スポンサーリンク

死にたい人で本を読みたくないのは正解です!【マイナス思考になる】

f:id:yasuisoutarou19:20180911162842j:plain

安井です
安井です
ようこそ私のブログにお越しくださいました。
初めましてブログ治療家の安井です。
私が長年苦しんだ人生の中で、私が気づき分かった楽に自由な人生を送る秘訣を紹介します。
きっとあなたが助かる方法がありますので、人生をあきらめずのんびり生きていきましょう!
記事の最後には私が救われたユーチューブの動画がありますので、ぜひ見てくださいね。

「本を読むと死にたい気持ちが改善する」

「読書は自分を助けてくれる」

多くの人はこのように考えていると思います。

しかし、実際本の読み過ぎでマイナス思考になり、うつ病的な症状を発症する場合があるのです。

本の読み過ぎは苦しみを増大させる可能性があることを知ってください。

本を長時間読むと頭が没頭して暗い人間になる

私たちは小さい頃から教育上本を読めと言われてきました。

家にいても学校にいても本を読む子供というのが素晴らしい子供で、遊び回るということはあまり推奨されていませんでしたね。

私も子供の頃から両親やおじいさんの影響で本を長時間読むのが当たり前でしたよ。

だけど私は普通の子供と比べてとても暗い子供であり、いつも頭が没頭している状態になっていました。

死にたい気持ちを改善するにはストレスの解消が一番

死にたい気持ちて悩んでいる人は是非ストレスをためないような生活習慣を身につけてほしいと思います。

死にたい気持ちを改善するには、素晴らしい本をたくさん読んだ方が良いと言われる方も多いと思いますが、実際長時間本を読むことでストレスが非常に溜まりやすくなります。

私も実際死にたい気持ちが若い頃から非常に強く、本をたくさん読んでいたことが原因だと思っています。

本の読みすぎはマイナス効果

本をたくさん読むことは私にとってとてもマイナス効果であり、精神的な苦しみから逃れるためには本を読まない選択をしました。

本を読んでいると目の視神経がとてもストレスが溜まってしまい、頭がうつ状態へと変わってしまいます。

これを解消するには目をあまり使わないことが重要であり、本を長時間読まないことが最高の方法なのです。

安井です
安井です
私が支配から自由な人生を獲得した方法を詳しく解説
▶︎【支配から自由へ!】死にたい私が自由で楽な人生を獲得した全記録

私も学生時代は本ばっかり読んでいて暗い人間でした

私は学生時代に本ばかりたくさん読んでしまいても暗い人間でありました。

普通に友達と遊ぶこともほとんどなく、いつも自分の部屋に閉じこもっては小説の本や物語の本を読んでいました。

本を読んでいるときはある程度楽しいのですが、本を読み終わるとうつ状態へと変わってしまいとても苦しいと感じていたのです。

まずは運動をすることが一番大切

まずは本を読みすぎて死にたいほど苦しいと感じている人は、外に出て運動をしてみることが重要です。

運動することでストレスが解消されていき、死にたい気持ちも随分と楽になってくることが確実ですよ。

外交的な人間になれば良い

また家の中に閉じこもってばかりで活動的でない人は、家族でも親戚でも良いので少しでも話しをしたり外交的な人間になれば相当楽になりますよ。

目や頭ばっかりを使っていたらどうしてもストレスが溜まってしまい、人と話すことが嫌になってしまいますね。

とにかく目を使い過ぎないことが一番良い

とにかく目を使いすぎないように1日の生活のリズムを送ることが一番重要です。

目を使いすぎたらできるだけ休めてストレスが溜まらないように工夫してくださいね。

本だけではなくスマホもテレビも長時間はダメ

本を読むだけではなく最近ではスマホやテレビを見ることでも相当目の視神経にストレスを感じやすくなってしまい、苦しい気持ちがふつふつと湧いてくるようになります。

現代人は目を使いすぎているのでできるだけ休ませるようにしてくださいね。

良好な睡眠時間を取りたいなら夜は目を使うな

また現代病の一つとして睡眠障害という病気があります。

私も大学を卒業して社会人で働いている時にこの睡眠障害の病気を誘発してしまいました。

ストレスが溜まった時に発症する病気ですので、夜はできるだけ目を使わないようにしないといけませんね。

目を使いすぎるのは現代病の精神病に発展するよ

最終的に目を使いすぎてストレスが溜まり過ぎてしまえば精神病に発展する可能性だってあるのですよ。

死にたいという気持ちも精神病のひとつだと思いますので、十分に注意をして日々の生活習慣を改善していかなければなりませんね。

※目の酷使が不眠症を併発する可能性があります

まとめ

よく本を読めば苦しみや疑問や悩みが解決すると言われますが、本の虜となってしまい長時間本を読んでしまうと目と頭に非常にストレスを抱えてしまいます。

このような状況が続いてしまえば死にたい気持ちが増大してしまい、最終的にはうつ病のような状態へとなってしまいます。

目の使いすぎに注意をしてストレスを解放するような毎日の生活習慣が大切ですね。

死にたい気持ちは本を読めば改善するというのは全て正しいというわけではないのですよ。

ストレスのかからない日々の生活習慣が一番大切なのです。

現在は将来の悩みや苦しみは自宅でお金を稼ぐことで解決する

私も大学生時代から社会に適応するのが難しく、現在や将来の不安を強く感じていました。

本当に社会で死に物狂いでお金を稼ぎ、好きでもない人間関係を持つのは苦しいですよね。

しかし、私はネットで自宅で仕事ができたり副業ができると知り人生を変えることができたのです。

皆さんも私みたいに社会のお金稼ぎや人間関係で苦しまない人生を送る未来が来ますよ。

詳しくは以下の記事を読んでください。詳しく解説しています。

関連記事もどうぞ

記事を読んでも解決しない人へ。【私はこれを見て助かりました】

※この動画は苦しみから助かる方法をストーリーで見ることができます

☑️苦しい状態の人はうつ病かうつ病予備軍の可能性大
☑️私も初めは自分は違うと思っていました
☑️とにかく動画を見てみることをお勧めします

①うつ病を経験したわたしから、大切なメッセージ【アニメーション版】
②うつ病を経験した私が、お医者さんに伝えたこと【アニメーション版】
死にたい人に読んでほしいブログ著者
この記事を書いたい人
安井 荘太郎

死にたいほど苦しい人生を20年間歩んでいました。現在は岡山の田舎でのんびりブログを書きながら田舎暮らしをしています。私の経験から多くの人が少しでも楽に人生を送ってくれれば嬉しい限りです。

安井 荘太郎をフォローする
未分類
スポンサーリンク
死にたい人に読んで欲しいブログ