▶︎【必見!】お医者さんが教えてくれた「苦しみ」の正体とは?
スポンサーリンク

【聞いて!】自律神経失調症で大学を中退した僕が贈る5つの言葉

f:id:yasuisoutarou19:20180912052506g:plain

安井です
安井です
ようこそ私のブログにお越しくださいました。
初めましてブログ治療家の安井です。
私が長年苦しんだ人生の中で、私が気づき分かった楽に自由な人生を送る秘訣を紹介します。
きっとあなたが助かる方法がありますので、人生をあきらめずのんびり生きていきましょう!
記事の最後には誰でも無料で相談にのってくれる一般社団法人を紹介しています。

「自律神経失調症で悩み苦しんでいる人」

「症状が重くて学校をどうしようか迷っている人」

この記事はそんな方に向けて書いています。

この記事を読むと、自律神経失調症の症状が詳しくわかり、どのように対処すればよいかわかりますよ。

あなたの気持ちわかります

本当に自律神経失調症の症状はうまく理解できず、どのように対処すればよいかわかりませんよね。

私も大学生時代にこの病気を患い、大学を中退するほどに苦しい症状で悩み苦しんでいました。

しかし、現在ではほとんど症状は回復し、普通の人と何も変わらない生活を送ることができています。

私の経験から書いたこの記事を読むと、自律神経失調症がどのような病気がよくわかりますので、どのように対処すればよいか理解できますよ。

それでは私安井のブログ文章での治療を体験ください。本文へどうぞ!

スポンサードサーチ

私は大学生時代に自律神経失調症になりました

f:id:yasuisoutarou19:20180912052517j:plain

私は一般的に言うと有名私立大学に入学しましたが、大学生活があまり面白くなく、大学に行って勉強するのが面倒くさくなってしまいました。

私はギャンブルにのめり込むようになり、とうとう大学を留年することになってしまったんです。

このように多くの悩みを抱えながら私はなんと精神的な病を患ってしまい、 自律神経失調症にかかってしまったんです。

私はどうすることもなく、身体の不調を訴えてなんと大学を中退することになってしまったんです。

スポンサードサーチ

何をするのもめんどくさくて動くことができませんでした

大学を中退してから、私はあまりの体調の悪さにまともに外出することもできませんでした。

このような状態が数年間続き、私は勤めていた会社も辞めてしまい、自宅に引きこもるようになってしまったんです。

何をするのも面倒くさくて動くことが全くできず、本当に最悪の状態でした。

こんなに 自律神経失調症が苦しいものだぞと今まで想像でしたかったので、その病気にかかってみて本当に精神的なこんなに苦しいのかと改めて実感しました。

安井です
安井です
最後までのんびりとお読みください。リラックス( ・∇・)

大学を中退して初めて自分の現状に気づきました

自分は今までエリートコースを歩んできたので 、大学を中退したときには全てがダメになったと確信することになり 、自分の今の現状を信じることができなかったのです 。

しかし自宅に引きこもって苦しい人生を歩んでいるうちに 、今の自分はもう昔の自分ではないと改めて実感することができたのです 。

私はもうみんなに羨ましがられるような人間ではなく 、何とか今のこの病気は治せないと自分の未来はないと確信することに至りました 。

スポンサードサーチ

自律神経失調症の原因は夜更かしの生活習慣でした

自律神経失調症という病気はほんのささいなことで発症してしまいますが 、私の場合でありましたら 、その原因は夜更かしを当たり前のように送っていた生活です 。

徹夜をすることもたくさんありましたので 、私の体の中の体内時計が狂ってきたのだと思います 。

このような不摂生な生活を続けていくことで 、私は次第に一般的な肉体ではなくなり 、全てが狂っていくそんな悲惨な精神状態になってしまったのです 。

徹夜でゲームをしたりパチンコ屋さんで長時間 パチンコの画面を眺めたりしなければ 、このような悲惨な 状態で苦しむこともなかったのです 。

もうなってしまえばどうしようもなく苦しいだけですので 、 日々の生活習慣を改めないとほんとに昔の自分には戻れないと確信しました 。

安井です
安井です
私は岡山の田舎でネットで生計を立てています。
▶️【記事】私のネットでの仕事内容と収益結果を紹介
※ネットだと自宅で自由に仕事ができます。

現在は回復して通常の人と同じような生活スタイルに戻っています

現在はあれから20年ぐらいが経ちましたが 、すっかりと普通の状態を維持することができるようになり 、 普通の人と全く同じ生活スタイルで生活を送っています 。

しかし社会に進出することはできず 、自宅でインターネット使って収入を得ています 。

それだけ大学時代に患った自律神経失調症の病気は私にとって強い影響力を持っていたのです 。

大学を中退するほど悲惨な人生を歩みましたので 、私は立直れるかどうか不安でしたが 、病気が落ち着いて新たな考え方を持てるようになりました 。

スポンサードサーチ

やっぱり生活習慣が全てですね

f:id:yasuisoutarou19:20180912052527j:plain

やはり生活習慣というものは すべての病気を回復する最高の要素です 。生活習慣が乱れてみては様々な精神的な病にかかってしまい 、ほんとに苦しい人生を歩まないといけないことになります 。

早寝早起きや三度の食事は基本ですが 、 精神的に疲れた場合にはすぐに休めるようにしなければいけません 。

日本人はどうしても無理をしがちですので 、それが原因で自律神経失調症などの精神病を煩うのです 。

ぜひ日々の生活習慣を改善して 、もっとのびのびと ゆとりを思って生活するようにしてくださいね 。

イライラしていると後々ひどい状態になってしまいますよ 。

精神病にかかってからでは遅いのだと自覚してくださいね 。

こちらの記事も参考になさってください

※この記事を読むと自律神経失調症の怖さを知ることができますよ

自律神経失調症の患者さんは自宅で仕事するのがオススメ

私もそうでしたが、自律神経失調症を患っている方はサラリーマンなどの会社勤めをするのは非常に大変です。

私は病気の症状が落ち着かない時にサラリーマンをしていて、本当に地獄の人生を歩んだ経験を持っています。

それからお医者さんの先生に怒られて、サラリーマンを退職して自宅で仕事をすることを決めました。

最近ではインターネットがありますので、ネットでの仕事や副業ができる便利な世の中となっています。

私は文章を書くのが好きだったので、ライターの仕事やブロガーとして広告収入を稼ぐ道を選択しました。

自宅で仕事していると、リラックスできて自律神経失調症の症状もほとんどひどくなることはありません。