▶︎【必見!】お医者さんが教えてくれた「苦しみ」の正体とは?
スポンサーリンク

孤独で死にたい人!寂しいと感じない簡単な方法【身近な人を大切に】

あなたは孤独で寂しいのではありませんか?

f:id:yasuisoutarou19:20180912061516g:plain

安井です
安井です
ようこそ私のブログにお越しくださいました。
初めましてブログ治療家の安井です。
私が長年苦しんだ人生の中で、私が気づき分かった楽に自由な人生を送る秘訣を紹介します。
きっとあなたが助かる方法がありますので、人生をあきらめずのんびり生きていきましょう!
記事の最後には誰でも無料で相談にのってくれる一般社団法人を紹介しています。

「なぜ自分は孤独で人と分かり合うことができないんだ?」

「自分のことを理解してくれる人が1人もいない」

この記事はそんな人の向けて書いています。

この記事を読むと、孤独で死にたいほど苦しんでいる人が、家族と仲良く幸せに人間関係を持つことができるようになりますよ。

スポンサードサーチ

あなたの気持ち分かります

本当に孤独で死にたいほどつらい時期は誰にでもあると思います。

私も学生時代から友達があまり多くなく、孤独で寂しい時期がたくさんありました。

しかし、今では友達がたくさんいませんが、家族と仲良く暮らすことで幸せな毎日を送っています。

わたしの経験から書いたこの記事を読むと、孤独で苦しんでいても、家族があなたを助けてくれることが分かり、家族を大切にしようと考えることが出来ますよ。

それでは私安井のブログ文章での治療を体験ください。本文へどうぞ!

スポンサードサーチ

結論から言えば孤独な問題は簡単に解決可能

f:id:yasuisoutarou19:20180912061526j:plain

まずは結論から言いました。孤独の問題は案外たやすく解決することができます。

孤独な人間は大部分我が強くプライドが高い人が非常に多いですよ。

自分のプライドを捨てて、自分の家族と仲良くするだけで孤独だとてすぐに解決できてしまいます。

私も子供時代からとても我が強い人間でなかなか他人と協調することができませんでした。

だけど、ある日からプライドを捨てることによって、自分が人よりも上に立つ人間だと考えないことが孤独から抜け出す最大の方法でした。

それでは詳しい内容を書いていきたいと思います。

安井です
安井です
最後までのんびりとお読みください。リラックス( ・∇・)

人間には様々なタイプの人がいる

人間というのは人それぞれの性格を持っていて、孤独を愛する人間もいれば孤独では耐え切ることができない人もいます。

しかし、孤独を愛する人間だったとしても、人間というものは弱い動物であり、必ず人の助けが必要になる時がやってきます。

そのような時が来た場合には、素直に人と協調関係を持てる人が人生を幸せに生きていけるはずです。

私も人に助けを求めることは恥であるぞと教育を受けてきましたので、なかなか人に頼って生きていくことができませんでした。

私は大学生時代に大問題を引き起こしてしまい、死にたいほど毎日悩み苦しんでいたのです。

しかし、家族にも頼ることができず、私はどうすることもできないほど最悪の状況になってしまったのです。

人間には様々な存在しますが、自分がどうすることもできない時には孤独から脱却して人の助けを求める人の方が絶対に得ですよ。

スポンサードサーチ

一番大切な人は家族でなくてはなりません

f:id:yasuisoutarou19:20180912061537j:plain

私は若い頃からプライドが高く自己中心的な人間でしたが、30歳を過ぎたぐらいから自分はそれほど強くない人間だと納得できるようになりました。

30歳ぐらいから家族の人と協調することが少しずつできるようになり、自分の死にたい程の悩みや苦しみも家族と話し合うことで少し解決できるようになったのです。

自分は凄い人間だと思い込むことによって、家族と仲良くすることができない自分がいましたが、自分だって弱い部分がある人間だと考え方を変えて、家族と仲良く付き合うようにしたのです。

やっぱり生まれた時から数十年家族と一緒にいますので、家族と仲良くしないということはものすごく損をしていることです。

家族と仲良く協調して生きていくことによって、私の毎日は非常に素晴らしいものへと変化していきました。

安井です
安井です
私は岡山の田舎でネットで生計を立てています。
▶️【記事】私のネットでの仕事内容と収益結果を紹介
※ネットだと自宅で自由に仕事ができます。

我が強い人は孤独に陥りやすい

何回も皆さんに言っておきたいのですが、我が強い人間というものは長い目で見ると非常に損をしてしまいますよ。

男性は孤独で生きる方が男らしくてカッコ良いと考えてしまう人もいますが、そのような生き方は何も得るものはありません。

最低でも家族と仲良くして助け合って生きていく生き方は素晴らしいものですので、家族と喧嘩ばかりしていたり、仲の悪い関係の人はすぐにでも家族関係を修復した方が良いと思います。

友達とは仲良くできるけど、家族とはなかなか仲良くできない若者はとても多いですね。

最終的には自分が困っている時に助けてくれるのは家族だと思いますので、家族と良好な関係を持っているだけで、非常に安心できますよ。

死にたいほど苦しんで孤独を感じている人は、友達よりも優先的に家族との関係を改善してくださいね。

スポンサードサーチ

助け合って生きるのが人間の理想です

人間とは、社会的な動物と言われているように、集団を構成して生きていくのが一般的です。

あなたは生まれた時から家族という集団で生活していくことになりますので、家族というものは非常に大切なものだとわかってください。

孤独になりやすい人は、集団の中で生きていくことが非常に苦手な人で、プライドが高い人が非常に多いのです。

自己主張ばかりして、自分の考えを相手に押し付けるようなタイプの人はどうしても集団の中でうまくやっていくことができなくなります。

相手の意見や考え方を尊重して、少しでも相手を気づかえるような人間にならなくてはいけません。

よく正義感が強い人や完璧主義者の人は、人との折り合いがうまくできず、人と言い争いになる可能性が高くなります。

相手と助け合って生きたり、理解しあうことで自分の人生は孤独から幸せな人間関係へと変化していくことでしょう。

死にたい気持ちを感じたら家族に助けを求めよう

私も大学生時代から孤独で死にたい気持ちが非常に強く、様々なことで悩み苦しんでいました。

友達に自分の苦しみを伝えることがなかなかできず、私は悩みを1人で抱えて精神的に病んでいたのです。

家族関係もあまり仲の良い関係ではなく、両親にはとても厳しかったので何も話したことはできませんでした。

しかし、ある日突然親に対して自分の悩みを打ち明けてみようと思うようになり、思い切って相談をしたのです。

そうすると、両親は自分に相談してくれて嬉しいと私に言ってくれました。

その時から私と両親とは非常に仲が良くなり、なんでも話し合える関係と変わっていったのです。

私も両親も相手に対して変なプライドが高くなかなか自分の思いを打ち明けることができずにいただけでした。

最終的には本当に自分のことを思っくれる人は、自分の両親や家族なんだと改めて強く思った次第です。

私も子供時代から孤独を感じ苦しい人生でした

よく勉強ができたり、スポーツができたりする子供というものは、幼少期からプライドがとても高くなってしまいなかなか人と上手く関係を持つことができない人も多いと思います。

私もそのようなタイプの人間であって、友達と遊んでいても自分の本当の気持ちを伝えることができない人間でした。

自分の本当の気持ちを相手に伝えるということはある程度相手を信頼しておかないとできるものではありません。

相手を信頼できないという自分の性格は、自分自身がまだまだ未熟だと言うことに他ならないのです。

自分1人で孤独で苦しんでいても仕方がないので、もっと信頼できる人間に自分の悩みや苦しみを打ち明けていきましょう。

そうするだけで、人生というものはそんなに最悪なものではなく、死にたいほど嫌なものでもないはずですよ。

今日からあなたはすごい人間ではなく弱い人間になってください

f:id:yasuisoutarou19:20180912061552g:plain

それでは、今日からあなたはプライドが高くすごい人間から弱い人間と変わっていってくださいね。

自分の弱さをきちんと自覚できる人は、自分ひとりで問題を解決しようとするのではなく、きちんと家族に助けを求める人間になれるはずです。

家族の人に自分は困っていることを知ってもらい、家族みんなで問題を解決していく人間関係を必ず持ってください。

そうすることで死にたいほどの孤独な悩みも1人で抱え込むのではなく、もっと楽に解決できますよ。

今日から人生を1人で歩んでいくのではなく、家族みんなで楽しい人生を歩んでくださいね。

1人で生きて行くより、みんなと一緒に助け合いながら生きていく生き方を選択してくださいね。

追記 孤独でなくプライベートを楽しむ感覚が大事

孤独で死にたいほど苦しんでいる人は、1人でいると寂しいと感じて、友達がたくさんいる人に劣等感を感じているかもしれません。

私も子供時代はそうでしたが、友達が少ないことで何だか自分が人よりも負けていたり、劣っている感覚を持っていました。

だから私は無理して友達と会話したり休み時間遊んだりすることもあったのです。

しかし大人になってその孤独の感覚は少なくなっていったのです。

幼少期には知らなかった「プライベート」という言葉を大学時代に知ったからです。

欧米の人は社会で勉強したり仕事したりするよりも1人でいる時間、いわゆるプライベートを大切にするらしいのです。

私はこの「プライベート」という言葉を知って、1人で孤独でいることに罪悪感を持ったり劣等感を持つことはなくなりました。

1人の時間を思う存分楽しめば良いというわけですね。

追記 1人で楽しむ趣味を見つければ死にたい気持ちも消える

私は子供の頃から友達と一緒に遊ぶことが苦手な人間でしたので、1人で楽しむ趣味をたくさん持っていました。
代表例を挙げてみると以下になります。

  • 読書
  • 映画鑑賞
  • 学問
  • 音楽鑑賞
  • ブログを書く
  • ツイッター
  • ゲーム
  • 歌を歌う
  • タバコとコーヒーでのんびりする

私は人と一緒にいる時間よりも、自分で自分の趣味を楽しむ時間の方が何倍も幸せを感じるので、私は自然と友達から離れ1人でプライベートを楽しむようになりました。

皆さんも決して死にたいほど孤独を味わうのではなくて、1人で楽しいことを思う存分やってみることも大切ですよ。

1人でいるのが得意になれば、きっと誰にも影響を受けず自分のやりたいことを徹底的に楽しむことだってできるはずです。

ぜひ1人の時間を大切にして、人との問題やトラブルを起こさないようにしましょうね。

基本的に1人で幸せな時間を過ごせるようになると、人生の大部分の悩み苦しみはなくなったも同然ですね。