死にたい人に読んで欲しいブログ

人間生きていたら死にたいと感じることありますよね。このブログでは自殺願望、病気、いじめで苦しみ死にたい人に向けて死に関する私の考え方を紹介します。



【行動すれば助かる!】死にたいほど職場でパワハラを受けているなら転職しよう


Amazon1位 とにかくこれ読んでみて!死にい気持ちが180度変わるよ!


ブログ治療家安井

私はこの無料電子書籍を読んで社会から離れて自由に生きていけました!今の人生に苦しんでいるなら読むべし!

【無料電子書籍】→自由な人生を手に入れる教科書

f:id:yasuisoutarou19:20180605123637p:plain


この記事は2018年6月29日に更新しました。

 

f:id:yasuisoutarou19:20180415161603j:plain

 

こんにちは、安井です。

死にたい気持ちを長年抱えていましたが、見事復活の人生を歩んでいます。

>>参考:【波乱万丈】地獄の人生から楽園に到着した安井のプロフィールです!

 

「上司や同僚からパワハラを受けて死にたいほど苦しい」

 

「パワハラで会社を辞めたいと思っているけど行動できない」

 

この記事はそんな人に向けて書いています。

 

この記事を読むと、パワハラを受けて死にたいほど悩み苦しんでいるあなたが、スムースに今の会社を辞めて、新しい会社に転職して幸せに仕事ができる方法が分かりますよ。

 

あなたの気持ち分かります

 

本当に仕事というのは我慢の連続で、上の人に逆らうことも出来ず苦しくてたまりませんね。

 

私も初めて会社に就職して、会社の上司が非常に厳しい人で、あまりの長時間労働やノルマに耐えられませんでした。

 

しかし現在では会社を退職し、自分のやりたい仕事をしながら幸せに生きています。

 

私の経験から書いたこの記事を読むと、パワハラで死にたいほど苦しんでいる人が、どう行動すれば良いのかはっきりと分かりますよ。

 

それでは私安井のブログ文章での治療を体験ください。本文へどうぞ!

 

 

日本の労働者会は世界と比べて死にたくなるほど厳しすぎる

f:id:yasuisoutarou19:20180629141100j:plain

 

日本は長時間労働当たり前、奉仕残業も多い

日本という国はお金持ちの国であり、経済も産業も大発展を遂げている先進国です。

 

以前は日本はそれほど豊かな国ではなく、皆んな生きていくのがやっとの生活をしていました。

 

私もこの豊かな日本で、美味しいものを食べ欲しいものを買ったりしながら満足して暮らしていますが、それは労働者の過酷な労働が豊かな国を作り出していることを知らなければいけません。

 

日本の仕事や労働は、世界的に見てもとても苦しく、長時間労働も奉仕残業も当たり前の社会が作られているのです。

 

世界に行けば、もっと楽をして楽しみながら暮らしている人が圧倒的に多いのです。

 

労働至上主義が悲惨な社会を作り出す

この資本主義日本の労働市場主義は、多くの苦しみや弊害を生み出して来ました。

 

人生の大半を仕事に捧げる人達が、戦後から非常に多くなり、お金を稼ぐために人生を生きているのかと錯覚するほどです。

 

私も子供の頃から父親も母親も一生懸命働いていて、大人になれば幸せなんてないものだと子供心に思っていたほどです。

 

日本人ではうつ病の患者が非常に多く、職業がきっかけとなり精神的な病を発症する人があとをたちません。

 

本当にもっと楽をして生きていく生き方がないのかと、日本の労働者会はあまりにも行き過ぎていると思うのは私だけでしょうか?

 

目上の人に絶対服従がもたらすパワハラの危険

 

日本人は目上の人に逆らえない文化が形成されている

日本ではここ10年間ぐらいで、パワハラの問題がニュースや新聞でも取り上げられ大問題となっています。

 

特にブラック企業などは、人間を人間とも思わない労働環境や労働条件のもとで、死にたいほど苦しい仕事や労働を強制しています。

 

なぜこんなことが起こるのかと言うと、それは日本人は目上の人に逆らえないように、学校時代から教育や洗脳が行われているかにほかなりません。

 

だからパワハラを受けて死にたいほど苦しんでも、それに反抗したり意見したりすることが出来ない社会人が多いのです。

 

こんな強者に支配される弱者教育というものは、日本人は死にたいほど苦しい仕事に従事さすためにあるようなものであり、一刻も早く改善しないといけないことですね。

 

パワハラは何も今に始まったことではない

パワハラの文化というものは、現代の日本だけに合ったものではありません。これは世界的に見てもあらゆる国や組織に存在していたものです。

 

それを現代の世の中までかたくなに継続しているのが日本の国なのです。

 

日本は武士の人が偉いと言われていた国ですので、教育も仕事も家庭も皆んな厳しくて当たり前だと思われていたのです。

 

私も家庭環境が厳しい幼少期を生きていましたので、落ち着いて安らかな気持ちになったことがあまりありませんでした。

 

日本という国は、もっとゆったりと楽しんで生きる生き方が浸透しないと、生まれてくる子供も悲惨を極める人が増えるだけだと感じています。

 

とにかく今の状況から抜け出さないと地獄ですよ

とにかく会社でパワハラを受けて死にたいほど苦しんでいる人が、すぐにその状況から抜け出す対策を講じないと、将来的に精神病を患ったりひどい目に会いますよ。

 

なかには自殺している人もいるほど、会社でのパワハラ問題は深刻化しているので、自分の命を大切にして、すぐに助かる行動に出ることが先決です。

 

会社を辞めてもまったく劣等感を持つ必要もありませんよ。

 

私だって若い時には3度ほど会社を転職しているほどです。

 

パワハラを受けて死にたいほど苦しんでも何も言えない人が増えている

f:id:yasuisoutarou19:20180629141138j:plain

 

日本人に多い耐えて我慢する文化

パワハラを受けて死にたいほど苦しんでいる人の多くの特徴は、何事も耐えて我慢しないといけないと感じている人です。

 

これは厳し教育のもとで育った人間の特徴で、このような人は病気になるか死にそうになるまで耐えて苦しむ人です。

 

私もそのような人間でしたが、この考え方は自分が自滅する考え方ですので、もっと視野を広く持って適当に仕事をしないと、恐ろしい結果を招くことになります。

 

社会では徹底的に弱者にされる

パワハラを受けている人は、自分は仕事ができるスゴイ人間だと勘違いしている人が多く、本当は弱者として洗脳やマインドコントロールをされているのです。

 

会社の中で上司に対する徹底した弱者に教育されているだけですので、仕事をしているからといって、勘違いしないようにしてください。

 

上司が強ければ、あなたは必然的に弱者になる必要が出てきますので、それがパワハラを産み出す最大の要因になるのです。

 

もっと積極的に自分の意見を言わないといけない

自分が弱者になってしまい、上司に何も言えない状況を作られてしまう恐れがありますよ。

 

そんな場合は思い切って自分の意見を言ってみることが重要です。

 

それで上司との関係が悪くなったとしても、パワハラを受けたまま仕事を続けて死にたいほど苦しむのはバカげたことです。

 

言いたいことを言って、会社を辞めることになっても、それは自分が行動した結果ですので何も問題ありません。

 

なぜ日本ではブラック企業が栄えるのか?

 

日本人はお金儲け主義が浸透している

日本人は戦後貧乏のどん底を味わい、皆んな裕福になりたかったと思います。

 

私のお爺さんなども、貧乏のどん底から這い上がってきた人であり、お金持ちになるために一生懸命働きました。

 

日本人のほとんどが貧乏でしたので、一生懸命働くことで日本人は世界に誇るお金持ちの国になったのです。

 

だから現在の日本人も多くのお金を稼いで当たり前だと感じている人が多く、それが厳しい労働国家を作り上げているのです。

 

厳しい長時間労働やノルマが当たり前の状況となり、それに何も疑問を抱かずに多くの人は苦しみまくっています。

 

目上の人に絶対服従はおかしい価値観

私が子供の頃に思っていたのですが、両親や先生の言っていることは絶対に正しく言うことを聞かないといけないということは、何だかおかしいなと直感的に感じていました。

 

しかし子供の頃は体力も弱く目上の人に逆らうことが出来ませんでした。

 

だから両親や先生の言いなりになり、生きていくことしか出来なかったのです。

 

これがそのまま会社でも適応されますので、日本人は過酷な労働をするがために子供の教育をしていたのことに他なりません。

 

仕事をすることを日本人は尊重しすぎ

男性は仕事をするのが当たり前で、苦しんでお金を稼ぐことが尊敬されることだと言われています。

 

常識的に考えてもそれは当たり前かもしれませんが、これを尊重しすぎると、男性は一生懸命死にたいほど苦しみながら労働をすることが美化されてしまいます。

 

これをうまく利用しているのが、企業や会社ですので、日本人はもっと楽をして仕事をしても良いものだと思いませんか?

 

仕事をするのは大変かもしれませんが、もっと楽しく幸せな社会を作っていく努力も必要だと強く思います。

 

www.ikiyou.com

 

現在は転職が当たり前の世の中となっている

 

現在では転職しても差別は受けにくい

現在の時代はパワハラなどが原因で会社を退職しても、もっと環境の良い次の会社に転職すれば良いだけですよ。

 

昔みたいに一つの会社で一生働き続けるというような、そんなおかしな社会ではありませんので、もっと自由に転職を考えても良いのです。

 

パワハラを受けながら苦しんで会社に居続けるのは愚かなことですので、すんなりもっと労働条件やまともな上司がいる会社に転職すれば良いのです。

 

転職エージェントも増えている

転職をサポートしてくれる転職エージェントもものすごい数になりますので、もし会社でパワハラを受けて悩んでいるなら、転職エージェントに相談してくださいね。

 

あなたの今の現状に適切なアドバイスをしてくれますので、何も行動しないよりは、行動したほうが圧倒的に結果は良くなりますよ。

 

今の会社が全てではなくて、もっとあなたにぴったりの条件の良い会社があるはずです。

 

職業の自由が約束されていることを知っていますか?

日本は日本国憲法で、職業の自由が定まっていますので、強制的に今の会社で働かせることはありえないのです。

 

だから転職してもまったく問題なく、劣等感も罪悪感を持つ必要なんてこれっぽっちもないのです。

 

早く洗脳やマインドコントロールから離れて、自由に会社や職業を選択してくださいね。

 

まとめ

 

仕事はいくらでもありますよ

パワハラ死にたいほど苦しんでいる人は、頭を切り替えたり、考え方を変えて、今の会社から離れる方向に進むことが一番の解決策です。

 

日本人は教育による洗脳やマインドコントロールを強く受けていますので、会社を辞めたり上司に口答えしたらいけない人間にされています。

 

こんな事は馬鹿らしいことですので、すぐに転職を考えて動き出しましょう。

 

追記 上司のパワハラにどう対応すれば良いか?

f:id:yasuisoutarou19:20180629141256j:plain

 

言いなりになるのは全てにおいて大損

基本的に日本では目上の人の意見は絶対だと言われていますが、それはとうに遠い過去の話になっています。

 

上司の意見に対して自分が絶対悪い立場にある場合には、それは言う事を聞かないとダメだと思います。

 

しかしこれは自分のプライドや理性を完全に否定していると感じた場合には、自分の意見を押し殺してまで、仕事に従事することは無駄だと思います。

 

なぜならそのような上司は、いつも同じパワハラを部下に行うからです。

 

初めはどうしようもないと我慢する場合もありますが、結局我慢してもその上司がいる限り、永遠とパワハラはあなたに行われていくでしょう、

 

自分には耐えれないと感じたら速やかに退職するのがベスト

 

上司のパワハラに耐えれないと感じる人は、自分が悪いのだと錯覚してしまいますが、それは完全なる会社による洗脳でありますので、自分の率直な素直な感じ方が正解になります。

 

耐えられない態度や言葉を浴びせられた場合には、本当にその上司の下で何年も耐えられるか想像してください。

 

それは働く機会の損失でもありますし、あなたの毎日はパワハラによって最悪の地獄となってしまいますよ。

 

Amazon1位 とにかくこれ読んでみて!死にたい人生が180度変わるよ!


ブログ治療家安井

私はこの無料電子書籍を読んで社会から離れて自由に生きていけました!

この無料電子書籍を読んで、1日2時間ぐらいの仕事時間で、余裕のある暮らしを手に入れましょう。

【無料電子書籍】→自由な人生を手に入れる教科書

※現状の苦しい状況を変えるには、結局は自ら行動するしかないですからね。ぜひ読みましょう。

f:id:yasuisoutarou19:20180605123637p:plain


まず読んでほしい3つの記事!

✔ 【波乱万丈】地獄の人生から楽園に到着した安井のプロフィールです!

✔ 【のんびり楽園生活!】死にたい人もブログを書いて暮らせちゃうよ!

✔ 【支配から自由へ!】私が自由で楽な人生を獲得した全てを解説


あなたはどんな悩みを持っていますか?(ブログカテゴリ)

 

Copyright © 2018 死にたい人に読んで欲しいブログ All rights reserved.