▶︎【必見!】お医者さんが教えてくれた「苦しみ」の正体とは?
スポンサーリンク

【波乱万丈】地獄の人生から楽園に到着した安井のプロフィールです!

岡山県に住んでいる安井です!

f:id:yasuisoutarou19:20180911162243j:plain

安井です
安井です
ようこそ私のブログにお越しくださいました。
初めましてブログ治療家の安井です。
私が長年苦しんだ人生の中で、私が気づき分かった楽に自由な人生を送る秘訣を紹介します。
きっとあなたが助かる方法がありますので、人生をあきらめずのんびり生きていきましょう!
記事の最後には誰でも無料で相談にのってくれる一般社団法人を紹介しています。

こんにちは、安井です。

死にたい気持ちを長年抱えていましたが、見事復活の人生を歩んでいます。

みなさんはじめまして!

私は現在岡山県の岡山市に住んでいる42歳の独身男性です。

「なぜ独身なの?モテないの?」

そんなこと言われてしまいそうですが、モテないと言えばはっきり言ってモテない人間です(´・ω・` )

しかし、結婚しないのも訳があってのことなのです。

私は女性は嫌いでもないし、別に結婚願望が全くないわけでもないです。

でも1人で部屋でゆっくりしている時間が大好きで、人間関係を持っているよりも圧倒的に孤独を愛している人間なんです。

「1人じゃ寂しくないの?なんか可哀想」

そんな風に思われる方もいると思いますが、ほとんどの時間を1人で過ごしていると、自分の好きなことが何でもできて自由で思い通りになりますよ(^_^;)

「それじゃあ1人で何してるの?」

私は1人で仕事をしたり、音楽を聴いたり、読書をしたり、映画を見たり、ゲームをしたり、好きなことばかりやってるよ\(^o^)/

なんでそんな生活ができるようになったか、私の生い立ちを紹介しながら説明しますね。

私は子供の頃からエリート人生を歩んでいた

f:id:yasuisoutarou19:20180911162258j:plain

私は岡山県の倉敷市で生まれ、子供時代から親の教育のもと勉強にスポーツにとても優秀な学生でした。

家が武士の家だったので、教育が非常に厳しく、私は子供の頃からエリート教育を受けていたことになります。

小学校から中学校の間には成績でオール5を何度も取ったことがあるくらいです。

部活動での硬式テニスでは、中学生時代には全国大会に行ったこともあります。

周りの人からは将来はお医者さんや弁護士になると思われてたみたいですね(*^^*)

「なんだ、最高の人生じゃん!」

なんて思われるかもしれませんが、実際の本人はそんなに最高でもなければ幸せでもないのですよ。

なぜかというと、自分のやりたいことも全くできず1日の生活で自由が全くないからです。

子供時代っていうのは、友達と遊んだり好きなゲームをしたり、やりたいことをたくさんできると思います。

私は毎日のスケジュールがいっぱいで、そんな普通の子供ができることが全くできませんでした。

地獄の大学人生が始まる

子供の頃にはそれが普通だと思っていた自分がいましたが、大学生時代になると私は自分自身に気付き始めたのです。

大学は京都の一流私立大学に入りましたが、はっきり言って私はもうエリート人生を送るつもりもなければ親の言いなりになることも考えていませんでした。

私は一回生の5月頃から大学に行くのをやめて、パチンコをしたり、ゲームをしたりしながら遊びまくったのです。

当然4回生で卒業することもできないので、私は留年することになりました。

その頃から両親が私を怪しみ始め、私は今後の身の振り方について1人で悩み苦しんでいたのです。

その頃から毎日の生活が非常に不規則になり、夜なかなか眠れなくなりました。

そんな不規則な生活が数ヶ月続いたぐらいで、私は精神的にまいってしまい、体の状態が最悪になってしまったのです。

病院に行くと自律神経失調症という診断を受けて、私はもうどうすることもできないほどのひどい状態となっていたのです。

安井です
安井です
最後までのんびりとお読みください。リラックス( ・∇・)

実家に帰っても地獄だった

f:id:yasuisoutarou19:20180911162314j:plain

病気の診断を受けて、大学を退学し実家の岡山に戻りました。

「お前はもう家の人間ではない」

父親にこのように怒鳴られてから、私は自分の部屋にこもりっきりの生活になったのです。

親は私の精神的な病を精神がたるんでいと思っているらしく、私にいつも怒りまくっていました。

そんな最悪の環境の中で、私の自律神経失調症の症状はどんどんと悪化し、最終的にうつ病状態に陥ったのです。

それから私は約10年間死にそうなほど苦しみもがく人生がスタートすることになったのです。

仕事は母親の紹介で地元の会社に就職しましたが、数年間働いて、もう耐えることができない状態となってしまい仕事を退職したのです。

それからアルバイトをしたり、引きこもり生活をしたりしながら時はどんどんと過ぎていきました。

「俺の人生はもう既に終わってしまった」

私はこのように思ってしまい、もう夢も希望も何もない状態で自分の部屋で毎日横になって悩み苦しんでいました。

その時私が部屋で何をしていたのかというと、自宅にあったパソコンでネットサーフィンをしていたのです。

何もすることもなく、インターネットで他人のブログや掲示板などを見ながら時間が過ぎていくのをただ呆然と感じていました。

スポンサードサーチ

あるブログとの出会いで人生が変わった

そんな時にある東京に住んでいる男性の書いているブログに行き着いたのです。

その男性は私と同じような悲惨な境遇を経験していた人で、人生の地獄を味わった経験の持ち主でした。

私は自分と同じような境遇を経験したこの男性に非常に自分が似ている部分を感じて、彼のブログを全て読むことにしたのです。

そうすると、彼はなんと現在毎月びっくりするぐらいのお金をインターネットで稼ぎながら東京で自由な生活を満喫していました。

彼の家は借金だらけの家で、両親も非常に厳格な怖い人でしたので私と同じような境遇だったのです。

そのときに私にも彼のように自分でインターネットでお金を稼いで自由になれるのかと強く感じるようになりました。

安井です
安井です
私は岡山の田舎でネットで生計を立てています。
▶️【記事】私のネットでの仕事内容と収益結果を紹介
※ネットだと自宅で自由に仕事ができます。

彼の電子書籍で自分の全てが逆転した

f:id:yasuisoutarou19:20180911162329j:plain

彼はインターネットの世界では非常に有名な人間で、知る人ぞ知る成功者のひとりでした。

彼の書いた「自由を獲得するための教科書」という電子書籍は、Amazonでランキング1位を獲得したほど人気となっていたのです。

私は彼のようにインターネットでお金を稼ぎたいと強く思うようになり、彼の電子書籍を読むことになったのです。

その電子書籍に書いている内容は、私にとってもう驚くばかりの内容で、私の信じることができないほどの自由な世界が広がっていました。

病気を患いもうどうにもならない状態になってしまった私にとって、最後の救いとなると確信したのです。

私は彼の電子書籍を読みながら、インターネットでお金を稼ごうと強く決心したのです。

それから1年が経ちました。

私は現在1日に約1時間から2時間の仕事時間で自宅で毎月15万円ほどの収入を稼げるようになったのです。

本当に彼のブログに出会って、彼の電子書籍を読んだおかげで、私の最悪だった地獄の人生は一変して楽園の人生へと変わったのです。

社会に出ることができず、悩み苦しんでいた自分にとって、自宅で仕事をするということは本当に最後の救いとなりましたよ。

皆さんも様々な事情で悩み苦しんでいると思いますが、社会に出ることなく自宅でお金が稼げるようになったらほとんどの悩みは解消できます。

私が現在の毎日が学生時代の夏休みのような楽園生活を手に入れたように、皆さんを是非最後の自由な人生を歩んでほしいと思います。

スポンサードサーチ

地獄の人生で何を学んだかが重要

誰でも苦しい地獄の時期があったと思いますが、ここで重要なのはその地獄の人生の中で何を学んだかが重要になります。

私も現在の幸せな生活を営むことができた理由は、私の苦しい時期から多くのことを学んだからです。

人生山あり谷ありと言いますが、谷の部分で何が自分を不幸にするのかを学ぶことができた人は、その後の人生で大きな幸福をつかみとることができるはずです。

私が学んだ人生の教訓をここで紹介したいと思います。

  • 自分が持っているお金の範囲でお金を使う
  • 不要な人間関係を持たずに必要な人に集中する
  • きちんと自分のやるべき目標を持つ
  • 両親や兄弟と仲良くして家の中を平和に保つ
  • 夜更かしをせずに早寝早起きの生活習慣を身につける
  • 何もしない時間を作らず行動的な毎日を送る

私は上記のことが全くできいなかったので、人生のどん底を味わっていたのです。

皆さんも現在の悲惨な人生は悲惨な人生を送る理由があるからそうなっているのです。

どん底から這い上がる人は、それをしっかり自分の経験から検証して、2度と同じ過ちをしないようにしています。

私も若い頃徹夜でゲームなんてしていましたので、生活のリズムが完全に狂ってしまい、精神的に追い込まれてしまったのです。

地獄の人生は自分の生活習慣に由来することですので、きちんとした生活を継続していくことで、人生に光が差し込んでくるのです。

前を見てコツコツ歩いていくことで目的地に着ける

私は子供時代には真面目なコツコツ型の人間でしたが、大学時代に遊びまくってしまい落ちこぼれ人生を歩んでいました。

学生時代までは、自分の目標と理想がはっきりしていたので迷うことはありませんでしたが、それがなかったら人間はダメな動物と成り果ててしまいます。

人は何かのきっかけで自分の進むべき道を見失ってしまう場合があり、それが人生の闇に繋がってしまいます。

どんな目標でも構わないので、自分の目標をしっかり持ちそれに向かってコツコツ歩いていく人生を歩めば良いのですよ。

そんなにすごい人とか偉大な人になる必要はなく、あなたらしい人間になれば良いのですよ。

私もそれに気づいたときに、再び自分の足で歩いていこうと決意できたのです。

決して現状の悲惨な状況に嘆くのではなく、新しい自分の線路を作れば良いのです。

人生はなにかのキッカケで大変化する

人生というのは山あり谷ありの人生ですが、何かのきっかけで幸せな世界へと進んでいくこともできるのです。

私は現在ほとんど悩みや苦しみがない状態で、毎日学生時代の夏休みのような自由な時間を満喫して生活しています。

来年からは東南アジアのタイに1ヶ月ぐらい移住をしてみようと思っているので、今から準備で大忙しです。

人生終わったと感じている人も多いと思いますが、自分の考え方次第でいくらでも新しい人生を生きることは可能ですよ。

今では父親も私のことを認めてくれて、親子の関係は非常に良いですよ。

皆さんも自由な世界を知って、新しい世界へと旅立ってくださいね。

数年前まで苦しみもがいて死にたいほど悩んでいた自分はもう現在どこにもいません。

皆さんにも私と同じような経験をぜひともしてもらい、地獄の世界から天国の世界へと進んでいってもらいたいと思います。

せっかく1度きりの人生なんですから、自分のやりたいことをして思う存分人生を満喫したいですよね。

「きっとあなたにもできますよ!」

「私にも出来たんですから!」