死にたい人に読んで欲しいブログ

人間生きていたら死にたいと感じることありますよね。このブログでは自殺願望、病気、いじめで苦しみ死にたい人に向けて死に関する私の考え方を紹介します。



【最高の薬!】死にたいほど苦しいならお酒とタバコを楽しもう!


Amazon1位 とにかくこれ読んでみて!死にい気持ちが180度変わるよ!


ブログ治療家安井

私はこの無料電子書籍を読んで社会から離れて自由に生きていけました!今の人生に苦しんでいるなら読むべし!

【無料電子書籍】→自由な人生を手に入れる教科書

f:id:yasuisoutarou19:20180605123637p:plain


f:id:yasuisoutarou19:20180321090142g:plain

 

こんにちは、安井です。

死にたい気持ちを長年抱えていましたが、見事復活の人生を歩んでいます。

>>参考:【波乱万丈】地獄の人生から楽園に到着した安井のプロフィールです!

 

 

人間なんてそんなに大したものではない

 

私は最近いつも思うんですが、ものすごい人になりたいだとか、誰からも尊敬される人間になりたいだとかそういう生き方は非常に窮屈だと思っています。

 

私は子供時代から両親に非常に厳しい教育を受けていて、学校でも優等性であり勉強にスポーツに万能な学生でした。

 

長い間学級委員などしていたので先生からの評判も非常によく、私は優等生であり続けなければいけないと自分を縛っていたのです。

 

そんな私は大学を中退してからエリートコースの道から外れ、本当に自分がやりたいことをやっていく人生を選択しました。

 

私がいま感じていることは、人間なんてそんなにたいした人間になれなくても十分幸せに生きていけるということです。

 

お酒やタバコが好きだって別に良いではないか

 

私の両親は私が成人になった時に、お酒もタバコもやらない方が良いと私に強く言っていました。

 

私もなんとなくそういうものなのかと納得していましたが、会社の同僚や友達がお酒やタバコを嗜んでいたので、私はいつも蚊帳の外にいるような感じを受けていたのです。

 

私はある日友人の勧めでお酒とタバコを試してみることにしました。

 

そうすると今まで死にたいほど不幸を感じていた私の内面が一気に変わって行ったのです。

 

タバコを吸うと今までモヤモヤしていたものが解消されたような気分になり、私は自分の肉体が生まれてから初めて解放されたような気分になりました。

 

お酒もそれほど多くは飲めませんが、家で一人でビールを飲んでいると最高の気分を味わえますね。

 

別にお酒やタバコが好きだって何の問題もなく幸せな人生を歩んでいけると納得しました。

 

お酒もタバコも適度に楽しめば薬になる

 

インターネットで調べてみるとお酒やタバコというものは健康被害をもたらす悪いものであるという意見とともに、少しの量を楽しめばストレスが発散できて健康的に生きていけるという意見に分かれています。

 

私は子供の頃から死にたいという気持ちが非常に強い人間で、大学生時代も精神的な症状で苦しんだ経歴を持ちます。

 

それがお酒やタバコを楽しみだしてからそのような症状というものは減少していきました。

 

やっぱりお酒やタバコというものは、節度を持って楽しめば自分の生活をより豊かに楽にしてくれるものだと実感しました。

 

中毒症状を感じたら楽しむ量を減らす

 

私の親戚はお酒を飲む人達が非常に多く、アルコール中毒にかかった親戚の人もいます。

 

そのような人は非常に悲惨な人生を送っていて、数年前にまだ七十歳ぐらいにもかかわらずアルコール中毒で死んだ親戚もいます。

 

やはり肉体が中毒症状に陥り苦しくなってしまえば、せっかく楽しみで味わっているタバコやお酒が自分にマイナスの状況を作り出してしまいます。

 

タバコやお酒を楽しんでストレスが発散できるぐらいの少ない量を楽しむのが一番ベストだと私は思いました。

 

人生楽しい方が良いでしょう

 

皆さんも死にたいほど苦しい人生を味わっている人も多いと思いますが、やっぱり人生のどこかの部分でリラックスして息抜きをしないと社会の世界ではなかなかやっていけませんよね。

 

私も非常に苦しい人生を幼少期から歩んできましたが、大人になってお酒やタバコを嗜むことで随分と精神的に楽になりました。

 

人生というものは苦しく生きるのも楽しく生きるのも自分次第のところがありますし、辛い人生を味わって自分はすごい人間だと唯我独尊的に生きても全く私は意味が無いと思います。

 

もっと人生楽しんでお酒やタバコなど大人の楽しめることを絶対に経験した方が良いと思っていますよ。

 

完璧主義者はなかなか幸せになれない

 

私の父親は完璧主義者であり理系のタイプの人間です。

 

小さい頃からしつけや教育が非常に厳しくて、私はどことなく父親の人間のような生き方をしたくないと思っていました。

 

父親は今でも機嫌が悪い時がたくさんあり、どうしても完璧主義者ゆえに自分に厳しく他人にも厳しい人生を歩んでいます。

 

タバコは吸っているようですがお酒は全く飲まないので、どうしてもストレスの発散場所が少ないのだと感じています。

 

お酒やタバコがダメだと言う人は完璧主義者の人が非常に多く、そのような人は人生を楽しむという部分で多くのマイナスな部分を持っています。

 

やっぱり自分がすごい人間で強い人間だという考え方は、男として満足できるかもしれませんが人生の上では失敗だと思います。

 

たまにはダメな人間で生きるのも幸せになれる

f:id:yasuisoutarou19:20180321090632j:plain

 

私は幼少期の時代から優等生で生きてきましたが、大人になって改めて自分はダメなところがたくさんある人間だと感じています。

 

それに劣等感を持つことなく半ば楽しむような感覚で生きていくのがベストだと実感していますよ。

 

完璧な人間というものは得てして自分を自分で支配する場合が非常に多く、非常に窮屈で苦しい人生を送ってしまいがちです。

 

もっと人間ダメな部分が当たり前にあり、それを少しでもリラックスして楽しんで行けるような人生というものが私の理想とする人生です。

 

私はタバコとコーヒーをこよなく愛しています

 

私は大学生時代からタバコを吸っている人間であり、タバコとコーヒーを一緒に楽しめば1日のうちで最高に幸せな時間を自ら作り出すことができます。

 

私は自宅でパソコンを使ってフリーランスとして仕事をしているので、仕事の合間にタバコとコーヒーを飲みながら音楽を聴くのが最高の時間です。

 

若い頃に死にたいほど悩み苦しんでいた自分は今はほとんどいませんよ。

 

お酒やタバコの健康被害が最近では非常に注目されていますが、私にとってみれば少ない量を楽しんで味わえばほとんど健康にマイナスな影響はないと思っています。

 

もっと心を自由にして色々なことを楽しむような生活をするのが私の理想の生活であり、したらいけないことだらけの人生というものは本当に面白くもなくつまらないものです。

 

人間関係を良好に保つにも効果あり

 

お酒やタバコというのは自分で楽しむだけではなく他人と一緒に楽しむことができますね。

 

友達や会社の同僚とのお付き合いでもお酒やタバコを嗜むことは、非常に人間関係を良好にしてくれます。

 

なかなか人間関係の部分で上手く人と付き合えない人は、お酒やタバコを楽しむことができる人間になればけっこう人との付き合いもうまくいきますよ。

 

一人で楽しむ時間も大切ですが、人と一緒にお酒やタバコで楽しい時間を過ごすのもこれまた良いものですね。

  

www.ikiyou.com

 

まとめ

 

教育の厳しい家庭ならばお酒やタバコというものはできるだけやらないほうがいいと思われるかもしれませんが、 やっぱり人間ダメな部分があって完璧主義では人生楽しくありません。

 

健康被害について色々と問題になっているようですが、中毒症状に陥らない限りはある程度健康的にもプラスに働く可能性もあります。

 

死にたいほど苦しかった私の人生も、お酒やタバコの力で幾分かマシになりました。

 

もっと人生ゆとりをもってお酒やタバコを楽しめるような時間を作るのが幸せの第一歩かもしれませんね。

 

Amazon1位 とにかくこれ読んでみて!死にたい人生が180度変わるよ!


ブログ治療家安井

私はこの無料電子書籍を読んで社会から離れて自由に生きていけました!

この無料電子書籍を読んで、1日2時間ぐらいの仕事時間で、余裕のある暮らしを手に入れましょう。

【無料電子書籍】→自由な人生を手に入れる教科書

※現状の苦しい状況を変えるには、結局は自ら行動するしかないですからね。ぜひ読みましょう。

f:id:yasuisoutarou19:20180605123637p:plain


まず読んでほしい3つの記事!

✔ 【波乱万丈】地獄の人生から楽園に到着した安井のプロフィールです!

✔ 【のんびり楽園生活!】死にたい人もブログを書いて暮らせちゃうよ!

✔ 【支配から自由へ!】私が自由で楽な人生を獲得した全てを解説


あなたはどんな悩みを持っていますか?(ブログカテゴリ)

 

Copyright © 2018 死にたい人に読んで欲しいブログ All rights reserved.