スポンサーリンク

過去の自分を捨てるのは死にたい人に効果あり【本当の自分は?】

f:id:yasuisoutarou19:20180911163036g:plain

安井です
安井です
ようこそ私のブログにお越しくださいました。
初めましてブログ治療家の安井です。
私が長年苦しんだ人生の中で、私が気づき分かった楽に自由な人生を送る秘訣を紹介します。
きっとあなたが助かる方法がありますので、人生をあきらめずのんびり生きていきましょう!
記事の最後には私が救われたユーチューブの動画がありますので、ぜひ見てくださいね。

「毎日が苦しくて死にたいと感じている人」

「過去のことに縛られて生きるのが苦しいと感じている人」

この記事はそんな人の向けて書いています。

この記事を読むと、死にたい気持ちが過去に縛られた自分が作り出していることが分かり、楽になる方法を知ることができますよ。

あなたの気持ちわかります

本当に人生というのは過去の縛られて、意味もなく苦しむことが多いですよね。

私も子供時代から過去のことを気にする性格で、未来的な考え方が欠如した人間でした。

しかし現在は、明日への楽しみをもちながら幸せに生きていますよ。

私の経験から書いたこの記事を読むと、過去に縛られて苦しんでいることが理解で、どう過去の呪縛から逃れることができるか分かりますよ。

それでは私安井のブログ文章での治療を体験ください。本文へどうぞ!

どうしても死にたいなら今までの自分を殺せ

f:id:yasuisoutarou19:20180911163049j:plain

過去に縛られるほど馬鹿らしいことはない

皆さん人間生きているとさまざまのことで悩み苦しみ、なんとか苦しいことから逃れたいと思っていると思います。

こういう私も子供時代から苦しい人生を歩んでいて、大人になってもなかなか幸せな人生を生きることができないでいました。

私は少しうつ病君の人間であってどうしても過去のことにとらわれてしまう性格です。

「あの時もっとああすればよかった」

「なんで自分はあんなことをしたのだろう」

私は学生時代からこのようなことばかりを考えて毎日を過ごしていたのです。

本当に過去に縛られるほど馬鹿らしいことはなく、もっと未来志向で前向きに生きていかなければならないということですね。

未来を見て一歩を踏み出そう

多くの人は私と一緒のように、過去の幸せや苦しみを思い出し、死にたいと思うほど悩み苦しんでいる人も多いと思います。

どうしても死にたいなら、過去のことを全て無くした状態にして新しい人生を歩むのが一番ベストだと私は思います。

でもそうは言ってもなかなか過去のことをゼロにすることは難しいですよね。

一番の解決方法は明日のことを考えて未来志向型の人間へと生まれ変わることです。

過去は変えられない

自分の視点を未来志向にする

未来志向型の人間に生まれ変わるには、とりあえず過去のことは一度忘れておいて明日や将来のことについて考えてみることですよ。

「明日昼のランチに活動の旅を」

「明日のテレビ番組楽しみだな」

「明日友達と遊びに行こう」

このように明日のことについて自分の頭で考えてみることが重要であり、今日起こった事に関してあまり考えないことが大切です。

未来志向型の人間になれば死にたい気持ちというものも徐々になくなっていき、明日の楽しみを思い描くようになってきます。

過去の自分とおさらばしよう

過去に起きたことはどうすることもできないことだとある程度割り切ることが重要ですよ。

過去の自分とおさらばして、将来になりたい自分、将来こんなことしたいなど明日へ向けて人生の舵を切っていきましょう。

私も過去の自分とおさらばをすることで新しい人生を手に入れることができましたよ。

きっとあなたも将来に対して夢や希望を持ちながら、明るい人生を歩んで生きることができると思います。

安井です
安井です
私が支配から自由な人生を獲得した方法を詳しく解説
▶︎【支配から自由へ!】死にたい私が自由で楽な人生を獲得した全記録

苦しいことをしていませんか?

人生楽をしてもOK

「なんだか毎日が苦しくて楽しくない」

こんなことを考えている人が非常にたくさんいますよね。

仕事や勉強に忙しく、なかなかゆっくりとした時間を持つことができない人達は非常に多いと言われています。

私も子供時代から勉強やスポーツに一生懸命取り組んでいましたが、本当に自分がやりたいことをすることはなかなかできませんでした。

毎日が非常に忙しく、いつも精神的なストレスを抱えていて、なんだかつまらなくて死にたいという感情が湧き上がっていたのです。

苦しむことがすごいことではありません

日本人というものは教育上、一生懸命何かに取り組んで苦しまなければいけないと考えている人もまだまだたくさんいます。

だから苦しんで仕事や勉強していれば、それだけですごい人だと思われる傾向があるのです。

この日本人独特の苦しみの文化の中で生活していると、本当に苦しいだけの人生になってしまい楽しみもないつまらない人生を生きなければいけません。

だから苦しむということは嫌なことであり、何もすごいことではないことを自覚してほしいと思います。

社会であなたは成功したいですか?

f:id:yasuisoutarou19:20180913161925j:plain

社会的な成功よりも個人的な成功を

多くの日本人は社会的な成功を目標にして、幼い時から一生懸命勉強などに頑張っていると思います。

またサラリーマンとして働いている人も、少しでも給料やボーナスを増やそうだとか、出世してやろうだとかと思っていると思いますが、これは地獄の人生を送るタイプの考え方です。

社会的な成功はいっけん素晴らしいものだと思ってしまうと思いますが、人間を幸せにするのは社会的な成功よりも個人的なプライベートの充実だと思います。

普通に勉強や仕事をしていればそれで良いと納得して、プライベートの時間に自分の幸福を追い求めるということが理想的ですよ。

あまり多くのお金を稼いだり、人との競争に勝とうとして苦しい人生を歩まないようにしてみてくださいね。

誰かに褒められる人生じゃなくても良い

あなたは小さな頃から一生懸命頑張れば両親などに褒められたことがあると思います。

確かに一生懸命頑張って良い結果をあげればそれは幸せなことかもしれませんが、そればかりに人生を使っているといつも苦しい人生を歩まなければいけません。

誰かに褒められる人生ではなくて、自分自身が満足できる人生を歩んだ方が絶対に将来的に幸せをつかむことができるでしょう。

人の期待に応えるばかりの人生というものはつまらないもので、本当の自分自身の喜びをつかんでくださいね。

※自分を押し殺さず自分らしく生きていけば悩み苦しみはありませんよ

死にたい気持ちは過去を引きずっているから

明日を見て生きるクセをつける

とにかく簡単に言うと、今までの自分の人生を振り返るのではなく、明日への楽しみは幸せを追い求めて生きていくことが絶対に理想的ですよ。

どうしても死にたいと感じてしまいなかなか幸せにならない人は、明日を見て生きる習慣を身につけてくださいね。

夢と希望を持つことの重要性

何度も繰り返して皆さんに言いたいのですが、夢や希望が全くない人生というものは本当に最悪の人生を送ることですよ。

どんなことでも良いので将来に向けて何かしらの夢や希望を持つことが死にたい気持ちから逃れるための最善の方法です。

マイナス思考の人間ではなくプラス思考の人間やで生まれ変われば苦しみというものも随分楽になりますよ。

人間関係を整理しよう

過去の苦しみを思い出させる人間関係を持たない

人間というものは人間関係で成り立っている場合が多いので、どうしても人間関係の問題やトラブルが発生しやすくなります。

自分が苦しいと思ったり幸せでないと思う人間関係というものは、できるだけ持たないというのが理想的な生き方です。

私も過去に付き合った人間関係の中で、自分にマイナスになる人間関係は全て整理しましたよ。

そうすることで本当に幸せな人間関係を持つことができますよ。

※人間関係を無理して持たなくても生きていけますよ

新しく前向きな人間と付き合おう

人との付き合いや友達との関係というものは、新しく前向きな関係を保つことが重要です。

過去の不幸なことやどうでも良いことで人と付き合うということは、自分をダメにしてしまうことと同じです。

未来発展型の人間関係を築き、将来に向けて幸せな人生を一緒に歩むことが理想的ですね。

私は毎日未来日記を書いています

未来の日記を書くと幸せになる

あと私が死にたい気持ちを回復するために最も効果があったのが日記を書くということです。

その日記は今日起こった日記ではなく、明日1日の未来志向型の日記です。

「明日こんなことをするぞ」

このように明日やりたいことを毎日日記で書き留めることによって、明日への希望と楽しみが生まれてきますよ。

そうすることで過去の嫌なことや悪いことを全て忘れ去っていきますので、苦しみや悩みというものがほとんどなくなっていきます。

自分の夢を少しづつ叶えていこう

未来志向型の日記を書くことによって小さな夢や希望がたくさん生まれてくることに気づくはずです。

大きな夢をいきなり叶えることは難しいですが、誰でもできるような小さな夢や希望を叶えることは少し努力すれば誰でもできます。

このような未来志向型の日記を書くことによって本当に自分の人生が好転していくことが実感できると思いますよ。

明日の予定を立てれば過去はもう何もない

f:id:yasuisoutarou19:20180911163105j:plain

とにかく明日やる事を紙に書きだせ

なんだか何もしない時間があると、ついつい過去の嫌な思い出に浸ってしまいます。

考えないようにしても、どうしても頭の中が過去の出来事で埋め尽くされてしまし、死にたいほど悩み苦しむ人も多いはず。

私も5年ほど前には、人生に大した目標を持てず、過去を思い出して自分が不幸な人間だと嘆いていました。

しかしある本を読んで、明日の予定を立てれば過去を思い出すことはなくなると知ったのです。

私は今でも毎日明日の予定を考えて、それを紙に書き出し机の上に置いています。

そうすることで明日のことばかりを考えるようになり、未来志向型の人間へと変わっていくのです。

とにかく未来の結果にフォーカスすることが大切

仕事でも勉強でも、未来にどれだけ自分が成長するかに向けて頑張ってみることも重要かもしれません。

過去の栄光にすがっていたり、過去の不幸を現在の不幸と同一視してしまう症状は誰しもあることです。

しかし、未来に向けて何かの結果を残そうと今の時間を生きている人は、過去にしがみつく習性から逃れることができます。

私の場合だと、ブログが趣味ですし仕事ですので、ブログを書くことによって明日のアクセス数がいくらになるか期待を込めています。

そうすることによって、過去の出来事などあまり思い出すこともないので、毎日がやりがいがあって楽しく過ごすことができるのです。

あなたももっと将来に向けて未来志向型の人間になるように努力をするのが重要だと感じています。

死にたいほど苦しいなら未来に夢や理想を持って生きることが、何よりの薬になると言うわけです。

何か新しい事を初めて見ても良い頃かもしれませんね。

まとめ

人間は様々なことで思い悩みどうしても死にたいと感じてしまう人が最近では増えていますね。

それは過去のことに縛られた自分が苦しんでいることであって、未来志向型の人間に生まれ変わることで苦しみはほとんどなくなっていきます。

過去の苦しみを考えるのではなく、明日への楽しみに期待を持つことで人生はどんどんと幸せなものへと変わっていきます。

過去の事を全て忘れて新しいことに意識を向けることで、今までに考えることができなかった幸せな人生を歩んでいけますよ。

現在は将来の悩みや苦しみは自宅でお金を稼ぐことで解決する

私も大学生時代から社会に適応するのが難しく、現在や将来の不安を強く感じていました。

本当に社会で死に物狂いでお金を稼ぎ、好きでもない人間関係を持つのは苦しいですよね。

しかし、私はネットで自宅で仕事ができたり副業ができると知り人生を変えることができたのです。

皆さんも私みたいに社会のお金稼ぎや人間関係で苦しまない人生を送る未来が来ますよ。

詳しくは以下の記事を読んでください。詳しく解説しています。

関連記事もどうぞ

記事を読んでも解決しない人へ。【私はこれを見て助かりました】

※この動画は苦しみから助かる方法をストーリーで見ることができます

☑️苦しい状態の人はうつ病かうつ病予備軍の可能性大
☑️私も初めは自分は違うと思っていました
☑️とにかく動画を見てみることをお勧めします

①うつ病を経験したわたしから、大切なメッセージ【アニメーション版】
②うつ病を経験した私が、お医者さんに伝えたこと【アニメーション版】
死にたい人に読んでほしいブログ著者
この記事を書いたい人
安井 荘太郎

死にたいほど苦しい人生を20年間歩んでいました。現在は岡山の田舎でのんびりブログを書きながら田舎暮らしをしています。私の経験から多くの人が少しでも楽に人生を送ってくれれば嬉しい限りです。

安井 荘太郎をフォローする
死にたい人が助かる方法
スポンサーリンク
死にたい人に読んで欲しいブログ