スポンサーリンク

死にたい人の原因は?テレビやスマホの利用時間は?【関係あり】

f:id:yasuisoutarou19:20180912085604g:plain

安井です
安井です
ようこそ私のブログにお越しくださいました。
初めましてブログ治療家の安井です。
私が長年苦しんだ人生の中で、私が気づき分かった楽に自由な人生を送る秘訣を紹介します。
きっとあなたが助かる方法がありますので、人生をあきらめずのんびり生きていきましょう!
記事の最後には私が救われたユーチューブの動画がありますので、ぜひ見てくださいね。

「テレビやスマホの見過ぎで、なんだか体調が苦しい人」

「テレビやスマホで中毒になり、イライラする人」

この記事はそんな人に向けて書いています。

この記事を読めば、テレビやスマホの依存がどれほど身体に悪影響を及ぼしていることが理解できますよ。

あなたの気持ちわかります

本当に、この10年ぐらいでテレビやスマホ、パソコンなどを見る人が圧倒的に増えていて、中毒に陥っている人もたくさんいます。

私も、学生時代からテレビに夢中になり、いつも体調不良で苦しい人生を送っていました。

しかし、最近はテレビやスマホは1日2時間までとしているので、体調はすこぶる絶好調です。

私の経験から書いたこの記事を読めば、メディアによる依存症がどれほど人を苦しめているかが分かり、その対策方法を知ることが出来ますよ。

それでは私安井のブログ文章での治療を体験ください。本文へどうぞ!

現代人は何かを見ることでストレスを非常にためている

戦後の時代から日本人はテレビを見ることが当たり前となり、多くの人は自宅にこもってテレビばかりを見ている生活スタイルに変化してしまいました。

昔の日本人はもっと体を動かして活動的に毎日の生活を送っていましたが、テレビやスマホの出現で現代人は何もせず画面ををじっと見ている每日を送っています。

人間の神経というものは目に多くの神経が集まっており、何かを見るということはそれだけストレスを溜めて生活をしているということに他なりません。

ストレスが溜まってしまうと当然うつ状態へと変わってしまい、幸福を感じる自律神経が失調してしまうのです。

楽しいことは分かりますが目を使いすぎると自分をなくしてしまう

テレビを見たりスマホを見たりパソコンをしたりすることは非常に楽しいことではありますが、あまり目を使いすぎると幸せな生活を行うことが出来なくなりますので要注意が必要となってきます。

最近では子供が長時間テレビゲームに没頭したり、スマホで遊んでいたりと、一種の社会現象となっています。

何かをじっと見続けるということは、外からの影響を受け続けることと一緒でありますので、自分らしさをなくしてしまう子供が非常に多くいます。

安井です
安井です
私が支配から自由な人生を獲得した方法を詳しく解説
▶︎【支配から自由へ!】死にたい私が自由で楽な人生を獲得した全記録

私も学生時代はゲーム三昧の日々でした

f:id:yasuisoutarou19:20180912085616j:plain

私も学生時代にプレイステーションと言うテレビゲームに没頭していましたが、振り返ってみるとその時代は自分らしい生き方が全く出来ず不幸せな人生を歩んでいたと自覚しています。

人間は自分の行動によって何かを表現したり活動したりする生き物でありますので、動かないということは人間的な部分で大きく劣ってしまう人間となるのです。

何もせずにじっとしていると不幸な状態になりやすい

メディアばかりを見続けていると、どうしてもストレスがたまり不幸な人間へと変わってしまう場合が多くなります。

この対処法としてはある程度目を使った後目を休める行為をとらないと、暗い世界で不幸を感じる人間へとなってしまうのですよ。

よく死にたいほど悩んでいたり苦しんでいたりする人というのは、何かをじっと見る癖を持っている人が統計的に非常に多いと言われています。

うつ状態になりやすく死にたい気持ちが湧いてくる可能性だってあるということです。

中毒症状を発症すれば死にたくなる気持ちが湧いてくる

またテレビやスマートフォンというものは中毒症状に非常になりやすく、それをしなかったら苦しいと感じる人が非常に増えています。

中毒症状というものは自分の体を苦しみが蝕んで行きますので、中毒症状を和らげるためにも1日3時間以内と決めてテレビやスマホを楽しまなければいけません。

最近では徹夜をしてテレビゲームをしたり、スマートフォンをいじったりする人が非常に多いと言われていますので、その対策をしなければ幸せな人生を歩むことは非常に難しくなってくることは確実です。

時には体を動かしてストレスを発散させないといけない

f:id:yasuisoutarou19:20180912085627j:plain

時には体を動かして運動をしたり体操をしたりするなど、中毒症状で苦しまない努力が必要となってきます。

自分がうつ状態で死にたいほど悩んでいるのでしたら、まずは肉体を動かす努力と一緒に1日3時間以内でテレビやスマホを利用することを守って下さい。

そうすれば随分気持ちも楽になり、ストレスから解放されて幸せな人生を歩んで行くことが出来ますよ。

テレビやスマホは非常に楽しい娯楽ですが、行き過ぎると自分を苦しめる中毒症状を引き起こすものへと変わってきます。人生を台無しにしないためにも是非1日3時間以内の約束を守ってくださいね。

追記 目を使うと精神的ストレスがたまりやすい

現代人は目をいつも使っていて、テレビやスマホ、パソコン、本などを長時間楽しむ文化を作り上げています。

しかし、目を酷使すると視神経がストレスを感じてしまし、苦しい精神状態になってしまいます。

現代人のストレスが多い原因に、目を酷使する文化があるのです。

毎日があまり幸福でないと感じる人は、目を使う時間を少しでも減らすことをお勧めします。

運動を適度に行うことは中毒症状を緩和する

テレビやスマホで中毒症状を感じ死にたいほど苦しむ人は、まずは目を酷使するのをやめ、外出して体を動かすことが大切です。

人間の体は動かすようにできていますので、全く運動をしなければ苦しみを感じるようにできているのです。

私がパソコンの中毒症状で苦しんでいる時には、毎日必ず朝と夕方にウォーキングをするように心がけていました。

そうすると、中毒症状で苦しかった体が随分と楽になったことを覚えています。

水を飲むのも中毒症状には効果が高い

また肉体が苦しいと感じた場合には、コップ一杯の水を飲むのをオススメします。

水は肉体の中毒症状を緩和する効果がありますので、精神的ストレスがたまり苦しみを感じる時にぜひコップ一杯の水を飲んでみてください。

私も子供の頃から水分をあまり摂取しない人間でしたので、肉体がどことなく辛くて苦しいといつも感じていました。

現在は1日2リットルぐらいの水分を必ず飲んでいますので、肉体が苦しいと感じることはほとんどなくなっています。

ぜひテレビやスマホの中毒症状で苦しんでいる人は、試してみてくださいね。

現在は将来の悩みや苦しみは自宅でお金を稼ぐことで解決する

私も大学生時代から社会に適応するのが難しく、現在や将来の不安を強く感じていました。

本当に社会で死に物狂いでお金を稼ぎ、好きでもない人間関係を持つのは苦しいですよね。

しかし、私はネットで自宅で仕事ができたり副業ができると知り人生を変えることができたのです。

皆さんも私みたいに社会のお金稼ぎや人間関係で苦しまない人生を送る未来が来ますよ。

詳しくは以下の記事を読んでください。詳しく解説しています。

関連記事もどうぞ

記事を読んでも解決しない人へ。【私はこれを見て助かりました】

※この動画は苦しみから助かる方法をストーリーで見ることができます

☑️苦しい状態の人はうつ病かうつ病予備軍の可能性大
☑️私も初めは自分は違うと思っていました
☑️とにかく動画を見てみることをお勧めします

①うつ病を経験したわたしから、大切なメッセージ【アニメーション版】
②うつ病を経験した私が、お医者さんに伝えたこと【アニメーション版】
死にたい人に読んでほしいブログ著者
この記事を書いたい人
安井 荘太郎

学生時代から精神的に弱く死にたい気持ちで悩み苦しんでいました。
現在は岡山の田舎でブログを書きながらのんびりセミリタイア生活をしています。

安井 荘太郎をフォローする
なぜ死にたいのか?
スポンサーリンク
死にたい人に読んで欲しいブログ