スポンサーリンク

ニート脱出には自宅で仕事をするのが1番!もっと自分の欲望に正直に

ニートで生きる人々

安井です
安井です
ようこそ私のブログにお越しくださいました。
初めましてブログ治療家の安井です。
私が長年苦しんだ人生の中で、私が気づき分かった楽に自由な人生を送る秘訣を紹介します。
きっとあなたが助かる方法がありますので、人生をあきらめずのんびり生きていきましょう!
記事の最後には私が救われたユーチューブの動画がありますので、ぜひ見てくださいね。

「なんとか現在のニートの生活を解決したい」

「仕事をしてニートから脱出したい」

あなたはこんな風に思っているのではないのでしょうか?

☑️この記事を読むとニート脱出するためには、社会的な欲望を持ちお金を稼ごうと行動を起こさないといけないということです。

結論はもっと自分自身に対して素直に欲望を持つことですね。

私も5年間ほどニート生活を送っていましたが、現在は自宅で悠々自適にパソコンで仕事をすることでニートから脱出できていますよ。

あなたも私と同じようにニートの苦しみから逃れましょう。

それでは記事をどうぞ!

ニートは様々な形で世間の批判を受けやすい

私も10年間ニートで苦しみました

約20年ほど前から日本でもニート文化というものが発達していき、社会に属さず自宅にこもって自分の好きなことをしながら生きるという生き方がブームとなっています。

私も10年ほど前にはニートの時代を送っていて、家でゲームをしたり音楽を聴いたりしながら楽しい毎日を送っていました。

私が言いたいのはニートが悪いわけではなく、社会というものに対して嫌悪感を非常に多く持っているということだけです。

だからニートの人間が劣等感を持ち社会から孤立して生きるということは非常に辛い部分でもあります。

私も10年間ニートで苦しみましたがなかなか世間に受け入れてもらえず家族の中でも孤立していました。

だからあなたの気持ちも痛いほどわかりますよ。

身内や友達の間で劣等感を持っていた

私は京都にある大学に進学して悠々自適な社会生活を送ると思われていましたが、社会からドロップアウトして実家の岡山に帰った時には周りから敗北者だと言われていました。

だから友達の間でも非常に劣等感を持っていて、次第に人間関係はほとんどなくなって行きましたよ。

私はそれから非常に多くの劣等感を持ちながらニートの生活を送っていたことになります。

決して自分は悪い人間ではなく他人に迷惑をかける気持ちもなかったのですが、仕事にも行かず家で部屋に閉じこもっていれば当然周囲の人からは快くは思ってもらえません。

お金が稼げばニート脱出できる

ニートの悩みはお金が稼げないこと

とにかくニートというものはお金を稼ぐことができない人間だと思われていますので、どうしても社会的な部分でマイナスのイメージを強く持ってしまいます。

私もニート生活をして四年間ほどアルバイトも仕事もせず自宅の家の中でゲームばかりしていました。

なんでそのようになったのかは自分では説明できませんが、 でもはっきり言えることは日本の社会が嫌になったのです。

私はお金がないので当然親の扶養となり親のお金を使って生きていました。

両親に迷惑をかけているという自分の思いが自分を苦しめ、 私は次第に自分がダメな人間だと錯覚するようになってもです。

何とか仕事を探さなければ駄目だ

ニートの時代多くの批判を浴びて劣等感を持ちながら生きてきた私が言いたいのは、やはり自分が生きていくためのお金というものは自分で稼がないといけないということです。

私ももっと自立心というものが高い状態であれば働いていたのですが、どうしてもサラリーマンになることが嫌で働くことがとても嫌いでした。

正月やお盆やお彼岸に親戚の家に行くのが非常に苦痛であり、 自分が働いていないということがこれほど自分の心を苦しめるものだとはその当時は思ってもいなかったのです。

ネットで仕事をすれば全てが解決する

やっぱり自宅で引きこもるのが最高ですね

やっぱりニートとして生きていくことは自宅に引きこもって生きていくことが最高の喜びだということです。

私もアルバイトなどをしながら社会の中でなんとか生きて行こうと格闘しましたが、その時間というものはやっぱり地獄であって自分の幸せには直結しません。

自宅でニートとして幸せに生きていくことはあなたの理想だと思いますので、是非自宅で仕事をする選択肢を持つことが重要です。

私の場合はそれがインターネットでした。

私は自宅でインターネットで仕事しています

ネットで仕事をする

私はリアルな世界よりもどちらかと言うとネットの世界が大好きな人間です。

ネットの世界は現実世界と違って自分の弱い部分がそれほどデメリットになりませんので、ネットの世界では自分自身を好きなように表現できます。

私はどちらかと言うと対人恐怖症の人間ですので、リアルの世界で人間関係を持つのがどちらかと言うと嫌な方です。

だけどインターネットで様々なことをしているとそのような弱い部分が出ることはほとんどありませ。

だからインターネットで仕事をすることも出来ますし、幸せな時間を過ごすことだって十分可能なのです。

皆さんもニート脱出しようとリアルな世界に飛び込むのではなく、ネットの世界で仕事をしたり人間関係を持つことをお勧めします。

安井です
安井です
私が支配から自由な人生を獲得した方法を詳しく解説
▶︎【支配から自由へ!】死にたい私が自由で楽な人生を獲得した全記録

現在の時代はニートでもお金が稼げる時代

私はブログで生計を立てニートを脱出した

私は現在ニートの生活を脱出してインターネットを使って仕事をしています。

初めはアルバイト逃げたりしながらなんとか生活費を稼ごうともがき苦しんでいましたが、どうしても自分は社会の中で適用できず落ちこぼれになってしまいそうでした。

そんな時にインターネットで仕事ができることを知り、私はライターとして文章を書いたり自分のブログを作って広告収入を得ることを決断しました。

やはり自分は社会の中で活躍する人間ではなく、 自分の部屋で個人で仕事をする人間に向いているのです。

このことに気づくまで非常に長いことない見ましたが、やっとインターネットの仕事に出会いニートを脱出することができたのです。

仕事時間は毎日2時間で月収は30万円ぐらい

現在の私の仕事時間は1日2時間ぐらいで早朝の5時に起きて朝ご飯までの2時間の間仕事をしています。

初めのうちは1日6時間ぐらい仕事していましたが、インターネットでの仕事に慣れて生きて少ない労働時間で生活費を稼げるようになりました。

会社に出勤する必要がないし見たら人間関係も築く必要がないので、現在私は生まれてきてから最高の幸福を味わっています。

自分がニートであるという劣等感から脱出することができましたので、家族の中や親戚の中でもきちんと仕事をしている人間と言われるようになりました。

本当に長い期間ニートの孤独の世界で苦しみましたが、インターネットで仕事をすることができ本当に助かりました。

社会に出たくない欲望ははっきり肯定するべき

社会に出なくても生きていけることをしろ

ニートを脱出した私が皆さんにつけたいことは、長い期間ニートの時代を送りながら社会に復帰するということは非常に難しいです。

社会的な素質がある人間だったらすぐに社会に適応できますが、ニートをする人間は社会的な適用性が非常に少ないのが現状です。

どうしても社会の中に入ってしまえば落ちこぼれとなってしまいますので、私は社会に入らず自分の個人の力でお金儲けをすることが最も理想的だと考えます。

現に私だってインターネットで仕事をしながら悠々自適な生活を送っていますので、皆さんだって十分パソコンを使って生活費を稼いで生きていくことはできますよ。

社会に入らず生きていくことができれば本当に楽園の中で生活してるような感じです。

皆さんもニートを脱出したければ社会復帰を考えるのではなく個人で仕事をしていく能力を身につけていきましょうね。

現在はフリーランス文化が非常に発達している

現在の日本はフリーランス文化というものが盛んとなっていて、会社で働かず個人で仕事をしていく時代へと大転換しています。

私の知り合いでもフリーランスとして活躍している人もいますし、別にサラリーマンにならなくてもお金を稼ぐ手段は増えているのです。

インターネットを使って仕事ができる時代となっていますし、ネットショップなどをして商売をしてみても面白いですよ。

頭でっかちになることなく、一つの決められた道しかないと思い込むのは非常に危険なのです。

だから皆さんもニートだから劣等感を持ち卑屈になる必要は全くありませんね。

もっと広いして思って様々な働き方があり生きていく方法もたくさんあることを知ってくださいね。

皆様にお勧めしたいのはパソコンを使ってフリーランスとして仕事をすることですよ。

人間関係を多く持つこともなく悩む必要もないので、本当に自宅で仕事が出来悠々自適に生きることができます。

それでは皆さんも新たな第一歩を歩んでください。

ニートを脱出する方法はとにかくお金を稼ぐことに尽きる

私はお金を稼いで人生は180度変わりましたよ

私もニート歴が非常に長く、お金を稼ぐことから逃げていた自分がいましたが、ネットでお金を稼ぐことができると人生が180度変化していきました。

とにかく両親からお小遣いをもらって生きていてので、自分の必要なお金を稼ぐことができるということは、自立心が高まり幸せを圧倒的に感じることができます。

家族の中で厄介者ではなくなるので、普通の家にいても全く罪悪感みたいなものはありません。

昔はお金が必要な時には、甘えた声で母親からお金をもらっていた自分がいましたが、ニートを脱出して、そんな自分がへりくだることは全くなくなりました。

人からお金をもらう癖がついてしまうと、なんだか人間的にダメな人間になり、自分が弱者であると自然と感じるようになるのです。

外出してお金を使うことの喜びを知る

私はあまり多くのお金を持っていなかったので、外出することが少なく家に閉じこもっていました。

やはり外出してお金を使わない生活をしていると、どうしても家で引きこもりのような状態になってしまいます。

ニートを脱出して自分でお金を使うようになると、なんだか外出するのが楽しくなり、カフェに行ったり映画館に行ったり昔より圧倒的に行動力がつきました。

私がニートから脱出できたのは、働いて自分の力でお金を稼げるようになったからです。

皆さんもニートで辛い人生を送っているなら、ぜひ何らかの形で仕事をしてお金を稼ぐことをお勧めします。

そうするとあなたの人生もまるっきり違ったものへ変わっていくでしょう。

仕事をしないと劣等感にさいなまれる

特に男性は仕事をしないと苦しい人生になります

男性というのは仕事をしてなんぼの世界ですので、仕事でお金を稼ぐことは自分を自立して成り立たせる最高の方法です。

大人になってもお金を稼げないということは、自分が弱者になり劣等感にさいなまれる可能性が非常に高いのです。

男性で自分が弱者だと感じることは、男性としての喜びを失うことでもありますので、お金を稼いで自立することは重要なのですよ。

家から外出せずに自宅でお金が稼ぎたい人も多いと思いますが、ネットで仕事をすればそれは可能になります。

普通にコンビニなどでアルバイトをしても良いですし、現在の時代はいくらでもお金を稼ぐ方法はあります。

ぜひ自分に1番適した仕事を選択して、ぜひともニートを脱出していきましょう。

家族の役に立つ喜びをぜひ知ること

あとはニートの人は家族に助けてもらって生活していると思います。

私も長い間家族の世話になり生きてきたので、本当に自分はダメな人間だと自分で思っていました。

しかし、私の場合はネットでお金が稼げるようになり、現在では月に30万円近い収入があります。

家には今まで両親にお世話になったので、15万円ほど家にお金を入れています。

家にお金を入れることで、自分が家族の役に立っていると感じることができます。

この感覚は最高の感覚ですので、今まで劣等感にさいなまれていた自分が全く違った存在になるのですよ。

皆さんも家族の役に立つ自分になれるように、仕事してお金を稼げる人間になってくださいね。

失った自信を取り戻すことができますよ。

現在は将来の悩みや苦しみは自宅でお金を稼ぐことで解決する

私も大学生時代から社会に適応するのが難しく、現在や将来の不安を強く感じていました。

本当に社会で死に物狂いでお金を稼ぎ、好きでもない人間関係を持つのは苦しいですよね。

しかし、私はネットで自宅で仕事ができたり副業ができると知り人生を変えることができたのです。

皆さんも私みたいに社会のお金稼ぎや人間関係で苦しまない人生を送る未来が来ますよ。

詳しくは以下の記事を読んでください。詳しく解説しています。

関連記事もどうぞ

記事を読んでも解決しない人へ。【私はこれを見て助かりました】

※この動画は苦しみから助かる方法をストーリーで見ることができます

☑️苦しい状態の人はうつ病かうつ病予備軍の可能性大
☑️私も初めは自分は違うと思っていました
☑️とにかく動画を見てみることをお勧めします

①うつ病を経験したわたしから、大切なメッセージ【アニメーション版】
②うつ病を経験した私が、お医者さんに伝えたこと【アニメーション版】
死にたい人に読んでほしいブログ著者
この記事を書いたい人
安井 荘太郎

死にたいほど苦しい人生を20年間歩んでいました。現在は岡山の田舎でのんびりブログを書きながら田舎暮らしをしています。私の経験から多くの人が少しでも楽に人生を送ってくれれば嬉しい限りです。

安井 荘太郎をフォローする
仕事の悩み
スポンサーリンク
死にたい人に読んで欲しいブログ