▶︎【必見!】お医者さんが教えてくれた「苦しみ」の正体とは?
スポンサーリンク

もう疲れたと感じたら肉体が蘇る驚きの6つの方法【効果抜群!】

f:id:yasuisoutarou19:20180912031654g:plain

安井です
安井です
ようこそ私のブログにお越しくださいました。
初めましてブログ治療家の安井です。
私が長年苦しんだ人生の中で、私が気づき分かった楽に自由な人生を送る秘訣を紹介します。
きっとあなたが助かる方法がありますので、人生をあきらめずのんびり生きていきましょう!
記事の最後には誰でも無料で相談にのってくれる一般社団法人を紹介しています。

「なぜ自分はこんなに死にたいほど悩んでいるのか?」

「疲れ果てるほど苦しい状況をどう改善したら良いの?」

この記事はそんな方に向けて書いています。

この記事を読むと、疲れて死にたいほど苦しんでいる人が、ゆっくり休み、ストレスから解消されることで、気分が楽になりまた頑張ろうと思えますよ。

あなたの気持ちわかります

本当に人生生きていると何かと疲れがたまってしまし、苦しくてどうしようもなくなりますね。

私も子供の頃からストレスが非常にたまりやすい子供でした。

しかし、現在では疲れの解消法を知ることで、ほとんど疲れて死にたいと感じることは無くなっています。

私の経験から書いたこの記事を読めば、疲れの解消法が分かりますので、毎日苦しみながら生きていくことはなくなりますよ。

それでは私安井のブログ文章での治療を体験ください。本文へどうぞ!

スポンサードサーチ

人生にもう疲れたと思う気持ちは当たり前

誰にでも何かをしていて、疲れ果ててしまい、もう何もしたくないと思ってしまうことはあるものです。

今までやってきたことがうまくいかず、なかなか理想の人生を歩めない人もたくさんいます。

全ての人が成功することは100%ないので、どうしても成功する人と、失敗する人に分かれるのが、この世の中というものです。

うまくいかず、疲れ果ててしまい、自分はもうだめだと思ってもそこで人生は終わりではないことをしっかりと頭に入れておいてください。

死にたいと思っても、それはあなただけではなく、死ぬほど苦しい辛い目に遭っている人もたくさんいるんです。

スポンサードサーチ

もう疲れたと思ったらやるべき対策ベスト6

f:id:yasuisoutarou19:20180913161016j:plain

もう疲れたと感じた場合には、多くの人達は何かの対策方法を持っていると思います。

私も精神的に病んでいる時には肉体や心が疲れ果ててしまいどうすることもできませんでした。

そのような時に少しでも楽になる可能性がある様々な対策を試してみたのです。

ここでは効果のあった対策方法を皆様に紹介しています。

人それぞれ個人差があると思いますが、同じ人間なはずなのである程度の効果を見込めるものばかりですよ。

ぜひ参考にしてもう疲れたと苦しむことなく、体調回復させて幸せな毎日を送っていきましょう。

安井です
安井です
最後までのんびりとお読みください。リラックス( ・∇・)

1:とにかく楽しいことをやりまくる

疲れたと感じる時には多くの人はやりたくないことをやっている場合がほとんどです。

私も仕事の残業や無駄な人間付き合いなどが自分のストレスになり、いつも苦しんで毎日を過ごしていました。

とにかく嫌なことばかりやっていると精神的にも肉体的にも辛い状況となるので、プライベートの時間は自分のやりたいことを楽しみまくっていました。

そうするとストレスが回復されて、また明日から少しは頑張ってみようと感じるようになります。

プライベートの時間で嫌なことばかりをしている人は、絶対に自分の楽しいことで時間を使うようにしてくださいね。

人生嫌なことばかりでは生きてる意味がないので、楽しいことに目を向けることで随分と楽になりますよ。

2:水分をしっかり摂り美味しいものを食べる

体調が悪くなる原因の一つに、水分不足と栄養不足が非常に大きく関係してきていると言われています。

特に日本人は水分をあまり取らない人達が非常に多く、水分不足で肉体が悲鳴をあげている場合があるのです。

水分をしっかりとって美味しいものを食べれば、疲れた体も回復しますしリラックス効果を得られるのです。

一生懸命働いたり勉強をした後は、自分のご褒美として水分と栄養素をしっかりとりながら美味しい食事を堪能してくださいね。

3:友達や家族とおしゃべりしてストレス発散する

人間は人と会話をすることがなければどんどんとうつ状態になっていくと言われています。

おしゃべりをしたり会話をすることは精神的な面でもストレス発散に大きく関係しますので、人と話をするということはとても大切な行為なのです。

1人で部屋に閉じこもって悶々と生活をしていても苦しいだけですので、ぜひ家族や友達とお喋りでもしながら楽しい時間を過ごしてください。

自由におしゃべりをすることで、頭の中の脳の使い方が仕事とは全然変わってきますよ。

決まりきった仕事を一生懸命やるということは非常にストレスが溜まることであり、このストレスを自由のおしゃべりで解消することができるのです。

肉体的や精神的に苦しいと感じたならば、ぜひ好きなことをおしゃべりして楽しい時間を過ごすことで随分とストレスが解消されますよ。

4:自然鑑賞をして体をゆっくり動かす

もう疲れたと疲れ果てた体で休日を過ごしている人もいると思いますが、休日には公園や自然があふれる場所にピクニックに行くことをおすすめします。

自然を見るという行為は精神的なストレスの緩和に非常に大きく関係していて、自然を見るだけでリラックスできる効果があります。

自然観賞を趣味としている人達は、ストレスが非常に少なく幸福感を感じる人達が多いとされています。

自然を肌で触れて匂いを感じるだけで、自然から大きなパワーをもらうことができるのですよ。

私も仕事で疲れた時には広い公園に行って芝生の上で寝転んで昼寝などをしています。

皆さんも自然の中に繰り出して子供のように無邪気な時間を過ごしてくださいね。

5:温泉やスーパー銭湯で1日のんびり過ごす

日本人は風呂に入る文化が当たり前のように定着しているので、ゆっくりとお風呂に浸かることでストレスを解消することができます。

ただ家の風呂に入るのは夜にならないと難しいので、温泉やスーパー銭湯に行って一日中ゆっくりと過ごすこともできますよ。

私も精神的なストレスが強い場合には、家の近くのスーパー銭湯に行って一日中過ごしています。

スーパー銭湯に行くとゆっくりするのが当たり前になりますので、仕事をすることも全くなくのんびりとした時間を楽しんでいます。

食堂で美味しい食事を食べたりジュースを飲んだりしながらくつろぐ時間というものは、本当に人生の幸せを実感できる瞬間ですよね。

1日中ゆっくりしていれば疲れなんて吹き飛びますよ。

6:お酒を飲んで仮眠をとる

私も基本お酒を飲まない人間なのですが、疲れが溜まった時には缶ビール一杯ぐらいは飲んでしまいます。

缶ビールを飲んで少し酔った状態で仮眠をとると、なんだか疲れが吹き飛ぶようです。

もう疲れたと感じた時には、素直に仕事をやめてビールでも飲みながらのんびり休息を取るのも良いではないですか。

お酒は飲みすぎると体を害するものとなってしまいますが、少量のお酒を楽しむということは健康的にも非常に素晴らしいことでありますので、お酒の力を借りてリラックスすることも大切ですよ。

私の場合は人とお酒を飲むよりも1人でお酒を楽しむ方が大好きです。

全てがうまくいくということは幻想だ

よく何事も成功するまで諦めずにやりなさいと、日本人は教育を受けていると思いますが、そんなに全ての人が成功するわけではないのであまりその考えに縛られる必要はありません。

自分には適さないことや、自分の性格に合っていないことはたくさんありますので、何事も一つのことを最後までやり遂げる必要はないんです。

自分に適したことがどこかに眠っていますので、それを発見することが人生の一つの目的とさえ言えます。

それには今までやっていたことが自分には適していなかったと、自分で自覚しないとなかなか次のスタートラインに立つことができないんです。

例えば勉強が好きな人がスポーツをするぞ、なかなかスポーツが好きな人と比べて成功することは難しいです。

よって、自分には適さないことを一生懸命やり続けてもなかなか思い通りにはいきませんので、その辺のことは自分の適性判断をしっかりとしないといけないと思います。

自分に合っていることを見つけるということは、人生の中で非常に大切なことなので、是非もっと広い視野を持って物事を見てみることが肝心ですよ。

スポンサードサーチ

悩むことは新しい人生の始まり

悩みというものは、あまり良くないものと一般的には言われていますが、悩まない人はそれだけ深い人生を送ることができない人です。

悩むことから最良の回答が導き出されるので、悩むことは別に悪いことではなく、是非色々な悩みを解決しながら自分の理想の生活を追い求めることはとても重要なんです。

どんなに大金持ちでも、どんなに才能のある人でも、必ず悩みを持っていますので、悩みがあるから自分が成長できると考え直してください。

ただ、悩みすぎて身動きが取れず行動ができない人間にはならないように気をつけなければなりませんよ。

安井です
安井です
私は岡山の田舎でネットで生計を立てています。
▶️【記事】私のネットでの仕事内容と収益結果を紹介
※ネットだと自宅で自由に仕事ができます。

私も20歳前後で悩みまくりました

私も私立大学に入学して、自分の将来の人生に関して人の何倍も悩みまくりました。

私はあまりにも悩みが深いことがわかり、自分で今の人生を放棄するような形で不良と化していたのです。

悩んで悩んで死にたいほど苦しい人は、是非自分で最善の解答を導き出さなければいけません。

私の大学生時代のように回答を出さず、遊びまくる人生を選択すれば、本当にそれからの人生というものが台無しになってしまうんです。

どんどん些細な回答でも良いので、必ず回答出す訓練をしなければ、ドツボにはまってしまう可能性が高くなってしまうんですよ。

行動に移すことができる解答を出すので、悩むということはとても重要なことなので、是非とも行動を伴った悩みを楽しみながら生きていくこともよいかもしれません。

悩めば悩むほど、自分がどんどん成長し成功の世界へと入っていくことが可能となるのです。

スポンサードサーチ

ゆっくりできるとこで考えてみよう

f:id:yasuisoutarou19:20180912031708j:plain

悩んでいる人でドツボにハマっている人の特徴としては、自分がイライラして体調が悪い人達が多いんです。

カフェなどでゆっくりとサンドイッチとコーヒーでも食べながら、自分の悩みを紙に書き出し、回答を出すようにすれば、自分の理想の回答を導き出しやすいです。

リラックスした状態で色々なことを考えてみれば、普通では考えられないほど最高の答えが出ます。

もう疲れ果てて何もできないと考えている人も、環境を変えて考えてみれば、最高の考えが導き出されますよ。

その時にあなたは新しいスタートラインに立ち、自分の人生を新しく作り直していくのです。

疲れ果てて死にたいほど苦しんでる人も非常に多いですが、その時には最高の環境でゆっくりとリラックスしながら新しい人生を考え直してみてください。

新しいスタートラインに立ち、ぜひとも幸せな人生を送ってくださいね。

【追記】もう疲れたと思ったら仮眠をとろう

人間というものはどうしても動いたり頭を使ったりすると疲れを感じるのは当たり前です。

どんなスポーツ選手でも疲れを感じるのはごく自然の成り行きで、疲れてしまったら当然休養をとらなければなりません。

よってあなたももう疲れたと感じた場合にはすぐに体を休める努力をしてみてください。

疲れた状態でほったらかしにしておくと、当然肉体は精神的なストレスと肉体的なストレスに支配されてしまい憂鬱な状態になってしまいますよ。

私の場合でしたら疲れたと感じてしまった場合にはすぐに仮眠を取るようにしています。

私は若い頃から精神的な病で苦しんでいたので、昼の時間と夜の時間に仮眠をとることで精神的な病を発症しないように努力をしています。

30分でも少しの時間眠るだけで、随分と精神的なストレスが緩和されていきますのでぜひおすすめですよ。

無理をすることが死にたいほどの苦しみを産み出す原因となってしまいますので、無理をせずに空いた時間で仮眠をとることはとても重要なことですね。

【追記】私はカラオケボックスで開放されています

私は精神的に苦しかった時代から様々な多くのことを学びました。

私はうつ状態になってしまった場合には自分の趣味の歌を歌うことでストレスを発散させています。

私の家の近くにカラオケボックスがありますので、私は1週間に3回ぐらいカラオケボックスに入って大声で自分の好きな歌を熱唱していますよ。

そうすると体の中に溜まったストレスや憂鬱な気分が解消されますので、いつも気分爽快に生きていくことができます。

最近はテレビでもカラオケ番組が放送されていますので、是非カラオケボックスに入ってストレスの発散のために音楽を楽しんでもらいたいと思います。

その他には Amazon Music unlimited で好きな歌を毎日家で聞いています。

精神的に苦しい時に歌を聴くことによって音楽療法になりますので、音楽を聴きながらリラックスしたひと時を過ごすのも非常に効果的ですよ。

仕事で疲れた人は温泉や銭湯に行こう

日本人は仕事が非常に忙しい人が多くなかなか休息をすることが難しいのです。

日本人は世界的に見ても働きすぎだと言われているほどよく働く民族で、仕事の優先順位が非常に高いのが特徴です。

だから仕事をしていない時にゆっくりと体を休めることが重要であり、これができなかったら人生が悲惨な状況となってしまいます。

私はインターネットでの仕事が忙しい時には、できるだけ仕事の後にゆっくりと仮眠を取り体をいたわっています。

また仕事がない日には温泉や銭湯によく通っていて、半日ぐらいゆっくりとした時間を過ごしていますよ。

厳格な教育を受けた人たちも非常に多いと思いますが、休める時にゆっくり休んだとしても全く悪いことではないので気にしないでくださいね。

あまり一生懸命頑張りすぎると自分の肉体や精神がもたなくなり体調不良を引き起こすと思いますよ。

人付き合いの疲れをプライベートで癒やす

日本人は人間関係が非常に大切だと小さな頃から教わっていて、お付き合い文化というものが非常に発達しています。

お付き合いというものは自分自身で全てをさらけ出すことができない文化ですので、基本的に窮屈を感じてしまいストレスが高まってしまいます。

お付き合いをすることは楽しいことだと考える人も多いと思いますが、私の場合はお付き合いなんかせずに自分のやりたいことをプライベートでやりたい人間です。

人間関係というものは自分の思い通りにならないことが多々ありますので、自分のやりたいことを優先してあまりお付き合いはしないという選択肢をとっています。

しかし仕事や親戚などのお付き合いをしなければならない人も多いと思いますので、そのような人は自分のプライベートの時間を大切にしてくださいね。

あまりお付き合いに熱中しすぎると本当の自分でやりたいことがやれなくなりますよ。

疲れたと言わない人は要注意

日本人は疲れたという言葉を言ってはダメだという文化が非常に強いですが、自分が疲れたと感じたら正直に休息をとることが大切です。

休息をとらずに一生懸命働くことは社会の中ですごい人だと考えられていますが、そんなすごい人になっても苦しいだけなので自分に対してメリットはさほどありません。

社会人として人から羨ましがられるような人になるということではなく、本当の自分が求める幸せを追求していくのが理想的な人生ですよ。

日本人は人から尊敬される人になろうと一生懸命努力してしまいがちですが、人からの目をそれほど気にすることもなく自分が本当に満足できる毎日を過ごしていくことが重要です。

そんなに立派な人にならなくても、自分が幸せだったらそれで満足できる自分が必要ですね。

もう疲れたと感じた時には素直に休むなければ病気になるよ

f:id:yasuisoutarou19:20180913171216j:plain

日本人は働きすぎの民族だと言われていて、もう疲れたと肉体的に感じてもまだまだ仕事をしなければいけない人達が非常に多いです。

確かに労働をすることによって家族を養うことも出来ますし、多くのお金を稼いで好きなことでお金を使うこともできます。

しかしいくらお金を稼いでも健康を害して生きていくということは、不幸な人生を送ることと全く同じ意味を持ちますよね。

だから本当に自分がもう疲れて何もできないと判断した場合には、素直に休息をとって今までやっていたことを改める必要があります。

そうしないと病気になる可能性が非常に高く、自分の人生が台無しになってしまう可能性があるのです。

無理をして生きていくということは非常に辛いことであり、ある程度プライベートを楽しむだけの余裕を持つ人生を送っていかなければなりませんよね。

私もこのことに三十歳になって初めて気づき、今までやっていた過酷なサラリーマン生活に終止符を打ちました。

皆さんも自分に限界が来た時には素直にレールの世界から外れる勇気が必要ですよ。

それが出来なければ精神的な病を発病したり大きな病気ににかかったりする可能性が高まりますので注意してくださいね。