スポンサーリンク

メンヘラで死にたいなら実践して欲しい5つの克服方法【体験談より】

メンヘラでも大丈夫

安井です
安井です
ようこそ私のブログにお越しくださいました。
初めましてブログ治療家の安井です。
私が長年苦しんだ人生の中で、私が気づき分かった楽に自由な人生を送る秘訣を紹介します。
きっとあなたが助かる方法がありますので、人生をあきらめずのんびり生きていきましょう!
記事の最後には私が救われたユーチューブの動画がありますので、ぜひ見てくださいね。

「メンヘラで症状が辛くなんとかしたい人」

「何だか毎日が苦しく情緒不安定な人」

この記事はそんな方に向けて書いています。

この記事を読めば、メンヘラで死にたいほど苦しんでいる人が、楽になる実践方法を知ることができるようになります。

あなたの気持ち分かります

本当にメンヘラという症状は厄介なものであり、特に若い人はどのように対処すれば良いかなかなか分かりませんよね。

私も大学生時代には、このメンヘラという症状で随分と苦しみ、安定できずに人生がめちゃめちゃになってしまいました。

しかし、現在では症状が回復し、健常者と同じように幸せな人生を送っています。

わたしの経験から書いたこの記事を読めば、メンヘラの対策方法と改善方法を知ることが出来ますので、症状が穏やかになり楽に生きていけますよ。

それでは私安井のブログ文章での治療を体験ください。本文へどうぞ!

メンヘラは誰もが発症する心の病です

誰もが病気になるのは当たり前

メンヘラという病気は、心の精神的疾患の病であり、現在非常に多くの若者が発症している病気となっています。

心の病は普通ではなかなか治すことは難しく、専門的な治療が必要となる場合が増えてきているので、素人判断で対処しない方がよろしいと考えています。

現代の日本人は 精神疾患を 感じている 人達が 圧倒的に増えている

私も20代の中盤で精神的な疾患を抱えてしまいましたので、メンヘラの苦しみというものが嫌という程わかっています。

一度発症してしまえばなかなか回復することは難しく、何時も心の病と格闘しながら生活しなければなりません。

学校や仕事にいかなければならない人にとっては とても難しい病気であり 、長期の休養とらなければ最終的に非常にひどい状態となってしまいます 。

私の場合は大学を中退して家で療養生活を送りました 。

普通に生活することはできたかもしれませんが 、とりあえず人混みが多いところで生活することができず 、 外界からの刺激が自分にとって非常に多くのストレスになりました 。

よって人がいないところで療養生活送らないとなかなか回復することは難しいです 。

安井です
安井です
私が支配から自由な人生を獲得した方法を詳しく解説
▶︎【支配から自由へ!】死にたい私が自由で楽な人生を獲得した全記録

人間は 行動することで 心や精神を 鍛えていく

私がメンヘラの回復方法として注目したのが 、行動することによる一般的な修行です 。

他の人と一緒にいるとメンヘラの症状が悪化する可能性もありますので 、 できるだけ1人で修行することが一番効果テキメンです 。

私の場合は日々の生活で必要なことをすべて1人で自宅で行いました 。家の掃除や買い物 、 風呂の掃除やゴミ出しなど生活にかかることはすべてやりました 。

これを数ヶ月間行うことで 、ほとんどメンヘラの症状が出てこなくなったのです 。

私は療養生活と修行生活を一緒に行いながら 、 わずか半年ぐらいで健常者として普通に生活することができるまでに至ったのです 。

はじめは自分はこのまま弱者として生きなければならないと非常に心配していたのですが 、今では普通の人と同じように多くのことができるようになりました 。

これも療養生活と修行生活の おかげであります。

メンヘラ克服のプログラム

メンヘラを克服しよう

まずは身の回りのことを自分でできるようにしよう

できるだけ足を使って歩く癖をつけよう

規則正しい生活習慣を実践していこ

何もしない時間を作りすぎないこと

趣味を見つけて毎日コツコツと努力してみよう

メンヘラは決して差別されることではなく誰もが持っている人間の弱い部分です

メンヘラという症状は人間が誰もが持っている心の弱い部分ですので、そんなに深刻に考える必要はないかもしれませんね。

ただしほったらかしにしておけば、将来的にも生きるのが苦しくなってきますので、その心の弱い部分が出ないようになんとか対策を取らなければ上手く生きていけません。

每日の生活習慣の中でメンヘラを感じない生活をおくることが大切で、落ち着いてリラックスした生活習慣を確立することが一番大切なことです。

まとめ

もし自分がメンヘラの症状を持っている人間だと自覚したら、自分の精神状態が悪くなるような環境や人間関係を改善することが重要なんですよ。

自分は大丈夫だとかまだまだ頑張れるとか思っているぞ、最終的にはひどい精神的苦痛を味わうことになりますよ。

死にたいほど苦しむよりも、少し力を抜いて人生を生きてみることも必要かもしれませんね。

普通の人よりも多くのお金が稼げなかったり、良い人間関係を持てなかったとしても、それはそれで割り切って自分らしく楽しんで生きていくことです。

他人と自分を比べてしまうぞ、どうしても自分が劣っている部分が見えてしまいますが、人間誰しも全て完璧な人間ではないんです。

メンヘラの状態をうまく理解して、人生を上手に生きていく選択肢を持つことがこれから大切なことだと実感しています。

【追記】誰もが幼少期の頃に心の弱さを作り出している

子供は心が弱い

私もそうでしたが幼少期の家庭環境というものがメンヘラというものに関して非常に大きな意味合いを持っています。

幼少期の頃に厳格な家庭に育ったり、両親が喧嘩ばかりしているような家庭ならば、そこで生まれた子供というものは非常に精神的な悩みを抱え込んで一生生きていく場合が多いのです。

なぜ自分が精神的に弱いのか判別がつかない人たちも非常に多いと思いますが、それは一番大切な子供時代の時に自分に影響を与えた様々な悩みや問題が原因となっているのです。

私もメンヘラ的な症状を学生時代に患っていましたが、自分ではどうすることもできなくて最終的には自業自得の状況になってしまいました。

現在は普通の健常者として当たり前に生きていくことができていますが、その最大の要因は幼少期の頃の不安を取り除いたことにあります。

私の家庭はどちらかといえば仲が悪い家庭でしたので、 家庭環境を改善してきちんと家族と向き合うことで私の症状は一気に回復しました。

やはり幼少期の頃に感じていた心の悩みや苦しみがそのまま大人になってメンヘラとなって現れていたのです。

【追記】現在の環境がどうかはっきりと理解することが大切です

メンヘラを患って苦しんでいる人はなにはともあれ環境が非常に悪いのが大部分です。

自分の理想の環境で生活していればそれほど悩む苦しむ必要もなく、幸福を感じることが多くなると思いますよ。

学校や仕事で精神的にストレスを抱えている人達は非常に多いですが、このような人が心の悩みを抱えてしまう精神的な弱さを表面に表してしまうのです。

今の生活環境や人間関係をうまく改善していくことがメンヘラ克服の最大のポイントになりますよ。

やっぱり人間ですから居心地のよい環境で暮らしたいものですよ。

人間関係にしてみても自分が辛くて苦しい人間関係を築いている人は非常に多くいますので、この部分で新しい自分が居心地のよい人間関係を築くのが理想ですよ。

メンヘラはなかなかその原因がわからないでいる場合が多いですが、子供の頃から遡って考えて、何が自分にとって心の病と精神的な弱さを作り出しているのかを見つけ出すことですよ。

それが分かれば対策の仕方も分かりますし、症状は緩和していきますのでだいぶ人間らしく幸福に生きていくことが可能になっていきます。

死にたい気持ちが強いなら体を動かしてみる

メンヘラの症状が強くなり死にたいほど苦しくなっている人は、動かずにじっとしていることが耐えられなくなってくると思います。

それが自分の行動や言動に出てしまい周囲の人とうまく強調することができなくなってくるでしょう。

そんな時には運動をすればメンヘラの症状は随分と落ち着いたものへと変わっていきます。

私の場合でしたら、毎日散歩をすることにしているので、なんだか苦しいと感じたらすぐ外に出て歩くようにしています。

肉体を運動で動かすことによって、体の内部の苦しみというものは随分と楽な気持ちへと変化していきますよ。

精神的な苦しみを持っている人は、運動しない人達が非常に多いと言われていますので、ぜひ散歩やランニングなど日常的にできる運動を行うようにしてくださいね。

メンヘラの症状を改善するにはきちんと休息をとること

その他にはメンヘラの症状が辛くなってきたら、とにかく休める時にすぐに休息をとることがとても大切です。

一生懸命頑張ってしまったり、無理をするということは精神的にも非常にマイナスに影響してきますので気をつけてくださいね。

私の場合は症状が強くなってしまう時は、ほとんど自分が出来る以上のことを無理してやっている時です。

無理をすることで精神的に辛くなり死にたい気持ちがどんどんと湧き上がってきます。

もっと頑張らないといけないとかそんな風に自分を苦しめることはやめてくださいね。

社会に無理やり溶け込もうとする必要はありません

後メンヘラの症状が強い人というのは、社会の中で一般人として溶け込んで生きるということがとても難しくなってきます。

内面の動きがとても強くなってしまいますので、普通の人と一緒にいるとおかしな人間だと差別されてしまう可能性があるのです。

差別社会というものはなくさないといけない社会ですが、しかし現実問題でそのような差別がなくなることは非常に難しいのです。

メンヘラの人は一人で仕事をしたり活動したりすることが得意なので、自分の得意な部分を活かして生きていくことがとても重要ですよ。

私も社会に溶け込んで生きていくことが非常に苦手な人間ですので、自宅でインターネットでお金を稼ぐようにしています。

社会で仕事をしないということが私にとって最高の喜びなので、自宅でコツコツとパソコンで作業するのが性格にあっているようです。

皆さんも社会に溶け込んで生きるのが困難だと思う人は、私のように自宅でパソコンを使って仕事をするのが適しているかもしれませんね。

現在は将来の悩みや苦しみは自宅でお金を稼ぐことで解決する

私も大学生時代から社会に適応するのが難しく、現在や将来の不安を強く感じていました。

本当に社会で死に物狂いでお金を稼ぎ、好きでもない人間関係を持つのは苦しいですよね。

しかし、私はネットで自宅で仕事ができたり副業ができると知り人生を変えることができたのです。

皆さんも私みたいに社会のお金稼ぎや人間関係で苦しまない人生を送る未来が来ますよ。

詳しくは以下の記事を読んでください。詳しく解説しています。

関連記事もどうぞ

記事を読んでも解決しない人へ。【私はこれを見て助かりました】

※この動画は苦しみから助かる方法をストーリーで見ることができます

☑️苦しい状態の人はうつ病かうつ病予備軍の可能性大
☑️私も初めは自分は違うと思っていました
☑️とにかく動画を見てみることをお勧めします

①うつ病を経験したわたしから、大切なメッセージ【アニメーション版】
②うつ病を経験した私が、お医者さんに伝えたこと【アニメーション版】
死にたい人に読んでほしいブログ著者
この記事を書いたい人
安井 荘太郎

死にたいほど苦しい人生を20年間歩んでいました。現在は岡山の田舎でのんびりブログを書きながら田舎暮らしをしています。私の経験から多くの人が少しでも楽に人生を送ってくれれば嬉しい限りです。

安井 荘太郎をフォローする
精神的な病気
スポンサーリンク
死にたい人に読んで欲しいブログ