無料!Amazon1位 これ読んでみて!死にたい人生大逆転!

※この無料本読んで私の人生は激変しました。あなたの人生も変わります!
安井荘太郎
安井荘太郎
死にたい私を助けてくれた本! 私はこの本を読んで初めて人生の自由を知りました あなたにもぜひ読んでほしい!
f:id:yasuisoutarou19:20180911170305p:plain 私はこの無料電子書籍を読んで社会から離れて自由に生きていけました! 1日2時間ぐらいの仕事時間で、余裕のある暮らしを手に入れましょう。

☑️ 自由にお金を稼ぐ

☑️ 社会や学校から自由な人生

☑️ 嫌なことをしないで良い人生

安井荘太郎
安井荘太郎
【私の楽園生活のバイブルです!】 【無料ダウンロード】自由な人生を手に入れる教科書
無料キャンペーン中!人生が劇的に変わります。5000件を超える読者の感想あり。

うつ病で死にたいですか?こうすれば楽になるよ【体験談より!】

f:id:yasuisoutarou19:20180912053141g:plain

こんにちは、安井です。

死にたい気持ちを長年抱えていましたが、見事復活の人生を歩んでいます。

>>参考:【波乱万丈】地獄の人生から楽園に到着した安井のプロフィールです!

「うつ病の症状がひどく死にたいほど苦しんでいる人」

「うつ病の症状を改善したいがどうすればよいかわからない人」

この記事はそんな方に向けて書いています。

この記事を読むと、うつ病の人がどのように普通の状態に戻っていくかがよく分かりますので、症状改善に役に立ちます。

スポンサーリンク

あなたの気持ち分かりますよ

本当に最近の現代人はうつ病を発病する人が増え、若い人からお年寄りまで一番怖い病気だと言われています。

私も子供のころからうつ病傾向の人間であり、大学時代には死にたいほど苦しく、病院でうつ病だと診断された過去があります。

しかし、現在ではほとんど症状は回復して、普通の人と何も変わらないほど元気に生きていますよ。

私の経験から書いたこの記事を読むと、うつ病がなぜ起こり、どのように改善していけばよいのか分かりますので、安心して対策方法を知ることができますよ。

それでは私安井のブログ文章での治療を体験ください。本文へどうぞ!

日本はうつ病患者が世界でもトップレベルに多い

日本人は教育が非常に厳しく幼少期から人生を送らなければいけないとされています。大人になっても労働者として社会で一生懸命働きながらお金を稼がなければいけません。

非常に豊かな国ではありますが、勉強も仕事も非常に厳しい世界で一生懸命生きなくてはいけないと、暗黙の了解で世界が成り立っているのです。

日本人というのは精神的なストレスが非常に溜まりやすく、うつ病を発祥する人が世界的に見ても非常に多いのが特徴です。

うつ病にかかってしまうと地獄のような人生となってしまいますので、なんとかうつ病を解消しなければまともに生きていくことは出来ません。

このまとめ記事ではうつ病の人に少しでも楽になってもらう為に、五つの言葉を送りたいと思います。ぜひ少しでも幸せな人生歩めるように参考になさってくださいね。

1:悩みの大部分なんて元々どうでも良いこと

人間は実にさまざまな悩みを持っていますが、その悩みの大部分は本当は自分にとって必要のないことである場合も多いです。

自分の悩みをよく考えてみると、大した悩みでも本当は自分には全く関係ない人の悩みだったりします。

意味のないことで悩むということは非常に馬鹿げていることなので、意味のない悩みを予め自分で知っておくことが必要です。

紙に悩みを書き出して、どの悩みが自分にとって必要なのかどうかをチェックしてみましょう。

私に苦しみから逃れる全てを教えてくた恩人

安井荘太郎
安井荘太郎
私を死の底から救ってくれた恩人
▶︎だいぽんさん
※彼の言葉で私は幾度となく助けられました!

2:悩むぐらいなら行動しても良いのではないですか

また悩みというものは自らが行動しないことによって生み出される可能性が非常に高く、何も行動しない人は多くの悩みを抱えていると言われています。

もし悩みがあるならば、それが自分の行動で解決できるかどうかすぐさま判断しましょう。解決できる悩みならばすぐに行動して解決することをオススメします。

行動しなければ、永遠とその悩みで人生を台無しにしてしまうことになりますので、行動こそが全てを解決する最大の薬です

3:とにかくうつ病傾向がある人は一度心療内科に行ってみましょう

また日本人は、精神病系統の病気を人に言うことがとても恥ずかしいことだと言われています。

うつ病にかかってもそれを人に言うことが恥ずかしくて、病院に行くことができない人がたくさんいます。

基本的に自分が苦しく辛いと思った時には、診療内科を受診することをおすすめしますよ。

心療内科の先生は非常に優しい人達ばかりですので、自分の悩みを真摯に聞いてくれます。

薬を処方してくれますので、自分の苦しみを相当や和らげてくれる可能性が高くなりますよ。

是非お医者さんを頼ってうつ病を克服することを目指してくださいね。

私は田舎でブログを書いて楽園生活しています

安井荘太郎
安井荘太郎
現在は副業でもブログで収入を稼げる時代ですよ。
▶️【のんびり楽園生活!】ブログを書いて暮らせちゃう
※現在多くのブロガーがブログで生活しています

4:とにかく運動でもして体を動かせば気分爽快ですよ

うつ病というものは、動かずじっとしていたらどんどんと暗い状態になってしまいつらい状態が続いてしまいます。

このような状態になった時には、散歩でもして少しでも体を動かすことが先決です。

体を動かすと血流の流れが速くなり、脳の中に多くの酸素は運ぶことが出来ます。

これによって頭がすっきりしますので、うつ病の症状が相当楽になることになるのです。

行動せずにじっとしたまま長時間座っていると、どんどん脳の中が酸素不足になって苦しみが増してきますよ。

ぜひ散歩や軽めの運動してうつ病の症状を緩和させて行きましょう

5:どうにもならないことはどうにもならないことです

f:id:yasuisoutarou19:20180912053154j:plain

人間とは強いようで非常に弱い生物ですので、自分1人の力で何事もできると過信をしない方がよろしいと思います。

子供を産むことだって1人ではできないことですし、大きな仕事をする時でも人の力を合わせて協力しないといけません。

要するに人間はお互いが助け合って生きているんです。この常識が分からない人は、何でも自分で背負いこんでしまい非常に苦しい人生となってしまいます。

自分でできないことは素直に人の手を借りる習慣をつければ人生は相当楽になっていきますよね。

私も自分で出来ない事は両親や兄弟に手伝ってもらうようにしています。そうすることによって非常に楽に生活出来ますので、これほど幸せなことはありません。

まとめ

日本人は、勉強しすぎだとか働きすぎだとか、世界的に見ても非難を受ける部分があるんです。

よってあんまり一生懸命生きなくても、もっと楽な気持ちで生きることできれば生活も人生も一気に幸福になります。

うつ病患者は何事も一生懸命頑張ってしまうので、休息を取ることが出来ません。

よって脳の中が酸欠状態になってしまい、ストレスが溜まって苦しみが増してしまうのです。

このような状態にならないためにも、もっと気楽な気持ちで何事も考えて生きていかなければならないと思いますよ。

自分でできないことは、人に頼って助けあいながら生きていく選択を取るべきです。

スーパーマンではありませんので、できないことはできないと割り切って生きていきましょう。そうすればあなたの人生はもっと幸せで楽な人生って変わっていくでしょう。

追記 人の期待通りの人生を送る必要はないですよ

日本人に特に多いことですが、日本人は人の期待を背負って一生懸命頑張る文化が根付いています。

私もそうでしたが、子供時代から親の期待に応えようと一生懸命勉強にスポーツに頑張っていました。

しかし心の奥底には本当は自分がやりたいことがたくさんあり、自分の思い通りの人生を送りたいという欲望を強く持っていたのです。

私は大学時代に親に反抗して、もう親の言いなりにはならないと決意しましたが、結局うつ病を患い様々な社会的なことで悩み苦しんだのです。

あなたもうつ病で死にたいほど苦しんでいると思いますが、まずは自分の好きなことを優先的にやっていくことがベストですね。

嫌いなことばかりしていると、心の奥底で満足できない自分が常にいて、人生生きていても楽しくなく悩み深く苦しんでしまいます。

たくさのお金を稼いだり、社会的に立派になる人生より、自分のやりたいことを楽しめる人生の方が圧倒的に素晴らしいと思いますよ。

追記 社会的に素晴らしい人間になる必要はない

f:id:yasuisoutarou19:20180912053204j:plain

人間は社会的な動物だと言われるように、社会的に成功したり出世したりしたい欲望を強く持っているのです。

特に男性は社会で生きていかないといけないと教育を受けており、学校教育から社会的に通用する人材を育成する意味を持っています。

私は社会人にならないといけないと思い、学生時代から憂鬱な日々を送っていました。

私がうつ病を発症したのは大学生時代ですが、その当時から社会人になることへの拒否反応が体に現れていたのだと思います。

結局本当のことを言えば、何も社会人になりサラリーマンとして生きていくだけが人生の生き方ではありません。

フリーターやフリーランス、商売をして生きても全く問題がないというわけです。

もっと広い視野を若い時代に持つことができれば、死にたいほどうつ病で苦しむ人生なんて送る必要はなかったのかもしれません。

私は現在フリーランスとして仕事をしながらのんびり田舎で生きていますが、本当に若い頃に思い悩んだあの時代が嘘のように感じます。

皆さんも決して社会的に立派で素晴らしい人生を送る必要はないのですから、広い視野を持って人生を生きていきましょうね。

☑️この記事を読んでもっと詳しく知りたいと感じた方は以下の書籍を読んでみてください。

関連記事もどうぞ

死にたい人に読んでほしいブログ著者
この記事を書いたい人
安井 荘太郎

学生時代から精神的に弱く死にたい気持ちで悩み苦しんでいました。
現在は岡山の田舎でブログを書きながらのんびりセミリタイア生活をしています。

安井 荘太郎をフォローする
病気の悩み
スポンサーリンク
死にたい人に読んで欲しいブログ