってしまいますよ。

体調不良をなくすには、日常生活の生活習慣をより楽な状態に変えることが重要です。

例えばテレビを見すぎたり、スマホを見すぎたりすることは、精神的にも非常に疲れることですので時間を短くする必要があります。

また人間関係を持ちすぎるのは、無理してしまう恐れがありますので、適度な人間関係を持ちながら毎日生きていくことが重要です。

激しい遊びなども控えないと、肉体的にも精神的にも落ち着きがなくなり苦しむことになりますよ。