無料!Amazon1位 これ読んでみて!死にたい人生大逆転!

※この無料本読んで私の人生は激変しました。あなたの人生も変わります!
安井荘太郎
安井荘太郎
死にたい私を助けてくれた本! 私はこの本を読んで初めて人生の自由を知りました あなたにもぜひ読んでほしい!
f:id:yasuisoutarou19:20180911170305p:plain 私はこの無料電子書籍を読んで社会から離れて自由に生きていけました! 1日2時間ぐらいの仕事時間で、余裕のある暮らしを手に入れましょう。

☑️ 自由にお金を稼ぐ

☑️ 社会や学校から自由な人生

☑️ 嫌なことをしないで良い人生

安井荘太郎
安井荘太郎
【私の楽園生活のバイブルです!】 【無料ダウンロード】自由な人生を手に入れる教科書
無料キャンペーン中!人生が劇的に変わります。5000件を超える読者の感想あり。

死にたいほど学校に行きたくない!そんな問題を解決する【徹底解説】

f:id:yasuisoutarou19:20180912082613g:plain

こんにちは、安井です。

死にたい気持ちを長年抱えていましたが、見事復活の人生を歩んでいます。

>>参考:【波乱万丈】地獄の人生から楽園に到着した安井のプロフィールです!

「学校に行きたくなくてたまらない」

「勉強するのが嫌」

「学校の友達関係で苦しんでいる」

この記事はそんな人に向けて書いています。

この記事を読むと、今まで学校に行きたくない人が、学校に行きたいと感じるようになりますよ。

スポンサーリンク
  1. あなたの気持ち分かりますよ
  2. 日本では不登校の学生が年々増加している
    1. いじめ問題や差別の世界で苦しんでいる子供が多い
    2. 日本の教育問題に大きな問題があるかも
  3. 1:学校に行きたくないのは自分のやりたいことが別にある可能性大
    1. あなたは本当に自分のやりたいことがありますか?
    2. 将来の夢を実現するために学校が必要か考えたことがありますか?
  4. 2:最近はゲーム中毒の子供が不登校に陥っている
    1. ゲームばかりしていても将来困りますよ
    2. 社会的な人間関係の楽しさを子供の時に味わってないとやばい
      1. 私に苦しみから逃れる全てを教えてくた恩人
  5. 3:勉強はそれほどできないで良いけど全くできないのは困るよ
    1. 大人になって社会に入るには基礎的な学力がないと難しい
    2. やっぱり義務教育の学力ぐらいは身につけておかないと困ってしまう
  6. 4:学校に行きたくないなら別の楽しみを見つければ良い
    1. 友達と楽しく付き合っているだけでも面白いよ
    2. 学校で友達と趣味の話に花を咲かせるのも最高
      1. 私は田舎でブログを書いて楽園生活しています
  7. 5:学校は勉強するだけの場所ではありませんよ
    1. 勉強以外にも部活動を楽しむ学生も非常に多い
    2. 単純に遊びに行く場所だと思えば気が楽ですよ
  8. 私も高校時代登校拒否の学生でした
    1. 登校拒否だった私はある友達に救われた
    2. 先生とも話してみるとそんなに嫌な奴ではなかったよ

あなたの気持ち分かりますよ

本当に日本の学校は、何だか勉強しろと言われるばかりで楽しくありませんよね。

私も高校時代に、学校に行くのが嫌になり数ヶ月間登校拒否に陥っていました。

しかし、ある事に気づきはじめて私は学校に行くことが出来、なんとか高校を卒業することが出来たのです。

私の経験から書いたこの記事を読めば、学校とは勉強ばかりではなく、友達や部活動など様々な楽しみがあることに気づき、学校に行きたくなるはずですよ。

それでは私安井のブログ文章での治療を体験ください。本文へどうぞ!

日本では不登校の学生が年々増加している

f:id:yasuisoutarou19:20180912082628j:plain

いじめ問題や差別の世界で苦しんでいる子供が多い

日本では世界と比べていじめ問題や差別問題が非常に強くあるのが事実です。

日本は社会的に発達した国ですが、個性を持って他人と違ったことをしてしまうとすぐにいじめられたり差別を受けてしまいます。

日本のいじめ問題は最近になって社会的な大問題となっていて、私の住んでいる岡山県でもいじめ問題が最重要課題の一つとなっています。

日本の教育問題に大きな問題があるかも

これらの日本の問題というものは、学校や家庭の子供の頃からの教育問題に根ざしていると思っています。

社会のレールの中に入らなければ落伍者として差別を受けるような現在の日本社会というものはおかしなものですね。

何も勉強ができてサラリーマンにならなければいけないという理由はないはずです。

日本は憲法で職業の自由が決まっていますので、自分のやりたい仕事を見つけて働けば全く問題ないと思うからです。

だから優等生になって一生懸命勉強ができるという人生だけが全てではないのですね。

1:学校に行きたくないのは自分のやりたいことが別にある可能性大

あなたは本当に自分のやりたいことがありますか?

若い人たちは将来に夢を持って自分がやりたいことがある人が非常に多いのですが、あなたには将来やりたいことがあるでしょうか?

私の場合は子供の頃からなりたいものが全くなくて、将来どんな仕事に就くのか大学を中退しても全くわかりませんでした。

もし自分が将来的にやりたい仕事などがない場合には、世間の色々な事をもっとよく知って何かに興味を持つことが必要です。

もし自分のやりたいことが何もない場合には、あなたの人生はあまり面白くない人生になってしまいますよ。

将来の夢を実現するために学校が必要か考えたことがありますか?

もしあなたがやりたいことがあるならば、学校というものはそれに必要かどうかある程度判断するのが重要です。

もし大学に行く必要がないと思ったら大学に行くことは考えなくてもよろしいです。

基本的に勉強しなければ生きていけないという社会というものはあまり喜ばしい社会ではないので、勉強だけではなく何かの技術やスキルを習得する方向に舵を切った方が良い場合もありますよ。

2:最近はゲーム中毒の子供が不登校に陥っている

ゲームばかりしていても将来困りますよ

最近の子供に多いのがゲームばかりして勉強やスポーツを全くしない人たちが増えていることです。

これはアジア地域に非常に多い子供の特徴なのですが、ゲームばかりして学校に行きたくないという子供が年々増加傾向にあるのです。

不登校に陥っている子供も、家で何をしているのかといえば部屋に引き持ってゲームばかりしている子供が非常に多くなっています。

ゲームというものは非常に楽しいものですが、ゲームばかりしていると引きこもりになってしまい将来的に非常に苦しい人生を歩んでしまいますよ。

社会的な人間関係の楽しさを子供の時に味わってないとやばい

不登校や学校に行きたくない子供の特徴として人間関係を上手く保つことができない人が多くなっています。

人間というものは基本人と支え合いながら生きていく生き物ですので、ある程度人とコミュニケーションをとらないとなかなかうまく生きていきません。

当然将来社会に入って仕事をする人は、最低限に必要な人間関係のコミュニケーションスキルを持っておかないと孤立してしまいますよ。

だから子供の時に友達とうまく付き合っていく人間関係の楽しみを持っておくことは非常に重要です。

たわいもないことでも良いので人と話すことを訓練しなければいけませんね。

私に苦しみから逃れる全てを教えてくた恩人

安井荘太郎
安井荘太郎
私を死の底から救ってくれた恩人
▶︎だいぽんさん
※彼の言葉で私は幾度となく助けられました!

3:勉強はそれほどできないで良いけど全くできないのは困るよ

f:id:yasuisoutarou19:20180912082639j:plain

大人になって社会に入るには基礎的な学力がないと難しい

不登校や学校に行きたくない人は、学校に行っても意味がないと考えてしまいがちです。

確かに今やっている勉強などは、本当に将来自分に必要かどうか子供には判断がつかないと思います。

私も子供の頃こんな勉強ばかりしていて一体将来何の役に立つのか真剣に悩んだことがありますよ。

でも現在大人になって考えてみたら、ある程度の基礎学力がないとなかなか自分のやりたいこともできなくなります。

大人になって多くのことが経験できるのも、やはり子供の頃に勉強していたことが影響しているのだと実感しています。

やっぱり義務教育の学力ぐらいは身につけておかないと困ってしまう

やっぱり義務教育ぐらいは受けておかないと将来の可能性が非常に小さくなってしまうことは間違いありません。

学校に行きたくないと本気で考えている人は、将来大人になって後悔する可能性が非常に高く、最低限義務教育を受けた方が絶対にプラスに働きますよ。

4:学校に行きたくないなら別の楽しみを見つければ良い

友達と楽しく付き合っているだけでも面白いよ

学校というものは何も勉強ばかりしているところではありません。

仲の良い友達などができたりすると、友達とおしゃべりするのが楽しくなり学校に行くのがワクワクドキドキしてきますよ。

勉強ばかりで思い悩むのではなく、もっと友達を作って学校を楽しんでしまえば良いのです。

学校で友達と趣味の話に花を咲かせるのも最高

学校では同じ趣味を持った人と巡り会うチャンスもたくさんありますよ。

私の場合も子供の頃家でファミリーコンピューターというゲームで遊んでいたので、ゲームのことについて友達といつも話していました。

攻略法を見つけたら友達に教えてあげたりして、それで友達と仲良く人間関係を築いていた記憶があります。

私は田舎でブログを書いて楽園生活しています

安井荘太郎
安井荘太郎
現在は副業でもブログで収入を稼げる時代ですよ。
▶️【のんびり楽園生活!】ブログを書いて暮らせちゃう
※現在多くのブロガーがブログで生活しています

5:学校は勉強するだけの場所ではありませんよ

勉強以外にも部活動を楽しむ学生も非常に多い

学校は勉強だけではなく部活どうすれば熱心に打ち込むことができるものを見つけることができますよ。

部活動していると同じ目的を持った友達がたくさんできますので、その友達と大人になって一生涯付き合うことだってできるのです。

私はテニスの部活動に入っていましたので、毎日練習することで友達と友情関係などを築くことができていました。

夏休みには合宿などを行って、その当時は非常に楽しい思い出をたくさん作っていたことを思い出します。

単純に遊びに行く場所だと思えば気が楽ですよ

学校というのは良い成績を取るだけが全てではなく、友達と遊んだりおしゃべりしたり楽しいことはたくさんあると思います。

学校に行きたくない人や不登校で悩んでいる人は、学校に遊びに行っていると考えれば良いのではないでしょうか?

もしあなたが勉強が嫌いなら、勉強なんて適当にしておいて友達と遊ぶ方向で学園生活を楽しんでくださいね。

私も高校時代登校拒否の学生でした

登校拒否だった私はある友達に救われた

私は高校時代に数ヶ月間登校拒否で悩んでいました。

そのような時に助けてくれたのも同じクラスの友達であり、私はその友達のおかげでなんとか留年することなく卒業することができたのです。

やっぱり学校というものは自分次第でいくらでも楽しい場所へと変えて行くことができますね。

勉強が嫌だとか、勉強が少しできないぐらいで悩む必要なんてないですよ。

子供なんだから学校を楽しみながら友達と遊ぶのが最高だと思いますよ。

先生とも話してみるとそんなに嫌な奴ではなかったよ

先生が非常に厳しくて先生が嫌いな学生もたくさんいると思いますが、先生とも普通に話してみるとそれほど嫌な人ばかりではありません。

私も先生を恐れていた部分がありますが、先生に悩み事などを相談してみると結構真剣に答えてくれました。

だから学校が嫌な人は素直に人と話してみることをお勧めします。

案外先生やクラスメイトでも話してみると良い人がたくさんいると思いますね。

☑️この記事を読んでもっと詳しく知りたいと感じた方は以下の書籍を読んでみてください。

関連記事もどうぞ

死にたい人に読んでほしいブログ著者
この記事を書いたい人
安井 荘太郎

死にたいほど苦しい人生を20年間歩んでいました。現在は岡山の田舎でのんびりブログを書きながら田舎暮らしをしています。私の経験から多くの人が少しでも楽に人生を送ってくれれば嬉しい限りです。

安井 荘太郎をフォローする
学生の悩み
スポンサーリンク
死にたい人に読んで欲しいブログ